法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステム4選。料金面でおすすめのタレントマネジメントシステム はこれだ!

多くの経営者が、現在悩んでいるのは、どのタレントマネジメントシステムを導入すべきかという問題。

実際、タレントマネジメントシステムは世の中にたくさんありますが、それらを料金の観点から比較しているメディアは少ないようです。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステム4選。料金面でおすすめのタレントマネジメントシステム はこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステムを4つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステム4選。料金面でおすすめのタレントマネジメントシステムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステムを4つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の4つです。

  1. カオナビ
  2. COCOLEPO(ココレポ)
  3. sai*reco(サイレコ)
  4. Zoho People(ゾーホーピープル)

①カオナビ

1つ目は、カオナビになります。

カオナビは、多様化する社員の個性も一目で把握でき、活用が進む人材マネジメントを実現するタレントマネジメントシステムです。

社員のスキルや評価履歴、さらに性格やモチベーションも一元管理でき、今まで管理していなかった個々の能力や特性を有効活用することで、会社が抱える様々な課題の解決に繋がります。

カオナビの柔軟なデータベースと、課題にあわせた機能を使えば、今まで以上に効率的なマネジメントを実現できます。

以下が、カオナビの主な機能になります。

  • 人材情報の一元管理:キャリア・実績、特技やスキルなど、あらゆる社員情報を登録可能。
  • 顔写真インターフェース:顔写真と名前がパッと並ぶシンプルインターフェース
  • ビューの切り替え:情報の表示量別に3段階のビュー切り替え可能
  • 入力項目カスタム:入力項目はドラッグ&ドロップで簡単カスタマイズ
  • エクセル帳票出力:労働者名簿やスキルチェックシートを簡単ダウンロード
  • CSV入出力:メンバーの情報をCSVで一括登録、一括ダウンロード
  • 閲覧・編集権限設定:ロール毎に細かい閲覧/編集権限を設定可能
  • 特定情報絞り込み:評価や資格など、特定の項目で絞り込んだ社員情報リストを作成
  • リスト並び替え:作成したリスト内のデータは自由に並び替え可能
  • 自動計算:残業時間などの数値データは自動で平均・合計値を計算
  • CSV出力:作成したリストはCSV形式でダウンロード可能
  • 顔写真付きリスト作成・編集:様々な条件で絞り込んだメンバーを顔写真付きリストで管理
  • メール一斉送信:リストのメンバーにメール一斉送信
  • 評価テンプレート:OKRやMBO、360度評価など厳選した評価テンプレートをご用意
  • ワークフロー作成:承認・却下等のワークフローをドラッグ&ドロップで作成
  • エクセル帳票出力:評価結果を帳票としてエクセル出力可能

以下が、カオナビの導入事例になります。

  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • 日清食品ホールディングス株式会社
  • 株式会社サイバーエージェント
  • Sansan株式会社
  • 全日本空輸株式会社
  • パナソニック ホームズ株式会社
  • 株式会社LIXIL様
  • クックパッド株式会社
  • 株式会社メルカリ
  • 株式会社吉野家ホールディングス
  • 株式会社 一休
  • レバンガ北海道
  • 三菱地所ホーム株式会社
  • 株式会社オンワードホールディングス
  • 株式会社ジェーシービー
  • 株式会社ワコール
  • 株式会社 フジオフードシステム
  • 株式会社 LEOC
  • 栗田工業株式会社
  • マルハニチロ株式会社
  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • 日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター
  • 株式会社学研ホールディングス
  • 東京ガス株式会社

<カオナビの料金体系>

以下が、カオナビにの料金体系になります。

ストラテジープラン

パフォーマンスプラン

データベースプラン

月額料金(税抜)¥79,600~¥59,700~¥39,800~
人材データベース
社員情報ソート
社員リスト
組織ツリー図
評価ワークフロー
社員アンケート
配置バランス図
社員データグラフ
人材採用アシスト
適性検査(SPI3)
スマートフォンアプリ
シングルサインオン
API連携
セキュリティ

※適性検査(SPI3)は、利用には別途料金が発生。

②COCOLEPO(ココレポ)

2つ目は、COCOLEPO(ココレポ)になります。

COCOLEPO(ココレポ)は、初期費用0円、30名まで完全無料、導入の手間なし、その日から使える完全クラウド完結のタレントマネジメントシステムです。

COCOLEPO(ココレポ)の申込社数は、300社を突破しており、現在も伸び続けているタレントマネジメントシステムです。

また、COCOLEPO(ココレポ)は、クラウド型のタレントマネジメントシステムなため、導入しやすいのが特徴です。

COCOLEPO(ココレポ)は、以下の3つの特徴を持つタレントマネジメントシステムです。

⑴導入の打合せは不要

  • 完全クラウド完結だから今日から利用開始
  • 導入に数ヶ月かける必要はなし
  • 個人情報をクラウドに預けずに運用することも可能
⑵低価格で気軽に使えるツール

