法人におすすめのIP電話(050番号)サービスを徹底比較。番号・料金・通話料・かけ放題で比較

今、中小企業やベンチャー企業を中心にIP電話(050番号)が注目を集めています。

しかし、IP電話(050番号)サービス会社はたくさんあるため、どのIP電話(050番号)サービス会社が自社に最適なのかを理解している人は少ないようです。

そのため、今回は『法人におすすめのIP電話(050番号)サービスを徹底比較。番号・料金・通話料・かけ放題で比較』というタイトルで、法人、特に、中小企業やベンチャー企業におすすめなIP電話(050番号)サービスを紹介します。

IP電話とは?法人にとってIP電話にする2つのメリットとは?

IP電話とは?プロバイダは?

IP電話とは インターネット網を使用した電話サービスです。

光電話は光ファイバー網を利用して電話しますが、それに対してIP電話はインターネット網を利用して 通話しています。

インターネット網のTCP/IPプロトコル上で、音声をパケットにして送受信する VoIPという技術が使われます。

IP電話は、050から始まる電話番号で始まります。

050から始まっている電話番号は、ほぼIP電話と考えていいでしょう。

例えば固定電話や携帯電話の着信履歴が 050から始まる番号であれば、発信先はIP電話サービスを使っていると判断することができます。

次にプロバイダに関してです。

光電話は、NTTや電力会社などのインフラを持った回線事業者が提供していますが、IP電話は主にプロバイダが提供しているサービスです。

具体的にいいますと NTTの光やADSL フレッツサービスに対応したプロバイダである OCN、ぷらら、Nifty、Biglobe、Exciteなど、auひかりのプロバイダである KDDIなどです。

プロバイダによって IP電話サービスがオプションとして付いていることがあり、インターネット契約とは別に申し込むことでIP電話も利用することができます。

IP電話を申し込むと 050から始める電話番号を取得することができます。

法人にとってIP電話にする2つのメリット

法人にとってIP電話にするはいくつかありますが、大きなメリットは以下の2点であると言えます。

①通話料は断然安く、提携プロバイダ間の通話料が無料になる

固定電話と違い、日本全国どこにかけても 7.5円~8.5円/3分の一律の料金なっているIP電話がほとんどです。

また携帯電話への通話や国際電話なども割安なところが多く、電話をよく使用する人にとってはメリットが多いといえます。

次に、提携プロバイダ間の通話料に関してです。

IP電話は、国内で多くのプロバイダが提供しています。

プロバイダ間で通話無料の提携をしているところが多く、IP電話同士では どれだけ電話をかけても通話料が無料になるというのが一番大きなメリットです。

そのため頻繁に電話でやりとりする、長電話するという場合、IP電話を導入すれば電話代を気にせず使えることもあります。

個人向けだけではなく、事業所間通話などでもメリットがあるため、ビジネス用途でもよく使用されます。

②既存の電話と併用できる

IP電話は既存の固定電話とも併用できるので、着信は固定電話、IP電話ともに受けることができ、発信やFAXも固定電話に切り替えたりすることができます。

IP電話では、110や119などの1から始まる特番や0120などのフリーダイヤルなどへ掛けることができないのですが、こうした場合、固定電話を使うことができます。

法人におすすめのIP電話(050番号)サービス7選

①050 plus

050plusNTTコミュニケーションズが運営しているサービスです。

そのため、大手が運営しているという安心感もあって人気の050アプリ担っています。

また、同じくNTTコミュニケーションズが運営する格安SIM、OCNモバイルONEと合わせて利用するとセット割りが適用となり、お得になります。

料金に関してですが、他社ユーザーは月額基本料324円(税込)が必要で、固定電話からの着信は3分あたり11.664円が相手にかかります。

以下が050 plusの主な特徴になります。

050 plusの主な特徴

  • 050番号をもうひとつの番号として、ビジネス用やサブ番号として使い分け
  • データ通信SIM契約との組み合わせて050電話番号を活用
  • 海外から日本へ日本国内と同じ通話料で発着信できるから、旅行や出張で便利
  • 1契約でAndroidだけでなく、iOS、Windows、Macなどマルチデバイス対応
  • NTTコミュニケーションの電話アプリなため、サポートが充実
  • フリーダイヤルでの電話サポート、お問い合わせフォーム、公式SNSでの対応もある
  • わかりやすい使い方マニュアルや多数のFAQもサイトに掲載
  • 通話品質向上や、より使いやすくするための改良アップデートを重ねている
  • アプリ同士に加えて@nifty、BIGLOBE、So-net等、無料通話先プロバイダが約260社(300万契約以上)

以下が050 plusの主な機能になります。

050 plusの主な機能

  • 050から始まる電話番号でのIP電話(発信・着信)
  • 留守番電話(90秒のメッセージを20件、168時間保管(メッセージを音声ファイル(wavファイル形式)にしてお知らせメールに添付)
  • おトク額表示機能
  • キーパッド変更機能
  • 着信音変更機能
  • メッセージ機能
  • 電話帳グループ機能
  • お友達紹介機能
  • 無料通話先050番号判別機能
  • ミュート機能、スピーカー機能、保留機能
  • ネットワークモニタ機能
  • Push着信通知機能

