フレッツ光の法人契約はキャンペーンがお得!サービス概要・メリットデメリットを徹底解説

フレッツ光のサービス概要やメリット、デメリットを理解せずに契約

そのため、今回は『フレッツ光の法人契約はキャンペーンがお得!サービス概要・メリットデメリットを徹底解説』という記事のタイトルでフレッツ光ののメリット、デメリットなどを紹介します。

フレッツ光の法人契約における4つの料金体系

フレッツ光の法人契約は大きく分けて以下の4つの料金体系になります。

今回は以下の4つの料金体系の詳細をそれぞれ説明します。

  1. 高速・高品質な法人様向けサービス:『フレッツ 光ネクスト プライオ』
  2. 法人様(パソコン10台以上)向けの フレッツ 光ネクスト:『フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ』
  3. Wi-Fiルーターの提供を希望しないお客さま向け:『フレッツ 光ネクスト ギガラインタイプ』
  4. お手頃な料金で利用できる2段階定額:『フレッツ 光ライト』

①フレッツ光ネクスト プライオ

「フレッツ 光ネクスト プライオ」はデータ送受信最大概ね1Gbpsの通信速度に加え、帯域優先機能(NGN内において他のベストエフォート通信より優先的にパケットを転送する機能)を備えることで、高速・高品質な通信を実現可能とした企業、法人向けのインターネット接続サービスです。

利用環境に応じて、最大概ね1Gbpsの高スループットに加え10Mbpsの帯域優先が可能な「フレッツ 光ネクスト プライオ10」と、1Mbpsの帯域優先が可能な「フレッツ 光ネクスト プライオ1」の2つのサービスから選択して導入することが可能で、またコストを抑えつつ高速・高品質なネットワークを構築することも可能となります。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」は「フレッツ・v6オプション」相当の機能および従来のフレッツ光では有料となっている24時間365日保守対応が、予め利用できる状態で提供されます。

加えて、夜間・深夜・早朝帯の開通工事等も要望に応じて適宜、フレッツ光側が対応してくれます。

サービスタイプフレッツ 光ネクスト プライオ10フレッツ 光ネクスト プライオ1
最大通信速度データ送受信 概ね1Gbps
接続可能端末台数制限なし(パソコン10台以上の接続が目安)
帯域優先データ送受信 10Mbpsデータ送受信 1Mbps

※ インターネット接続及びフレッツ・VPN ゲートとの接続では帯域優先を利用できません。

※プライオ10及びプライオ1を1Gbpsの通信速度で利用するためには、1Gbpsの通信速度に対応した環境(対応LANケーブル、パソコン端末等)が必要です。100Mbpsの通信速度に対応した環境でも利用可能ですが、最大通信速度は100Mbpsになります。

※拠点間通信を行う場合、双方の拠点のアクセスサービスが「フレッツ 光ネクスト プライオ10」であれば10Mbpsの帯域優先となり、双方の拠点または片方の拠点が「フレッツ 光ネクスト プライオ1」であれば1Mbpsの帯域優先となります。

※「フレッツ 光ネクスト プライオ10」「フレッツ 光ネクスト プライオ1」はそれぞれ10Mbps、1Mbpsの帯域を確保できない場合があります。

※IPv6パケット(IPoE方式)にて、RFC2474に規定される優先度(先頭6ビットに、DSCP値:001000)を指定することで、帯域優先として転送されます。なお、帯域優先の契約帯域より大きい帯域にて転送されたパケットの保証はありません。

※インターネット通信や「フレッツ・VPN ゲート」といったPPPoEを用いた通信を利用する場合、帯域優先は行われず、ベストエフォート通信のみとなります。

※インターネットの利用には、本機能に対応したプロバイダとの契約が必要になります。

※フレッツ光の全メニューで年末年始を除き対応いたします。深夜・夜間の開通工事等においては訪問可能時刻を指定しての対応となり、その場合、料金等詳細は弊社営業担当者まで確認する必要があります。

②フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ

「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」は最大概ね1G(ギガ)bpsの高スループットサービスで企業、法人向けのインターネット接続サービスです。「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」の最大通信速度はデータ送受信 最大概ね1G(ギガ)bpsとなります。

以下が料金以外の概要表になります。

通信速度データ送受信 最大概ね1G(ギガ)bps
基本セッション数※22セッション
接続可能端末台数制限なし ※パソコン10台以上の接続が目安

※最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではなく、インターネット利用時の速度は、利用環境(端末機器の仕様等)や回線の混雑状況等により大幅に低下する場合があります。

