レンタルオフィスとは?レンタルオフィスのメリットデメリット・オフィス賃貸とのコスト比較・選ぶときの注意点を解説します。

今後、会社を作って、登記したい…。

そうは考えていても、事務所やオフィスをどうすればいいかと悩みますよね。

そこでおすすめしたいのがレンタル・オフィス。

レンタル・オフィスは一般的なオフィスと比べ、事務所維持費(起業当初はかなりの負担になります。)は、レンタルオフィスを使用することで起業当初の費用を減らすことができるかもしれません。

そこで今回はこれから起業される方向けにレンタルオフィスのメリットやデメリット、オフィス賃貸とのコスト比較、選ぶときの注意点を解説します。

レンタルオフィスのメリット・デメリットから賃貸オフィスとの違い、選ぶときの注意点、信頼できる業者まで全て解説!

レンタルオフィスってどうなの?

レンタルオフィスのいいところは一般的な事務所、オフィスに比べて安く借りることができる点です。

そのため、最近では、起業家の間でも利用者が増えています。

※ただし、稀にサービス内容や場所によっては、賃貸で借りた事務所、オフィスの方が安い場合もあります。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスってどう違うの?

バーチャルオフィスとは、所謂、仕事場としてのオフィスではなく、私書箱や電話受け継ぎのなどを主な目的としているオフィスです。

一方、レンタルオフィスとは実際に仕事場として使用しているオフィスを指します。最近では、バーチャルオフィスは印象があまりよくありません。というのは、振込詐欺や出会い系サイトで、バーチャルオフィスの悪用が目立ち、大手の取引先、融資をする銀行からは、ネガティブな印象を与えてしまいます。法人口座の開設や融資のことを考えれば、バーチャルオフィスよりもレンタルオフィスの方が印象が良いでしょう。

レンタルオフィスとシェアオフィスってどう違うの?

先ほども言いましたように、レンタルオフィスとは実際に仕事場として使用しているオフィスを指します。

一方で、シェアオフィスとは、作業場自体を他社と共同で使ったりする形式のものを指します。電話・受付サービス、郵便サービスに関しては、レンタルオフィスとシェアオフィスともに共通して同じです。

では、レンタルオフィスについてまとめます。

レンタルオフィスとは、ビルのオーナーから事務所として執務スペースを借りるという意味では貸事務所とほぼ同じですが、一般的な事務所やオフィスと違う点は、デスクやイス、電話やネット環境などがはじめから備わっている点になります。入居したその日からすぐに業務が可能になります。

また、初期費用(入会金のようなもの)も、月々の費用(家賃)も、貸事務所より安い場合が多く、コストを抑えられるところも大きな違いでになります。

オフィスによっては、受付の人が居て来客時の対応を代わってやってくれたり、ミーティ ングスペースが用意してあったり、カフェサービスがあったりします。

レンタルオフィスは以下の6点に当てはまる人におすすめ

以下で示すように、実は、レンタルオフィスは起業する人、弁護士、税理士、会計士など、多彩な職種の方とって、独立するにふさわしい機能をそなえています。

また、これから創業される人だけでなく、大企業の営業拠点やサテライトオフィス、プロジェクト拠点の開設など、あらゆる規模・業種のオフィス需要に対応しており、以下の6点に当てはまるのであれば、レンタルオフィスを検討してみるのも1つの手だと思います。

  1. 創業にあたり、初期費用を最小限に抑えたいと考えている
  2. 必要に応じて収容人員の増減に柔軟に対応できるオフィス、事務所を探している
  3. 一等地に最小限のコスト、時間、手間で優良なオフィスを構えたいと考えている
  4. オフィスの開設までの手間所や時間を最小限に抑えたいと考えている
  5. 極めて高い水準のオフィス環境で独立や起業し、顧客から厚い信頼を得たいと考えている
  6. 最小限のコストで営業拠点を開設したいと考えている

