PayPay銀行法人口座評判レビュー。6つのメリットと2つのデメリット。保有口座数・審査・振込手数料・サービスを総合評価

PayPay銀行法人口座の基本情報

PayPay銀行は、Yahoo!を運営するZホールディングスの子会社であるZフィナンシャルの連結子会社のネット銀行です。同時に三井住友銀行の持分法適用会社でもあります。

PayPay銀行法人口座は「Visaのデビットカードが発行可能」「他行宛振込手数料:160円、同行宛振込手数料:55円と格安」「ビジネスアプリで簡単に管理可能」「20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能」「PayPayの売上金受取が可能」「WEB総振(総合振込)、振込専用口座(入金消込)、口座管理(BA-PLUS)などのオプション機能がある」などがあります。

最大のメリットは、他行宛の振込手数料の安さと、複数の口座、複数の法人デビットカードを発行できるため、目的ごとに使い分けるなどの運用が可能な点です。ビジネスアプリも高機能で、使い勝手の良い法人口座と言えます。

デメリットは、ネット銀行にしては、若干審査のハードルが高く、審査落ちする可能性もある点です。

小規模法人、複数の口座、複数のデビットカードを効率的に使い分けたい方におすすめできる法人口座です。

メリット
  • Visaのデビットカードが発行可能
  • 他行宛振込手数料:160円、同行宛振込手数料:55円と格安
  • ビジネスアプリで簡単に管理可能
  • 20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能
  • PayPayの売上金受取が可能
  • WEB総振(総合振込)、振込専用口座(入金消込)、口座管理(BA-PLUS)などのオプション機能がある
デメリット
  • オンラインで審査・申込を完結できない
  • 審査ハードルが若干高め
法人口座レビュー評価
使い勝手の良さ
(4.0)
審査の通りやすさ
(3.0)
手数料の安さ
(4.0)
サービス・機能の充実
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

PayPay銀行法人口座利用対象

  • 法人利用:○
  • 個人事業主利用:○

PayPay銀行法人口座基本情報

  • 法人口座維持手数料:0円
  • 法人口座開設上限数:20口座まで。1口座当たり5個のデビットカード番号を発行可能。
  • 法人口座預入単位:1円(口座開設時0円)
  • 法人口座振込限度額:~500万円/日
  • 法人口座通帳:発行なし
  • 法人口座開設時必要書類:【法人】 申込書、商業登記簿謄本、法人印鑑証明書、取引ご担当者の本人確認資料 【個人事業主】 申込書、事業者本人確認資料

PayPay銀行法人口座手数料

  • 法人口座振込手数料:インターネット利用時 同行宛 3万円未満  50円 同行宛 3万円以上  50円 他行宛 3万円未満 160円 他行宛 3万円以上 160円
  • 法人口座振替手数料:0円

PayPay銀行法人口座サービス情報

  • 法人口座利用可能サービス:普通預金、WEB総振、口座自動振替、my m@il、定期預金、ATM、JNB Visaデビットなど
  • 法人向け優待サービス:-

PayPay銀行法人口座デビットカード情報

  • 国際ブランド:VISA
  • カード種類:デビットカード
  • 初年度年会費(税込):0円
  • 2年目~年会費(税込):0円
  • デビットカードの発行期間:2~3週間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。