法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システム4選。料金面でおすすめのマイナンバー管理システムはこれだ!

多くの法人経営者がマイナンバー管理システムを導入するか、否かで悩んでいると思います。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システム4選。機能面でおすすめのマイナンバー管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システムを4つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システム4選。料金面でおすすめのマイナンバー管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システムを4つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の4つです。

  1. 人事労務freee
  2. セキュアマイナンバー
  3. マネーフォワード クラウドマイナンバー
  4. すみずみ君

①人事労務freee

1つ目は、人事労務freeeになります。

人事労務freeeは会計ソフトなどでおなじみのfreee社が提供するサービスになります。

人事労務関連のサービスの中にマイナンバー管理のサービスがあり、多くの中小企業に好まれています。

実際の導入事例のほとんどは、中小企業、零細企業になっています。

<人事労務freeeの料金体系>

以下が人事労務freeeの料金体系になります。

  1. 1か月お試しプラン(無料)
  2. ライトプラン(「ライト」は、給与計算を中心に最低限の給与事務が行えるプラン。)
  3. ビジネスプラン(より幅広い人事労務の一元化に):年額プラン(問い合わせ)、月額プラン(問い合わせ)

⑴1か月お試しプラン(無料)

  •  従業員追加:お試し中は従業員アカウントの追加ができません。
  • 給与計算:ライトプランの基本機能
  • 給与明細・給与振込
  • Web明細の自動作成(試し期間終了後は給与明細の確定・閲覧ができなくなる)

賞与計算

  • ライトプランの基本機能(賞与支払届・賞与支払届総括表の出力には有料プランの登録が必要)

勤怠管理

  • ライトプランの基本機能

有給休暇管理

  • ライトプランの基本機能

年末調整

  • ライトプランの基本機能(書類の出力には有料プランの登録が必要)

労務行政手続き

  • ライトプランの基本機能

その他労務管理

  • 法定三帳簿の作成
  • 就業規則・賃金規定テンプレート(社労士監修)

お客様サポート

  • チャットサポート(登録後1週間のみ)

⑵ライトプラン(「ライト」は、給与計算を中心に最低限の給与事務が行えるプラン。)

  •  年額プラン:23,760円 / 年(税抜)(4名以上から従業員追加料金が発生)
  • 月額プラン:2,380円 / 月(税抜)(4名以上から従業員追加料金が発生)

従業員追加(4人目~)

300円 / 1名・月(税抜)

給与計算

  • 給与計算の自動化
  • 残業代の計算
  • 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算
  • 雇用保険料の計算
  • 所得税の計算
  • 住民税の計算(給与計算での自動控除)
  • 住民税の更新(一覧表の作成・税額の一括インポート)

 給与明細・給与振込

  • Web明細の自動作成
  • クラウドでの給与明細配布
  • 給与の振込ファイル作成

 賞与計算

  • 賞与明細の発行
  • 賞与金額の一括設定(csvインポート)
  • 各種控除額の自動計算
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届・賞与支払届総括表の出力(協会けんぽ)

勤怠管理

  • カレンダー形式の画面からの入力
  • 他社ソフトとの連携(csvインポート・API連携)
  • 振替休日・代休の入力

有給休暇管理

  • 有給休暇の付与・入力・情報の出力
  • 有給消化状況の確認(開発中)
  • 年次有給休暇管理簿の出力(開発中)

年末調整

  • 年末調整の情報収集・計算
  • 年末調整の書類作成

労務行政手続き

  • 社会保険の算定基礎届(定時決定)
  • 月額変更届の作成(随時改定)
  • 所得税徴収高計算書(内容作成)
  • 労働保険の年度更新(内容作成・電子申請)

人事マスタ

  • 従業員情報のWeb・モバイルアプリでの収集
  • 従業員情報の一括追加(csvインポート)

その他労務管理

  • マイナンバーの収集・管理
  • 法定三帳簿の作成
  • 就業規則・賃金規定テンプレート(社労士監修)

お客様サポート

  • チャットサポート
  • メールサポート

⑶ビジネスプラン(より幅広い人事労務の一元化に):年額プラン(問い合わせ)、月額プラン(問い合わせ)

従業員追加

  • お問い合わせください

給与計算

  • 給与計算の自動化
  • 残業代の計算
  • 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算
  • 雇用保険料の計算
  • 所得税の計算
  • 住民税の計算(給与計算での自動控除)
  • 住民税の更新(一覧表の作成・税額の一括インポート)

給与明細・給与振込

  • Web明細の自動作成
  • クラウドでの給与明細配布
  • 給与の振込ファイル作成

賞与計算

  • 賞与明細の発行
  • 賞与金額の一括設定
  • 各種控除額の自動計算
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届・賞与支払届総括表の出力

