法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツール3選。機能面でおすすめのビジネス分析ツールはこれだ!

ビジネス分析ツールを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツール3選。機能面でおすすめのビジネス分析ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツールを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツール3選。機能面でおすすめのビジネス分析ツールはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツールを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのビジネス分析ツールです。

  1. MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)
  2. Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)
  3. WebQuery(ウェブクエリー)

①MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)

1つ目は、MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)になります。

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)は、様々なデータをリアルタイムに可視化し、クラウドサービスは月額30000円からできるビジネス分析ツールです。

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)は、すでに構築されたデモ環境を利用して、自由に利用でき、「リアルタイムアラート」をはじめとした機能や、活用シーン毎のダッシュボードが用意されています。

実際、ビジネス分析ツールの中では、非常に人気の高いサービスです。

<MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)の機能一覧>

以下が、MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)の機能一覧になります。

  • 簡単にきれいなチャートを作成:チャートのデザインを豊富に用意。デザインに時間をかけることなく、必要なカタチに表現可能。円、棒、折れ線などの使いなれた基本的なチャートから、レーダー、ゲージ、シグナル、散布図、バブルチャート、ウォーターフォールまで、豊富なチャートを用意。プロジェクト管理で作業の進捗管理に使われるガントチャートや、品質管理に用いるパレート図なども選択可能。
  • 異なるデータソースをひとつのダッシュボードで可視化:システム毎に分散されたデータを、ひとつのダッシュボードで、ひと目でわかるように可視化可能。また、データの種類や軸の異なるチャートを重ねて表示することも可能。
  • 専門知識不要で使いこなせる直感的な操作性:専門的で複雑なプログラミング知識は必要なし。マウス操作のみでダッシュボードを作成可能。
  • 大量データをインメモリで高速化:インメモリ技術により大量データも高速に処理可能。MotionBoardのインメモリ技術は、すべてのデータをメモリ上に取り込む方法に加えて、差分データの取り込みや条件を指定した取り込みなど、お客様の運用に合わせた方式を選ぶことが可能。また、単体サーバーのメモリを増強させる従来のインメモリサーバー構築方式に加え、サーバーを分散させた環境でも、それぞれのメモリを活用できる独自の仕組みを持っており、コストの軽減や負荷分散で威力を発揮。
  • データを地図上に表現:MotionBoardは、「地図機能」を標準搭載。高精細な商用地図「MapFan」「Mapion」「ESRI(ArcGIS)」も利用可能。訪問先の住所を複数指定して最も効率的に巡回できるルートの表示や、特定の場所から指定した時間で到達できる範囲を算出する到達圏分析も可能。MotionBoardは、世界初の独自「リアルタイムGEOコーディングエンジン」の搭載により、お客様や店舗情報などの住所情報から緯度経度への変換を、圧倒的なパフォーマンスで実現。地図上にポイント表示可能。
