法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システム3選。機能面でおすすめの賃貸管理システムはこれだ!

賃貸管理システムを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システム3選。機能面でおすすめの賃貸管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システムを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システム3選。機能面でおすすめの賃貸管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つの賃貸管理システムです。

  1. リドックス(ReDocS)
  2. 賃貸革命
  3. i-SP

①リドックス(ReDocS)

1つ目は、リドックス(ReDocS)になります。

リドックス(ReDocS)「かんたんで、すぐ使えて、便利な賃貸管理システムとして、多くの不動産会社や大家さんから支持をされています。

  • 紙の台帳・Excelの運用をやめたい
  • これから管理物件をもっと増やしていきたい
  • 家賃の入金確認・滞納者の特定に時間がかかっている
  • 同じ内容の入力作業が多い 自社管理物件の稼働率や収支がすぐにわからない
  • 実は作業漏れや請求ミスがあったことがある

こういった悩みを持っている大家さん、不動産会社の方には、是非、リドックス(ReDocS)を使ってみることをおすすめします。

<リドックス(ReDocS)の機能一覧>

以下が、リドックス(ReDocS)の機能一覧になります。

⑴家賃管理・入金消し込みに関連する機能

  • ネットバンキング連動機能:家賃の入金確認・消し込み作業をシステムが自動化してくれるので、経理担当者の負担を大幅軽減することが可能。
  • 口座振替連動機能:口座振替に必要な全銀データの作成や取り込みに対応可能。既に自社で口座振替を行なっている場合でも対応。
  • 家賃保証会社入金データ取り込み機能:集金代行を行なっている保証会社からの入金データ(CSV)などをシステムに取り込んで一括登録することが可能。
  • 入金一覧表の自動作成:登録された家賃入金情報と連動して家賃管理表(家賃入金一覧)をワンクリックで作成することが可能。
  • 滞納者の自動抽出機能:入金がなかった滞納者を一覧形式で表示してくれるので、滞納確認から督促までスピーディーに対応可能。
  • 督促状(未入金のお知らせ)作成:滞納情報をもとにして、督促状もワンクリックで作成可能。過去の入金もしっかり反映させることが可能。

⑵物件情報・契約情報管理に関連する機能

  • スタッキングプランの自動作成:各フロアの部屋ごとに入居しているテナントの状況が一目で分かるスタッキングプラン(とりかご)を自動的に作成。
  • レントロールの自動作成:入居テナントや賃貸条件が一目でわかるレントロールを自動的に作成。
  • 物件・契約者検索機能:登録している物件や契約者を検索。検索用ワードを設定すれば漢字がわからなくても検索可能。
  • クラウドデータストレージ機能:画像やPDFなどを物件や契約者と紐付けてシステム上に保存しておくことが可能。
  • 更新対応者のピックアップ機能:契約終了が近づいている契約者をシステムが自動的に抽出してくれるので、更新対応漏れをふせぐことが可能。
  • クレーム・工事履歴管理:これまでに起きたクレームや実施した工事履歴をデータベースに保存可能。

⑶契約書類・各種帳票出力に関連する機能

  • 賃貸借契約書作成機能:契約時に必要な賃貸借契約書をシステムから出力することが可能。毎回最新の契約書が作成されるので、雛形が古いというわけではない。
  • 重要事項説明書作成機能:契約条件や物件情報をもとにして重要事項説明書をエクセル形式で作成可能。法改正にも適宜アップデート対応。
  • 更新・解約時書類も出力可能:更新案内や敷金精算書など、賃貸管理に必要な書式をシステムと連動して作成・出力することが可能。
  • テンプレートカスタマイズ:現在、自社で利用している書式をシステムから内容を反映させた状態で出力することが可能。人気No.2の機能。

⑷精算明細作成・オーナー送金に関連する機能

  • 年間収支報告書作成:オーナー様の確定申告時によく必要とされる年間での収支明細が簡単に作成可能。毎月の登録情報と連動するので簡単ワンクリックで作成可能。
  • らくらく送金サービス連動:オーナー様の口座へ一括送金できるサービス。データをアップロードして活用するので、振込作業は不要。
  • 総合振込サービス連動:ご利用の金融機関が提供している総合振込サービスで利用できるデータをシステムから出力カスタマイズすることが可能。

