プロダクトプレイスメントの可能性とメディアビジネス展望

セミナー概要

 

 プロダクトプレイスメントとは、今、米国で大流行している広告手法である。1970年代後半から、映画の中で企業の商品やサービスを露出する広告手法として登場し、ここ数年テレビ番組に導入され、米国では今やビッグビジネスになっている。 日本でも近年、テレビ広告における新しい手法として注目され始め、特にDVRの普及に伴って、テレビのタイムシフト視聴やCMスキップが話題になり、CMによらない、プロダクトプレイスメントについての研究がより盛んになってきている。 そして今後は、マス4媒体と肩を並べるまでに成長したインターネット、モバイルが新しいメディアとして確立しつつある中で、マルチユース化が進むコンテンツビジネス全般においても、プロダクトプレイスメントの可能性が大いに期待されるところでもある。 本セミナーでは、デジタル化・ネットワーク化の潮流の中で変化するメディア環境を踏まえ、プロダクトプレイスメントの米国での動向や日本での実情などについて事例を交えて紹介し、これからの広告ビジネスのあり方について解説を行う。メディア関係者だけでなく、広告主の立場でメディアに関わる方、プロデューサーとしてコンテンツの企画製作に携わる方など、幅広く受講を期待したい。

セミナー公式サイトへ

※セミナー情報は、更新されているケース、登録情報が誤っているケースもあるため、公式サイトで正確な情報をご確認ください。

セミナー開催情報

セミナー分類

  • ジャンル
  • 対象職種
  • 対象業種
  • 対象者

セミナー基本情報

  • セミナー形態リアル(オフライン)
  • セミナー定員
  • セミナー費用 29,800円
  • セミナー主催企業名 (株)新社会システム総合研究所

セミナー講師情報

  • 講師名(株)博報堂DYメディアパートナーズ 執行役員 統括担当補佐(メディアマーケティング局担当) 兼 メディア環境研究所 所長 中村 博 氏
  • 講師プロフィール

セミナー日程

  • セミナー開催日 2005年12月22日
  • セミナー開催時間10時
  • セミナー応募締切日 2005年12月21日

セミナー開催地

  • セミナー開催地住所 東京都 東京都港区西新橋2-1-1 興和西新橋ビル11F
  • セミナー開催地交通・アクセス

プロダクトプレイスメントの可能性とメディアビジネス展望

セミナー公式サイトへ

※セミナー情報は、更新されているケース、登録情報が誤っているケースもあるため、公式サイトで正確な情報をご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です