※セッションとはEthernet上に張ることの出来るPPPoEセッションを指します。

料金に関してですが、主な料金は以下の3つに分かれます。

⑴初期費用

契約料(1契約ごと)
800
初期工事費(代表的な工事の場合)
18,000円(初回3,000円 + 2回目以降500円/月×30回)
  • 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります(分割払いの場合は、初回に支払い)。
  • 年末年始に工事を実施する場合は料金が異なります。

※初期工事の内容によっては工事費が異なる場合があります。

※初期工事費は分割払いの他、一括払いもできます。

⑵月額利用料

毎月の利用料金
41,100

※インターネットの利用にはフレッツ光の契約に加え、別途プロバイダとの契約が必要です(別途月額利用料等がかかります)。サービスタイプごとに対応プロバイダは異なりますので、注意が必要です。

※ルーターなどの機器をレンタルされない場合、ルーターレンタル料は不要となります。

ルーターレンタル料・初期工事費

複数台のパソコンをインターネットに接続したい場合やひかり電話、IP電話をご利用になる場合、利用環境に合わせてルーターをレンタル、または購入できます。

機器タイプレンタル料金(月額)機器工事費
IP電話ルーター380円4,400円

『フレッツ 光ネクストファミリー・ギガラインタイプ』ではこれまでより高速で安定したインターネットを、思う存分お楽しむことができます。

以下が、『フレッツ 光ネクストファミリー・ギガラインタイプ』の料金表になります。

下記に加え、プロバイダサービス月額利用料が必要となります。
フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
通常料金
フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ 通常料金
16契約以上見込める場合
プラン2
8契約以上見込める場合
プラン1
4契約以上見込める場合
ミニ
5,4003,0503,4504,050

※「フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ」は、光配線方式での提供です。

※インターネットの利用には、本サービスに対応したプロバイダとの契約が必要です。サービスメニューごとに対応プロバイダは異なりますので注意が必要です。

※有線で利用する場合の推奨LAN環境はLANポート1000BASE-T/LANケーブルカテゴリ5e以上です。

※集合住宅におけるフレッツ 光ネクスト マンションタイプの提供可否、またその際に提供するサービスメニュー(ミニ、プラン1、プラン2)については、同一の集合住宅などで見込める契約数(ミニは4以上、プラン1は8以上、プラン2は16以上)の条件などを考慮して、NTT東日本が決定しています。

※フレッツ光とプロバイダをセットで申し込めるプロバイダパックは、手続きが簡単で各プロバイダごとにWeb申し込み特典が用意されています。

④フレッツ 光ライト

『フレッツ 光ライト』はインターネットは少しだけという店舗・事業所に、使わない月は手頃な料金で、使った月も上限額までの2段階定額が特徴のサービスです。

サービスタイプは『フレッツ 光ライト ファミリータイプ』と『フレッツ 光ライト マンションタイプ』になります。

料金に関してですが、主な料金は以下の3つに分かれます。

⑴基本料金、上限料金

基本料金上限料金データ送受信速度
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
2,800円/月
(データ利用量200MB以下)
5,800円/月
(データ利用量1,200MB以上)
データ受信(下り)
データ送信(上り)最大

100Mbps
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
2,000円/月
(データ利用量200MB以下)
4,300円/月
(データ利用量970MB以上)

※最大通信速度は、技術規格上の最大値です。実際の通信速度は、お客さまの通信環境(端末機器や仕様など)により大幅に低下する場合があります。

※「フレッツ 光ライト」では、利用できるオプションに一部制限があります。

『フレッツ 光ライトファミリータイプ』月額利用料(プロバイダサービスの月額利用料は含まれません)のイメージ図

月額利用料グラフ

『フレッツ 光ライトマンションタイプ』月額利用料(プロバイダサービスの月額利用料は含まれません)のイメージ図

月額利用料グラフ

※契約回線ごと1ヵ月あたり200MBまでは基本料のみで利用できます。

※通信料は、インターネットへ接続する(ホームページ閲覧、電子メール送受信等)データ通信により課金されます。データ利用量、通信料については、請求書または専用サイトにて確認ができます。

※10MB未満のデータ利用量は10MB単位に切り上がります。

フレッツ 光ネクスト マンションタイプで提供するサービスメニュー(ミニ、プラン1、プラン2)は同一の集合住宅などで見込める契約数(ミニは4以上、プラン1は8以上、プラン2は16以上)の条件などにより、NTT東日本が決定します。

※インターネットの利用には、本サービスに対応したプロバイダとの契約が必要です。サービスメニュー、サービスタイプごとに対応プロバイダは異なるので注意が必要です。

⑵月額利用料金

項目フレッツ 光ライト ファミリータイプフレッツ 光ライト マンションタイプ
通常料金基本料
2,800円 ~
上限料金
5,800
基本料
2,000円 ~
上限料金
4,300

