法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。年会費・マイレージ・割引・審査・発行枚数・車両限定を総合評価

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合の基本情報

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合は、コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など経営活動の促進を目指した事業協同組合である「高速情報協同組合」がUCカードと提携して発行している法人ETCカードです。

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合は、ETCマイレージサービス登録ができる法人ETCカードですが、カード発行手数料550円、取扱手数料(年会費)550円、走行手数料8%とクレジット機能がない法人ETCカードの中では、保有コストが安いメリットがあります。走行手数料のみマイレージ登録ができない法人ETCカード(UCカード)/高速情報協同組合よりも高い設定となっています。

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合は、ETCマイレージが貯まる上に保有コストが安いクレジット機能のない法人ETCカードです。
メリット
  • 発行手数料、年会費が安い
  • ETCマイレージサービス登録ができる
  • クレジット機能がないため、審査がない
  • 書類提出後、最短10日で発行可能
  • 車両限定無し、どの車でも利用可能
  • 発行枚数に制限がない
デメリット
  • 出資金が1社10,000円必要
  • 走行手数料が高い
発行スピード
(3.0)
審査の通りやすさ
(5.0)
コストの安さ
(4.0)
割引・マイレージ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
総合評価
(3.5)

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合 年会費(取扱手数料)・発行手数料・出資金・走行手数料比較

  • 一般カード 発行手数料:550円
  • 一般カード 年会費(取扱手数料):550円
  • 一般カード 出資金:10,000円
  • 一般カード 走行手数料:8%
カード発行手数料(税込)550円
出資金(退会時返還)10,000円
年会費/年間取扱手数料(税込)550円
初年度年会費0円
2年目~年会費0円
走行距離に応じた手数料8%
支払いサイト月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし

法人ETCカード(セディナカード)/高速情報協同組合 割引・ETCマイレージ・車両限定・発行枚数比較

  • 一般カード 割引:-
  • 一般カード ETCマイレージ:利用可能
  • 一般カード 車両限定:限定なし
  • 一般カード 発行枚数:登録車両1台につき最高4枚まで
ETCカード発行枚数制限登録車両1台につき最高4枚まで
独自の割引特典-
利用できる方法人経営者/個人事業主
発行カード会社セディナカード
車両限定限定なし
マイレージサービス利用可能
発行スピード-
支払いサイト月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です