• HOME
  • ブログ
  • a未分類
  • 法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3選。機能面でおすすめの債権管理システムはこれだ!

法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3選。機能面でおすすめの債権管理システムはこれだ!

債権管理システムを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3選。機能面でおすすめの債権管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3選。機能面でおすすめの債権管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つの債権管理システムです。

  1. V-ONE クラウド
  2. TCS 延滞債権管理システム
  3. JSOL 債権管理ソリューション

①V-ONE クラウド

1つ目は、V-ONE クラウドになります。

V-ONEクラウドは、入金管理、債権管理に特化したクラウドサービスです。

従来の会計システムや販売管理システムでは対応が難しく、ExcelやAccessなどを使用した手作業の入金消込など自動化する機能をV-ONEクラウドは、提供してくれます。

入金・回収業務の効率化による作業負荷の軽減に加え、債権管理の正確性向上、滞留債権の早期把握、迅速な回収促進などを実現しれくれ、またクラウドサービスなので、自社で専用サーバーを用意する必要はありません。

V-ONEクラウドの導入は簡単・低コスト、スピーディで利用を開始できます。

下記のような悩みを持っている企業の方には、是非V-ONEクラウドをおすすめします。

  • 請求書と入金の消込に時間がかかり、月末はいつも残業と増員で対応している。
  • Excelによる消込作業では限界があり、月次決算が早期化できない。
  • 消込作業が職人芸のようになっていて、担当者以外での対応が難しい。
  • 上場を見据え、監査法人から債権管理のシステム化と正確さを迫られている。
  • 拠点ごとの消込を本社に集約し、業務の効率化と正確性向上を図りたい。
  • 消込結果を営業にも共有させ、回収の意識と督促業務の効率をUPさせたい。
  • 会計システムや販売管理システムの消込機能は使いづらく、機能も不十分。
  • 販売管理システムのリプレースを予定しているが、消込機能を備えていない。
  • 簡単・スピーディ・低コストで導入できる消込・債権管理ツールが見当たらない。

導入企業として、以下の企業が挙げられます。

  • 弁護士ドットコム株式会社
  • LINE Fukuoka株式会社
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • NTTファイナンス株式会社
  • 相鉄ビジネスサービス株式会社
  • 株式会社ヒューマンテクノロジーズ
  • 株式会社リブセンス
  • 株式会社ネオジャパン
  • 株式会社アマナ
  • 株式会社ベネフィット・ワン

<V-ONEクラウドの機能一覧>

以下が、V-ONEクラウドの機能一覧になります。

  • 高精度の入金自動消込機能により大幅な業務効率UPを実現:V-ONEクラウドのコア機能である一括オート消込機能は、きめ細やかな自動照合ロジックを設定可能。企業ごとに微妙に異なる照合ロジックを調整することで、他のシステムでは実現できない高精度の自動照合率を実現。また、独自の学習機能により、異名義での振込や合算入金も対応。さらに、手数料金額や請求先のグルーピング情報までも学習することで、自動照合率は大幅にアップ。
  • 入金遅れの遅延債権情報を営業にメールで通知、督促を促進:消込した結果情報や予定日を過ぎても入金されていない遅延債権の情報などを、メールに添付して担当営業に送信する機能を実装。Webやメールを使い、経理部門と営業現場のシームレスな連携を実現。滞留情報をタイムリーに営業現場へ発信することで、督促業務が効率化され、債権管理を強化。
  • 残高帳票も簡単出力!滞留状況の可視化で債権管理を強化:債権管理に必要不可欠な「債権残高管理台帳」も簡単に作成可能。PC画面での閲覧・照会から印刷、CSV出力可能。請求残高年齢表は発生明細データをドリルダウンで閲覧可能。また、債権総額と与信枠を比較し、与信残高の管理や与信ランクの抽出・出力も可能。
  • 決済代行会社からの決済結果を一元管理:決済代行会社からの膨大な決済結果と自社の出荷・受注情報を自動照合。BtoCビジネスに利用されている口座振替やクレジット決済、コンビニ決済などの決済について、自動照合機能やアンマッチ情報に対する顛末管理、会計情報の仕訳まで一括で対応。業務の大幅な効率化とヒューマンエラー防止を実現。
  • 消込・債権管理業務のエキスパートが手厚くサポート:専門スタッフが、V-ONE クラウドの導入前コンサルティングから導入後のサポートを担当。200社もの企業にシステムを導入した経験と入金・消込業務に関する専門知識をもつスタッフが、業務の改善に関するコンサルティングなども実施。貴社の現行業務に影響を与えず、スムーズなV-ONE クラウド導入を実現。

