• HOME
  • ブログ
  • 法人口座
  • 法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム3選。機能面でおすすめの運行管理システムはこれだ!

法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム3選。機能面でおすすめの運行管理システムはこれだ!

営業車を多く持つ中小企業、零細企業では、運行管理システムを導入されているケースが少なくありません。

一方で、運行管理システムを比較しているメディアは少ないのが、現状です。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム   選。機能面でおすすめの運行管理システム はこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム を つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム3選。機能面でおすすめの運行管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム を3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つです。

  1. MapFanマップファン)
  2. Cariot(カリオット)
  3. GeoRouter(ジオルーター)

①MapFanマップファン)

1つ目は、MapFan(マップファン)ナビアプリになります。

MapFan(マップファン)は、タクシーや物流向けの業務システムへ、カーナビゲーション機能を手軽に追加できます。

また、MapFan(マップファン)は動態管理や配車管理など様々な用途で利用できます。

実際、実績も高く、多くの企業が導入しています。

以下がMapFan(マップファン)の導入企業です。

  • 株式会社アドバンスト・メディア
  • ギャップジャパン株式会社
  • 株式会社ライナロジクス
  • NECソリューションイノベータ
  • 株式会社フォルテ
  • 株式会社コギト
  • 国際航業株式会社
  • 表示灯株式会社
  • ソフトウェアハウス株式会社
  • 株式会社CATV富士五湖
  • 株式会社ネクス・ソリューションズ
  • 株式会社デンソーテン
  • ナピア情報システム株式会社
  • 株式会社ピーシーコネクト
  • 株式会社タイガー
  • ウイングアーク1st株式会社
  • 株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー
  • リスクモンスター株式会社
  • 株式会社アルカディア

<MapFan(マップファン)ナビアプリの機能一覧>

以下が、MapFan(マップファン)ナビアプリの機能一覧になります。

地図検索有料機能
地図表示(年12回更新)オンライン
オフライン
フリーワード検索オンライン(スポット・住所・駅・電話番号・郵便番号)
オフライン(住所・駅・郵便番号)
住所一覧検索オンライン
オフライン
周辺ジャンル検索
連絡先アプリ連携検索
駐車場満空検索
ガソリンスタンド価格検索
地図URL共有
マップコード表示
ブックマーク
地点・ルート登録
自宅・職場登録
フォルダ管理
デバイス間共有
ルート・ナビ
ルート検索オンライン
オフライン
渋滞考慮ルート検索
大型車規制考慮ルート検索
徒歩/自転車ルート検索
音声ナビゲーション
方面看板・レーン情報表示
「その先」案内表示
SA/PA施設情報表示
VICS渋滞情報
オービス設置・ネズミ捕り目撃ポイント通知

業務システムからナビアプリを起動する際に利用可能なURLスキーム機能は、以下の通りです。

地図表示指定された緯度経度の地図を表示。
ルート検索指定された緯度経度の出発地/経由地(最大5地点)/目的地でルート検索。 細かなルート検索条件を指定することも可能。
大型車規制考慮ルート検索指定された大型車の種別、総重量、車幅、車高、危険物の有無をもとに、通行が規制された道路を回避したルートを検索。
指定アプリ起動
(Androidのみ)
ナビアプリから業務システムアプリへ戻るボタンとして利用可能。

動作環境に関してですが、MapFan(マップファン)ナビアプリは、以下の環境下でないと作動できないため、注意が必要です。

iOS 9.0~10.2iPhone 7/7Plus、iPhone 6/6Plus/6s/6sPlus、iPhone SE、iPhone 5/5s/5c、iPad Air/Air 2、iPad mini 2/3/4、iPadPro、iPad第4世代

※Intel CPU搭載端末はサポート対象外。

Android 4.4~7.0Nexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Xperia X Performance、Galaxy S7 edge

②Cariot(カリオット)

2つ目は、Cariot(カリオット)なります。

<Cariot(カリオット)の機能一覧>

以下が、Cariot(カリオット)の機能一覧になります。

⑴車両情報管理:手元の車両管理台帳をクラウドで一元管理したいかたにおすすめ。車検証情報や保管場所、リース先情報など、今管理されている項目はもちろんのこと、自由に項目を増やすことも可能で、指定した項目ごとでレポート集計や走行データを元に、走行距離に応じてタイヤ交換やオイル交換のメンテナンスのお知らせも可能。各種項目の情報管理漏れを防ぎ、車両を安全に管理。

