「電子契約サービス」おすすめランキング10選。「電子契約サービス」比較と選ぶポイント

「電子契約サービス」おすすめ比較。ここがポイント!

サービス名GMOサインCloudSign(クラウドサイン)BtoBプラットフォーム契約書ジンジャーサインfreeeサインみんなの電子署名ドキュサインAcrobat SignサインタイムContractS CLM
月額料金(最安プラン)月9,680円+110~330円/件月11,000円+220円/件月11,000円+55円/件月11,000円+33円/件月1,078円+220円/件0円お問い合わせ月1,848円月1,078円+220円/件お問い合わせ

「電子契約サービス」とは

電子契約とは

電子文書に電子署名をして取り交わされる契約のこと

を言います。

従来、紙で作られた契約書で契約を交わすことが一般的でしたが、電子文書の偽造、改ざん、編集ができない技術が現実になったことで、オンラインで電子ファイルの契約書を交わすことが一般的になってきたのです。

電子契約サービスとは?

オンライン上で、電子署名による電子契約、電子契約したデータの保存をしてくれるサービスのこと

を言います。

電子契約サービスでは

  • 電子契約
  • 電子契約したデータの保存

がメインの機能ですが、それ以外にも

  • 電子署名での本人確認
  • 電子署名の契約書のテンプレート作成・管理
  • 紙の契約書の電子化
  • 紙の契約書の原本保管
  • システム連携・API連携
  • ワークフローによる承認
  • マイナンバーによる電子サイン
  • 署名依頼メール送信
  • 閲覧制限
  • ・・・

など、様々な機能が用意されています。

電子契約サービスのメリット

  • 紙の契約書に必要な印紙が必要なく、印紙代がかからないため、コスト削減につながる
  • 契約にかかわる郵送代、封筒代、インク代、人件費、保管費用が削減できる
  • 郵送や契約書の製本作業が不要になる
  • 原本の紛失や劣化、改ざんを防止できる
  • 検索が容易にできる

電子契約サービスのデメリット

  • 月額料金が発生する
  • 契約数に応じて料金が発生する
  • 契約相手方のITリテラシーがないと説明に手間取る
  • 書面での契約を希望する相手方も、少なくない

「電子契約サービス」の選び方

1.利用コストの安い電子契約サービスを選ぶ

電子契約サービスの料金体系は

月額料金 + 従量課金「契約数(送信数) 月最大○○件」

という形になっています。

月額料金が高い電子契約サービスもあれば、従量課金が高い電子契約サービスもあります。

電子契約サービスでは

  1. 無料プラン(FREEプラン・お試しプラン)
  2. スタンダードプラン(ベーシックプラン)
  3. 上位プラン

という形で、3種類~5種類程度のプランが用意されています。

  • 利用できる機能
  • 利用できるユーザー数
  • 利用できる利用料

に応じて、料金設定が変わってきます。

基本的に、どの電子契約サービスでも、大きなサービスの違いはありません。

無料プラン(FREEプラン・お試しプラン)、スタンダードプラン(ベーシックプラン)であれば

  • 電子署名(メール認証)
  • 印影登録
  • ワークフロー管理
  • 文章テンプレート作成、登録
  • 文書検索
  • ユーザーグループ管理
  • API連携
  • 紙の契約書と一元管理が可能

などのサービスが利用できるため、セキュリティを重視する大企業でなければ、スタンダードプラン(ベーシックプラン)で十分に利用できることになります。

「電子署名をする」という目的が達成できて、それに関するサービスがどの電子契約サービスでも同じように利用できるのであれば、重視すべきは「コスト」と言えます。

とくに中小企業・零細企業であれば、月額料金が安い、契約数あたりの従量課金料金が安い電子契約サービスをおすすめします。

2.無料版を利用してから決める

電子契約サービスは、各社とも

  • 無料プラン(FREEプラン・お試しプラン)

を用意しています。

月数枚の契約しかしない小規模事業者であれば、無料プランでも十分に使えます。

有料プランを検討している企業であっても、有料プランを利用する前に「使い勝手を知る」ということを重視するのであれば「無料プランを使ってみる」ことが一番手っ取り早い方法なのです。

無料プランは、月最大3件~5件の契約しかできませんが「使い勝手を知る」という目的であれば十分です。無無料プラン(FREEプラン・お試しプラン)を提供している電子契約サービスを選びましょう。