②TCS 延滞債権管理システム

2つ目は、TCS 延滞債権管理システムになります。

TCS 延滞債権管理システムは、初期から中長期まで、債権管理業務を効率化してくれ、且つ延滞債権を初期から償却後まで一貫して管理できるシステムです。

また、TCS 延滞債権管理システムは、電話や文書による督促機能、プレディクティブ接続機能、期日管理機能、和解シミュレーション、法定利息引直し機能、法務文書作成機能などを提供してくれます。

貴社のデータ分析により顧客ヒット率を高め、回収の効率化と回収率の向上に貢献します。

<TCS 延滞債権管理システムの機能一覧>

以下が、TCS 延滞債権管理システムの機能一覧になります。

⑴基本機能関連(督促・管理業務に必要な情報を、基本画面1画面に表示することが可能。他の顧客への画面展開も容易に行うことが可能。)

  1. 交渉記録:顧客との交渉記録を管理します。過去の顧客との折衝記録の管理が可能。
  2. 属性情報:感性情報・請求額などを表示。
  3. 契約情報:複数の契約がある場合、切替が可能。
  4. 詳細情報:各種詳細情報はタブを切替ることにより、表示変更(交渉記録、属性詳細、入金履歴、再契約、法手続きなど)。

⑵文書自動発行機能関連:期日管理機能による期日での文書自動発行が可能 →期日到来分の督促状を自動的に出力。文書発行管理表による各種文書の発送状況管理が可能 →管理番号による返戻管理も可能。入金約束後の文書発行の自動停止。

⑶ワークフロー:進捗状況俯瞰/振分機能関連(2つのワークフロー機能による、予実績管理および回収計画の立案が可能です。期日管理と進行手順を明確化し、次回の行動予定を容易に計画可能。)

  1. ワークフロートップ画面:担当範囲における各進捗段階の「対象件数/金額」を表示。進捗状況を把握することで優先業務の判断を実行。
  2. 一覧表示:フローの各段階をクリックし、対象一覧を表示。1人を選択し基本画面へ遷移。

⑷督促支援機能

  1. ヒット先予測機能:過去の督促履歴より繋がりやすい電話先、時間帯を判断し画面表示。
  2. 返済予測機能:過去の延滞、入金日より返済予測を行い、督促優先順位に反映。

⑸入金充当処理機能関連:ホストデータとサーバー保有データの突合を行い、入金された債務者の債権に対して、あらかじめ設定された充当優先順位、または個別に手動で入金充当を行うことが可能。また、コンビニ入金対応も可能なため、債務者単位での入金充当も可能。契約ごとに指定された充当順位で自動充当を実施。免責などイレギュラーな場合は個別に手動充当が可能。入金充当不明先については、前回送金口座などからの検索が可能。

⑹パフォーマンス計数のビジュアル化機能:目標達成に必要となる数字の進捗を可視化し、管理者が担当者の状況を的確に把握。チームの各担当者の進捗状況を可視化。管理者は各担当者の標準進捗との乖離を把握し、具体策の指示に繋げることが可能。

  1. 初期の計数:債権数、債権金額、入金件数、入金額、前日架電件数、うち有効架電、当日架電件数、うち有効架電、未架電率(対標準)、約束率(対標準)、約束件数、約束金額、前日約束件数、当日約束件数、入金率(対標準)、約束履行率(対標準)
  2. 中長期の計数:債権数、債権金額、入金件数、入金額、架電件数、住民票依頼件数、償却申請件数金額、強制執行申立件数金額約束件数、約束金額、文書発送件数、再分割和解件数、支払督促申立件数の金額

⑺自然入金先除外機能:過去データを利用して、督促しなくとも(自発的に)入金される先を予測し、架電交渉対象からいったん除外することによって、交渉業務の大幅な効率化を図ることが可能。

⑻架電機能関連:過去データを活用することにより、 今現在最も繋がりやすい(過去の通話率の高い)債権を抽出。架電ヒット率と連動させたデータから、例えば「現在、自宅で最も繋がりやすい先」順に表示することが可能。

  1. 通話率:過去の通話率より、連絡が取りやすい先を優先的に選択することが可能。
  2. 入金約束取得率、履行率:過去3カ月以内に入金約束が取りやすかった先、履行率が高かった先を抽出することが可能。
  3. 架電先選択:勤務先がある先のみ、携帯がある先のみ、などの抽出が可能。
  4. 保証人有無:保証人付き債権を選択することが可能。

⑼和解・再分割機能:契約ごと/契約まとめ/保証人ごとに対応した契約のシミュレーションが可能。再分割契約は交渉画面においても照会でき、入金充当の基礎情報として反映可能。一部減免など個別の状況に応じた残高修正が可能。保証結果を印刷することで再分割の請求書が発行可能。また、条件を設定したシミュレーションが可能で、再契約利息の充当(あり/なし)、支払いサイクル(単月・隔月)など、端数処理(初回/最終回)などで設定可能。