以下が050 plusの料金になります、

料金

通話料

  • 固定電話へ:3分8円(税込 8.64円)
  • 携帯電話へ:1分16円(税込 17.28円)
  • アプリ同士:無料
  • 月額基本料300円(税込 324円)
※契約月と翌月の2ヵ月は無料です。

②IP-Phone SMART

IP-Phone SMARTの最大の特長は、なんといっても月々の基本料が「0円」であることです。

IP-Phone SMARTは維持費なしで、通話を発信するときの通話料金だけで利用できます。

また、着信はもちろん無料です。

そのため、発信しないなら、完全に無料で050電話番号を維持できてしまいます。(ただし、12ヶ月課金がないと自動解約になることもあるそうです。)。

つまり、ユーザーが支払うのは、電話をかけたときにかかる通話料だけです。

このように、通話料(およびかかってきたときの接続料)だけでも収益を上げるようになっているのがIP-Phone SMARTのビジネスモデルです。

これはIP電話の老舗フュージョン・コミュニケーションズならではのサービスといえるでしょう。

では、通話料が高いかというと、そんなことはありません。

国内の固定電話・ケータイ・PHSいずれにかけても30秒で8.4円。各キャリアの一般的なスマートフォンでの通話料(30秒で21円程度)に比べると半額以下です。

また、欧米やアジアなどの主要な国・地域への国際電話については、消費税がかからないため、30秒で8円と、国内通話よりも安く設定されています。

IP-Phone SMARTなどフュージョン・コミュニケーションズのIP電話サービスおよび提携プロバイダーのIP電話サービスとの通話は、無料で利用可能です。

以下がIP-Phone SMARTの支払方法です。

IP-Phone SMARTの支払方法

  • IP-Phone SMARTの支払方法はクレジットカードのみ
  • 楽天カード、VISA、MASTER、JCB、American Express、Diners Clubに対応
  • 楽天銀行、スルガ銀行のデビットカード以外のデビットカードでは、登録不可

③LaLa Call

LaLa Callアプリは起動していない状態で電話の着信があった場合でも、着信の通知を行うことができます。

また、電池の消耗を抑えるためにアプリを未起動にしている場合でも、着信に対応できるので便利でき、メールへの音声添付機能を使えば、お好きなメールアドレスに音声ファイルを送ることができます。

以下が料金表になります。

発信先通話料(税抜)
30秒1分3分
国内固定電話近畿2府4県
及び福井県
7.4円
上記以外8円
携帯電話18円
PHS20円
国際電話アメリカ6円
中国28円
タイ44円
フィリピン34円
インドネシア44円

④G-Call050

G-Call050は非常に低遅延のIP電話サービスです。

自分から相手への音声到達時間は、他のIP電話サービスより速く、非常に評判がいいサービスとして有名です。

料金は一般的なIP電話と同等ですが、国際電話は他と比べて安いです。

また、フリーダイヤルにも発信可能な、数少ないIP電話サービスです。

以下が料金の特徴に関してです。

  • 課金方法:クレジットカード
  • 初期費用:0円
  • 月額:280円
発信先通話料(税抜)
30秒1分3分
国内固定電話8円
携帯電話16円
PHS
国際電話アメリカ5円
中国10円
タイ10円
フィリピン20円
インドネシア10円 –
発信元
発信先
G-Call050








→ ハワイ
5 円/分
→ アルゼンチン
10 円/分 (40 円/分)
→ カナダ
10 円/分
→ メキシコ
10 円/分 (35 円/分)

⑤050Call

1分あたりの通話料を表で眺めると、目を引くのが050Callでしょう。

050Callは固定電話へは3分8円、携帯電話へは1分15円なっていて、且つ税込みの料金として設定されており、そのため、他社サービスよりも一回り安い料金となっています。。

ただし備考にもあるように、1ヶ月の通話料が315円を下回った場合には315円の請求となる点は要注意です。

というのは、最低でも1ヶ月315円はかかるということになります。

また、留守電機能がついていないのも注意が必要です。

050Callは、安さゆえの機能の少ない部分が若干ではありますが、存在します。

※「050 plus」と「050Call」は名前は似ているが別のサービスです。

以下が050Callの料金表になります。

050Callの料金表

国/地域名(相手先)料金(円/分)
050Call同士/IP電話/KDDI提携ISP(無料接続)のIP電話へ無料
日本固定電話へ3分8円
日本携帯電話へ1分15円
オーストリア携帯35円/分
オーストリア8円/分
オーストラリア携帯24円/分
オーストラリア5円/分
アルゼンチン携帯29円/分
アルゼンチン8円/分
ブラジル5.5円/分
ブラジル携帯27円/分

