三井住友ビジネスカード for owners評判レビュー。14つのメリットと5つのデメリット。ポイント・年会費・審査・優待・サービスを総合評価

三井住友ビジネスカード for ownersの基本情報

三井住友ビジネスカード for ownersは、三井住友フィナンシャルグループのクレジットカード事業を担う三井住友カード株式会社が提供する法人カードです。日本ではじめてVisaカードを発行した大手クレジットカード会社であり、そのクレジットカード会社のプロパー法人カードということで高い信頼性のある法人カードとなっています。

三井住友カードのプロパー法人カードには「三井住友ビジネスカード」がありますが、より個人事業主や小規模事業者の経営者向けに作られたのが「三井住友ビジネスカード for owners」です。

三井住友ビジネスカード for ownersは、年会費が格安でありながら、手厚いポイント倍増特典や高いショッピング限度額、無料の法人ETCカードなど、利便性の高い法人カードとして、多くの経営者、個人事業主に利用されています。
メリット
  • 三井住友カードのプロパーカードの信頼性
  • クラシックカード、ゴールドカードは初年度年会費無料、条件付きで無料
  • セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍(ポイント還元率2.5%)
  • 選んだお店でポイント2倍(ポイント還元率1.0%)
  • 申込に謄本、決算書不要で審査のハードルが低い
  • 最短3営業日で発行可能
  • 法人ETCカードは年会費条件付き無料で発行可能
  • 手厚い海外旅行傷害保険
  • 返済方法の選択肢が多い(リボ・分割・2回・ボーナス一括払い)
  • キャッシングが可能
  • 多くのキャッシュレス決済に対応
  • 常に手厚い入会キャンペーン実施
  • プラチナカードは、特別なサービスも豊富
  • 比較的高額なショッピング限度額が可能
デメリット
  • 年会費永年無料ではない
  • ベースのポイント還元率が0.5%と低めの設定
  • 法人ETCカードの年会費は、年1回以上の利用という条件付き
  • クラシックカードのショッピング保険は、海外限定
  • プラチナカードは、30歳以上しか作れない
法人カードレビュー評価
発行スピード
(4.0)
審査の通りやすさ
(3.5)
限度額の高さ
(3.0)
管理画面・明細
(4.5)
ポイントのお得さ
(4.0)
年会費の安さ
(3.5)
サポート対応
(4.0)
ステイタス性
(3.5)
海外利用・ホテル優待
(2.0)
レストラン優待
(2.0)
総合評価
(3.5)

三井住友ビジネスカード for owners年会費・追加カード・ETCカード比較

  • クラシックカード 年会費:1,375円
  • クラシックカード 追加カード年会費:440円
  • クラシックカード ETCカード年会費:550円※年1回利用で無料
国際ブランドVISA,MastercardVISA,MastercardVISA,Mastercard
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
初年度年会費(税込)0円0円55,000円
2年目~年会費(税込)1,375円11,000円55,000円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費550円割引
「マイ・ペイすリボ」申込と前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費1100円割引
-
追加カード/初年度年会費(税込)440円2,200円5,500円
追加カード/2年目~年会費(税込)440円2,200円5,500円
追加カード発行枚数制限無制限無制限無制限
ETCカード/初年度年会費(税込)0円0円0円
ETCカード/2年目~年会費(税込)550円※年1回利用で無料550円※年1回利用で無料0円
ETCカード発行枚数制限複数枚複数枚複数枚

三井住友ビジネスカード for ownersポイント還元率・マイル還元率比較

  • クラシックカード ポイント還元率/基本:0.50%
  • クラシックカード ポイント還元率/上限:9.00%
  • クラシックカード キャッシュバック:○キャッシュバック率0.3%~0.5%
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
ポイント還元率/基本0.50%0.50%0.50%
ポイント還元率/上限9.00%9.00%9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍
※一部ポイント加算対象とならない、指定のポイント還元にならない、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍
※一部ポイント加算対象とならない、指定のポイント還元にならない、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍
※一部ポイント加算対象とならない、指定のポイント還元にならない、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗あり

