売上につながる『マーケティングの本質』とは?稼ぐ男になりたい男性必見!

ご存知ですか? 稼いでいる男達はそのほとんどがマーケティングを学んでいるか、実体験としてその知識を身につけていることがほとんどです。

では、稼ぐ男達にとっては必修状態になっているマーケティングとはそもそもなんでしょうか?

漠然としか理解していなかったマーケティングを丸裸にする!

おそらく、売上UPをしたいと考えている方がこのサイトに訪れて頂いていることでしょう。
そして、売上UPを考える人ならば、一度は○○マーケティングなどとマーケティングという言葉を見かけたことがあるかと思います。
ですが、実際に『マーケティングとは何か?』と言われると漠然としかわかってないという人が多いのではないでしょうか?
そこで今回は

・稼いでいる男達が学ぶマーケティングとはそもそも何か? 

についてお話をしていきます。

ご覧頂ければ、マーケティングというものを漠然としかわかっていなかった人にとって、マーケティングとは何なのかがわかり、学び始めるにあたっての最初のステップをクリアすることができると思います。

マーケティングを学んで助かったからこそ、伝えたい

筆者である私自身、数年前まではマーケティングという言葉を漠然としか理解していませんでしたし、今現在もその奥深さに現在も学び、気づかされることばかりです。そして、その学びや気づきがビジネスの現場に置いて役立ったことも数多くあります。

だからこそ、マーケティングというものに興味を持って頂き、学ぼうと考えて頂ければ、経営や営業など様々な場面で役立てて頂けると感じています。

そもそも、マーケティングとは何か?

さて、それでは、早速マーケティングを丸裸にしていきましょう。
『そもそもマーケティングとは何なのか?』
これに対して、私は『売れる仕組みを作ること』だと考えています。売りたいサービスや商品、そういった商材をどうやって売っていくのか。それを考え、実行することは全てマーケティングというわけです。

商品の値下げも立派なマーケティング

例えば、商品を値下げするというのもマーケティングと言えます。同じ商品を安く買えるなら、買いたいと考える人は増えますよね。100円均一などのショップなんかは、値下げで成功した事例と言えるでしょう。(もちろん、値下げ以外にも多くのマーケティング手法が使われています)
こんな単純なことでも、マーケティングと言えるのです。

マーケティングが難しく感じるのは、枝葉が多いから

おそらく、値下げが立派なマーケティングと言うと、そんな簡単な話でいいのか、不安になられる方が多いかと思います。
ですが、大丈夫です。そもそも、マーケティングがなんだか難しく感じてしまうのは、『売れる仕組みを作ること』という幹に対して、様々な手法という枝葉がついているからこそなんです。
例を紹介しますと、

・購入してくれそうな見込み客を効率的に見つける手法
・仕入れを安くするための、経費削減の為の手法
・販売数を増やすための手法

などなど、マーケティングという大木にはたくさんの枝葉が無数にあります。

マーケティング

まさに、こんな感じです。

だからこそ、マーケティングというものの本質が見えにくくなってしまっていて、漠然としかマーケティングがわからない人が多いのでしょう。マーケティングとは『売れる仕組みを作ること』シンプルですが、これが本質なんですよ。

マーケティングは簡単! 売上UPに誰でも学べるもの!

今回は漠然としかわからなかった『マーケティングとは何か?』についてお話をしました。

『マーケティングとは、売れる仕組み作りのこと』です。それこそ、値下げなんていう多くの人が思い浮かぶ方法だって立派なマーケティングと言えるんですよ。

今後、マーケティングの基本を身に付けることで、新しい売るための道筋を探せるようになります。

売上アップの為、現状を打破する方策を効率的、効果的に打ち出したいなら、マーケティングの教科書はきっとお役にたつこと間違いありません。

これからも、マーケティングについて、こむずかしい理論や法則をわかりやすく、売上アップに役立つ話をしていきます。

見逃さない為にもマーケティングの教科書はSNSやFeedでも購読できます!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。