⑥ServersMan SIM LTE

ServersMan SIM LTEの1つ目の特徴は安心のつながりやすさを持つNTTドコモ回線であることです。

そのため、Xi®網、FOMA®網対応で全国どこでも利用可能です(実際、トーンモバイルのネットワーク制御技術を集結して、500〜600Kbps回線をを保有しています)。

また、ServersMan SIM LTEのSIMカードサイズは標準SIMとmicroSIM、nanoSIMの3サイズを提供しています。

そのため、利用端末に応じてそれぞれから選ぶことができます。

以下が、ServersMan SIM LTEの料金表になります。

月額料金300円/月(税抜)
利用料金ServersMan050からアプリ同士の通話24時間無料
提携先プロバイダーとの通話24時間無料
一般加入電話へ通話8円/3分
携帯へ通話16円/1分
国内のPHSへ通話16円/1分
有料通話先プロバイダー8円/3分
国際電話アメリカ 7.5円/3分

⑦FleaLineLight

「FleaLineLight」はお使いの通信事業者や、インターネット接続プロバイダーに依存しないインターネット電話サービスです。

スマートフォンの技術革新により、ようやく3G回線やWi-Fi環境で実用的に050IP電話の運用ができるようになりまし た。

インターネットに接続出来るスマホやタブレットさえあれば、音声契約付きのSIMがなくても、簡単に電話機能を持つことができます。

FleaLineLightはSIP電話サービスプロバイダーとして、「持ち歩けるIP電話」を個人のみならず、業務用端末にも広く導入しています。

月額基本料金400円で050番号を提供させていて、これで発着信に利用できます。

月額基本料金内で加入者同士の通話は無料、050で始まる提携プロバイダ様のIP電話に対する通話も無料です。

携帯電話や固定電話への通話もIP電話料金ですので大変お得に利用できます。

FleaLineLightは不在時対応も充実しています。

着信を確実に受けたい場合には設定した番号に転送する「転送機能」、夜間などの受電対応が出来ない場合にはメッセージをボイスメールで送ってくれる「留守番電話機能」を設定することができます。

設定/変更はインターネットに接続できればFleaLineサービス管理画面からいつでも行うことができます。

以下が料金になります。

FleaLineLightの料金表

初期費用無料
月額基本料金600円
内線通話無料
FleaLineLight利用者間通話無料
国内一般加入電話への通話8円/3分(全国一律)
携帯電話への通話16円/1分
他の050事業者への通話8円/3分

7社の料金比較表

以下が7社の料金比較表になります。

サービス名月額
基本料
通話料

  • 固定電話へ
  • 携帯電話へ
  • 有料050へ
通話料

  • 固定電話へ
  • 携帯電話へ
  • 有料050へ
  • ※1分あたり
通話料

  • アメリカへ
  • 中国へ
通話料

  • アメリカへ
  • 中国へ

※1分あたり

050 plus300円
  • 8円/3分
  • 16円/1分
  • 8円/3分
  • 2.67円
  • 16円
  • 2.67円
  • 9円/1分
  • 29円/1分
  • 9円/1分
  • 29円/1分
FUSION IP-Phone SMART0円
  • 8円/30秒
  • 8円/30秒
  • 8円/30秒
  • 16円
  • 16円
  • 16円
  • 8円/30秒
  • 8円/30秒
  • 16円/1分
  • 16円/1分
LaLa Call100円
  • 8円/3分
  • 18円/1分
  • 7.4円/3分
  • 2.67円
  • 18円
  • 2.47円
  • 6円/1分
  • 28円/1分
  • 6円/1分
  • 28円
G-Call050280円
  • 8円/3分
  • 16円/1分
  • 8円/3分
  • 2.67円
  • 16円
  • 2.67円
  • 5円/1分
  • 10円/1分
  • 5円/1分
  • 10円/1分
050Call0円
  • 7.62円/3分
  • 14.29円/1分
  • 7.62円/3分
  • 2.54円
  • 14.29円
  • 2.54円
  • 2円/1分
  • 2円/1分
  • 2円/1分
  • 2円/1分
ServersMan 050300円
  • 8円/3分
  • 16円/1分
  • 8円/3分
  • 2.67円
  • 16円
  • 2.67円
  • 7.5円/3分
  • 40円/3分
  • 2.5円/1分
  • 13.33円/1分
FleaLine Light400円
  • 8円/3分
  • 16円/1分
  • 8円/3分
  • 2.67円
  • 16円
  • 2.67円
  • 8円/1分
  • 30円/1分
  • 8円/1分
  • 30円/1分

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は『法人におすすめのIP電話(050番号)サービスを徹底比較。番号・料金・通話料・かけ放題で比較』という記事のタイトルで

  • IP電話とは?法人にとってIP電話にする2つのメリットとは?
  • 法人におすすめのIP電話(050番号)サービス7選

について解説しました。

しかし、IP電話(050番号)サービスにはデメリットもありますし、上記でも述べたようにそれぞれのサービスで特徴が異なります。

そのため、IP電話(050番号)サービスを導入する際はメリットとデメリット、それぞれのサービスで特徴を比較しながら、導入をすることをオススメします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。