  • 初期費用0円、最低利用期間なし
  • 300人でも月額36,000円のみ
  • 大企業プランでは1人90円の低コスト
⑶適材適所で人材の成長率をUP

  • スキルセットを可視化していつでも検索できる
  • 適正なプロジェクトアサインで成長機会を創出
  • モチベーションセルフチェッカー搭載

<COCOLEPO(ココレポ)の料金体系>

以下が、COCOLEPO(ココレポ)の料金体系になります。

⑴無料プラン:0 円/ 月額(30人まで)

  • 顔写真付き社員マスタ管理
  • スキル、資格管理
  • 経験プロジェクト管理
  • ポートフォリオ管理
  • プロジェクト管理
  • スキルシート出力
  • EMSテスト

ライトプラン:初期費用0円、19,000 円 / 月額(31人〜100人)

  • EMS全体スコア閲覧
  • 顔写真付き社員マスタ管理
  • スキル、資格管理
  • 経験プロジェクト管理
  • ポートフォリオ管理
  • プロジェクト管理
  • スキルシート出力
  • EMSテスト
  • 今後の追加機能

スタンダードプラン:初期費用0円、36,000 円 / 月額(101人〜300人)

  • EMS全体スコア閲覧
  • 顔写真付き社員マスタ管理
  • スキル、資格管理
  • 経験プロジェクト管理
  • ポートフォリオ管理
  • プロジェクト管理
  • スキルシート出力
  • EMSテスト

エンタープライズプラン:初期費用0円、90 円 /人 月額(301人〜)

  • EMS全体スコア閲覧
  • 顔写真付き社員マスタ管理
  • スキル、資格管理
  • 経験プロジェクト管理
  • ポートフォリオ管理
  • プロジェクト管理
  • スキルシート出力
  • EMSテスト
  • 今後の追加機能

③sai*reco(サイレコ)

3つ目は、sai*reco(サイレコ)になります。

sai*reco(サイレコ)は、組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型のタレントマネジメントシステムです。

sai*reco(サイレコ)は、人事施策を直感的にわかりやすく可視化してくれ、組織シミュレーション結果はそのまま保存でき、また人事情報の組織内の共有にも役立ちます。

定型業務に関しても自動化を進め、ルーチンワークの無駄を省いてくれます。

人事業務の効率化を通して人事戦略立案の時間を捻出してくれるため、人事業務で困っている企業におすすめです。

また、sai*reco(サイレコ)は、料金面だけでなく、機能面も充実しています。

以下が、sai*reco(サイレコ)の主な機能になります。

組織図関連

  • 組織図の作成:組織構成を管理可能。
  • シミュレーション:組織図を仮保存し、シミュレーションが実行可能。
  • 特殊組織の管理:組織図で表せない組織構成(PJチームなど)を管理できる。

情報入力

  • 一括入力:情報を一括してインポート、エクスポート可能。
  • テンプレート保存:インポート、エクスポートのテンプレートを保存可能。

申請承認管理

  • ワークフロー:ワークフローを用いた申請承認の管理が可能。
  • 情報の修正変更:従業員情報、人事施策(評価、研修など)の情報修正に利用可能。

会社管理関連

  • 関連会社の登録:子会社、グループ会社の情報を管理が可能。
  • 兼務社員の管理:複数の会社に所属する社員の管理が可能。(グルーピング)

従業員管理関連

  • カスタムフィールドレイアウター:自社に合わせた管理項目を自由に作成可能。(『履歴書情報』、『人事評価結果』、『研修の受講履歴』、『適性検査結果』、『異動履歴』など。)
  • 人事施策管理:人事評価や研修履歴、アンケートなどの施策をタブ毎で管理可能。