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
ポイントサイト経由●ポイントUPモール
最大20倍
●ポイントUPモール
最大20倍
●ポイントUPモール
最大20倍
ポイントプログラムVポイントVポイントVポイント
マイル還元率/基本0.30%0.30%0.30%
マイル還元率/上限7.20%7.20%7.20%
マイル取得方法●ポイント交換
ANAマイル:5p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:5p → 3mile
●ポイント交換
ANAマイル:5p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:5p → 3mile
●ポイント交換
ANAマイル:5p → 3mile
クリスフライヤーマイレージ:5p → 3mile
フライトマイルボーナス---
キャッシュバックプログラム○キャッシュバック率0.3%~0.5%○キャッシュバック率0.3%~0.5%○キャッシュバック率0.3%~0.5%

三井住友ビジネスカード for owners旅行傷害保険・ショッピング保険比較

  • ゴールドカード 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ゴールドカード 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ゴールドカード ショッピング保険/国内:最高300万円
カードランク一般カード,プロパーカードゴールドカード,プロパーカードプラチナカード,プロパーカード
ショッピング保険付帯条件カード購入+200日間カード購入+200日間カード購入+200日間
ショッピング保険/海外最高100万円最高300万円最高500万円
ショッピング保険/国内-最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険付帯条件利用付帯自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる自動付帯
海外旅行傷害保険/家族特約条件--本会員の配偶者、本会員と生計を共にする同居の親族・別居の未婚の子
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高2,000万円最高5,000万円最高10,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高50万円最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高50万円最高300万円最高500万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高2,000万円最高5,000万円最高10,000万円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高15万円最高50万円最高100万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高100万円最高500万円最高1,000万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--最高2万円
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--最高2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
国内旅行傷害保険付帯条件-利用付帯自動付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害-最高5,000万円最高10,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額-5,000円/日5,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用-最高20万円最高20万円
国内旅行傷害保険/通院日額-2,000円/日2,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)--最高2万円
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)--最高2万円
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)--最高2万円
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)--最高4万円

三井住友ビジネスカード for Ownersの評判・口コミ

三井住友ビジネスカード for Ownersの良い評判・口コミ

三井住友ビジネスカード for Ownersの良い評判・口コミまとめ

  • すぐにカードが作れた
  • 開業間もないけれども審査が通った
  • iDが使える
  • Visaブランド
  • 限度額も大きい
  • コールセンターがフリーダイヤル
  • 年会費が安い

三井住友ビジネスカード for Ownersの悪い評判・口コミ

三井住友ビジネスカード for Ownersの悪い評判・口コミまとめ

  • 振替をオンライン手続きできない
  • ネットショッピングで承認が通らなかった
  • キャンペーンの取得条件がわかりにくい

三井住友ビジネスカード for owners

メリット1.三井住友カードのプロパーカードの信頼性

三井住友カードは、米国企業以外で、英国企業のバークレイズに次いでVisaと提携し、Visaカードを発行した日本の最大手のクレジットカード会社です。

国際ブランドのVisa自体が発行するプロパーカードというのは、日本では存在しないので、三井住友カードのプロパーカードがVisaブランドの中では、もっとも信頼性の高いクレジットカードとなっています。

三井住友ビジネスカード for ownersは、三井住友カードのプロパーカードの法人カードです。個人事業主から社員数20名以下の中小企業をターゲットにした法人カードとなっています。

カードランクも、

  • クラシックカード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード

が用意されていて、上位カードも狙える信頼性の高いプロパーカードと言えます。

メリット2.クラシックカード、ゴールドカードは初年度年会費無料、条件付きで無料

三井住友ビジネスカード for ownersの年会費は

クラシックカード年会費

初年度:年会費無料
2年目以降:1,375円
※マイ・ペイすリボをお申し込みかつ前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費:無料
※WEB明細書サービス利用で年会費:550円割引

ゴールドカード年会費

初年度:年会費無料
2※マイ・ペイすリボをお申し込みかつ前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費:5,500円
※WEB明細書サービス利用で年会費:1,100円割引

と、かなり年会費は安く保有できる法人カードです。

とくにクラシックカードであれば、初年度年会費無料、翌年度以降もWEB明細を利用すれば825円で利用できます。

また、ゴールドカードも、初年度年会費無料ですので、ゴールドカードの使い勝手を試すのにコストはかからないメリットがあります。

メリット3.セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍(ポイント還元率2.5%)

