【検証】会計ソフト「MFクラウド会計」の評判は?メリットデメリットと注意点

現在、中小企業経営者、零細企業経営者の中には会計ソフトを導入してみようかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

しかし、会計ソフトは世の中にたくさんあり、どのサービス、ソフトも価格帯はバラバラで、且つ提供しているサービス、機能もそれぞれ異なります。

そんな会計ソフトの中でも今、MFクラウドは特徴があるサービスとして注目を浴びています。

そのため、今回は『【検証】会計ソフト「MFクラウド会計」の評判は?メリットデメリットと注意点』という記事のタイトルで、会計ソフト「MFクラウド会計」の評判、メリット、デメリット、注意点などを紹介し、解説します。

会計ソフト「MFクラウド会計」とは?

会計ソフト「MFクラウド会計」は、クラウド会計ソフトfreee(フリー)に次いで人気の会計ソフトサービスで、特に、個人事業主・中小企業に支持されています。

「MFクラウド会計」は、日々の会計処理が劇的にラクになる確定申告・会計サービスです。データ入力や仕訳作業の手間がなく、利用する場所も選ばないクラウド型サービスです。

特に、MFクラウド会計は以下の3つの場面で活躍する会計ソフトになります。

<データの入力>

MFクラウド会計は銀行口座やカードを登録すると、取引明細を自動的に取得できます。

このように、MFクラウド会計は決済、POS、クラウドソーシング等と連携可能です。

<仕訳>

自動取得した取引明細に対応する勘定科目を自動で提案できます。また、仕訳ルールもMFクラウド会計が自動で学習します。

<レポート>

時間場所関係なく、リアルタイムに会計データを共有できます。決算書・確定申告書も自動で作成できます。 分析アプリで会社のお金の動きをスマートフォンから把握できます。

※当然ではありますが、これら以外にも様々なサービスがあります。また、今後、サービス内容は増える可能性があるそうです。

MFクラウド会計のプラン別料金表と機能

MFクラウド会計のプラン別料金表

以下がMFクラウド会計のプラン別料金表になります。

※お得なパックプランは会計業務、請求書作成、経費精算、給与計算、マイナンバー収集がパックになったプランです。

MFクラウド会計のみの利用

フリープラン

ライトプラン

ベーシックプラン

月額プラン(税抜)
0円 /月
1,980円 /月
2,980円 /月
年額プラン(税抜)
21,780円 /年

月額より1,980円オトク

32,780円 /年

月額より2,980円オトク

初期費用無料無料無料
金融機関連携自動取得
各種仕訳入力
各種会計帳簿
決算申告
スマートフォン向けアプリ
仕訳データのエクスポート×
電子証明書連携ソフト利用××
登録可能な部門数2部門2部門無制限(2階層)
仕訳入力の期間制限機能××
取引No.の振り直し××
MFクラウドストレージ100MB100MB10GB
総合振込の明細単位での取得××
お得なパックプラン

バリューパック

月額プラン(税抜)
3,900円〜 /月
年額プラン(税抜)

年額プランはありません
仕訳件数
無制限
こんな方におすすめ
バックオフィス全般の効率化をしたい会社に
初期費用
  • 会計業務
  • 請求書作成
  • 経費精算
  • 給与計算
  • マイナンバー収集
※5つのサービスをまとめて、利用できます
金融機関連携自動取得
各種仕訳入力
各種会計帳簿
決算申告
スマートフォン向けアプリ
仕訳データのエクスポート
電子証明書連携ソフト利用
登録可能な部門数
仕訳入力の期間制限機能
取引No.の振り直し
MFクラウドストレージ
総合振込の明細単位での取得

MFクラウド会計の機能

また、MFクラウド会計は機能が多いことがメリットとして挙げられます。

以下が、MFクラウド会計の全プランで使える機能になります。

具体的に以下の機能が実装されています。

  • 各種仕訳入力
  • 各種会計帳簿
  • レポート集計
  • 決算申告
  • 取引明細の自動取得
  • 勘定科目の自動提案
  • メールサポート
  • チャットサポート
  • アプリ
  • 金融機関連携自動取得
  • 無料サポートセンター
  • 各種銀行口座との連携
  • 各種クレジットカードとの連携
  • 各種POSレジ等のビジネスアプリとの連携

また、MFクラウド会計は以下のPOSレジとの連携が可能です。

  • Orange Operation (株式会社エスキュービズム)
  • Airレジ (株式会社リクルートライフスタイル)
  • POS+ (株式会社パーソルプロセス&テクノロジー)
  • ユビレジ (株式会社ユビレジ)
  • スマレジ (株式会社スマレジ)
  • ラクレジ (東日本電信電話株式会社)`