給与明細

  • データ取込機能:外部の給与管理システムからのデータの取り込みが可能。
  • 帳票作成機能:給与明細、源泉徴収票、社員台帳を帳票で表示・作成することが可能。

以下が、sai*reco(サイレコ)の導入企業になります。

  • 株式会社エムエム総研
  • 株式会社ベーシック
  • 株式会社ワイ・ディ・シー
  • 株式会社佐田
  • 株式会社テクノカルチャ
  • Mywayプラス株式会社
  • 株式会社GSTV
  • 株式会社トータス
  • 旭テック株式会社
  • 株式会社CSS技術開発
  • 株式会社ケイ・エム・ディ・エス
  • 株式会社シモジマ
  • 株式会社アルファファイナンシャルプランナーズ
  • NTTコムチェオ株式会社
  • ティー・エス・ビー株式会社
  • エネクス石油販売東日本
  • 株式会社無量寿山
  • SATO社会保険労務士法人
  • 双日オートグループ
  • 大阪株式会社
  • 株式会社アパレルウェブ
  • 株式会社あかりプレイス(BCホールディングス) 
  • 赤門ウィレックス株式会社
  • 株式会社建設システム
  • 株式会社ゼロイニシャライズ
  • ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
  • 株式会社アピスファーマシー

<sai*reco(サイレコ)の料金体系>

以下が、sai*reco(サイレコ)の料金体系になります。

  • システム導入費:200,000円/初回のみ
  • システム利用費:18,000円/月~
  • ※ただし導入月の利用費は免除、導入翌月から利用費が発生。
  • ※連携によるサービス利用は、連携先のサービス費用が別途必要。

sai*reco(サイレコ)の料金体系の諸条件は以下の通りです。

  • システム利用費に加え1,000円のシステムメンテナンス費用が加算
  • 100名以下の場合のシステム利用費は一律18,000円
  • 100名を超過する場合は、1名当たり180円/月で積算(退職者情報は、利用費免除)
  • 初回契約24ヶ月以降は、12ヶ月毎の自動更新

④Zoho People(ゾーホーピープル)

4つ目は、Zoho People(ゾーホーピープル)になります。

御社が従業員に対応している間、Zoho People(ゾーホーピープル)が人事プロセスを管理してくれます。

新入社員研修から勤怠管理、時間管理、人事評価まで、Zoho People(ゾーホーピープル)はすべてを網羅しています。

そして、Zoho People(ゾーホーピープル)では、従業員自身が個人データやスキルセット、チェックイン/チェックアウトを更新でき、マネージャーは部下に関するすべての情報にアクセスし、承認や休暇スケジュールなどを管理できます。

⑴人事評価(従業員のスキルや目標達成度を評価でき、評価のサイクルを設定し、スムーズな評価を促進。)

⑵セルフサービス(セルフサービス機能で、従業員は自分で自分の情報を更新できます。総務人事の担当者は、紙やメールやエクセルファイルからいちいち転記する必要なし。)

⑶フォームのカスタマイズ(自社の規定やニーズに合わせてフォームをカスタマイズ可能。)

⑷勤怠管理(休暇)(休暇の申請や承認などの管理業務を効率化。組織の規定にあわせて様々な種類の休暇を登録でき、取得状況の確認や分析が可能。)

⑸工数管理(案件やプロジェクト、タスクやジョブごとに工数を記録。個人やチームの生産性を把握可能。)

⑹セルフサービス(セルフサービス機能で、従業員は自分で自分の情報を更新でき、総務人事の担当者は、紙やメールやエクセルファイルからいちいち転記する必要はなし。)

⑺モバイル関連(Zoho People はモバイルにも対応。iOSとAndroidのアプリを提供。出勤・退勤の記録、他の従業員の連絡先の検索が可能。)

<Zoho People(ゾーホーピープル)の料金体系>

Zoho People(ゾーホーピープル)の料金体系は、以下の4つの料金プランに分かれます。

以下が、Zoho People(ゾーホーピープル)の料金体系になります。

  • ESSENTIAL HRプラン:¥100/従業員/月(年間契約)税別
  • プロフェッショナルプラン:¥200/従業員/月(年間契約)税別
  • プレミアムプラン:¥300/従業員/月(年間契約)税別
  • エンタープライズプラン:¥500/従業員/月(年間契約)税別

今回、紹介した以下の4つのタレントマネジメントシステムはそれぞれ、特徴が異なるので、注意が必要です。

  1. カオナビ
  2. COCOLEPO(ココレポ)
  3. sai*reco(サイレコ)
  4. Zoho People(ゾーホーピープル)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステム4選。料金面でおすすめのタレントマネジメントシステム はこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのタレントマネジメントシステム を4つ詳しく解説しました。

今回、紹介した、4つのタレントマネジメントシステム(カオナビ、COCOLEPO(ココレポ)、sai*reco(サイレコ)、Zoho People(ゾーホーピープル))は、上記で解説したように、それぞれ違う料金体系になっています。

また、4つのタレントマネジメントシステム(カオナビ、COCOLEPO(ココレポ)、sai*reco(サイレコ)、Zoho People(ゾーホーピープル))は、機能面でも大きく異なるため、比較検討してから、導入しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。