法人口座レビュー。法人口座を利用した使い勝手を評価。あなたにおすすめの法人口座とは?

法人口座を実際に利用してメリットデメリット・利用条件・¥保有可能口座数・振込手数料・ATM手数料・デビットカードの国際ブランド、ポイント還元率(マイル還元率・キャッシュバック率)・審査の難易度・使い勝手を評価しました。あなたにおすすめの法人口座が見つかります。

法人口座比較

順位 法人カード 利便性 コストの安さ お得さ 管理機能 審査ハードルの低さ
1位 GMOあおぞらネット銀行法人口座
2位 住信SBIネット銀行法人口座
3位 PayPay銀行法人口座
4位 楽天銀行法人口座

おすすめの法人口座の選び方

法人口座を比較検討するポイントは

  1. 口座維持手数料無料の法人口座を選ぶ
  2. 振込手数料の安い法人口座を選ぶ
  3. デビットカードのキャッシュバック率が高い法人口座を選ぶ

の3点に絞られます。

1.口座維持手数料無料の法人口座を選ぶ

法人口座は、大きく分けると

  • メガバンク(都市銀行)や地方銀行の法人口座
  • ネット銀行の法人口座

に分類されます。

なぜ、こういう分類になるかというと、多くの場合

  • メガバンク(都市銀行)や地方銀行の法人口座 → 口座維持手数料(口座維持管理手数料):有料
  • ネット銀行の法人口座 → 口座維持手数料(口座維持管理手数料):無料

となるからです。

メガバンク(都市銀行)や地方銀行の法人口座は、口座開設して、ネットバンキングなどを利用しようとすると、それだけでコストがかかってしまうのです。

昔ならいざ知らず、現在では、メガバンクの法人口座があることが信用につながるわけではありません。

だとすれば

無駄にコストがかかるメガバンク(都市銀行)や地方銀行の法人口座ではなく、「口座維持手数料(口座維持管理手数料):無料」のネット銀行の法人口座を作るべきなのです。

ちなみにネット銀行の法人口座の方が、口座開設の審査も甘く、反社チェックなどの最低限の基準をクリアすれば、大抵の法人、個人事業主は口座開設できるものとなっています。審査面からも、ネット銀行の法人口座がおすすめです。

2.振込手数料の安い法人口座を選ぶ

法人口座を利用する時に一番多く利用する機能は「振込」ではないでしょうか?

  • 取引先への入金
  • 社員への入金
  • 法人サービスへの支払い

などは、毎月必ず発生するものであり、企業規模が大きければ大きいほど

  • 月数十回、月数百回の振込が発生する

ものとなっています。

銀行によって法人口座の振込手数料には、差があります。その差は、10円、20円という少額なものですが、月何十回、何百回も発生する振込手数料が10円、20円やすいだけでも、年間のコストでは大きな差が出てくるのです。

コスト削減のためには、振込手数料の安い法人口座を選ぶことをおすすめします。

また、振込手数料の安さで選ぶ場合は

  1. 同行宛取引手数料の安さ
  2. その法人口座を利用している取引先の数
  3. 他行宛取引手数料の安さ

の3点を合わせて検討する必要があります。

いくら同行宛振込手数料が安くても、その銀行を使っている取引先が少なければ、他行宛の振込になってしまい、他行宛振込手数料が該当してしまいます。総合的にコスト削減できるかどうか?を考えて選ぶ必要があります。

3.デビットカードのキャッシュバック率が高い法人口座を選ぶ

法人口座を作る = 法人デビットカードを作る

と同義だと思って構いません。

銀行の多くは、法人口座を開設する際に「法人キャッシュカード」「法人デビットカード」を発行するのですが、ネット銀行では「法人デビットカード」を発行するケースが多いのです。また、選択制になっている銀行も多いです。