⑶初期費用

項目フレッツ 光ライト ファミリータイプフレッツ 光ライト マンションタイプ
契約料
(1契約ごと)
800
初期工事費
(標準的な工事の場合)
18,000
初回3,000円 +
2回目以降500円/月×30回

「フレッツ 光ライト もっとライトに!割引」にて初期工事費割引をお選びいただいた場合、9,000円割引となります。

15,000
初回3,000円 +
2回目以降400円/月×30回

※土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります(分割払いの場合は、初回に支払いいただきます)。

※年末年始に工事を実施する場合は料金が異なります。

※初期工事の内容によっては工事費が異なる場合があります。

※初期工事費は分割払いの他、一括払いも選ぶことができます(支払総額は同額です)。

店舗・事業所の通信環境を開設時におけるフレッツ光の3つの特徴

店舗・事業所の通信環境を開設時においてフレッツ光は他社にはない3つの特徴があります。

①開通工事は、さまざまな時間帯から選択可能

開通工事は、店舗・事業所の営業前はもちろん、土日や休日などの定休日にも実施されます。

店舗・事業所が営業中でも、所要時間は約1時間(フレッツ光のみお申し込みの場合)です。

※利用場所および弊社の設備状況や工事内容等により、利用開始までの期間は異なります。

※申し込みいただくサービスや、利用環境によっては時間がかかる場合があります。

※土日休日に工事を実施する場合は、別途料金がかかります。

②機器設置時には接続確認までしっかり対応

ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター) の設置が終わったら、工事担当者が持参したパソコンを使ってフレッツ光の接続試験を実施します。

フレッツ光と同時にひかり電話を申し込みの場合、ひかり電話の接続試験も実施できます。

③まとめて申し込みができる

インターネットの利用に必要なインターネット接続サービスとプロバイダサービスに加え、Wi-FiサービスやIP電話サービスまで、店舗・事業所に必要な通信環境を、まるごとワンストップで申し込みできます。

他社の光回線ではできないことがほとんどです。

フレッツ光の仕様

最後にフレッツひかりの仕様を解説します。

今回は仕様として重要な

  1. データ送受信速度
  2. ホームゲートウェイに接続可能な端末
  3. ホームゲートウェイの対応OS

を説明します。

①データ送受信速度

以下が料金サービツ別の主なデータ送受信速度速度になります。

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ

フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・ギガラインタイプ

フレッツ 光ネクスト プライオ

フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ

データ受信(下り)
データ送信(上り)
最大概ね1Gbps

②ホームゲートウェイに接続可能な端末

ホームゲートウェイに接続できる端末の台数は以下のとおりです。

端末種類利用可能端末台数
アナログ電話機
(G3FAX機含む)
最大2台(TELポート2つ)
有線接続端末
(パソコンなど)
最大4台(LANポート4つ)
無線接続端末
(スマートフォンなど)
最大32台

※ホームゲートウェイに接続できる端末の数は、有線・無線接続端末を合わせて10台以下での利用をおすすめします。

ただし、利用環境(端末機器の仕様等)や回線の混雑状況等によっては快適に利用できない場合もあるので、注意が必要です。

③ホームゲートウェイの対応OS

ホームゲートウェイは下記のOSに対応しています。

接続方法対応OS
ホームゲートウェイとパソコンを
有線(LANケーブル)で接続する場合
Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 8.1、
Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 7、
Microsoft Windows Vista(SP1以降)、
Mac OS X
ホームゲートウェイとパソコンを
無線(専用無線LANカード)で接続する場合
Microsoft Windows 10、Microsoft Windows 8.1、
Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 7、
Microsoft Windows Vista(SP1以降)、

※ホームゲートウェイの接続は、弊社よりお知らせした、フレッツ光の開通日以降に実施してください。フレッツ光の開通日以前に接続した場合、インターネットは利用できません。

※ホームゲートウェイを初めて接続する場合など、電源を入れたあと、起動するまで5分程度かかることがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか

今回は『フレッツ光の法人契約はキャンペーンがお得!サービス概要・メリットデメリットを徹底解説』というテーマで

  1. フレッツ光の法人契約における4つの料金体系
  2. 店舗・事業所の通信環境を開設時におけるフレッツ光の3つの特徴
  3. フレッツ光の仕様

について解説しました。

上記でも述べたように、フレッツ光には他の光回線より早い、安い場合もありますが、回線の混雑状況等によっては快適に利用できない場合といった点もあります。

そのため、これから契約される方は様々なメリット、デメリットを考慮に入れながら、フレッツ光を契約しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。