訪問者が120%満足する優良コンテンツ作りを安定させる3ステップとは?

突然ですが質問です! コンテンツマーケティングを実践する上で、絶対に回避出来ない壁をご存じでしょうか?

それは『優良なコンテンツを安定して作ること』です。コンテンツマーケティングがその名前の通り、コンテンツを提供することによって見込み客を獲得し売上アップへとつないでいく以上、コンテンツ作成は必須となります。

ですが、あなたは優良コンテンツを安定して作ることに不安を感じていませんか?

コンテンツマーケティング担当者が抱える悩みに当てはまっていませんか?

「どんな記事を書けばいいのか迷う」
「書こうと思ってもなかなか書き出しが……」
「記事の質が安定しなくて……」

優良コンテンツが作れないのはみんなの悩み
これらは、コンテンツマーケティングを実践されている経営者様やWEBマーケティング担当者の方からよく相談される悩みです。多くの方がどうやって優良コンテンツを作ろうかを悩まれています。
そこで、今回は優良コンテンツを作るのに役立つ、3ステップをご紹介します。ステップに沿って執筆をするだけで安定して優良コンテンツを作成することが出来るようになります。

ぜひ、ごらん頂いて役立てて下さい!

安定した優良コンテンツが驚くほど作れるようになる3ステップ!

優良コンテンツを作る為のテンプレートは、とってもシンプルです。以下3つのステップを順番に行っていけば大丈夫です。

1,yahoo知恵袋など質問サイトで見込み客の悩みを集める

最初に躓くネタ探しですが、これはネットの質問サイトをチェックするのが一番効率的です。多くの人が悩みや疑問点を投稿する質問サイトでは、あなたが提供しているサービスの見込み客が何に悩み、どんな情報を欲しがっているかを知ることが出来ます。
後は、その質問に対してコンテンツを作っていきましょう。

例えば、ダイエットサプリを扱うなら、最新のダイエットに関しての質問を探してネタを探すという感じです。

2,5つの質問に答えて記事のアウトラインを作る。

ネタが決まったら、次に記事のアウトラインを作っていきます。
このアウトラインを作るステップは、5つの質問に答えていくだけでOKです。5つの質問をこの記事のアウトラインを作った時を例にしてご紹介します。

・今回のテーマは?
 →誰でも簡単に優良なコンテンツを作れるようになる

・読者が悩んでいることは?
 →優良コンテンツを作る上で
 ネタ出しがうまくいかない
 うまく書き出せない
 記事の質の安定させられないこと。

・その悩みのバックグラウンドは?
 →コンテンツマーケティングでは、コンテンツが必須
 しかし、コンテンツ作りをまともに学ぶ機会がない

・提案する解決策とは?
 →3ステップの通りに行動することで、
  簡単に優良コンテンツが作れる

・読者に行動してほしいことは?
 →さっそく優良コンテンツ作りの3ステップを試してもらいたい

このように5つの質問に答えることで、記事に必要な本文のイメージを具体的にしていくことが出来ます。

このアウトライン作りでは文章にしようとしないことがコツです。
文章にしようとすると前後のつながりなどが気になってしまい、手が止まってしまうからです。まずは5つの質問に答えるんだ。そういう気持ちでこのステップに取り掛かってください。

アウトライン作りは文章を意識しないのがコツ

3,アウトラインに沿って本文を書き記事タイトルをつける

最後の3ステップ目でいよいよ文章としての体裁を整えていきます。そして、この時私が実践している構成の基本がこちらです。

①掴み
テーマを打ち出して、読者の興味を惹く

②悩みへの理解
2つ目と3つ目の質問の答えを元に、読者の悩みへの理解を示す

③解決策の提示 
悩みが解決することをアピール4つ目の質問への答えがメイン

④内容のまとめ
ここまでの要約を書く

⑤読者へとしてほしい行動
5つ目の質問への答えを書いて締める

このように構成を組み立てて、最初は5段落に分ける気持ちで記事を作るようにしましょう。そうすれば、これまでもよりも格段に質が安定した優良なコンテンツを作れるようになります。

早速、これからのコンテンツ作成に実践してください!

今回ご紹介した、優良コンテンツを作る為の3ステップは

1.質問サイトでネタを探す
2.5つの質問に答えて記事のアウトラインを作る
3.アウトラインに沿って本文を書き記事タイトルをつける

以上の3ステップとなっています。ステップ1から順番にやることを習慣にしてもらえば、次に何をすればいいかが明確になります。
これまで記事作成に何時間も使っていた人が実践するようになって10分の1以下の時間でコンテンツが作れるようになったという事例もあるぐらい、役立つのが今回の3ステップです。

ぜひ、実践してあなたの会社のコンテンツマーケティングに役立ててください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。