三井住友ビジネスカード for ownersのポイント還元率は

200円の利用額 → 1ポイント(1円相当)Vポイント ポイント還元率:0.5%

と決して高くありません。

しかし、全国のコンビニとマクドナルドで利用した場合、ポイントが倍増します。

  • セブンイレブン ポイント還元率:+2.0% → ポイント還元率:2.5%
  • ファミリーマート ポイント還元率:+2.0% → ポイント還元率:2.5%
  • ローソン ポイント還元率:+2.0% → ポイント還元率:2.5%
  • マクドナルド店 ポイント還元率:+2.0% → ポイント還元率:2.5%

かなり高還元率でリアル店舗の買い物がお得になるのです。

どんなにポイント倍増特典があっても、使う機会のないお店では意味がありませんが、コンビニとマクドナルドであれば、誰でも高頻度で使う機会があるはずです。

いつでも使えるコンビニ、マクドナルドでポイントが貯めやすい法人カードとなっています。
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり

メリット4.選んだお店でポイント2倍(ポイント還元率1.0%)

コンビニ、マクドナルド以外にもポイント倍増特典があります。

ライフ、すき家、マツモトキヨシ、ドトールなどのコンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストア・ファストフード・カフェなどの約60店舗から、選んだ3つの店舗で

  • 選んだ3つの店 ポイント還元率:+0.5% → ポイント還元率:1.0%

にポイントが倍増します。

自分が良く使うお店を選択できるメリットがあります。

メリット5.申込に謄本、決算書不要で審査のハードルが低い

三井住友ビジネスカード for ownersは、個人事業主や社員数20名以下の中小企業向けに開発された法人カードです。

そのため、

  • 申込に登記簿謄本不要
  • 申込に決算書不要

  • 個人事業主
  • 法人経営者
  • スタートアップ企業(起業間もない企業)

も対象となる法人カードです。

比較的審査のハードルの低い法人カードとなっています。

他の法人カードの審査が落ちた方でも、検討してみるべき法人カードです。

メリット6.最短3営業日で発行可能

三井住友ビジネスカード for ownersは

最短3営業日でカード発行可能

というスピード発行が可能な法人カードです。

「カード発行」から「自宅へ到着」まで、1~2営業日が必要なため、1週間程度かかってしまうのですが、申込からカード到着まで1カ月以上かかる法人カードもある中では、スピード発行ができる法人カードと言えます。

すぐに法人カードを利用したい方におすすめです。

メリット7.法人ETCカードは年会費条件付き無料で発行可能

三井住友ビジネスカード for ownersのETCカードは

初年度:年会費無料
2年目以降:550円
※年間1回以上の利用で翌年度年会費:無料

という実質年会費無料の設定になっています。

発行枚数は、三井住友ビジネスカード for owners1枚に対して1枚までです。ただし、追加カードを発行すれば追加カードの枚数分発行可能です。

ETCカードを使う車や社員が多い企業におすすめです。

メリット8.手厚い海外旅行傷害保険

三井住友ビジネスカード for ownersの海外旅行傷害保険は

  • クラシックカード 最高2,000万円(利用付帯)
  • ゴールドカード 最高5,000万円(利用付帯4,000万円、自動付帯1,000万円)
  • プラチナカード 最高5,000万円(自動付帯1億円)

となっています。

クラシックカードは、WEB明細を利用すれば、年会費1,000円を切る格安年会費の法人カードです。安い年会費の割に、利用付帯とは言え、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されるので、十分に手厚い海外旅行傷害保険と言っていいでしょう。
ただし、ゴールドカード、プラチナカードは、年会費の割に海外旅行傷害保険は手薄な設定と言えます。

メリット9.返済方法の選択肢が多い(リボ・分割・2回・ボーナス一括払い)

三井住友ビジネスカード for ownersの返済方法には

  • 1回払い
  • リボ払い
  • 分割払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い

を選ぶことができます。

「一回払いのみ」という設定の法人カードが多い中で、多くの返済方法が用意されています。

メリット10.キャッシングが可能

三井住友ビジネスカード for ownersでは

キャッシング:可能

となっています。事業資金にも利用できます。

コンビニATMで借入ができるため、いざという時の資金調達手段としても、重宝します。

メリット11.多くのキャッシュレス決済に対応

三井住友ビジネスカード for ownersでは

  • Apple Pay登録可能
  • Google Pay登録可能
  • Visa → Visaタッチ決済
  • Mastercard → Mastercardコンタクトレス
  • iD専用カード(追加カード・携帯)