3.利用者の多い電子契約サービスを選ぶ

電子契約をするときは、必ず「アカウント登録」「会員登録」が必要になります。

「契約相手の会社も、そのサービスを利用しなければならない」

のです。

当然ですが

多くの方が利用している電子契約サービスを利用する = 相手方も利用している可能性が高い

ということを意味します。

普及している(市場シェアの大きい)電子契約サービスを採用した方が、相手方の負担が軽減できるので、契約手続きがスムーズに進むことになるのです。

契約数が多い企業であれば、シェアの大きい電子契約サービスを採用することをおすすめします。

4.規模の大きい企業の場合は「紙の契約書保管サービス」も視野

規模の大きい企業の場合は、契約書の枚数も膨大になります。

  • 一部が、電子契約
  • 一部が、紙の契約書

となると、二重で管理コストがかかってしまうため、効率的ではありません。

大手の電子契約サービスでは

  • 紙の契約書の電子化・原本保管サービス

を提供しています。

これを利用すれば、すべてが電子契約書として管理することができ、いざという時に紙の契約書が見たいとなっても、原本を保管しておいてもらえるメリットがあります。

契約書の枚数が多い規模の大きい企業の場合は「紙の契約書保管サービス」も検討しましょう。

Q.電子契約サービスの日本市場シェアはどうなっていますか?

市場シェアを調査しているデータはないため、各社の自社報告ベースの実績を紹介します。

日本市場シェアの大きい電子契約サービス

2022年9月時点

  • GMOサイン:140万社
  • CloudSign(クラウドサイン):130万社
  • BtoBプラットフォーム契約書:75万社

日本市場シェアの大きい電子契約サービス

2022年9月時点

  • DocuSign/ドキュサイン:100万社

「電子契約サービス」おすすめランキング

GMOサイン

  • 料金の安さ
    3
  • 無料プランの充実
    5
  • サービスの使いやすさ
    5
  • 機能の多さ
    4
  • 企業の信頼性
    5
サービス名GMOサイン
運営会社GMOグローバルサイン・ホールディングス
月額料金(最安プラン)月9,680円+110~330円/件
無料プランユーザー1名、月5件まで
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

GMOサインがおすすめの理由

GMOサインがおすすめの理由は「導入企業数の多さ」「使い勝手の良い無料プラン」です。

GMOサインは、2022年9月時点では「導入企業数:140万社」と公表しており、電子契約サービスのシェアは1位、2位を争うサービスとなっています。また、無料プランで月5件まで契約書の送信ができるので、中小企業や零細企業の場合は、無料プランでも十分に使い続けられるサービス設計となっています。

その上で、機能も豊富ですので、おすすめできる電子契約サービスとなっています。

デメリットは、紙の契約書の保管サービスがない点です。

CloudSign(クラウドサイン)

  • 料金の安さ
    3
  • 無料プランの充実
    5
  • サービスの使いやすさ
    5
  • 機能の多さ
    5
  • 企業の信頼性
    3
サービス名CloudSign(クラウドサイン)
運営会社弁護士ドットコム
月額料金(最安プラン)月11,000円+220円/件
無料プランユーザー1名、月5件まで
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管○提携倉庫保管
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

CloudSign(クラウドサイン)がおすすめの理由

CloudSign(クラウドサイン)がおすすめの理由は「導入企業数の多さ」「使い勝手の良い無料プラン」です。

CloudSign(クラウドサイン)は、2022年9月時点では「導入企業数:130万社」と公表しており、電子契約サービスのシェアは1位、2位を争うサービスとなっています。また、無料プランで月5件まで契約書の送信ができるので、中小企業や零細企業の場合は、無料プランでも十分に使い続けられるサービス設計となっています。

また、外部サービスの連携数も多く、お使いのビジネスソリューションとの連携が簡単に可能です。

デメリットは、若干、GMOサインよりも月額料金が高い点です。

BtoBプラットフォーム契約書

  • 料金の安さ
    3
  • 無料プランの充実
    5
  • サービスの使いやすさ
    5
  • 機能の多さ
    5
  • 企業の信頼性
    4
サービス名BtoBプラットフォーム契約書
運営会社インフォマート
月額料金(最安プラン)月11,000円+55円/件
無料プランユーザー無制限、月5件まで
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管○自社保管
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