法人デビットカードは、非常に便利なカードで、法人カードとは違って、リアルタイムで法人口座から引き落とされるので、経費精算が簡単です。

また、法人カードのような審査も不要ですので、気軽に利用できるという意味で、法人デビットカードを積極的に使っている企業も少なくありません。

法人デビットカードを選ぶ際に重要なのは

  • キャッシュバック率の大きさ

です。

法人デビットカードでは、カード利用額の0.2%~1.0%程度がキャッシュバックされます。キャッシュバック率が大きければ大きいほど、直接的なコスト削減につながるため、法人口座を選ぶ際にも、法人デビットカードの有無、法人デビットカードのキャッシュバック率の大きさを含めて、検討する必要があります。

キャッシュバック率の大きい法人デビットカードがある銀行の法人口座がおすすめです。

法人口座おすすめランキング

GMOあおぞらネット銀行法人口座

GMOあおぞらネット銀行法人口座評判レビュー。7つのメリットと1つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価
法人口座レビュー評価
使い勝手の良さ
(4.0)
審査の通りやすさ
(4.0)
手数料の安さ
(4.5)
サービス・機能の充実
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
総合評価
(4.0)
メリット
  • Visaのデビットカードが発行可能
  • デビットカードのキャッシュバック率1.0%
  • 他行宛振込手数料:145円、同行宛振込手数料:無料と格安
  • 最大20口座まで解説可能
  • アプリ対応
  • ポイント付与あり
  • 総合振込、定額自動振込対応
デメリット
  • 比較的新しい銀行のため、まだ利用している法人が少ない

GMOあおぞらネット銀行法人口座

発行会社GMOあおぞらネット銀行
国際ブランドVISA
カード種類デビットカード
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
デビットカードの発行期間-
法人利用
個人事業主利用-
法人口座維持手数料0円
法人口座開設上限数20口座まで
法人口座預入単位1円
法人口座振込限度額~500万円以内/回(引上可能)
法人口座通帳発行なし
法人口座利用明細WEB明細
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  0円
同行宛 3万円以上  0円
他行宛 3万円未満 166円
他行宛 3万円以上 261円
法人口座振替手数料0円
法人口座利用可能サービス振込・振替、総合振込、振込入金口座、口座振替、定額自動振込、即時入金、複数口座、ビジネスID管理、電子証明書、キャッシュカード、ポイントサービス、スマートフォンアプリ、API開発者ポータル
法人向け優待サービス-
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
GMOあおぞらネット銀行法人口座評判レビュー。7つのメリットと1つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価

住信SBIネット銀行法人口座

住信SBIネット銀行法人口座評判レビュー。5つのメリットと1つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価
法人口座レビュー評価
使い勝手の良さ
(5.0)
審査の通りやすさ
(4.0)
手数料の安さ
(5.0)
サービス・機能の充実
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
総合評価
(4.0)
メリット
  • Mastercardのデビットカードが発行可能
  • 他行宛振込手数料:145円、同行宛振込手数料:0円と格安
  • 来店不要で口座開設可能
  • 創業間もない法人でも開設可能
  • 決算書不要のオンライン融資が利用可能
デメリット
  • デビット付キャッシュカード初回発行手数料の1,100円がかかる

住信SBIネット銀行法人口座

発行会社住信SBIネット銀行
国際ブランドMastercard
カード種類デビットカード
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
デビットカードの発行期間1週間程度
法人利用
個人事業主利用-
法人口座維持手数料0円
法人口座開設上限数1口座まで
法人口座預入単位1円
法人口座振込限度額10万円以上1,000万円以内/日
法人口座通帳発行なし
法人口座利用明細WEB明細
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  0円
同行宛 3万円以上  0円
他行宛 3万円未満 145円
他行宛 3万円以上 145円
法人口座振替手数料0円
法人口座利用可能サービス普通預金、総合振込サービス、外貨送金サービス、デビットカード 、口座振替サービス、目的別口座、融資サービスなど
法人向け優待サービスMastercard® T&E Savings
Mastercard® Business Assist
※デビットカードに付随
キャッシュバック還元率下限0.80%
キャッシュバック還元率上限0.80%
ポイント還元率下限0.80%
ポイント還元率上限0.80%
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
住信SBIネット銀行法人口座評判レビュー。5つのメリットと1つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価

