法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービス3選。機能面でおすすめのポイントカード電子管理サービスはこれだ!

ポイントカードを電子化し管理できるサービスであるポイントカード電子管理サービスを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービス3選。機能面でおすすめのポイントカード電子管理サービスはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービスを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービス3選。機能面でおすすめのポイントカード電子管理サービスはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービスを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのポイントカード電子管理サービスです。

  1. ポイント管理システム
  2. cardfeel(カードフィール)
  3. CROSS POINT(クロスポイント)

①ポイント管理システム

1つ目は、ポイント管理システムになります。

ポイント管理システムは、株式会社クレアンスメアードが運営する、利用会員数1,000万人以上のポイントカード電子管理サービスになります。

また、ポイント管理システムは、SaaS/ASP提供で、お客様は新たなシステム開発をすることなく、ネットワーク経由で各種機能を利用できるため、スピーディーな導入が可能となります。

また、以下がポイント管理システムを導入するメリットと言えます。

  • 会員の獲得:会員を獲得するインセンティブとしてポイントサービスを利用可能。
  • コミュニケーション 手段の獲得:会員化することで、メールやDMなどを通じたコミュニケーションが可能。
  • 集客手段の獲得:通常のポイント以外にも、ポイントの倍率、クーポン、商品情報、有効期限の案内などをくみあわせることで、「値引き以外」の集客施策を企画可能。
  • 顧客分析手段 の獲得:購買履歴情報に顧客情報をひもづけすることにより、経営、マーケティング、MD、営業、店舗などで利用可能なCRM分析結果データが取得可能。
  • 顧客生涯価値の向上:LTVの向上(ライフタイムバリュー: 顧客生涯価値)個客の行動や嗜好をおさえ、最適な商品を、最適な顧客セグメントに、最適なコミュニケーションで提案することができるため、LTVが向上。