に対応しています。

キャッシュレス決済の選択肢も多く、利便性の高い法人カードです。

メリット12.常に手厚い入会キャンペーン実施

三井住友ビジネスカード for ownersでは

常に10,000円~20,000円前後の入会キャンペーンを実施しています。

クラシックカードであれば、入会キャンペーンのポイントだけで、5年~10年分の年会費はペイできるようなお得さです。

手厚い入会キャンペーンで、初年度年会費無料で、クラシックカード、ゴールドカードを発行できるので、1年間のお試し利用だとしても、お得になる法人カードと言えます。

メリット13.プラチナカードは、特別なサービスも豊富

三井住友ビジネスカード for ownersのプラチナカードには、独自の特別なサービスも用意されています。

  • コンシェルジュデスク
  • 国内約10のホテルのスイートルームを50%OFFで利用できる「プラチナホテルズ」
  • 2名以上のコース料理利用で1名分が無料になる「プラチナグルメクーポン」
  • 会員限定イベント「プラチナオファー」
  • 大丸東京店のD’sラウンジトーキョー無料利用可能
  • メンバーズセレクション(「プライオリティ・パス」「セカンドオピニオン手配サービス」「食の逸品プレゼント」から選択可能)
  • 半年に一回VJAギフトカードを50万円以上利用の方に支払額の0.5%分をプレゼント(最高30,000円)
三井住友ビジネスカード for ownersには、独自の特別なサービスが多く用意されているプラチナカードがあります。

インビテーションではなく、いきなりプラチナカードを申込むことも可能です。

年会費は、55,000円ですが、プラチナカードの中では平均的な年会費設定と言えます。

メリット14.比較的高額なショッピング限度額が可能

三井住友ビジネスカード for ownersのショッピング限度額は

  • クラシックカード 限度額:~150万円
  • ゴールドカード 限度額:~300万円
  • プラチナカード 限度額:原則200万円~

と、他の法人カードと比較すると高額なショッピング限度額(ショッピング枠)が設定されます。プラチナカードであれば下限が200万円と設定されているため、最低限この金額の枠はもらえることを意味しています。

ショッピング限度額は手厚い法人カードと言えます。

デメリット

デメリット1.年会費永年無料ではない

三井住友ビジネスカード for ownersの年会費は

クラシックカード年会費

初年度:年会費無料
2年目以降:1,375円
※「マイ・ペイすリボ」申込で翌年度年会費:無料※マイ・ペイすリボをお申し込みかつ前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで翌年度年会費:無料
※WEB明細書サービス利用で年会費:550円割引

ですので、初年度無料の法人カードではありますが、年会費永年無料の法人カードではありません。

「マイ・ペイすリボ」を利用すれば年会費は翌年度も無料になるため、実質無料の法人カードになるのですが「リボ払い」には、リボ払い手数料が発生するため、コストは少なからず発生してしまうのです。

NTTファイナンス Bizカード レギュラーカードやライフカードビジネスライトのような年会費永年無料の法人カードと比較すると、割高な保有鼓すh都が発生します。

完全に無料で発行できる法人カードではないのです。

デメリット2.ベースのポイント還元率が0.5%と低めの設定

三井住友ビジネスカード for ownersの基本となるポイント還元率は

200円の利用額 → 1ポイント(1円相当)Vポイント ポイント還元率:0.5%

と高くありません。

コンビニとマクドナルドでは、ポイント還元率:2.5%となるため、高還元率になるのですが、それ以外のところでは、ポイント還元率:0.5%と低いポイント還元率が適用されてしまいます。

法人カードのカード利用額のコンビニやマクドナルドが占める割合は、数%以下だと想定されるので、ベースのポイント還元率が低いと、ポイントは貯まりにくいのです。

ベースのポイント還元率が1.0%と高い、NTTファイナンス Bizカード楽天ビジネスカード、ベースのポイント還元率が1.5%と高いAirカードなどと比較すると、ポイントは貯まりにくい、お得ではない法人カードと言えます。