その他の機能

  • 空室募集情報の管理:現在募集中の部屋の賃料や共益費、敷金、礼金、広告料、フリーレントなどの募集情報を一元的に管理。また、物件情報や部屋情報も同じ画面に表示することが可能。
  • 募集条件検索機能:ReDocSでは、「物件名」「住所」「最寄り駅」「賃料帯」「面積帯」で募集中の物件を検索することが可能。複数の項目で同時に絞り込むことができるため多様な問い合わせに対応可能。
  • 内見方法・予定管理:煩雑になりやすい内見方法を一元的に管理することが可能。また、内見予定表が自動的に作成されるため内見管理についてもReDocS一つあればかんたんに対応することが可能。
  • 未募集部屋を抽出:見逃しやすい未募集の部屋を自動的に抽出することが可能。この機能によって、空室だけれども募集がまだかかっていない部屋の特定などがスムーズに行うことが可能。
  • 賃貸借契約書作成機能:ReDocSに登録してきた「物件データ」「部屋データ」「契約者データ」など基づいて契約締結時に必要な賃貸借契約書を自動作成することが可能。
  • 重要事項説明書作成機能:物件の重要事項説明に必要な事項(謄本記載事項や部屋設備)を入力すれば重要事項説明書を自動的に作成することが可能。データを一元的に管理することでが業務の効率化に貢献。
  • 各種契約書類作成:「入居計算書」や「紛争防止条例に基づく説明書」「取引台帳」を作成することが可能。契約書類と同様にこれまで登録してきたデータに基づいて作成されるためボタンひとつで発行可能。

②賃貸革命

2つ目は、賃貸革命ます。

賃貸革命では、物件・契約管理・家賃の請求・入金処理を一元管理し、情報処理のミス・ロスを大幅に軽減することができます。賃借人から解約申込を受付けた時点で、次の募集条件をオーナーに相談し、極力空室期間が出ないように即座に入居者募集を開始できます。

<賃貸革命の機能一覧>

以下が、賃貸革命の機能一覧になります。

問合せ管理関連

  1. 1案件に20件までの対応履歴を登録可能:「問合せがどのような内容か」「進捗はどの段階か」を社内で共有可能。受付者、対応者、進捗などで案件を検索し、問合せの対応内容を確認することが可能。登録された情報は履歴として残りますので、過去のやりとりの確認や同様のクレームが発生した場合に参考にすることが可能。故障などの連絡があった場合、問合せ情報とは別に「修繕情報登録」に詳細を登録。それぞれの機能を関連付けることで、業者への発注や所有者への連絡を円滑に実行。
  2. 現地で撮影した写真を案件に保存:修繕管理では共有部分または専有部分の設備を清掃・修理・交換などを行った際に撮影した写真などを保存することが可能。また帳票デザイナー活用して、画像入りの報告書を独自に作成、オーナーへの報告書にも活用することが可能。画像ファイルだけでなく、PDFやEXCELなどのファイルも関連ファイルとして登録することが可能。業者から取得した見積書をリンクするなど様々な活用を行うことが可能。

修繕管理関連

  1. 修繕情報は案件単位での登録:退去時の現状回復や、随時行われる物件の修繕管理を実行。登録は案件単位で、同じ部屋に複数の工事記録を残すことが可能。また見積書・請求書の作成をサポートしており、オーナーに対して、複数の見積書を提示することも可能。請求書は、見積の承認(成約後に)が作成可能。負担割合は、契約者・家主・自社から項目毎に設定することが可能。
  2. 修繕情報登録画面設定:修繕項目は自由に入力することができ、入居中の工事、空室の工事、部分の修繕工事など、すべての工事記録を管理することが可能。数の修繕項目を「修繕項目セット」として登録でき、使用する項目が決まっている場合には、それらの項目をひとつセットにまとめておき、登録時に呼び出すだけで簡単に明細の入力を実行。

物件管理関連

  1. 物件の住所と地図情報登録:住所登録は全国の住所が収録されており、郵便番号や住所の一部から町名までを呼び出すことが可能。広告情報では所在地を丁目までを表記し、番地以降を非表示にするなどの対応が可能。地図検索を行うには物件の座標を取得して登録する必要あり。座標取得にはGoogleMapsAPIを使用。座標は日本測位と世界測位どちらにも対応可能。ポータルサイトによって使用する座標が異なる場合にも柔軟に対応可能
  2. 物件情報登録画面登録:全国の沿線・駅が収録されており、最寄り駅が複数ある物件などにも対応。連動するサイトによっては始発駅かの情報があり対応。また最寄りのバス停も記載することが可能。駅から徒歩一時間以上かかるような場所では最寄り駅ではなく、最寄りバス停を使用する地域もあり対応。
  3. 部屋情報登録画面登録:不動産ポータルサイトによって仕様が異なるものをすべて、当社データベースにて変換処理を実行。登録時はサイトごとに表示をわけて登録することが可能。一度登録した設備情報は、他のサイトにも変換されるようになっており、連動項目はほとんどといっていいほど、高い変換率で連動。
  4. 設備項目登録:学校区、コンビニ、病院、スーパーマーケット、役所、飲食店、銀行などをインターネットにある古い情報ではなく、現在の情報を記載することが可能。GoogleMapsAPIによって登録した所在の座標から近隣の周辺施設を簡単に追加することができ、周辺施設は、ネットにあるものだけでなく、手動で登録することが可能。新規開業や、店名変更や、廃業があった場合に、ネットの情報が遅れていても手入力で修正や補完することが可能。
  5. 周辺施設画面:不動産ポータルサイトによって仕様が異なるものをすべて、当社データベースにて変換処理を実行。登録時はサイトごとに表示をわけて登録することが可能。一度登録した設備情報は、他のサイトにも変換されるようになっており、連動項目はほとんどといっていいほど、高い変換率で連動。また、設備項目は重要事項説明書に記載する設備項目としても利用可能。
  6. ポータルサイトに物件情報を掲載:ポータルサイトに物件情報を、ボタン1つで簡単に送信することが可能。送信する物件は、部屋毎に設定することができ、掲載サイトを選択することが可能。また、本支店間で利用している場合、複数支店から同一物件を同一サイトに掲載することも可能。この場合、店舗ごとの連動契約必要。また、ポータルサイトによっては必須項目などが存在し、入力されていないと掲載エラーになる。しかし物件登録した段階で、必須項目のエラーチェックをかけることができ、広告掲載作業を省力化。