⑵ドライバー情報管理:クルマを運転する社員(ドライバー)の部署や免許証番号 、免許種類、免許証有効期限 、緊急連絡先やファイルなどの情報を一元管理することが可能。項目は自由に増やすことも可能で、免許の期限切れなど項目ごとでレポート集計やアラートメールの送付などが可能。各種項目の情報管理漏れを防ぎ、車両と同様にドライバーを安全に管理。

⑶走行履歴・車両日報:ドライバーは特別な操作なしで、運転するだけで走行記録の記録を管理。地図上で実際に走ったルートを振り返ることができるだけでなく、車両利用報告書として車両名、ドライバー、日時、走行距離、目的地などをまとめたレポートも自動生成。もちろんレポートはExcel出力が可能。運転者が車両利用報告書を作成する時間や、総務部など管理部門の方々が集計する時間が大幅に短縮。

⑶危険運転検知:急加速・急減速・速度超過などの危険運転を記録・集計。危険運転の多いドライバーに運転指導を行えば、事故の発生を防ぎ、修理費や保険料を低減することが可能。

⑷危険運転動画記録:危険な運転(急加速・急減速・急ハンドル等)をすると、専用のドライブレコーダーの動画が位置情報とともにインターネットにアップ。そのため、わざわざSDカードの抜き差し不要でデータが確認可能。各地で発生した危険運転や事故の動画データをためれば、リアリティのある安全運転指導の材料になり、また、事故の原因や証跡として活用できる可能性あり。

⑸ルート設定:よく使う営業ルートや配送先・取引先を拠点として地図上に登録して、クルマがどのようにそのルートを回っているかを把握することが可能。拠点には“ジオフェンス”という境界線を円形または多角形など形や大きさを自由に設定することができ、ジオフェンスに車が出たり入ったりすることで、滞在時間・出発時間・到着時間が自動で算出。また、次の拠点にメールを送付する設定や各拠点に立ち寄った回数を自動で集計したりなど、目的に応じて自由にカスタマイズが可能。

⑹エリアマップ:地図上でクルマが今どこを走っているのか、リアルタイムで見ることが可能。複数車両の目的地への到着時刻など、運行状況がひと目で確認できるようになるため、ドライバーと運行管理者間の状況確認や報告業務が低減され、業務効率化。また、指定した地点を到着・出発した際に任意のメール先にお知らせをすることも可能。

⑺到着予測:地図上で設定したルートなどを元に、目的地に対して車両の到着予測時間が把握可能。到着予測時間はリアルタイムに更新され、渋滞情報なども加味して算出されるので、正確な予測時刻を元に、ドライバーがいつ到着するかのコミュニケーションを円滑にし、集荷や荷待ちのストレスなども解消可能。

⑻ヒートマップ:自由な期間を設定し、クルマの移動が滞留していた場所をヒートマップで表示し一目で確認することが可能。ルートセールスやルート配送業務などの非効率をあぶり出し、迂回ルートの検討が可能。また、新人ドライバーと熟練ドライバーのルートの違いを明らかにして新人ドライバーの滞留を解消すれば、全体の業務効率が向上。

⑼予約管理・運行予約:複数人のドライバーでクルマをシェアする、または、運行の予定を登録する仕組みを提供。車に対して会議室予約の要領で情報を登録し、利用状況から予約に対しての予定と実績を可視化可能。それにより、車両が正しく使われているかを把握することが可能。これまでより少ない車両で業務が回るようになれば、台数削減によるコスト削減も可能。

⑽DriveCast:車両の現在地を様々な人にシェアすることができる“DriveCast(ドライブキャスト)”という機能をご用意。対象の車両ごとに、個別のURLを発行でき、共有したい期間やパスワードなどを設定して送りれば、PC/スマホ等から車の閲覧可能。届け先のお客様の待ち時間やイライラ・クレームが低減され、配送効率の向上が可能。

11レポート:車両管理に関わる「見える化」「コンプライアンス」「安全性向上」「生産性向上」のための様々な集計レポートを標準で用意。また、走行データや登録した情報を元にお客様自身でもレポートやグラフなどを作成することが可能。作成したレポートのデータは、ExcelまたはCSVフォーマットで書き出しできます。危険運転回数、滞在時間、深夜22:00以降の運転が多いドライバーの抽出、休憩をとらずに走行している履歴の抽出など、お客様独自の切り口でカスタマイズ可能。

12ダッシュボード:複数の分析レポートを集約して、目的に応じたダッシュボードを作ることが可能。経営者向けの指標、現場担当者向けの指標、ドライバー向けの指標など、目的やユーザに応じたダッシュボードを作成し、定期的にチェックすることで、早期の問題発見や課題解決のためのPDCAに対する成果など、車両をお使いの業務における継続的な取り組みをバックアップ。