  • モバイルでの利用に最適化:タップやピンチ(拡大・縮小)などのスマートフォンやタブレット端末特有のタッチパネル操作に対応。 もちろん、モバイル専用の開発は必要なく、モバイル利用のその日から違和感がない快適操作を手にいれることが可能。
  • タブレットやスマートフォンでもレポートで全社共有:ダッシュボードをExcel、PowerPointファイルに出力。日々のレポートを自動生成可能。MotionBoardはビジネスにおける報告業務の基盤に。
  • 階層ツリー表示:ビジネス上で発生するデータを、階層ツリー表現で簡単にダッシュボードへ表示できます。また、枝葉の項目から利用されている親項目を逆に調べることも可能。例えば、製造業の現場で使われる部品表(BOM:Bill Of Materials)の表現が可能に。
  • カレンダー表示:カレンダー形式で数値の大小を色の濃淡で表したり、集合系や曜日合計、月の総合計などを表示可能。
  • データを自由に深掘り:ドリルダウン(データの掘り下げ)やドリルスルー(明細レベルの表示)、などのOLAP分析機能を網羅しています。既に集計された数字を見るだけでなく、より詳細なデータの確認や、切り口を変えたデータ集計を自由に実行可能。多角的な分析を行うことにより、仮説の検証や原因の特定に利用可能。
  • データを自由に深掘り機能:集計データを様々なチャートに切り替えてダイナミックな表現が可能。棒グラフによる要素間の値比較、折線グラフによる時系列の推移、円グラフによるシェア比較、レーダーチャートによる複数項目のバランス比較、集計表による詳細データの確認など、それぞれチャートが持つ表現により、ユーザーに新たな気づきを提供可能。
  • 高度な分析ロジックを標準で提供:高度な分析をノンプログラミングで実現。マウス操作のみで高度な分析が実行可能。
  • 自社データ×第三者データを組み合わせた分析機能:自社データに、有益な第三者データを地図上に重ね合わせることで、新たな気づきや発見を促進。多様なデータを取り揃えた第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」を別途用意。
  • Rと連携した高度かつ多彩なデータ分析:Rと連携することで、今までは事前処理や他システムで処理する必要があった高度な分析や計算を、MotionBoard上で表現可能。
  • 容易な画面設計:MotionBoardでは、ドラッグアンドドロップなどの簡単な操作でアイテムをボード上にレイアウトし、ダッシュボードを作成可能。ノンプログラミングで行えるので、ユーザー部門でもダッシュボードの開発や変更が可能。
  • データセットもGUIのみで操作:チャートで表現するデータセットの設定も専門的なプログラミングを必要としません。接続可能なデータソースを選択し、項目を配置するだけでデータセットを作成可能。項目を配置すると自動的に結果セットがプレビューされるため、集計項目の選択作業が効率的に作成可能。
  • チャートエディタによる簡単チャート設定:フォントやカラーといったスタイル設定やアラートの設定など、詳細なチャートの設定もすべてマウス操作で実行可能。データの内容や閲覧・分析の用途に応じて柔軟にチャートをデザイン可能。
  • Excelからビッグデータまで、様々なデータソースに対応 MotionBoardは、様々なデータソースに対応。大量のデータはインメモリに展開し高速処理。リアルタイムに把握したいデータは直接接続して確認するなど、業務にあわせた処理形態を選択可能。また、CData Software社のドライバーを採用しており、幅広いデータソースと接続可能。
  • Salesforceとシームレスに連携:MotionBoard Cloud for Salesforceは、Salesforce上で多彩な表現力の分析機能を提供します。普段お使いのSalesforce画面の1つのタブとしての機能。SalesforceのデータはAPI連携でリアルタイムに参照できます。オブジェクトをまたげる上、Salesforce以外の様々なデータも採用可能。
  • 複数のデータソースを結合:複数の異なるデータソースを一つのデータソースとして結合できます。分散されたシステムのダッシュボードとして活用可能。
  • 拡張性の高いBIプラットフォーム:開発者とシステムインテグレーター(SI)は、強力で拡張性の高いZoho Analytics開発プラットフォームを使用して、レポート機能と分析機能をビジネスアプリケーションに構築し、連携させることが可能。

②Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)

2つ目は、Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)になります。

Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)は、セルフサービスビジネスインテリジェンスとデータ分析のためのビジネス分析ツールです。

また、データを視覚的に捉えられる図表や、深く正確に理解できるダッシュボードを数分で作成することも可能です。

そして、Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)は、大量の生データが、具体的行動につながるレポートとダッシュボードに生まれ変わらしてくれ、重要なビジネス指標の追跡、長期的なトレンドの把握、特異な事象の特定、そして隠された意味の発掘を行なってくれます。

<Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)の機能一覧>

以下が、Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)の機能一覧になります。

  • あらゆるデータソースに接続:現在、ビジネスデータは、フラットファイル、Webフィード、データベース、クラウドストレージサービス、オンライン/オフラインアプリケーションなどに散在していることが多いですが、Zoho Analyticsを使用すれば、データがどこにあっても、かんたんに詳細なレポート作成と分析可能。データの同期を自動化したり、定期的に予約したりすることも可能。
  • ファイル、フィードのクラウドドライブ:Microsoft Excel、CSV、HTML、JSON、XML、テキストファイルなどのスプレッドシートやフラットファイルからデータをアップロード可能。また、Zoho Docs、Google Drive、Box、Dropbox、Microsoft OneDriveなどのオンラインストレージサービスからデータを取得することや、Web URLフィードからデータを引き出すことも可能。
  • 視覚的な分析:かんたんなドラッグ&ドロップ式のインターフェイスでデータを視覚的に分析し、洞察に富むレポートとダッシュボードを作成できます。IT部門のサポートは必要なし。
  • 豊富な図表類:チャート、ウィジェット、ピボットテーブル、表形式のビューといった多様な構成要素を利用して、洞察に富むレポートとダッシュボードを作成。新しいタイプも頻繁に追加可能。
  • スプレッドシートのようなインターフェイス:Zoho Analyticsでは、データの追加、分析、レポート作成に、おなじみの「スプレッドシートのような」インターフェイスを採用。そのため、スプレッドシートに精通していれば利用は簡単に。
  • きめ細やかなアクセス管理:同僚や顧客と共有するレポートでは、同僚や顧客が表示/操作できる内容を完全に管理可能。読み取り専用、読み書き可能、レポートの作成、ドリルダウン、エクスポートなどのオプションを指定して、 アクセスをきめ細かく管理可能。
  • API対応:Zoho Analyticsには、強力なHTTPベースのWeb APIあり。データの連携(データの追加、変更、削除、取得)、メタデータの処理(データとレポートの詳細の取得)、 共有、動的レポートの埋め込みのためのメソッドが利用可能。Zoho CloudSQLテクノロジーにより、開発者は使い慣れたSQL言語を使用して、Zoho Analyticsに保存されているビジネスデータを操作可能。
  • 高度なセキュリティ:Zoho Analyticsは、データの安全性を確保するために、冗長性、バックアップ、機密性とプライバシーに対するサポートを含むZohoの強力なセキュリティ対策に従って管理。

③WebQuery(ウェブクエリー)

3つ目は、WebQuery(ウェブクエリー)になります。

WebQueryはWebサーバ上で動作するデータ検索・分析ソリューションです。Webブラウザーから画面展開に従って条件設定するだけで、簡単にデータ検索・分析を行うことが可能なビジネス分析ツールです。

そして、パソコンだけでなく、外出先からモバイル端末などを使っていつでもアクセスでき、また、支店、営業所、海外拠点、グループ会社など、離れた環境においても同じデータアクセス環境を構築できますので、全社レベルで利用することがも可能です。

<WebQuery(ウェブクエリー)の機能一覧>

以下が、WebQuery(ウェブクエリー)の機能一覧になります。

⑴テーブル/項目選択関連

  • テーブル/項目の一覧はツリー形式表示
  • 欲しい項目は検索機能を使ってキーワード検索が可能。また、項目間の計算をした項目を追加する事が可能

⑵抽出条件指定関連

  • 候補を使って条件の値を設定できる
  • 条件のパターンも様々、あいまい検索も可能
  • 項目選択時に使用していないデータに条件設定する事が可能

⑶グループ集計、小計、クロス集計関連

  • 合計、平均、最小値、最大値、種類数、明細数の集計が可能
  • 小計、合計行を表示する事が可能
  • クロス集計やピボットテーブル連携も可能

⑷定型クエリの登録/公開、アクセス制御関連

  • クエリーを共有して利用する事ができ、処理グループはユーザーによってアクセス制御が可能
  • ブラウザ、Excel、CSV、スケジュール登録など、出力形式を選択可能

⑸OLAP分析関連

  • ブラウザ上で、ドリルアップ/ダウン/スライシング/ドリルスルーが可能
  • 分析軸のレイアウト、階層定義をユーザが簡単に設定可能
  • 分析軸の展開状況を保管できるので、複数階層のクロス集計表として実行可能

⑹レポーティング関連

  • ブラウザ上で、結果データやグラフを自由に配置することが可能
  • 条件値を入力し、結果の切り口を変えて実行できる
  • 結果をPDFとして保管し、Webフォルダへアップロード、スマートフォンで閲覧

⑺WebQuery Mobile関連

  • iPadから、WebQueryのレポートへ簡単アクセス
  • モバイル用のライセンスは不要

今回、紹介した以下の3つのビジネス分析ツールは、それぞれ特徴が異なります。

また、ビジネス分析ツールを導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)
  2. Zoho Analytics(ゾーホーアナリティクス)
  3. WebQuery(ウェブクエリー)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツール3選。機能面でおすすめのビジネス分析ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのビジネス分析ツールを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、ビジネス分析ツールは、それぞれ特徴が異なります。

また、ビジネス分析ツールは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

  1. この記事へのコメントはありません。