【保存版】案件発注前に!国内クラウドソーシングサイト25選。

Webをはじめとしたクリエイティブやシステム系制作物の発注先として、もはや外せなくなったクラウドソーシング。(筆者もそうですが)読者の中にもお世話になっている方も多いと思います。
しかし最近は、クオリティの高い人気のランサーさんは(当たり前ですが)単価が高騰してたり、クラウドソーシングサイトのジャンルの強い弱いなどで、案件によっては満足のいくランサーさんが探せないこともあると思います。
そんな方のために、国内のクラウドソーシングサイトを紹介します。
国内だけでもその特徴の応じて様々な種類のクラウドソーシングサイトが運営されていますので、自分の案件にあった発注先を探してみてください。
 

国内クラウドソーシングサイト25選を比較解説

1.クラウドワークス


http://crowdworks.jp/
2011年開始の総合型クラウドソーシングサイト。マザーズに上場。リクルートやサイバーエージェントも資本参加。国内最大級で、多くのランサーや企業に支持されている。また、経済産業業、Yahoo!、TBSなど大手企業も発注実績アリ。プロ向けから初心者向けの仕事まで、様々なレベルの仕事の発注が可能なので、とりあえず発注、という際には選んでおいて間違いなし。

2.ランサーズ


http://www.lancers.jp
2008年開始の老舗企業。創業来の依頼総額が600億を超える。総合型のクラウドソーシングサイトで、ランサーの質も高く発注企業には安心。NTTドコモ、KDDI、伊藤忠などの発注実績がある。こちらもとりあえず発注したいというときの選択肢に入れておきたいサイト。

3.Job-Hub(ジョブハブ)


https://jobhub.jp/
人材派遣のパソナグループのクラウドソーシングサイト。発注者側が(運営者に支払う)システム利用料を負担する必要があるが、守秘義務の確認や環境チェックなどコワーカー(受注者)の管理育成体制が充実しているため、クオリティに安心感がある。大手の受注実績も多い。

4.Craudia(クラウディア)


https://www.craudia.com/
副収入や在宅での仕事を希望する個人・法人(ワーカー)と、仕事を依頼したい個人・法人の間で仕事の取引が出来る。登録ワーカーは国内最大級。無料レンタルWebパーツ「i2i」のユーザーネットワークを利用してネットリテラシーの高いワーカーへの案件リーチが可能となっている。

5.ココナラ


http://coconala.com/
ココナラは、みんなの「得意(経験・知識・スキル)」をオンライン上で売り買いできる、モノを売らないフリーマーケットサイト。誰でも自分がオンライン上でできることを、1回500円税別のサービスとして出品できイラスト、文章、ロゴなどだけでなく専門家相談サービス、占いなども売買できる。

6.コンテンツパーク

※現在、このサイトは閲覧できません。
お仕事の受発注だけでなく、素材(ロゴやバナー、イラスト、Webページのテンプレート)の売買機能などを備えた総合型クラウドソーシングサイト。受発注と購入・販売がワンストップで出来るので大変便利。

7.シュフティ


http://www.shufti.jp/
シュフティと言う名前から連想される通り、主婦をはじめとした在宅ワーカーとクライアントを繋ぐクラウドソーシングサービス。専業主婦や地方在住者向けの発注案件の実績もあるので、独自の視点からのコンテンツが欲しい時などは使えそう。

8.Woman&Crowd

※現在は、サービスを終了しています
子育てや家事で忙しい女性のためのクラウドソーシングサイト。サイバーエージェントグループが運営。約20万人の女性会員を抱えている。女性特化のコンテンツを制作したい時には、ピンポイントで指名発注したいサイト。

9.CROWD


http://realworld.jp/crowd/
ポイントサイト大手の「げん玉」も運営するリアルワールドが運営するクラウドソーシングサイト。げん玉のポイントと連携しているため、会員の多いげん玉ユーザーへのリーチが可能。ライティングだけでなく、データ入力などの単純作業の発注実績も多い。

10.Shinobiライティング


https://crowd.biz-samurai.com/
忍者ツールズで有名なサムライファクトリーのライティングに特化したクラウドソーシングサービス。文字数が800文字程度までの案件が多い。案件とライターの数のバランスがいいのか、記事のクオリティは評判が高い。

11.サグーワークス


https://works.sagooo.com/
コ ンテンツマーケティングに強いウィルゲートが運営する記事作成・アンケートのクラウドソーシングサイト。案件数・ライター数も多い。非承認された記事に非承認理由の具体的なアドバイスが付く機能を実装するなど、記事のクオリティコントロール施策も多く導入されていて、安心感がある。

12.クリ博オンラインワーク

※現在は、サービスを終了しています。
映像制作で有名なイマジカのグループ企業が運営。映像制作やソフトウェア系の案件が多い。作業者が支払うシステム利用料が安い(通常10%~20%のところ、25万以下10%で25万以上5%)のが特徴。知名度はこれからだが、実績のあるランサーが移籍してくると活況になってくると思われる。