PayPay銀行法人口座

PayPay銀行法人口座評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価
法人口座レビュー評価
使い勝手の良さ
(4.0)
審査の通りやすさ
(3.0)
手数料の安さ
(4.0)
サービス・機能の充実
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
メリット
  • Visaのデビットカードが発行可能
  • 他行宛振込手数料:160円、同行宛振込手数料:55円と格安
  • ビジネスアプリで簡単に管理可能
  • 20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能
  • PayPayの売上金受取が可能
  • WEB総振(総合振込)、振込専用口座(入金消込)、口座管理(BA-PLUS)などのオプション機能がある
デメリット
  • オンラインで審査・申込を完結できない
  • 審査ハードルが若干高め

PayPay銀行法人口座

発行会社PayPay銀行
国際ブランドVISA
カード種類デビットカード
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
デビットカードの発行期間2~3週間
法人利用
個人事業主利用
法人口座維持手数料0円
法人口座開設上限数20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能。
法人口座預入単位1円(口座開設時0円)
法人口座振込限度額~500万円/日
法人口座通帳発行なし
法人口座利用明細WEB明細。郵送もオプションで可能
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  50円
同行宛 3万円以上  50円
他行宛 3万円未満 160円
他行宛 3万円以上 160円
法人口座振替手数料0円
法人口座利用可能サービス普通預金、WEB総振、口座自動振替、my m@il、定期預金、ATM、JNB Visaデビットなど
法人向け優待サービス-
キャッシュバック還元率下限0.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限0.20%
ポイント還元率上限0.20%
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
PayPay銀行法人口座評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価

楽天銀行法人口座

楽天銀行法人口座評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価
法人口座レビュー評価
使い勝手の良さ
(2.0)
審査の通りやすさ
(5.0)
手数料の安さ
(4.0)
サービス・機能の充実
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
総合評価
(3.5)
メリット
  • JCBのデビットカードが発行可能
  • 他行宛振込手数料:150円、同行宛振込手数料:52円と格安
  • 早い段階で法人口座に参入していたため利用している法人・個人事業主が多い
  • 審査ハードルが低い
  • 一括振込、給与・賞与振込、口座確認サービス、総合振込(WEB-FB:ファームバンキング)に対応
  • 海外送金可能
デメリット
  • 他行宛の振込手数料がやや高めの設定
  • アプリがない

楽天銀行法人口座

発行会社楽天銀行
国際ブランドJCB
カード種類デビットカード
初年度年会費(税込)1,100円
2年目~年会費(税込)1,100円
デビットカードの発行期間-
法人利用
個人事業主利用-
法人口座維持手数料0円
法人口座開設上限数1口座まで。デビットカードは1口座あたり9999枚発行可能
法人口座預入単位1円
法人口座振込限度額~3,000万円以内/回(引上可能)
法人口座通帳発行なし
法人口座利用明細WEB明細
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  52円
同行宛 3万円以上  52円
他行宛 3万円未満 150円
他行宛 3万円以上 229円
法人口座振替手数料0円
法人口座利用可能サービス普通預金、給与・賞与振込、口座確認サービス、総合振込(WEB-FB:ファームバンキング)、一括振込、楽天銀行かんたん決済、楽天銀行あんしん受取サービス⁄楽天銀行ジャストマッチ、海外送金受取サービス、口座管理プラス
法人向け優待サービス-
キャッシュバック還元率下限1.00%
キャッシュバック還元率上限1.00%
ポイント還元率下限-
ポイント還元率上限-
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
楽天銀行法人口座評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価