BtoBプラットフォーム契約書がおすすめの理由

BtoBプラットフォーム契約書がおすすめの理由は「導入企業数の多さ」「取引先は利用料金無料「シルバープランの従量課金が安い」です。

BtoBプラットフォーム契約書は、取引先は利用料金無料で利用できますし、シルバープランの従量課金の金額が50円/通と、他社よりも安く設定されている点が特徴です。契約数の多い企業がコストを抑えるためにおすすめできる電子契約サービスと言えます。

デメリットは、導入企業数がGMOサイン、クラウドサインと比較すると少ない点です。

ジンジャーサイン

  • 料金の安さ
    3
  • 無料プランの充実
    3
  • サービスの使いやすさ
    3
  • 機能の多さ
    4
  • 企業の信頼性
    3
サービス名ジンジャーサイン
運営会社jinjer
月額料金(最安プラン)月11,000円+33円/件
無料プラン2週間無料トライアル
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ジンジャーサインがおすすめの理由

ジンジャーサインがおすすめの理由は「従量課金が安い・無料」です。

ジンジャーサインでは、従量課金が契約方法によって変わります。認証のみの電子サインであれば無料、タイムスタンプでの電子サインは、30円/通、長期署名での電子署名で200円/通という料金設定です。認証のみの電子サインであれば、何通契約しても従量課金分は、無料ということです。契約数の多い企業がコストを抑えるためにおすすめできる電子契約サービスと言えます。

デメリットは、無料プランがなく、2週間の無料体験のみであることと、初期費用が発生する点です。

freeeサイン

  • 料金の安さ
    4
  • 無料プランの充実
    3
  • サービスの使いやすさ
    4
  • 機能の多さ
    4
  • 企業の信頼性
    4
サービス名freeeサイン
運営会社freeeサイン
月額料金(最安プラン)月1,078円+220円/件
無料プランユーザー1名、月1件まで
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

freeeサインがおすすめの理由

freeeサインがおすすめの理由は「月額料金の安さ」「従量課金が無料」です。

freeeサインでは、スタータープランが月980円、Lightプランが付き4,980円と、他社の電子契約サービスよりも、月額料金が安く設定されています。また、契約数も、「月額料金に含まれている」設定のため、全体のコストを下げて利用することができます。

デメリットは、無料プランがない点です。

みんなの電子署名

  • 料金の安さ
    5
  • 無料プランの充実
    5
  • サービスの使いやすさ
    3
  • 機能の多さ
    3
  • 企業の信頼性
    4
サービス名みんなの電子署名
運営会社ベクター
月額料金(最安プラン)0円
無料プラン全機能利用可能
テンプレート作成・管理-
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認-
紙の契約書の電子化・原本保管○自社保管
システム連携・API連携-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

みんなの電子署名がおすすめの理由

みんなの電子署名がおすすめの理由は「月額料金が無料」「従量課金が無料」です。

みんなの電子署名では「初期費用」「月額基本料」「作成および署名に係る費用」すべて無料で利用できる、唯一と呼べる電子契約サービスと言えます。料金が発生するのは「文書保管サービス」を使ったときの「文書の保管料金」のみです。コスト面では断トツにおすすめできる電子契約サービスです。

デメリットは、「無料」である分、他の電子契約サービスと比較すると、使いにくい機能が少ない、導入企業数が少ないなど、機能面が劣る点です。

ドキュサイン

  • 料金の安さ
    2
  • 無料プランの充実
    3
  • サービスの使いやすさ
    2
  • 機能の多さ
    4
  • 企業の信頼性
    4
サービス名ドキュサイン
運営会社DocuSign
月額料金(最安プラン)お問い合わせ
無料プラン30日間無料トライアル
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ドキュサインがおすすめの理由

ドキュサインがおすすめの理由は「海外で導入企業が多いサービス」「月額料金の安さ」です。

ドキュサインは、180カ国以上の国で利用される世界No.1の電子署名ソリューションです。送信可能な言語数は、14言語であり、外国語での契約に強みがある電子契約サービスです。海外企業との契約がある場合には、世界シェアの多いドキュサインの方が、先方も負担なく利用してくれます。

