楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の申込・発行手順

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)評判レビュー。4つのメリットと3つのデメリット。年会費・キャッシュバック・法人口座・振込手数料・保険を総合評価

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の基本情報

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は、楽天銀行が発行している法人・個人事業主向けのデビットカードです。JCBブランドで発行されています。

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は、年会費1,100円で、キャッシュバック率が1.0%と高還元率であることが売りのコストパフォーマンスが抜群の法人デビットカードです。法人カードよりも、還元率が高い点、楽天銀行口座の使い勝手が良い点に定評があります。

デメリットは、年会費が有料であることです。年会費1,100円は大きなコスト負担ではありますが、年会費永年無料の法人デビットカードと比較すると割高に感じてしまいます。

楽天銀行の法人口座は、他行宛の振込手数料(3万円以上)が229円/件と安く、振込手数料のコスト削減効果も期待できます。また、同行宛であれば、振込手数料は52円/件です。楽天銀行口座を利用している企業も多いので、多くの取引先が同行宛ての振込で対応できれば、大きなコスト削減になります。

年会費格安でキャッシュバック率が1.0%と高還元率であるコストパフォーマンスが抜群の法人デビットカードです。

メリット
  • キャッシュバック率:1.0%
  • キャッシュバックなのでポイントの使い道に困る必要がない
  • 限度額設定に制限なし
  • 振込手数料が安い
デメリット
  • 年会費1,100円と有料
  • JCBブランドは海外での加盟店数が少ない
  • ネット銀行なので店舗がない
法人デビットカードレビュー評価
コストの安さ
(3.5)
キャッシュバックのお得さ
(5.0)
使い勝手
(3.0)
口座利用時のコストの安さ
(4.0)
保険の手厚さ
(2.0)
総合評価
(4.0)

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)年会費比較

  • 一般カード 初年度年会費:1,100円
  • 一般カード 2年目以降年会費:1,100円

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)キャッシュバック率比較

  • 一般カード キャッシュバック率:1.00% ~ 1.00%
  • 一般カード ポイント還元率:- ~ -
  • 一般カード ポイント・キャッシュバック情報:-

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)限度額・保険比較

  • 一般カード 1日最大利用限度額:3000万円
  • 一般カード 第三者不正使用保険:-
  • 一般カード ショッピング保険:-
  • 一般カード 海外・国内旅行傷害保険:-

楽天銀行 法人口座・振込手数料比較

  • 法人口座維持手数料:0円
  • 法人口座開設上限数:1口座まで。デビットカードは1口座あたり9999枚発行可能
  • 法人口座利用明細:WEB明細
  • 法人口座振込手数料:インターネット利用時 同行宛 3万円未満  52円 同行宛 3万円以上  52円 他行宛 3万円未満 150円 他行宛 3万円以上 229円

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)のメリット

1.キャッシュバック率:1.0%

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は

  • キャッシュバック率:1.0%

です。

法人カードや個人向けのクレジットカードと比較しても、そん色ない高還元率のデビットカードとなっています。

法人カードのポイント還元率の相場が0.5%であることを考えると、かなり高還元率の法人デビットカードと言えます。

2.キャッシュバックなのでポイントの使い道に困る必要がない

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)はポイント付与ではなく、キャッシュバック型のデビットカードになります。

ポイントの場合は、法人利用なので何に使えば良いのか、迷ってしまいますし、ポイントの利用期限が来てしまえば、ポイントは消失してしまいます。

キャッシュバックでは、ポイントの使い道に迷うことなく、ポイントの失効の心配もなく、直接的な収入としてキャッシュバックされるメリットがあります。

3.限度額設定に制限なし

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は

  • 限度額なし

です。

デビットカードですので、預金残高の範囲内でしか使えませんが、利用限度額がないため、預金があればその範囲内で無制限でカード決済をすることが可能です。

4.振込手数料が安い

楽天銀行の法人口座の振込手数料は

  • 楽天銀行宛振込手数料(同行宛振込手数料):52円
  • 他行振込手数料(3万円未満):150円
  • 他行振込手数料(3万円以上):229円

と、かなり安い振込手数料設定です。

また、楽天銀行は、比較的早くから参入しているネット銀行ですので、多くの会社が法人口座を持っている分、「同行宛振込手数料」が採用されやすいメリットがあります。トータルで振込手数料のコスト削減ができるメリットがあります。

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)のデメリット

1.年会費1,100円と有料

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は

  • 年会費:1,100円

と有料です。

法人デビットカードを保有するコストが発生するデメリットがあります。

2.JCBブランドは海外での加盟店数が少ない

楽天銀行ビジネスデビットカードには

  • JCBブランド

しかありません。

日本国内でのカード利用であれば、JCBでも問題はありませんが、海外での利用を想定する場合は、加盟店が少ないJCBブランドは不利になってしまいます。

3.ネット銀行なので店舗がない

楽天銀行はネット銀行です。

そのため、都市銀行のように

  • 店舗に行って、窓口で気軽に相談できない
  • 店舗で手続きができるわけではない
  • 紙の通帳がない

などのデメリットがあります。

ネットバンキングのサービスは充実しているものの、リアルの店舗を重視する方には不便に感じる可能性があります。

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の申込・発行手順

手順1.楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)のウェブサイトへ行く

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)のウェブサイトはこちら

手順2.口座開設申込をする

「口座開設申込はこちら」ボタンをクリックします。「法人ビジネス口座新規開設の申込」ボタンをクリックします。

手順3.口座開設申込フォームに入力する

ウェブサイトの申込フォームから必要な情報を入力します。

  • 法人名
  • 所在地
  • 設立年月日
  • 代表者
  • 連絡先住所
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メールアドレス
  • ホームページ
  • 楽天市場開設の有無
  • 口座開設担当者名
  • 口座開設担当者住所
  • 口座開設担当者生年月日
  • 口座開設担当者性別
  • 申込口座数
  • 楽天銀行の口座保有状況
  • 口座名義
  • 取引目的
  • 業種
  • 同意事項

手順4.印刷する

「申込書印刷画面に進む」ボタンをクリックすると、申込書がPDFファイルでダウンロードされるため、A4サイズで印刷します。

手順5.提出する

印刷した申込書に捺印、必要書類を同封の上、郵送で提出します。

手順6.審査

楽天銀行が審査をします。

審査が通過した場合は、審査結果メールが届きます。

手順7.法人ビジネス口座の初期設定

送付された「ThankYouレター」の内容に従い、法人ビジネス口座の初期設定をします。

手順8.法人デビットカードの送付

法人デビットカードが送付されます。

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)のよくある質問

楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の審査は甘いですか?厳しいですか?
与信審査(支払能力の審査)はありません。
楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)はどのくらいで手元に届きますか?
日数に関しては開示されていません。数日で届きます。
楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)の利用限度額はどのくらいですか?
利用限度額は、ありません。口座残高の範囲内で利用することができます。
楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)とNTTファイナンス Bizカードはどちらがおすすめですか?
NTTファイナンス Bizカードは、キャッシュバック率1.0%でお得ですが、審査があります。一方で、楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)は与信審査なしで発行でき、キャッシュバック率も同じ1.0%ですが、年会費が有料です。どちらにもメリットデメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です