三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズ評判レビュー。14つのメリットと4つのデメリット。ポイント・年会費・審査・優待・サービスを総合評価

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの基本情報

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは、三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード事業を担う三井住友カード株式会社が提供する法人カードです。日本ではじめてVisaカードを発行した大手クレジットカード会社であり、そのクレジットカード会社のプロパー法人カードということで高い信頼性のある法人カードとなっています。

三井住友カードのプロパー法人カードには「三井住友ビジネスカード」がありますが、より個人事業主や小規模事業者の経営者向けに作られたのが「三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズ」です。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは「年会費永年無料の法人カード」「Visaブランドのみ」「ナンバーレスカード」「ポイント還元率:0.5%」「対象カードとの2枚持ちでAmazon、ETC、航空券でポイント3倍」「最短3営業日で発行」などの特徴があります。

信頼性の高い三井住友カードのプロパー法人カードが年会費永年無料でコストをかけずに持てる、コストをかけたくない個人事業主、法人経営者におすすめできる法人カードとなっています。

メリット
  • 三井住友カードのプロパーカードの信頼性
  • 一般カードは年会費永年無料
  • ナンバーレスカード
  • 対象カードとの2枚持ちでAmazon、ETC、航空券でポイント3倍
  • 申込に謄本、決算書不要で審査のハードルが低い
  • 最短3営業日で発行可能
  • 法人ETCカードは年会費条件付き無料で発行可能
  • 手厚い海外旅行傷害保険
  • 返済方法の選択肢が多い(リボ・分割・2回・ボーナス一括払い)
  • キャッシングが可能
  • 多くのキャッシュレス決済に対応
  • 常に手厚い入会キャンペーン実施
  • ゴールドカードは国内航空ラウンジ無料
  • 比較的高額なショッピング限度額が可能
デメリット
  • ベースのポイント還元率が0.5%と低めの設定
  • 法人ETCカードの年会費は、年1回以上の利用という条件付き
  • 一般カードは、ショッピング保険が付帯されていない
  • ゴールドカードは、年会費が高いわりにサービスの違いが少ない
法人カードレビュー評価
発行スピード
(4.0)
審査の通りやすさ
(3.5)
限度額の高さ
(3.0)
管理画面・明細
(4.5)
ポイントのお得さ
(4.0)
年会費の安さ
(3.5)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(3.5)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.0)
総合評価
(3.5)

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズ年会費・追加カード・ETCカード比較

  • 一般カード 年会費:0円
  • 一般カード 追加カード年会費:0円
  • 一般カード ETCカード年会費:550円※年1回利用で無料
国際ブランドVISAVISA
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカード
初年度年会費(税込)0円5,500円
2年目~年会費(税込)0円5,500円
年会費優遇条件--
追加カード/初年度年会費(税込)0円0円
追加カード/2年目~年会費(税込)0円0円
追加カード発行枚数制限19枚19枚
ETCカード/初年度年会費(税込)0円0円
ETCカード/2年目~年会費(税込)550円※年1回利用で無料550円※年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限複数枚複数枚

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズポイント還元率・マイル還元率比較

  • 一般カード ポイント還元率/基本:0.50%
  • 一般カード ポイント還元率/上限:1.50%
  • 一般カード キャッシュバック:○キャッシュバック率0.3%~0.5%
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカード
ポイント還元率/基本0.50%0.50%
ポイント還元率/上限1.50%1.50%
ポイント倍増方法●対象カードの2枚持ちでポイント3倍
Amazon.co.jp
対象となる道路事業者のETC利用分
ANA直接購入分の航空券
JAL直接購入分の航空券
●対象カードの2枚持ちでポイント3倍
Amazon.co.jp
対象となる道路事業者のETC利用分
ANA直接購入分の航空券
JAL直接購入分の航空券
ポイントサイト経由●ポイントUPモール
最大20倍
●ポイントUPモール
最大20倍
ポイントプログラムVポイントVポイント
マイル還元率/基本0.30%0.30%
マイル還元率/上限0.90%0.90%
マイル取得方法●ポイント交換
ANAマイル:5p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:5p → 3mile
●ポイント交換
ANAマイル:5p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:5p → 3mile
フライトマイルボーナス--
キャッシュバックプログラム○キャッシュバック率0.3%~0.5%○キャッシュバック率0.3%~0.5%

