どっちが正解!? 中小企業が作るべきなのはブログ OR 自社サイト?

コンテンツマーケティングに関心を寄せる経営者の方が最近は増えていらっしゃいます。そんな中よく聞かれるのが
「ブログとサイトだったら、どっちの運営をすればいいの?」
という質問です。

今回はコンテンツマーケティングを始める上でブログと自社サイトのどちらからスタートするべきかをご案内いたします。

売上を上げる仕組みを作るならサイトが重要ですが……

まず、結論から言うと『売上アップ』を目的にするなら、自社サイトを持つことが重要です。サービス内容の案内、そして申し込みができる決済システムの導入などは自社サイトでないと不便な点が多いからです。

ですが、マーケティングの教科書の過去記事でも何度か『サイトを作っただけでは売上アップには意味がない』とご紹介したように、サイトを作ったからと言って、それをすぐに売上につなげることは難しいのが実情です。

自社サイトを持つことが重要だが……

人が喜ぶコンテンツがなければ、売上アップにはつながらない

WEB上で売上をアップさせるには、まずあなたが作ったサイトに人が集まり、その上で内容を信頼してもらうというステップが必要となります。

どうやったら作ったサイトにアクセスが集まり、信頼されるのか?
その答えは単純です。サイトを訪問した人にとって役立つコンテンツがあるか。それが何よりも重要です。
訪問した人にとって有意義なコンテンツが無ければ、サイトにどれだけ詳細なサービス紹介があっても売上にはつながりません。

求められるコンテンツはその業種によって様々

では、訪問者にとって有意義なコンテンツはどういうものでしょうか?
それは、業種によって様々です。

例えば、美容関係のサービスをされているなら、
・自宅で出来る美容術
・手軽にできるお肌ケアの方法
・流行のヘアスタイル

などの情報が豊富にあるサイトに人気は集まります。

質よりも数がまずは重要となります!

しかし、有意義なコンテンツが1個だけあったとしても、アクセスアップや売上向上への効果にはつながりません。

むしろ、質よりもまずは数多くの記事がある方がWEBサイトとしての評価は高くなる傾向にあります。目安としてサイトから安定して売上を上げようと思うのなら、100ページぐらいのコンテンツが必要と考えて下さい。

自社の人員でスタートするなら、ブログがおすすめ!

100ページものコンテンツ。これを外注で出す場合は非常に高い金額を取られてしまいます。その上、WEB製作会社はあなたの業種やサービスについて深い知識があるわけではありません。

結果として、製作会社へと外注すると費用ばかりがかさんでしまうことになります。

では、どうすれば費用を抑えて有意義なコンテンツが作れるのか。その答えは自社の人員でブログを運営することです。

ブログは初期からアクセスが集まりやすい!

ブログにはlivedoorブログやアメーバブログなど色々なブログサービスがあります。
どのブログサービスも簡単に開設できる上に、サイトと違って初期から投稿した記事に対してのアクセスも集まりやすいというメリットがあります。

その為、運営する人のモチベーションも維持でき、どんなコンテンツが反応が良いのかもテストマーケティングすることができます
その上アクセス数が多い記事をピックアップして自社サイトへと掲載するようにすれば、自社サイトのコンテンツもどんどん充実させることが可能です。

ぜひ、コンテンツマーケティングを自社サイトで実践する前にブログを活用するようにして見て下さい!

コンテンツマーケティングの為にブログをやろう!

ブログでコンテンツの数を集めて、自社サイトを作ろう!

今回はコンテンツマーケティングをする上でブログと自社サイトどちらを運営するべきかについてご案内いたしました。

売上をアップさせるためには、自社サイトが必要です。
ですが、コンテンツの無いスカスカな自社サイトを作っても意味がありません。まずはブログを運営してコンテンツを作り、貯めていくことをおすすめします。

ブログなら、無料でしかも直感的に利用できる人が多いので、自社人材を活用して今日すぐにでもスタートすることが可能です。
コストパフォーマンスという点では非常に有効なので、コンテンツマーケティングの実践をお考えならぜひお試しください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。