会計ソフト「MFクラウド会計」の9つのメリット

①簿記がわからなくても決算書、帳簿を作成できる

経理初心者が簿記の知識がなくても、見よう見まねで決算書(貸借対照表と損益計算書)と帳簿(仕訳帳や総勘定元帳など)が作れる点がMFクラウド会計の魅力です。

もちろん、MFクラウド会計ではないダウンロード型の会計ソフトも簿記の知識がなくてもいいようになっていますが、MFクラウド会計はより簿記の知識がない人向けにヘルプ機能やサポートを手厚くなっています。

MFクラウド会計は特に個人事業者や小規模な企業向けのサービスと言えます。

大企業は会計ソフトを請求ソフトなど他のソフトを含めて自分たちの会社に合うように何千万円も投資して自作しています。また、中規模な会社はインストール型の会計ソフトの主なターゲットですが、MFクラウド会計はそういった顧客を相手にしているわけではありません。

MFクラウド会計は簿記や経理がわからない人向けのサービスなので、誰でも簡単に始められます。

②スマホ、PC、タブレットのいずれにも対応している

MFクラウド会計はクラウド型なのでパソコンだけではなく、タブレット端末やスマートフォンからも使用できます。

MFクラウド会計はマネーフォワードの会計ソフトであり、マネーフォワードのアカウントで使用します。

そのため、スマートフォンで領収書やレシートをカメラで撮影して読み込むアプリを利用するだけで、MFクラウド会計に取り込むことが可能です。

また、アプリとソフトの連携が取れているため、アプリで読み込んだデータを自動取り込みして仕訳までしてくれます。

③自動で仕訳の登録が可能になる

勘定科目を一度設定すれば、次回以降は自動で割り振られる点もMFクラウド会計の魅力でしょう。

摘要欄に関しても、一度登録したものが次回から自動で割り振られます。

また、仕訳登録を一度に50個まで一括登録することが可能なので、頻繁に経理業務を行わない場合には大変便利な機能でしょう。使っているうちに自動で仕訳される精度が上がってきます。

MFクラウド会計では、もちろん手動で入力することも可能です。その際には、簡単入力と振替伝票形式での入力を行います。振替伝票形式だと「借方」と「貸方」での入力になります。

簿記の知識が浅い場合には、簡単入力を利用すると自動で仕訳登録がされるため便利と言えるでしょう。

④チャットでのサポートがある

タブが開いて、基本知識から仕訳け・決算・確定申告の方法まで、サポートとチャット相談することが出来ます。

さらに、サポート員と自社の管理画面を共有してサポートできる為、より的確なアドバイスや解決方法を教えてもらうことができます。

そしてチャットサポートではやり取りのログが残りますので、「そうだ、こう処理するんだった」と見返すことが出来ます。

チャットサポートの場合はチャット欄に質問を投げておけば、サポートの手が空いた時に対応してくれます。

その間は自分も他の仕事をすることが出来るので、チャットサポートがあることで助かる可能性が高いと言えるでしょう。

⑤どんなOS(Windows,Macなど)にも対応している

MFクラウド会計はWindows,MacなどOSを選ばずに利用できます。

Macユーザーには朗報ではないでしょうか?

ブラウザで動作するソフトですので、PCを買い替えてもデータの移行などの手間が一切ありません。

MFクラウド会計はインストール型のソフトと違い、インターネットエクスプローラー、グーグルChrome、safari(サファリ)といったブラウザ上で動きます。

よって、「今は店舗のPCはWindows使っているけど、ノートPCはMacで両方のPCで会計業務を行いたい」という場合にも対応できます。

また、従来のインストール型ソフトだと、PCを買い替えた場合はソフトをインストールし直しさなければならないという事が多々ありました。

しかし、MFクラウド会計の場合は、ソフトもデータが全てクラウドサーバーで動いているため、PCを買い替えた時の手間が一切起こりません。

⑥スマホアプリにも対応している

MFクラウド会計はスマートフォンアプリにも対応されています。

例えば出張中の新幹線の移動中やちょっとした空き時間に、スマートフォンで仕分け業務をすることができます。

また、外出先で購入したちょっとした買い物のレシートをすぐに帳簿に入力できるため、経費の取りこぼしが少なくなります。

このように、レシートはその場でスマホカメラで写真を撮って保管出来ます。領収書の電子化登録許可を得ている人には便利と言えるでしょう。

⑦金融機関やクレジットカードとの連携がある

MFクラウド会計は連携機能の利便性の高さも特徴です。

銀行やクレジットカードの取引と連携しており、自動的に取り込みや仕訳をしてくれるので会計処理の手間を大きく省けます。

また、一般的な帳簿と同様の形式で仕訳されるため、顧問税理士などに相談をする際にもスムーズでしょう。

手書きによるミスを防げる点も、この自動取り込み、仕訳の大きなメリットと言えます。

⑧複数人で同じデータを見ることができる

MFクラウド会計はクラウドでデータを一元管理しているので、複数人でデータを確認することができます。

普段は経理担当者が経理業務を行っていても、経営者が必要なタイミングでデータを確認することができます。

また、税理士も常に最新のデータを確認することができるので、従来のように、会計データをバックアップして、データをメールで送信するといった受け渡しの作業が不要になり、税理士と経営者間のコミュニケーションがより円滑になります。