13.Assign Navi(アサインナビ)


https://assign-navi.jp/
ハイスキルのIT・コンサルティング業務に特化したクラウドソーシングサイト。会員は企業会員1200社、個人会員600名とまだ規模は小さいが、NTTデータや外資系コンサル会社など大手からの受注実績も多い。月額単価100万以上の高単価案件も多数。

14.Skillots(スキロッツ)


https://www.skillots.com/
旧ファーストデザイン。2006年開始の老舗。チラシやロゴなどの各種デザインや、多様なテイストのイラスト、漫画制作、筆文字、LINEスタンプなど多彩な案件が揃っている。イラストや漫画系は初めて発注する人にも親切な解説がされていたり、良心的な運営が強み。

15.REPO(ルポ)


https://www.repo.ne.jp/
ブログなどの記事に特化したクラウドソーシングサイト。「空いた時間に副業が出来る」というコピーのとおり、iPhoneアプリから記事作成が出来たりする機能を実装し、ライターが多数登録。記事のクオリティは中程度との評価だが、多くの記事を一度に発注する場合などには重宝するかも。

16.UIscope


https://client.uiscope.com/
リリース前のスマホのアプリやサイトのレビューやアンケートを扱うクラウドソーシングサイト。スマホアプリのテストに特化して事業展開。ユーザーの報酬単価が高いので最近人気。発注側からすると、デバック対策になると同時に、事前プロモーションの副次効果あり。

17.Dmm.make


http://make.dmm.com/
クラウドソーシングには珍しいものづくりに特化したサイト。ものづくりの技術者がクラウドソーシングで出てくることは希少なため、これからの潮流を作る可能性を秘めている。

18.designclue(デザインクルー)

※現在はサービスを終了しています。
ランサーズ傘下。デザインのコンペに特化したクラウドソーシングサイト。発注者は国内が中心で、受注者(デザイナー)は世界中から集まるのが特徴。有名企業の発注実績アリ。ロゴデザインが平均123案集まるとのことで、クオリティの高い作品が出てくる期待大。

19.99designs


http://99designs.jp/
アメリカ発。デザイン特化のクラウドソーシングサイト。100万人以上の登録デザイナーを誇る。今までのデザインコンペは40万件以上と多くの実績を誇る。WebやTシャツのロゴのほかにカーラッピングのデザインも3万円程度から手掛けているのが面白い。

20.Workshift


https://workshift-sol.com/
ワークシフトは、海外の登録ランサーを多く抱えているのが特徴です。海外の市場調査や翻訳、Webの多言語対応など国内だとコストがかかりそうな案件を手軽に発注できる。インバウンド系のビジネスを考えている企業にとっては打ってつけのサイト。

21.CrowdGate


https://www.crowdgate.co.jp/
イラストやデザインの仕事に特化したクラウドソーシングサイト。イラスト学校を併設するなど、受注者のクオリティアップにも力を入れている。同人系の発注先を探している方にはありがたいサイト。

22.MUGENUP(ムゲンアップ)


http://mugenup.com/
イラスト、3D特化のクラウドソーシングサイト。特徴的なのは登録したクリエイターに合った仕事をサイト側が仲介してくれる点。営業が苦手な人が多いクリエイターにとっても、クリエイターを選ぶ手間を省きたい発注者にとってメリットがある。

23.Draft


https://www.draft.partners/
ネット広告の運用代行や広告文、キーワード選定など、サイトオーナーとプレーヤー(受注者)を繋ぐクラウドソーシングサイト。収益を最大化したいサイト保有者は一考の価値アリ。

24.Viibar


http://viibar.com/
Yahoo!と資本業務提携。動画制作に特化したクラウドソーシングサイト。Yahoo!や楽天、三井住友銀行などから受注実績あり。クリエイターは2000人程度。事前審査でクオリティを担保しているので安心して発注が可能。また、動画SEOに関するコンサルティングもアリ。

25.ARTIST CROWD

※現在は、サービスを終了しています。
音楽制作に関するクラウドソーシングサイト。素材音源ではないオリジナル音源の制作を明朗会計で依頼できるのが強み。アイドルの楽曲やラジオのテーマソングなど色々なテーマで発注ができる。

まとめ

いかがだったでしょうか。発注する立場で書いてみましたが、案件を受注するランサーの皆さんにとっても、自分との相性を確認する意味で色々なサイトに登録してみるのもいいかもしれません。
また、サグーワークスを運営しているウィルゲートさんの例のように記事作成を受注している会社なら、同様なサービスを違った切り口で立ち上げるのもありですね。
クラウドソーシングは市場として盛り上がっているので、どのような立場で関わるにしても要チェックです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。