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズ旅行傷害保険・ショッピング保険比較

  • ゴールドカード 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ゴールドカード 国内旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ゴールドカード ショッピング保険/国内:最高300万円
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカード
ショッピング保険付帯条件-カード購入+200日間
ショッピング保険/海外-最高300万円
ショッピング保険/国内-最高300万円
海外旅行傷害保険付帯条件利用付帯利用付帯
海外旅行傷害保険/家族特約条件--
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高2,000万円最高2,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高50万円最高100万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高50万円最高100万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高2,000万円最高2,500万円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高15万円最高20万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高100万円最高150万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--
国内旅行傷害保険付帯条件-利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害-最高2,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額--
国内旅行傷害保険/手術費用--
国内旅行傷害保険/通院日額--
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの評判・口コミ

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの良い評判・口コミ

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの良い評判・口コミまとめ

  • 年会費永年無料の法人カード
  • ナンバーレスカード
  • 19枚まで無料
  • 納税に間に合う

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの悪い評判・口コミ

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの悪い評判・口コミまとめ

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのメリット

メリット1.三井住友カードのプロパーカードの信頼性

三井住友カードは、米国企業以外で、英国企業のバークレイズに次いでVisaと提携し、Visaカードを発行した日本の最大手のクレジットカード会社です。

国際ブランドのVisa自体が発行するプロパーカードというのは、日本では存在しないので、三井住友カードのプロパーカードがVisaブランドの中では、もっとも信頼性の高いクレジットカードとなっています。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは、三井住友カードのプロパーカードの法人カードです。個人事業主から社員数20名以下の中小企業をターゲットにした法人カードとなっています。

信頼性の高い三井住友カードのプロパー法人カードであることが大きなメリットと言えます。

メリット2.一般カードは年会費永年無料

法人カードに関しては、ほとんど年会費永年無料のカードは存在しません。個人と比較すると、貸し倒れリスクが高い法人では、カード会社は、法人カードの年会費を有料にしてリスクヘッジするからです。

しかし、三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの一般カードは

  • 年会費:永年無料

という設定となっています。

一切コストがかからないで持つことができる法人カードというメリットがあります。

また、追加カードも

  • 追加カード年会費:永年無料

ですので、社員に発行しても、一切コストがかからない法人カードとなっています。

メリット3.ナンバーレスカード

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズでは

  • ナンバーレスカード

を採用しています。

ナンバーレスカードとは

カード券面の表にも、裏にも、カード番号が記載されていないカードのこと

を言います。

カード番号、効期限、セキュリティコードは、スマホのVpassアプリで確認する形になります。

セキュリティ面に優れた法人カードと言えます。

メリット4.対象カードとの2枚持ちでAmazon、ETC、航空券でポイント3倍

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは

  • カード利用200円 → 1ポイント(1ポイント5円相当)
  • ポイント還元率:0.5%

という設定の法人カードです。

しかし、下記の対象カードとの2枚持ちで

  • 三井住友カード プラチナプリファード
  • 三井住友カード プラチナ VISA/ Mastercard、三井住友カード プラチナ PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド VISA/ Mastercard、三井住友カード ゴールド PA-TYPE VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド VISA/ Mastercard(NL)
  • 三井住友カード プライムゴールドVISA/ Mastercard
  • 三井住友カード エグゼクティブ VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード VISA/ Mastercard(NL)
  • 三井住友カード VISA/ Mastercard(CL)
  • 三井住友カード VISA/ Mastercard、三井住友カード A VISA/ Mastercard
  • 三井住友カード アミティエ VISA/ Mastercard
  • 三井住友カードゴールドVISA(SMBC)/三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)/三井住友カードVISA(SMBC)
  • 三井住友カード デビュープラス VISA エブリプラス(VISA)
  • 三井住友カード RevoStyle
  • 三井住友ヤングゴールドカード(VISA/ Mastercard)
  • 三井住友銀行キャッシュカード一体型カード
  • Amazon.co.jp
  • ETC
  • ANA直接購入分の航空券
  • JAL直接購入分の航空券