⑨初心者でも使いやすい

「初心者でも使いやすい」という点はMFクラウド会計のユニークな点と言えます。

簿記の知識がなくても複式帳簿の記帳ができますし、困った時にはチャットで対応してもらえる点も初心者にとっては安心です。

人によってはMFクラウド会計を利用することで、専門家に依頼するコストを削減できる可能性もあります。

会計ソフト「MFクラウド会計」の4つのデメリット、注意点

①自動仕分けが若干、完全なものではない

MFクラウド会計の魅力といえば、自動仕分け機能ですが、この機能は現状、まだまだ完全なものとは言えないと言えるでしょう

例えば、文字列が加わるだけで新規に分類しなおさなくちゃいけない、自動分類の提案がないなど、会計ソフト「MFクラウド」の肝にあたる部分が若干、甘い印象です。

もっとスムーズに入力できるようになれば、freee以上に人気サービスになると言えるかもしれません。

②サービスが別々である

マネーフォワードが提供しているサービスはMFクラウド確定申告、MFクラウド会計のほかに、MFクラウド請求書、MFクラウド経費、MFクラウド給与といったサービスがあります。

これらは、電子請求書発行、経費清算、給与計算を効率化してくれるサービスですが、それぞれ独立していて、それぞれ登録をしなければなりません。

そのため、さらに便利な機能を追加するにはそれなりのコストがかかります。

③意外と高くついてしまう場合がある

MFクラウド会計は、基本的に月額課金制なので、使い続けている以上は毎月料金がかかってしまいます。

場合によっては買い切り型のソフトよりも高くなってしまう可能性がありますので、比較するときは十分に注意が必要です。

特にプラン内容をグレードアップする場合は要注意と言えるでしょう。

④トラブルでインターネットが使えない状況になると困る

インターネットの環境に依存することになるので、万が一インターネットが使えないような状況になってしまったら会計データの確認・更新ができなくなってしまいます。

また、システムトラブルが起きたときや、サーバのメンテナンスを行っているときは利用することができないので、利用したいときに利用できないということも想定されます。

MFクラウド会計とfreeeの比較

最後にMFクラウド会計とfreeeの比較をします。

実際、MFクラウド会計とfreeeで迷っている方も多いと思います。

以下がMFクラウド会計とfreeeを比較した表になります。

以下が機能面での比較です。

機能面での比較

MFクラウド会計freee
特徴初期設定が簡単で慣れるまで時間がかからない慣れるまで時間がかかるが、初期設定をきちんと行えば、使いやすくなっていく
他の会計ソフトからの乗り換え他の会計ソフトから乗換しやすいよう設計されている他の会計ソフトから乗換しやすいよう設計はされていない
経理未経験者にとっての使いやすさ簿記の知識をベースとした入力方法になっている簿記の知識が無くても入力できるよう設計できるようになっている
仕訳推測機能
完全自動仕訳機能特になし特許を取得しており、freeeの完全独自機能
分析機能試算表、月次推移分析、前期比較、部門管理で分析可能試算表、月次推移分析、前期比較、部門管理、取引先別、品目別、プロジェクト、案件別で分析可能
外貨PayPal連携ありなし
連携預金・クレジット・タブレット型POSレジエアレジ・ユビレジ・スマレジ等)連携預金・クレジット・タブレット型POSレジエアレジ・ユビレジ・スマレジ等)連携
請求書作成機能MFクラウド請求書アプリ(別途料金)を使えば可能ベーシック、プロフェッショナルプランのみ
経費精算機能×
確定申告書作成・電子申告
消費税申告書作成×

料金面での比較

freee(フリー)MFクラウド会計
法人プラン
  • ミニマム:月額2570円、年額25660円
  • ベーシック:月額5162円、年額51580円
  • プロフェッショナル:月額51580円、年額515808円
  • ライト:月額2138円、年額23522円
  • ベーシック:月額3218円、年額35402円

このように、料金面で比較すると、MFクラウド会計の方が安いと言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は『【検証】会計ソフト「MFクラウド会計」の評判は?メリットデメリットと注意点』という記事のタイトルで、

  • 会計ソフト「MFクラウド会計」のメリット
  • 会計ソフト「MFクラウド会計」のデメリット、注意点

などについて解説しました。

今回記事で説明したように、会計ソフト「MFクラウド会計」は当然、メリットもありますが、デメリット、注意点も存在します。

そのため、自社の会計業務に会計ソフト「MFクラウド会計」を導入する場合は、それらのメリット、デメリット、注意点を考慮してから、決断することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。