13アクセス権限設定:ユーザごとのID・パスワード制御はもちろん、IP制限などシステムへのアクセス制限をかけることが可能。また、支社・部署・営業所・役職などによってユーザごとでデータへの閲覧制御をすることも可能。他部署のユーザには走行記録を見せたくない、直属の上長だけに情報を見せたいなど、お客様の組織体制・個別事情に合わせた運用が可能。また自社だけでなく、パートナー企業や傭車の方々に関する情報の閲覧権限設定など社内に閉じない運用が可能。

14データダウンロード:クルマに取り付けた車載デバイスから送られてくる詳細なローデータをCSV形式で自由にダウンロードが可能。通常のレポートではなく、お客様の手元で、独自の高度な分析や他のシステムにデータ投入する際などにも利用可能。

15API&OEM提供:Cariotで提供している機能をAPIにより、お客様独自のアプリ・システムにCariotを組み込みたい、ロジックだけCariotを使いたいなど、目的や用途に応じて自主開発が可能。また、Cariotの機能を使って新しいサービスを構築したいなど、OEM機能としての提供も行っています。使用条件については個別相談。

③GeoRouter(ジオルーター)

3つ目は、GeoRouter(ジオルーター)になります。

<GeoRouter(ジオルーター)の機能一覧>

以下が、GeoRouter(ジオルーター)の機能一覧になります。

⑴配送先データの取り込み:手持ちのデータから配送先情報を簡単に取り込み可能。 住所を入力したファイル(エクセル、CSV等)を取り込むことで配送先を自動的に地図上に登録し。 地図上に表示されているアイコンをクリックすることにより、位置や配送先情報を簡単に修正することが可能。

⑵簡単操作で最適ルート作成:稼働開始、終了時間、荷降ろし時間等の設定を行うだけで、条件に合う効率的なルートを自動作成し、 配送先への到着予定時刻・走行距離などを自動算可能。 ルート作成の設定はウィザード形式。画面の案内に従って入力・選択するだけだから、誰でも簡単に“配車スタッフ”になることが可能。配送車の情報や、画面で設定した値は、「規定値」として保存できるので、毎回同じ値を入力する必要なし。配送先件数が1000件の場合、ルート作成は約20分と、短時間でのコース作成が可能。(条件により差異があり)

⑶きめ細かい条件設定:配送先ごとに配送希望時間帯(禁止時間帯)や配送可能な車両(車型)、配送不可能な車両(車型)、滞在時間が登録可能。 配送車の制約(台数、積載量、休憩時間、稼働時間)は複数種類の登録が可能です。 滞在時間は商品重量からの自動計算も可能。配送車間で帰着時刻や配送先件数のバラツキを抑えて、コースの平準化を行うこともでき、ルチトリップを行うルートも作成可能。

⑷自由自在な地図表示:配送ルートを作成したら即座に地図へ。配送車毎に色分けして地図表示され、直観的・視覚的にルートを確認可能。配送順等の情報を同時に地図上に表示することもでき、各配送車の情報を表形式で表示すれば、全体を俯瞰でき、文字による詳細情報と地図へのビジュアル化、 双方からのアプローチでルートの検証が可能。
スマートフォンと連携して、各配送車の配送状況、現在位置を即座に確認できます。 配車/配送業務の迅速化・高精度化だけでなく、物流コストの削減、サービスの向上が期待可能。

⑸デジタル地図として活用:配車計画業務以外でも、使いやすいデジタル地図として有効活用可能。高速道路の強調やシンプルな白地図への変更など自分の見やすい地図スタイルに変更可能。『建物名は分かるけど住所が分からない』、『すぐにルートの検索を行いたい』、『住所がうろ覚え』そんな場合にも対応できる豊富な検索機能を装備。
ルート計画エンジンから地図エンジンまで一貫して開発している当社だからこその機能が満載です。適宜カスタマイズ可能。

⑹多彩な印刷・出力機能:配送先一覧、ピッキングリストなどの印刷機能を標準で備えています。その他、お好みの帳票をカスタマイズ可能。また、作成されたルートの配送先情報をCSVファイルでエクスポートできるので、他システム・機器との連携が可能。 作成したルート情報などを利用してカーナビで表示するなどが可能。

今回、紹介した以下の3つの運行管理システムは、それぞれ違う特徴を持っています。

そのため、比較検討してから導入をしましょう。

  1. MapFanマップファン)
  2. Cariot(カリオット)
  3. GeoRouter(ジオルーター)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム3選。機能面でおすすめの運行管理システム はこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの運行管理システム を3つ詳しく解説しました。

上記で解説したように、運行管理システムは、それぞれ、違う特徴があります。

また、運行管理システムはもちろん、料金面もそれぞれ異なるため、比較検討してから、導入しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。