⑼セキュリティ管理機能

  1. 出力ログ管理:管理資料/文書/データについて、担当者ごとにどの条件で何件の出力を行ったのかをログ管理
  2. ID・パスワード管理:パスワードの有効期限管理、本人によるパスワード変更機能、パスワード入力失敗の回数制限管理、同一担当者コードの同時利用排除、一定時間利用されない場合の強制ログオフ機能
  3. アクセス権限の明確化:担当者により実行可能な処理を限定して設定
  4. システム利用制限:オペレータ/責任者/管理者により使用可能業務を制限
  5. 操作ログ管理:担当者ごとに、いつどの処理を行ったのかをログ管理

⑽オプション機能:下記のほかに多数のオプションを用意。豊富なオプションは、導入事例は多数あり。

  1. オートコール機能に追加して、着信率をリアルタイムに把握して予測先行発信することが可能です。接続と同時に顧客情報を画面に表示するため、オペレータは会話開始まで、一切の作業が発生せず、架電業務の効率化が図れます。
  2. 電話番号スクリーニングシステム:コール対象となる電話番号をあらかじめシステムにて発信し、相手先の電話を鳴らすことなく、電話番号の実在・欠番・移転などを調査することが可能。そのため、無駄な架電の削減に貢献。
  3. ボイスロギングシステム:顧客との折衝内容をデジタル録音することで、会話の保存・抽出・確認が可能に。不正な交渉をけん制することによる内部統制強化やオペレータ教育、ビジネス戦略に活用することが可能。
  4. メールシーラー、バーコードリーダーによる返戻管理:メールシーラーを用いることで、はがきサイズの督促状の出力が可能になり、発送コストの削減に貢献。また、宛先不明、受取拒否などで返戻された文書を開封することなく、バーコードを用いて返戻管理が可能。返戻管理されたものは再通知、住所変更後再通知、住民票徴求などを一括で管理、処理することができるため、返戻処理の迅速化に貢献。

③JSOL 債権管理ソリューション

3つ目は、JSOL 債権管理ソリューションになります。

<JSOL 債権管理ソリューションの機能一覧>

以下が、JSOL 債権管理ソリューションの機能一覧になります。

JSOL 債権管理ソリューションの債権管理システムは、10年以上に渡って培ってきた豊富な業務ノウハウに基づき、煩雑な決算業務の効率化、債権管理の一元化を提供するソリューションです。

そして、JSOL 債権管理ソリューションは、10数年に亘って債権管理に関わるソリューションを提供をしてきており、40を超える豊富な導入実績があります。

⑴デフォルト債権管理システム:ネットワークを経由し本部主導でリアルタイムにデフォルト先の状況を把握・管理。延滞未収管理システムや部分直接償却管理システムとの連携により、情報の一元管理と本部・各営業店での情報共有が可能。

  • 債務者関連情報の管理:債務者の属性、債権(貸出金・未収利息・延滞損害金)、仮払金情報
  • 法的整理状況の管理:会社更生、民事再生等の進捗管理
  • 時効(時効中断)、期限の利益喪失の管理:回収情報回収明細、回収履歴、回収原資情報
  • 保全情報の管理:担保物件(不動産・預金・有価証券等)、保証人情報
  • 競売・任売情報管理:申立、事件番号、最低競売価格、配当等の情報管理
  • 進捗状況管理:交渉記録、交渉内容に対する指示事項等の蓄積、期初整理回収方針(目標・実績)、期日管理
  • 償却引当管理:自己査定結果から不良債権明細表作成

⑵延滞未収管理システム:銀行決算の未収利息まとめを3時間程度(実作業時間)で実行。未収利息を数時間で自動算出し、決算時の業務効率化および税務リスクの回避を図ることが可能。

  • 計上・不計上未収利息の自動算出(税務・会計基準別)
  • 当局宛報告資料およびディスクロジャー資料の作成
  • 計上未収利息貸倒償却予定対象先の明細出力
  • 店舗別・科目別未収利息一覧、税務・会計別など各種帳票出力
  • 自店管理債権の管理

⑶分直接償却債権管理システム:自己査定システム等の他システムと連携し、部分直接償却実施により発生する会計上残高、対顧残高(税務上残高)の二重管理をサポート。ホスト側の貸出金は部分償却後の残高で管理し、対顧客の償却前残高と部分直接償却額を当システムで管理。

  • 部分直接償却債権(該当債務者の全貸出金を対象)管理
  • オンバランス残高(償却後残高)とオフバランス残高
  • 表債での未収利息算出
  • 回収額(回収データ)の振分け処理
  • 残高証明書の発行機能
  • 各種帳票の作成

今回、紹介した以下の3つの は、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. V-ONE クラウド
  2. TCS 延滞債権管理システム
  3. JSOL 債権管理ソリューション

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システム3選。機能面でおすすめの債権管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの債権管理システムを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、債権管理システムは、それぞれ特徴が異なります。

また、債権管理システムは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。