デメリットは、世界基準の電子契約サービスだからこそ、日本人には他の電子契約サービスの方が使いやすく感じてしまう点です。

Acrobat Sign

  • 料金の安さ
    4
  • 無料プランの充実
    3
  • サービスの使いやすさ
    4
  • 機能の多さ
    4
  • 企業の信頼性
    5
サービス名Acrobat Sign
運営会社アドビ
月額料金(最安プラン)月1,848円
無料プラン30日間無料トライアル
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

Acrobat Signがおすすめの理由

Acrobat Signがおすすめの理由は「大企業の導入が多いサービス」「セキュリティが強い」です。

PDFでおなじみのAdobeが提供するAcrobat Signは、セキュリティが強く、世界各国の最高レベルのコンプライアンス要件に対応し、日本国内においても、電子サインの法的有効性が認められております。セキュリティを重視する大企業の導入が多い電子契約サービスと言えます。また、Acrobatにそのまま電子サイン機能がインクルードされているため、使い勝手の良さも定評があります。

デメリットは、電子サイン専用のサービスではないため、他の電子契約サービスの方が使いやすく感じてしまう点です。

サインタイム

  • 料金の安さ
    1
  • 無料プランの充実
    1
  • サービスの使いやすさ
    1
  • 機能の多さ
    1
  • 企業の信頼性
    1
サービス名サインタイム
運営会社サインタイム
月額料金(最安プラン)月1,078円+220円/件
無料プランユーザー3名、月25件まで
テンプレート作成・管理
ワークフロー-
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管-
システム連携・API連携-
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

サインタイムがおすすめの理由

サインタイムがおすすめの理由は「無料プランがある」「格安設定」です。

サインタイムは「無料プラン」があり、「小規模オフィス向けのエントリープラン」では、月額980円(年払いだと月890円)という格安で利用できる電子契約サービスとなっています。無制限の「ビジネスプラン」でも、月額8,600円(年払いだと月7,880円)という安さです。

デメリットは、導入企業数が少ないため、相手方に負担をかけてしまう可能性がある点です。

ContractS CLM

  • 料金の安さ
    2
  • 無料プランの充実
    2
  • サービスの使いやすさ
    3
  • 機能の多さ
    5
  • 企業の信頼性
    3
サービス名ContractS CLM
運営会社ContractS
月額料金(最安プラン)お問い合わせ
無料プラン-
テンプレート作成・管理
ワークフロー
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認
紙の契約書の電子化・原本保管○提携倉庫保管
システム連携・API連携
公式公式サイト
口コミ口コミ・評判

ContractS CLMがおすすめの理由

ContractS CLMがおすすめの理由は「高度な管理機能」です。

ContractS CLMでは、契約書のワークフローを企業に合わせた柔軟な形で設定できるため、電子契約サービスというよりは、業務プロセスの管理ツールに電子契約機能がついたものと言えます。契約業務の無駄をなくし、リードタイムを短縮できる、ナレッジを共有できるなど、電子契約サービス単体にはないメリットがあります。

デメリットは、料金は「個別お問い合わせ」で開示されていない点です。

「電子契約サービス」おすすめ比較

サービス名GMOサインCloudSign(クラウドサイン)BtoBプラットフォーム契約書ジンジャーサインfreeeサインみんなの電子署名ドキュサインAcrobat SignサインタイムContractS CLM
運営会社GMOグローバルサイン・ホールディングス弁護士ドットコムインフォマートjinjerfreeeサインベクターDocuSignアドビサインタイムContractS
月額料金(最安プラン)月9,680円+110~330円/件月11,000円+220円/件月11,000円+55円/件月11,000円+33円/件月1,078円+220円/件0円お問い合わせ月1,848円月1,078円+220円/件お問い合わせ
無料プランユーザー1名、月5件までユーザー1名、月5件までユーザー無制限、月5件まで2週間無料トライアルユーザー1名、月1件まで全機能利用可能30日間無料トライアル30日間無料トライアルユーザー3名、月25件まで-
テンプレート作成・管理-
ワークフロー-
書類作成・電子押印・送信
電子署名・タイムスタンプ
電子証明書での本人確認-
紙の契約書の電子化・原本保管-○提携倉庫保管○自社保管--○自社保管---○提携倉庫保管
システム連携・API連携--
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
口コミ口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判口コミ・評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。