勤怠管理

  • カレンダー形式の画面からの入力
  • Web・モバイルアプリでの打刻
  • 打刻時の位置情報の取得
  • 打刻まるめ
  • 他社ソフトとの連携(csvインポート・API連携)
  • 振替休日・代休の入力
  • 管理監督者対応
  • フレックスタイム制への対応
  • 裁量労働制への対応

有給休暇管理

  • 有給休暇の付与・入力・情報の出力
  • 有給消化状況の確認(開発中)
  • 年次有給休暇管理簿の出力(開発中)

年末調整

  • 年末調整の情報収集・計算
  • 年末調整の書類作成

労務行政手続き

  • 社会保険の算定基礎届(定時決定)
  • 月額変更届の作成(随時改定)
  • 所得税徴収高計算書(内容作成
  • 労働保険の年度更新(内容作成・電子申請)

入退社手続き

  • 入社予定の社員の情報収集
  • 入社手続きの書類出力
  • 退社手続きの書類出力

人事マスタ

  • 従業員情報のWeb・モバイルアプリでの収集
  • 従業員情報の一括追加(csvインポート)
  • 従業員情報のカスタム項目の追加

その他労務管理

  • マイナンバーの収集・管理
  • 法定三帳簿の作成
  • 就業規則・賃金規定テンプレート(社労士監修)

お客様サポート

  • 電話サポート
  • チャットサポート
  • メールサポート

②セキュアマイナンバー

2つ目は、セキュアマイナンバーになります。

セキュアマイナンバーは、中小企業向けのマイナンバー収集・管理クラウドサービスで、マイナンバーの収集から保管、利用・提供、削除まで全てに対応したマイナンバー専用のサービスです。

セキュアマイナンバーは、マイナンバー管理者の手間とコストを抑えることに着目して開発されたイナンバー専用サービスであるため、非常に、中小企業から高い支持を受けています。

また、セキュアマイナンバーは、セキュリティと操作性に配慮したサービスでもあるため、登録者との間に部門や拠点の管理担当者を介さないこと、通信の暗号化などにより、情報の秘匿性が他のサービスより高いです。

そして、パソコンに詳しく無い方でも容易に利用できるように設計している点も強みの一つで、シンプルな操作画面になっており、管理画面上でマイナンバー収集状況の一括管理が出来るので、未提出者への催促など運用管理に便利です。

<セキュアマイナンバーの料金体系>

以下がセキュアマイナンバーの料金体系になります。

プラン名ライトプランオプション
ユーザー数10名以下ユーザー数20名以下ユーザー数30名以下ユーザー数100名以下100ユーザー以上
初期費用10,000円10,000円10,000円30,000円10,000円
月額費用1,000円2,000円3,000円10,000円300円
最大ユーザー数10203010010毎
1ユーザー単価/月額100円100円100円100円30円

※オプションのユーザー追加は(マーナンバー100)でのみ可能。

また、以下がセキュアマイナンバーのプラン例になります。

例:120ユーザーの場合(マイナンバー100ライト+20ユーザー追加)

  • 初期費用:30,000円+10,000円=40,000円
  • 月額費用:10,000円+600円(300円×2)=10,600円

※マイナンバー100ライトプラン以外にはユーザー追加は不可能。

③マネーフォワード クラウドマイナンバー

3つ目は、マネーフォワード クラウドマイナンバーになります。

マネーフォワード クラウドマイナンバーは、中小企業、個人事業主向けのマイナンバー管理システムになります。

マネーフォワード クラウドマイナンバーによって、収集から破棄まで全てクラウド上で完結し、管理が楽になります。

また、マネーフォワード クラウドマイナンバーを運営するマネーフォワード社の主要メンバーは金融機関出身者から構成されているため、安心できる点も強みと言えます。

<マネーフォワード クラウドマイナンバーの料金体系>

以下がマネーフォワード クラウドマイナンバーの料金体系になります。

プラン名内容月額料金(税抜)
お試しプラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ1名まで登録可能(合計最大2名)無料
Max 10プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ10名まで登録可能(合計最大20名)980円/月
Max 30プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ30名まで登録可能(合計最大60名)2,940円/月
Max 50プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ50名まで登録可能(合計最大100名)4,900円/月
Max 100プラン従業員、従業員以外の対象者、それぞれ100名まで登録可能(合計最大200名)9,800円/月
Over 100プラン従業員、その他それぞれ無制限に登録可能100名ごとに9,800円/月
  • ※「従業員以外の対象者」には、従業員以外(取引先・株主・法人等)すべてのマイナンバー収集対象者を含む
  • ※クレジットカードを登録すると、登録数に応じて自動的にプランがアップグレード。
  • ※マイナンバー収集を行っていない場合でも、従業員等として登録した時点で登録数としてカウント。
  • ※月末時点の登録数をもって適用プランを決定し、請求額も決定。
  • ※登録した初月末まではOver 100プランが無料で利用可能。
  • ※扶養家族は人数にいれません。無料で登録可能。