意外と知られていないレンタルオフィスのメリットとデメリット

レンタルオフィスは非常に便利なオフィス形態ですが、メリット・デメリットが存在するのも事実です。

そのため、

  1. 自宅と比較した場合
  2. 賃貸事務所、オフィスと比較した場合

におけるレンタルオフィスのメリットとデメリットはどのようなものがあるのかをそれぞれ説明します。

レンタルオフィスのメリット・デメリット 〜自宅と比較した場合〜

では、まずはじめに、自宅と比較した場合のレンタルオフィスのメリット・デメリットを説明します。

メリットデメリット
レンタルオフィス
  • 好立地に事務所を構えることができるため、信用度・イメージ アップが期待できる
  • デスクやイス、電話やネット環境が整っており、業務に集中しやすい
  • 会議室が併設されているため、来客の対応が簡単
  • 通勤時間がかかるため、オフ ィスが遠方の場合は時間的な 余裕が持てなくなる
  • 初期費用や固定費用に加え、交通費がかかる
  • 備品を取り替えたりすることができない
自宅での創業
  • 備品や壁の装飾などをある程度、自由に選択することができる
  • 初期費用や月額費用、交通費がかからない
  • オフィスまで通う時間を短縮できるため、時間的な余裕ができる
    • 賃貸物件の場合、事務所として使用できない場合もある
    • 来客対応ができない
    • 社会的信用に関わる可能性がある
    • 仕事とプライベートの切り替えが難しく、業務に集中できない
    • 個人の住所が知られる可能性がある
    • 孤独感を感じやすい

当たり前ですが、自宅をオフィスにすれば、費用は一番安く済みます。

実際、固定費や交通費といった費用ががかからないのは大きな費用削減になるでしょう。

しかし、一方で、集中できない、ONとOFFの切り替えが難しいなどの欠点はあります。

その点、レンタルオフィスは、仕事をする環境が整っていて、且つ、他の賃貸オフィスと比べて固定費が安く済むのが大きな魅力と言えるでしょう。

少しの固定費で、集中できる環境と自分のオフィスがあるという満足感、受付代行や会議室などのサービスが充実して いることが、レンタルオフィスのメリットではないでしょうか。

レンタルオフィスのメリット・デメリット 〜賃貸事務所、オフィスと比較した場合〜

次に賃貸事務所、オフィスと比較した場合におけるレンタルオフィスのメリット・デメリットを説明します。

メリットデメリット
レンタルオフィス
  • 初期費用、月額費用などが割安
  • 他社との交流が生まれやすい
  • 内装やOA機器など環境が整っており、すぐに入居することができる
  • 電話・受付や郵便などのサービスが 受けられ、余計な 人件費がかからな
  • 内装やOA機器などが備えつけで、自分の希望に合ったものが選べない
  • 複数の入居者で共有するため、プライバシ ーを確保できなかったり、業務に集中できない可能性がある
  • 限られたスペースしか利用できない ・レイアウト変更に制限がある
賃貸事務所、オフィス
  • 自分の理想に合わせた物件が選べ、 内装や家具なども自由に選択できる
  • OA機器の買い替え等も自由にできる 自社のみが入居するため、業務に集 中できる環境が作れる
  • 使用できるオフィス面積が広い
  • レイアウト変更が簡単できる

 

  • 仲介手数料などの初期費用、固定費用がかさむ(賃貸料だけでなく、水道光熱費や通 信費などがかかる)
  • 入居までに時間を要する場合がある
  • 電話・受付を担当する従業員を確保する か、自分自身がこなすため、人件費かもし くは自身の業務負担が増える

貸事務所、オフィスのメリットは、自分の理想の空間が作れるということではないでしょうか。実際に家具や内装、インテリアにこだわることはもちろん、気分転換で気軽にレイアウト変更もできます。

その点、レンタルオフィスはレイアウト変更などはできないですが、そこまで内装などのデザインにこだわりがない方や創業間もなく、お金がない方には、環境の整っていて且つ、固定費が安いレンタルオフィスをおすすめします。

レンタルオフィスのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

<レンタルオフィスのメリット>

  • 好立地に事務所を構えることができるため、信用度・イメージ アップが期待できる
  • デスクやイス、電話やネット環境が整っており、業務に集中しやすい
  • 会議室が併設されているため、来客の対応が簡単
  • 初期費用、月額費用などが割安
  • 他社との交流が生まれやすい
  • 内装やOA機器など環境が整っており、すぐに入居することができる
  • 電話・受付や郵便などのサービスが 受けられ、余計な 人件費がかからな

<レンタルオフィスのデメリット>

  • 通勤時間がかかるため、オフ ィスが遠方の場合は時間的な 余裕が持てなくなる
  • 初期費用や固定費用に加え、交通費がかかる
  • 備品を取り替えたりすることができない
  • 内装やOA機器などが備えつけで、自分の希望に合ったものが選べない
  • 複数の入居者で共有するため、プライバシ ーを確保できなかったり、業務に集中できない可能性がある
  • 限られたスペースしか利用できない ・レイアウト変更に制限がある