<ポイント管理システムの機能一覧>

以下が、ポイント管理システムの機能一覧になります。

  • 店舗別付与:店舗別付与新店オープンや、イベント・キャンペーン、新製品リリース日にポイント2倍!など、管理画面からの設定で、リアルタイムに反映可能。(カレンダー設定カレンダー設定ポイント2倍!特定日にポイント2倍など)
  • ランク別付与:会員ランク別付与会員を、プラチナ・ゴールド、シルバー、ブロンズなど期間中の購入金額などでランク分けし、ランクに応じた付与率をもうけることで、優良会員へ育成。(カレンダー設定カレンダー設定会員ランク×店舗会員ランク×店舗の組み合わせ設定、付与利用連携管理画面特殊ポイントその他など)
  • 商品別・ カテゴリー別付与:商品別・カテゴリー別付与プロパー商品、バーゲン商品などの付与率の変更や、ポイント付与対象外の商品設定などを行うことが可能。
  • 指定金額・ 指定料率付与:指定金額・指定料率付与例えば購入金額に対して1%付与や、200円購入につき1ポイント付与(199円迄はポイントを付与しない)などの付与ルールを設定することが可能。
  • アクション付与:アクション付与「会員登録ポイント」・「来店ポイント」・「ログインポイント」・「各種申込ポイント」・「健康促進ポイント」など、「行動」に対してのインセンティブとして活用可能。
  • 値引利用 (店舗、EC):値引利用(店舗、EC)たまったポイントを、お買い上げ金額の値引として「POSレジ」・「ポイントカード端末」・「顧客カルテ(PC、タブレット)」・「ECサイト」などから利用することが可能。
  • お買物券利用 (レシート、スマホ):ポイントが500ポイント貯まると、「お買物券をポイントカード端末から自動でプリント」させたり、自動的に「スマホページ内のお買物券に表示」させたりすることで、POS側の改修コストをかけずにポイントの利用率を高めることが可能。
  • 特典交換利用 (Webサイト):たまったポイントを、「単なる金銭的な値引き」ではなく、「心理的な記憶に残りやすい」、「特典」と交換することで、ポイントそのものの価値を高めることが可能。
  • ポイント・ ギフト交換利用 (Webサイト):ギフト交換利用ふだん自分が使っている店舗や航空会社、大手ECサイト、映画館、レストランなどの、ポイント、マイル、電子マネー、ギフト券などと交換することが可能。ポイントがたまらないサービスでもポイントの価値を高めることが可能。
  • 返品ポイント戻し:返品ポイント戻し付与利用連携管理画面特殊ポイントその他たまったポイントを使って買い物した商品の返品などをポイントシステム側で自動で処理できるため、店舗スタッフの負担なく返品オペレーションが可能。マイナスポイントを許可する / しないマイナスポイントを 許可する / しない一部商品の返品に対応一部商品の返品に対応レシートなし返品に対応レシートなし返品に対応。
  • Web・アプリ API連携:Web・アプリ API連携「ECサイト」・「Webサービスサイト」・「アプリ」などから会員登録、ポイントの付与・利用、残高・履歴照会をリアルタイムで実行可能。50種以上のAPIを活用することで、システム間の連携が低コストで実現可能。
  • POS連携:POS連携POSから直接リアルタイムでポイントの付与・利用、返品戻し処理などをおこなうためのAPIを利用することができるため、開発コスト・店舗オペレーションの負担をおさえ、誰がどんな商品を購入したか?などの購買明細をつかった顧客分析・CRMまでをおこなうことが可能。
  • ポイントカード端末連携:ポイントカード端末ポイントカードやスマホ会員証をスキャンできる端末から、ポイントの付与・利用をおこなうことが可能。「POSの改修ハードルが高い店舗」でもポイントサービスを導入することができ、購買明細を使った顧客分析・CRMも導入することが可能。
  • 顧客カルテ連携:顧客カルテ店舗に、すでにタブレットやPCがある場合、インターネット環境を通じて顧客カルテの画面からポイント操作を行うことが可能。また、顧客カルテは「電子化された顧客台帳」として利用もできるため、接客力を高めることが可能。
  • 顧客カルテ顧客カルテ:既存会員データの移行や、情報変更を管理画面からおこなうことが可能。フォームから登録・編集フォームから登録・編集ファイル一括アップロードファイル一括アップロード可能
  • ポイント登録・修正:ポイントの修正や、ボーナスポイントの付与を管理画面からおこなうことが可能。
  • 会員情報検索:本部や、コールセンターで、会員からのポイントに対する問合せに管理画面をみながら対応することが可能。
  • 管理者権限管理:管理画面を操作する人ごとに、表示メニューを変えたり、登録・編集・削除などの権限を個別にあたえることがでるため、個人情報の参照や、お金と同様の価値をもつポイント操作を最低限の担当者にしぼることが可能。
  • 引当金管理:発行済みの未利用ポイントの管理を、本部単位・店舗単位でおこなうことが可能。また、店舗Aで発行されたポイントが、店舗Bで利用された場合のポイント清算集計などにも利用可能。
  • 共通ポイント管理「全店舗」・「全サイト」・「店舗とEC」・「地域」など、グループ内の顧客の「回遊」を促進する施策として共通ポイントを利用することが可能。
  • ポイント・コイン管理:同じ会員に対して、お買上げ「金額」につけるのは「ポイント」、アクションなどの「行動」につけるのは「コイン」のように、異なる目的のインセンティブを同時に付与可能。
  • ポイント流出先制限:「共通ポイント」をはじめる場合に、自店舗でたまったポイントや自社サイトの新規会員獲得予算で発行したポイントが特定の競合店・サイトに流出するのは困る!という場合にも、「利用店舗を制限できる」ことで、加盟店が集まりやすくすることが可能。
  • 有効期限 バリエーション:ポイントの有効期限を、「1年に1回来店すれば、1年延長」としたり、発行日から〇日後とすることで来店促進につなげることが可能。例えばボーナスポイントの有効期限を2週間のキャンペーン期間内に限定したり、誕生月限定としたりも可能。有効期限切れメールを利用した集客にも活用可能。
  • ポイント履歴管理お客様は、Webマイページや、アプリ、ECサイトなどで、ポイント残高や過去のポイント履歴を参照することができるため問い合わせ数を調整可能。
  • 高速秒間処理性能:秒間 1,500~3,000 件のポイント処理を同時におこなうことができるため、インフラコストを最低限におさえ、大規模なサービスを展開することが可能。スマホ・アプリのサービスやTVのポイントサービスでも利用可能

②cardfeel(カードフィール)

2つ目は、cardfeel(カードフィール)になります。

cardfeel(カードフィール)はお客様の集客力をアップするためのポイントカード電子管理サービスです。

cardfeel(カードフィール)は飲食店や小売店など、様々な業種で利用でき、インターネットにつながったWindowsパソコンがあれば、安価なバーコードリーダーをつなげるだけですぐに始められます。

<cardfeel(カードフィール)の機能一覧>

以下が、cardfeel(カードフィール)の機能一覧になります。

⑴店舗案内情報登録機能

  • Webの管理画面またはスマホの店舗用アプリから店舗情報を登録可能。
  • 店舗画像や店舗アイコンを使って視覚的に店舗の紹介可能。
  • スマホの店舗用アプリでは、そのスマホで撮影した写真を店舗の画像として簡単に登録可能。
  • 住所や電話番号を入れるだけで店舗地図表示リンクや番号発信リンクを表示。
  • 店舗情報を更新するとお客様のアプリに反映されますので、最新の情報を一覧可能。