③i-SP

3つ目は、i-SPになります。

賃貸管理システムのi-SPは20年以上に及ぶ開発で培ったノウハウ・機能及び、これまでシステムを導入した全国1,000社以上の不動産会社様の声を集約したシステムです。

台帳管理や契約管理はもちろん、市販の財務会計ソフトとの連動により、お金の流れをスムーズに管理し、業務短縮を強力にサポートしてくれます。

i-SPは賃貸管理業務に必要不可欠なプラットフォームを提供してくれ、且つ価格も低めに設定されているので、初心者には、おすすめです。

<i-SPの機能一覧>

以下が、i-SPの機能一覧になります。

  1. 台帳管理:家主、建物、部屋、契約者データ及び取引業者データから台帳を作成。お名前や住所などの基本情報のほか、設計図や契約書類なども電子ファイル保存でき、賃貸管理情報に関わるすべてをデータベース化。 管理物件や家主、契約者に関する各種履歴情報も閲覧ができるため、必要な情報がすぐに引き出し可能。 また、クラウド型システムで懸念されるセキュリティ周辺も、i-SPはイントラネットにシステムを構築するため、外部からのアクセスを遮断し、データを保護
  2. 契約管理:契約者の募集から、成約時に必要な契約書類印刷、また、契約者の更新処理、解約に至るまで、賃貸管理業務の流れに沿ってサポート。契約月の日割り賃料や契約一時金の計算といった、契約にかかわる代金の割り出しも画面上で実行。不動産業界を専門に20年以上にわたってシステムを開発し続けているビジュアルリサーチだからこそできる、きめ細かなサービスあり。
  3. 管理している物件ごとに、水道、電気、ガス、動力の検針値・料金算定。また、i-SPは、現金入金・振込入金・口座引落・収納代行・カード決済・保証会社(弊社指定)など、さまざまな入金方法での処理が可能。督促業務に関しては、滞納状況から折衝履歴までをリアルタイムで把握でき、よりスムーズな未収管理が可能。
  4. 支出・入金:契約者、家主、取引業者への支払予定データをつくり、支払業務がスムーズに行えるようi-SPがサポート。各種メニューで登録された内容をもとに送金データを集計し、収支報告書を作成。家主への送金額もスピーディーに算出。確定された送金額から銀行への総合振込依頼データの作成も可能。
  5. 問い合わせ・修繕:賃貸管理業務に求められるのは、金銭の管理ばかりではない。問い合わせが入った際、迅速に対応し、それをシステムで管理することで、対応漏れを防止。問い合わせ発生者・内容・対応状況をデータ登録し、対応完了までの管理を実行。問い合わせ対応のほか、定期巡回に法定点検、設備交換など、i-SPは金銭以外の管理業務も強力にバックアップ。
  6. ログイン管理:ログイン・ログ機能を標準搭載。誰がいつ、どの情報へアクセスしたのかが確認可能。変更履歴も見ることができ、不動産に関わる膨大なデータを取り扱う情報管理には欠かせない機能。

今回、紹介した以下の3つの賃貸管理システムは、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. リドックス(ReDocS)
  2. 賃貸革命
  3. i-SP

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システム3選。機能面でおすすめの賃貸管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの賃貸管理システムを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、賃貸管理システムは、それぞれ特徴が異なります。

  1. リドックス(ReDocS)
  2. 賃貸革命
  3. i-SP

また、賃貸管理システムは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

  1. この記事へのコメントはありません。