レンタルオフィスを選ぶ際の3つの注意点

レンタルオフィスを選ぶとき、又、見学(内覧)をする際は、確認しておくべき注意点があります。

以下がレンタルオフィスを選ぶ際の3つの注意点になります。

※レンタルオフィスはサイト上でも確認をすることもできますが、興味のある物件に関しては事前に見学に行き、実際に自分で確かめることをおすすめします。なるべく入居前には何度か、見学に行くとよいでしょう。

1.サービスがあるかどうかの確認

レンタルオフィスは、オフィススペースの貸し出しだけではなく、業務や起業に便利なサービスがあります。

実際に、レンタルオフィスのサービスで自分の利用したい、もしくは利用できそうなサービスがある場合には、事前に確認しておくべきです。

レンタルオフィスでは以下のようなサービスがあります。

  • 受付サービス
  • 税理士による記帳代行、経理代行サービス
  • 司法書士による法人登記・会社設立代行サービス
  • 秘書サービス
  • 電話応対サービス
  • 社会保険労務士による社会保険・給与計算代行サービス
  • 入居者同士の定期交流イベント
  • 郵便物受け取りサービス

上記のようなサービスが自分に必要なサービスかどうかを必ず事前に確認しましょう。

2.立地やエントランス、内装があうかどうかを確認

レンタルオフィスは賃貸オフィスに比べて、立地がいいもしくはきれいな物件が多いのが特徴です。

しかし、実際に立地がいいかどうか、エントランスや共有スペースが自社に合うかどうかは個人の事情によって異なります。

特に、来客が多い業種であれば、場所がわかりにくいとマイナスな印象を与えてしまいます。そのため、レンタルオフィスの立地条件や雰囲気は必ず、内覧時にチェックしましょう。

※レンタルオフィスでよくあるトラブルとして、写真と実際の風景が異なるというケースがあります。そのため、写真の内容を鵜呑みにせず、必ず、資料請求し、且つ内覧にも行くことをおすすめします。

3.設備の利用状況や想定料金を確認

以下の3点は内覧時に必ず確認しましょう。

<利用料金の試算>

レンタルオフィスの設備を利用する場合(有料の場合)、レンタルオフィス設備の利用頻度から想定できる利用料金を計算しておきましょう。

そうすることで、予想外の高額な利用料を支払わなければならなくなるようなことを避けることができます。

<空調設備の確認>

また物件によっては、空調設備が全部屋一括管理となっており、自由に空調を調節できない場合もあります。空調管理がどうなっているのかを確認、できれば事前に見学を行い、暑すぎる、寒すぎるなどの問題がないかを確認しましょう。

<利用状況の確認>

多くのレンタルオフィスでは会議室やコピー機などの共有設備の利用ができますが、事前に予約しなければいけないケースがほとんどです。

実際に、レンタルオフィスの会議室やコピー機など利用状況を事前に確認しておきましょう。常に会議室の予約が埋まっているのであれば、契約は控えた方が良いでしょう。

信頼できるレンタルオフィス事業者一覧

以下が信頼できるレンタルオフィス事業者一覧になります。レンタルオフィスは立地だけでなく、運営会社によって、料金プランや特徴が異なります。
特に、東京都内のレンタルオフィスを探しているのであれば、以下の事業者は大変信頼できるなので、参考にしてみてください。

※近年、レンタルオフィス事業者の倒産が相次いでいるようです。そのため、レンタルオフィスの事業者を選ぶ際は、必ず、大手の事業者、資本金がある程度あるか、法人設立して一定以上の年数が経つ企業かどうかを確かめましょう。

例えば、リージャスやサーブコープ、クロスコープといった大手レンタルオフィス会社は全国各地、世界各地に拠点を持っています。

大手のレンタルオフィスは駅直結や駅からすぐのグレードの高いビルへ入居できます。また、全国各地の系列オフィスにて会議室やオフィスの1日貸し、時間貸しサービスなどを受けることができ、一時的な営業拠点としても活用できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

レンタルオフィスはもちろんメリットもありますが、デメリットがあるのも事実です。

ただ、レンタルオフィスをうまく使いこなすことができれば、レンタルオフィスのメリットを存分に享受できるっでしょう。

今後、レンタルオフィスは需要の高まりを受け、さらに数が増え、人気がでることが予想されています。

しかし、その時々の時流に流されず、自分に合ったレンタルオフィスをしっかり理解し、検討したうえで契約を結びましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。