⑵ポイントシステム機能

  • Windows用またはスマホ用の店舗アプリは無料でダウンロード可能。
  • 操作に慣れてるため、1ヶ月は無料でポイントシステムを利用可能。
  • ID登録は簡単です。すぐにポイントシステムが利用可能。
  • スマホやパソコンに詳しくない方でも、ポイント操作は簡単。 ポイントを入力、スマホのカメラ機能でバーコードをスキャンするだけで、ポイントが加算。

⑶会員管理機能

  • Web管理画面から会員検索や、バーコード番号に対して顧客情報を登録できる機能です。登録は氏名、性別、連絡先など10項目まで自由に登録・変更可能。
  • 会員属性(性別、居住エリア、誕生年月)を閲覧可能。
  • 1顧客(バーコード番号)に対してポイント操作可能。
  • 複数店舗を一括で管理したい、各店舗のお客様情報を共有したい店舗向けに、同じアカウントであれば全て一括で会員管理可能。

⑷プッシュ通知機能

  • 店舗登録してくれたお客様のアプリに写真つきのお知らせやクーポンを一斉送信可能。送信日時を指定した予約が可能。
  • メールアドレスなどの個人情報を取得しなくてもアプリに対してお知らせが送信できる仕掛け可能。
  • セールのお知らせやランチのクーポンなど、お客様のアプリに無料でプッシュ通知を送ることができ、販売促進に貢献。プッシュ通知は、月額費用に含まれているのでとてもお得。

⑸会員獲得機能

  • 会員が期間内に獲得した累計ポイントに応じて、最大5段階の会員ランクを自動設定あり。
  • ポイントの累計期間は「1年間」か「1ヶ月間」のどちらかで、「ゴールド会員」、「ダイヤモンド会員」などのランク名と、必要ポイント数は自由に設定可能。期間内に必要ポイントを獲得したタイミングで会員にランクが付与。ランクは翌期末までキープ。会員の画面には次ランクまでの期限とポイント数が表示され、会員の購買意欲を高めることが可能。

⑹無線バーコード機能

スマホ用の店舗アプリを利用する場合に、無線バーコードリーダーを利用すると、バーコードを素早く読み取ることが可能。レジが混雑する場合に有効。無線バーコードリーダーの価格は18,000円(税別)で、ポケットタイプの無線バーコードリーダーは手のひらサイズで軽く、使いやすくて便利。 無料でバーコードシートをサービス。無線バーコードリーダーを利用せずに、スマホのカメラ機能を利用してバーコードを読み取ることも可能。

③CROSS POINT(クロスポイント)

3つ目は、CROSS POINT(クロスポイント)になります。

CROSS POINT(クロスポイント)は実店舗やECサイトを運営されている企業のためのポイントカード電子管理サービスです。

CROSS POINT(クロスポイント)は、ポイント情報を一元管理でき、顧客情報が統合されるため、どのチャネルでも同じおもてなしを実現できます。

そして、CROSS POINT(クロスポイント)は、オムニチャネルに多くの企業様が取り組めるように支援致してくれます。

<CROSS POINT(クロスポイント)の機能一覧>

以下が、CROSS POINT(クロスポイント)の機能一覧になります。

⑴イベント支援機能

  • ハロウィン・クリスマス・正月、その他期間限定のセールなど期間限定のイベント実施用に、期間指定の設定が可能。
  • 〇〇店舗オープン記念・○周年記念イベントなど、店舗限定のイベント実施用に、店舗指定の設定が可能。
  • 指定回数以上の購入があった方向けや、お客様感謝デーなど店舗ごとに自由で細やかなイベント設定が可能。

⑵利用制限機能

  • ポイント利用に際しての制限設定ショップ毎、ランク毎での設定が可能。
  • ポイント調整のための手動入力で、調整理由を入力でき、ポイント変動理由として登録可能。

今回、紹介した以下の3つのポイントカード電子管理サービスは、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. ポイント管理システム
  2. cardfeel(カードフィール)
  3. CROSS POINT(クロスポイント)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービス3選。機能面でおすすめのポイントカード電子管理サービスはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのポイントカード電子管理サービスを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、ポイントカード電子管理サービス(ポイント管理システム、cardfeel(カードフィール)、
CROSS POINT(クロスポイント))は、それぞれ特徴が異なります。

また、ポイントカード電子管理サービスは、多くの場合、無料で、資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

  1. この記事へのコメントはありません。