デメリット3.法人ETCカードの年会費は、年1回以上の利用という条件付き

三井住友ビジネスカード for ownersのETCカードの年会費は

初年度:年会費無料
2年目以降:550円
※2年目以降は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
※プラチナカード会員は年会費永年無料

ですので、毎年1回以上利用していれば、ずっと無料で利用することができますが、利用しない年があると年会費が請求されてしまいます。

法人ETCカードは、社用車の台数や利用する社員の人数が増減するため、必ず発行した法人ETCカードを年一回以上利用するというのが、簡単ではありません。実質的に無料で利用することが難しい法人ETCカードとなってしまうのです。

JCB法人カードの場合は、同じように1枚の親カードに対して、複数枚の法人ETCカードを発行することができますが、年会費永年無料でETCカードが発行できずの出、ずっと無料で利用できるメリットがあります。

デメリット4.クラシックカードのショッピング保険は、海外限定

法人カードのショッピング保険は、会社でオフィス家具やパソコンなどの機器を買う時に重宝します。

故障などがあれば、購入金額が補償されるからです。

三井住友ビジネスカード for ownersのショッピング保険は

  • クラシックカード 限度額:100万円(海外のみ
  • ゴールドカード 限度額:300万円(国内・海外)
  • プラチナカード 限度額:500万円(国内・海外)

ですので、ゴールドカードやプラチナカードであれば、問題ありませんが、クラシックカードの場合、国内で購入したものは補償されないため、ほとんど意味をなさないのです。

ショッピング保険を検討している方には、クラシックカードはおすすめできません。

デメリット5.プラチナカードは、30歳以上しか作れない

三井住友ビジネスカード for ownersのプラチナカードは

  • 満30歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方

という条件が付くため、30歳未満の会社経営者や個人事業主では保有することができません。

プラチナカードには、年齢制限が高いデメリットがあります。

三井住友ビジネスカード for ownersの申込・発行手順

手順1.三井住友ビジネスカード for ownersのウェブサイトへ行く

三井住友ビジネスカード for ownersのウェブサイトはこちら

手順2.申込情報の入力

申込フォームから、必要事項を入力します。

手順3.支払い口座の設定

支払口座を設定します。

登録した銀行口座から、カードの利用額が引き落とされることになります。

三井住友銀行以外の法人口座を設定の場合、個人口座でインターネットで引落し口座の設定ができない口座の場合

  • 口座振替依頼設定
  • 本人確認書類のアップロード
  • 口座振替依頼書の送付・返送

という手順が必要になります。

手順4.審査

三井住友カードが入会の審査を行います。

手順5.カード発行

審査に通過したら、三井住友ビジネスカード for ownersが発行されます。

申込からカード発行まで最短3営業日です。

手順6.カード郵送・カード到着

ご自宅に三井住友ビジネスカード for ownersが郵送されます。

申込からカード到着まで約1週間です。

三井住友ビジネスカード for ownersのよくある質問

三井住友ビジネスカード for ownersの審査は甘いですか?厳しいですか?
三井住友ビジネスカード for ownersは、三井住友カードのプロパーカードの法人カードですので、審査のハードルは高いことが推察されます。実際に筆者は、一回審査に落ちています。
三井住友ビジネスカード for ownersはどのくらいで手元に届きますか?
申込から最短3営業日でカード発行が可能です。カードが発行されてから、郵送の上、自宅に到着するまでには、申込から1週間程度の時間が必要になります。また、三井住友銀行以外の法人口座の場合は、振込依頼書の郵送・返済が発生するため、より時間がかかります。
三井住友ビジネスカード for ownersの利用限度額はどのくらいですか?
三井住友ビジネスカード for ownersの利用限度額は、クラシックカードで最大150万円、ゴールドカードで最大300万円、プラチナカードで最大500万円と限度額は高く設定される法人カードと言えます。ゴールドカード、プラチナカードには下限の限度額も設定されているため、最低限の限度額はあらかじめ知ることができます。
三井住友ビジネスカード for ownersと三井住友ビジネスカードはどちらがおすすめですか?
筆者は三井住友ビジネスカード for ownersをおすすめします。基本的なサービスは同じですが、三井住友ビジネスカード for ownersの方がポイント倍増特典が豊富、返済方法が豊富と利便性が高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です