  • カード利用200円 → 3ポイント(1ポイント5円相当)
  • ポイント還元率:1.5%

でポイントが貯まります。

年会費永年無料の個人カード「三井住友カード VISA/ Mastercard(NL)」と2枚持ちをして、Amazon.co.jpやETC、航空券の利用に集約すれば、ポイント還元率:1.5%の高還元率カードになるメリットがあります。

メリット5.申込に謄本、決算書不要で審査のハードルが低い

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは、個人事業主や社員数20名以下の中小企業向けに開発された法人カードです。

そのため、

  • 申込に登記簿謄本不要
  • 申込に決算書不要

  • 個人事業主
  • 法人経営者
  • スタートアップ企業(起業間もない企業)

も対象となる法人カードです。

比較的審査のハードルの低い法人カードとなっています。

他の法人カードの審査が落ちた方でも、検討してみるべき法人カードです。

メリット6.最短3営業日で発行可能

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは

  • 最短3営業日でカード発行可能

というスピード発行が可能な法人カードです。

「カード発行」から「自宅へ到着」まで、1~2営業日が必要なため、1週間程度かかってしまうのですが、申込からカード到着まで1カ月以上かかる法人カードもある中では、スピード発行ができる法人カードと言えます。

すぐに法人カードを利用したい方におすすめです。

メリット7.法人ETCカードは年会費条件付き無料で発行可能

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのETCカードは

  • 初年度:年会費無料
  • 2年目以降:550円
    ※年間1回以上の利用で翌年度年会費:無料

という実質年会費無料の設定になっています。

発行枚数は、三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズ1枚に対して1枚までです。ただし、追加カードを発行すれば追加カードの枚数分発行可能です。

ETCカードを使う車や社員が多い企業におすすめです。

メリット8.手厚い海外旅行傷害保険

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの海外旅行傷害保険は

  • 一般kカード 最高2,000万円(利用付帯)
  • ゴールドカード 最高2,000万円(利用付帯4,000万円、自動付帯1,000万円)

となっています。

一般カードのであれば、年会費永年無料ですので、海外旅行傷害保険が付帯されていること自体、年会費のわりに保険が手厚い法人カードと言えます。

ただし、ゴールドカード、プラチナカードは、年会費の割に海外旅行傷害保険は手薄な設定と言えます。

メリット9.返済方法の選択肢が多い(リボ・分割・2回・ボーナス一括払い)

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの返済方法には

  • 1回払い
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い

を選ぶことができます。

「一回払いのみ」という設定の法人カードが多い中で、多くの返済方法が用意されています。

メリット10.キャッシングが可能

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズでは

キャッシング:可能

となっています。事業資金にも利用できます。

コンビニATMで借入ができるため、いざという時の資金調達手段としても、重宝します。

メリット11.多くのキャッシュレス決済に対応

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズでは

  • Apple Pay登録可能
  • Google Pay登録可能
  • Visa → Visaタッチ決済
  • Mastercard → Mastercardコンタクトレス
  • iD専用カード(追加カード・携帯)

に対応しています。

キャッシュレス決済の選択肢も多く、利便性の高い法人カードです。

メリット12.常に手厚い入会キャンペーン実施

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズでは

常に10,000円~20,000円前後の入会キャンペーンを実施しています。

クラシックカードであれば、入会キャンペーンのポイントだけで、5年~10年分の年会費はペイできるようなお得さです。

手厚い入会キャンペーンで、初年度年会費無料で、一般カード、ゴールドカードを発行できるので、1年間のお試し利用だとしても、お得になる法人カードと言えます。

メリット13.ゴールドカードは国内航空ラウンジ無料

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのゴールドカードは

  • 全国主要空港のラウンジ無料

です。

国内出張などで、国内空港ラウンジの利用機会が多い人にはメリットと言えます。

メリット14.比較的高額なショッピング限度額が可能

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのショッピング限度額は

  • 一般カード 限度額:~300万円
  • ゴールドカード 限度額:~300万円

と、他の法人カードと比較すると高額なショッピング限度額(ショッピング枠)が設定されます。

一般カードであっても、最大300万円の枠がもらえるのですから、ショッピング限度額はかなり手厚い法人カードと言えます。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのデメリット

デメリット1.ベースのポイント還元率が0.5%と低めの設定

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの基本となるポイント還元率は

  • 200円の利用額 → 1ポイント(1円相当)Vポイント
  • ポイント還元率:0.5%

と高くありません。

2枚持ちで、AmazonやETC、航空券では、ポイント還元率:1.5%となるため、高還元率になるのですが、それ以外のところでは、ポイント還元率:0.5%と低いポイント還元率が適用されてしまいます。

ベースのポイント還元率が1.0%と高い、NTTファイナンス Bizカード楽天ビジネスカード、ベースのポイント還元率が1.5%と高いAirカードなどと比較すると、ポイントは貯まりにくい、お得ではない法人カードと言えます。

デメリット2.法人ETCカードの年会費は、年1回以上の利用という条件付き

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのETCカードの年会費は

  • 初年度:年会費無料
  • 2年目以降:550円
    ※2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
    ※プラチナカード会員は年会費永年無料

ですので、毎年1回以上利用していれば、ずっと無料で利用することができますが、利用しない年があると年会費が請求されてしまいます。

法人ETCカードは、社用車の台数や利用する社員の人数が増減するため、必ず発行した法人ETCカードを年一回以上利用するというのが、簡単ではありません。実質的に無料で利用することが難しい法人ETCカードとなってしまうのです。

JCB法人カードの場合は、同じように1枚の親カードに対して、複数枚の法人ETCカードを発行することができますが、年会費永年無料でETCカードが発行できずの出、ずっと無料で利用できるメリットがあります。

デメリット3.一般カードは、ショッピング保険が付帯されていない

法人カードのショッピング保険は、会社でオフィス家具やパソコンなどの機器を買う時に重宝します。

故障などがあれば、購入金額が補償されるからです。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのショッピング保険は

  • 一般カード 付帯無し
  • ゴールドカード 限度額:300万円(国内・海外)

ですので、ゴールドカードであれば、問題ありませんが、一般カードの場合、ショッピング保険の付帯はなく、カード購入したものでも補償されないため、ほとんど意味をなさないのです。

ショッピング保険を検討している方には、一般カードはおすすめできません。

デメリット4.ゴールドカードは、年会費が高いわりにサービスの違いが少ない

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのゴールドカードは

  • 年会費:5,500円

という設定の割には、ゴールドカードとしての特典が少なく、コストパフォーマンスが悪いゴールドカードとなってしまっています。

ゴールドカードを作る理由を見出しにくい法人カードです。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの申込・発行手順

手順1.三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのウェブサイトへ行く

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのウェブサイトはこちら

手順2.申込情報の入力

申込フォームから、必要事項を入力します。

手順3.支払い口座の設定

支払口座を設定します。

登録した銀行口座から、カードの利用額が引き落とされることになります。

三井住友銀行以外の法人口座を設定の場合、個人口座でインターネットで引落し口座の設定ができない口座の場合

  • 口座振替依頼設定
  • 本人確認書類のアップロード
  • 口座振替依頼書の送付・返送

という手順が必要になります。

手順4.審査

三井住友カードが入会の審査を行います。

手順5.カード発行

審査に通過したら、三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズが発行されます。

申込からカード発行まで最短3営業日です。

手順6.カード郵送・カード到着

ご自宅に三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズが郵送されます。

申込からカード到着まで約1週間です。

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズのよくある質問

三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの審査は甘いですか?厳しいですか?
三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズは、三井住友カードのプロパーカードの法人カードですので、審査のハードルは高いことが推察されます。実際に筆者は、一回審査に落ちています。
三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズはどのくらいで手元に届きますか?
申込から最短3営業日でカード発行が可能です。カードが発行されてから、郵送の上、自宅に到着するまでには、申込から1週間程度の時間が必要になります。また、三井住友銀行以外の法人口座の場合は、振込依頼書の郵送・返済が発生するため、より時間がかかります。
三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの利用限度額はどのくらいですか?
三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの利用限度額は、一般カードで最大300万円、ゴールドカードで最大300万円と限度額は高く設定される法人カードと言えます。ゴールドカード、プラチナカードには下限の限度額も設定されているため、最低限の限度額はあらかじめ知ることができます。
三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカードはどちらがおすすめですか?
筆者は三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズをおすすめします。基本的なサービスは同じですが、三井住友ビジネスカード ビジネスオーナーズの方が年会費永年無料で、ポイント優遇もあり、返済方法が豊富と利便性が高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です