④すみずみ君

4つ目は、すみずみ君になります。

すみずみ君は、個人情報検知ツールですが、その中にマイナンバー管理のサービスがあり、多くの中小企業に好まれています。

すみずみ君を導入により、マイナンバー・クレジットカード番号などを含むファイルを検出し、スムーズなマイナンバー管理が実現できます。

導入事例のほとんどは、中小企業になっています。

<すみずみ君の料金体系>

すみずみ君の料金体系は、以下の2つのタイプがあります。

  1. すみずみ君 新規1年間 PCサブスクリプションライセンス (台数ライセンス)
  2. すみずみ君 新規1年間 サーバサブスクリプションライセンス(ディスク容量ライセンス)

(1) すみずみ君 新規1年間 PCサブスクリプションライセンス (台数ライセンス)

No製品型番購入ライセンス数希望小売価格(税抜き価格)
1SMK-CL500-00-1Y20~994,800
2SMK-CL500-01-1Y100~1994,560
3SMK-CL500-02-1Y200~2994,380
4SMK-CL500-03-1Y300~3994,200
5SMK-CL500-04-1Y400~4994,020
6SMK-CL500-05-1Y500~6993,840
7SMK-CL500-07-1Y700~9993,600
8SMK-CL500-10-1Y1,000~1,4993,360
9SMK-CL500-15-1Y1,500~1,9993,120
10SMK-CL500-20-1Y2,000~2,9992,880
11SMK-CL500-30-1Y3,000~4,9992,580
12SMK-CL500-50-1Y5,000~6,9992,280
13SMK-CL500-70-1Y7,000~9,9991,980
  • ※PCサブスクリプションライセンスは、PC内ディスクのファイルをすみずみ君で検査する際に必要なライセンス。
  • ※PCサブスクリプションライセンスは、PC1台ごとに1ライセンス必要。
  • ※10,000ライセンス以上はオープン価格。
  • ※最低出荷ライセンス数は20ライセンス。
  • ※契約年数によるボリュームディスカウント、継続費用、シンクライアント(VDI)環境でのライセンスについては、すみずみ君営業窓口まで問い合わせ。
  • ※本販売価格は予告なく変更されることあり。

(2) すみずみ君 新規1年間 サーバサブスクリプションライセンス(ディスク容量ライセンス)

No製品型番購入ライセンス
サーバディスク容量
希望小売価格(税抜き価格)
1SMK-CS500-01-1Y1TB以下300,000
2SMK-CS500-03-1Y3TB以下450,000
3SMK-CS500-05-1Y5TB以下600,000
4SMK-CS500-10-1Y10TB以下900,000
5SMK-CS500-20-1Y20TB以下1,200,000
6SMK-CS500-40-1Y40TB以下1,596,000
7SMK-CS500-60-1Y60TB以下1,992,000
8SMK-CS500-80-1Y80TB以下2,400,000
9SMK-CS500-1H-1Y100TB以下2,796,000
  • ※サーバサブスクリプションライセンスは、サーバ内ディスクのファイルをすみずみ君で検査する場合、または、Windows Server OSですみずみ君を実行する場合に必要なライセンス。
  • ※サーバサブスクリプションライセンスは、ファイルサーバのディスク容量に応じたライセンスが必要。
  • ※同一ユーザ様(企業・団体・部門等)において検査対象となるサーバが複数台ある場合は、検査対象となるディスク実効容量の総容量に応じたサーバサブスクリプションライセンスが1ライセンス必要。
  • ※ディスク容量が100TBを超えるライセンスはオープン価格。
  • ※契約年数によるボリュームディスカウント、継続費用については、すみずみ君営業窓口までお問い合わせ。
  • ※本販売価格は予告なく変更されることあり。

今回、紹介した以下のマイナンバー管理システムは、機能面で多種多様なサービスを展開しています。

そのため、実際に、マイナンバー管理システムとして、導入してみることをおすすめします。

  1. 人事労務freee
  2. セキュアマイナンバー
  3. マネーフォワード クラウドマイナンバー
  4. すみずみ君

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システム4選。料金面でおすすめのマイナンバー管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのマイナンバー管理システムを4つ詳しく解説しました。

今回紹介した4つのマイナンバー管理システム(人事労務freee、セキュアマイナンバー、マネーフォワード クラウドマイナンバー、すみずみ君)は、非常に信頼でき、且つ実績のあるマイナンバー管理システムです。

そのため、料金面でマイナンバー管理システムを悩んでいるのであれば、是非、今回紹介した4つのマイナンバー管理システム(人事労務freee、セキュアマイナンバー、マネーフォワード クラウドマイナンバー、すみずみ君)を検討してみてはいかがでしょうか。

どれも、非常に導入しやすい料金体系になっているため、自社のマイナンバー管理を楽にしてくれるはずです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。