経営者が教える「おすすめ会計ソフトランキング5選」と「会計ソフトの選び方」

10社以上の会社を保有する経営者が「おすすめ会計ソフト」と「会計ソフトの選び方」について解説します。

会計ソフトとは?

会計ソフトとは

会計を記録し処理し、買掛金台帳、売掛金台帳、賃金台帳、試算表といった機能を備えているソフトウェアのこと

を言います。

会計ソフトには

  1. オンラインで利用するクラウド型の会計ソフト
  2. パソコンにインストールして利用するインストール型の会計ソフト

の2種類がありますが、この記事では、パソコンにインストールして利用するインストール型の会計ソフトについて解説します。

オンラインで利用するクラウド型の会計ソフトはこちら

会計ソフトの特徴

  • パソコンにダウンロードして利用する会計ソフト
  • 取引入力、集計、資金繰り、経営分析・予算管理、法人決算などの機能がある
  • 法改正のたびに最新のソフトウェアへのバージョンアップが必要

会計ソフトのメリット

  • バージョンアップやサポートを利用しなければ、イニシャルコストのみでずっと利用可能
  • 帳簿付けから試算表、決算資料の作成まで簡単にできる
  • クレジットカードや銀行口座(ネットバンキング)の情報を自動取込が可能な会計ソフトもある
  • 会計作業の時間を大幅に削減
  • 税理士、会計士と同じソフトを操作できるため、情報の共有が容易
  • 確定申告の電子申告へ対応している
  • 利用人数に応じた料金体系ではない、ID/PASSを共有すれば何人でも利用できる

会計ソフトのデメリット

  • 法改正のたびにバージョンアップ、アップデートが必要になる
  • バージョンアップが有料なものが多い
  • サポートが有料なものが多い

会計ソフトの選び方

その1.税理士・会計士が利用しやすい会計ソフトを選ぶ

多くの経営者は、税理士や会計士に決算や会計作業を任せているはずです。

税理士や会計士であれば、複数の会計ソフトに対応することができますが、普段使っていない会計ソフトですと、それなりに時間がかかってしまって、追加の顧問料を要求されてしまう可能性もあるのです。

税理士や会計士が使っている会計ソフト = 使い勝手が良い会計ソフト

という意味合いもあります。

税理士や会計士は、数百社の会計作業を請け負っているのですから、使い勝手の良い会計ソフトを選ぶのは間違えないからです。

注意
料金が安くても、マイナーな使い勝手の悪い会計ソフトを選んでしまうと、いろいろな作業負担が増え、結果的に高コストになってしまうので注意が必要です。
会計ソフトは、目先のコスト負担よりも、作業時間も踏まえて、総合的なコストで比較検討する必要があるのです。

その2.サポートの質で選ぶ

こればっかりは、使ってみないとわかりませんが、会計ソフトは、使い方が難しいものも少なくありません。

インストール型の会計ソフトでは

  • 電話サポート
  • メールサポート

が有料で付帯されていますが

「どこまでサポートしてくれるのか?」も重要なポイントになります。

会計ソフトによっては

例:コラボ/わくわく財務会計

以下の内容は、サポート範囲外とさせていただいております。

税務および経理処理、仕訳に関する個別のご相談。税務についてのご相談は、税理士など有資格者にご相談ください。
ハードウェアに関するお問い合せ
ネットワーク機器およびネットワーク構築に関するお問い合せ
OSおよび他社のソフトウェアに関するお問い合わせ
個別のコンサルティングに該当するご相談
法令により変更となった機能に関するお問い合せ

と、サポート対象外の相談が多いものがあれば

例:弥生/弥生会計

  • 仕訳相談
  • 確定申告相談(個人)
  • 経理業務相談
  • 消費税改正業務相談
  • マイナンバー相談

と、製品とは関係ない、税務・会計の相談まで対応してくれるものまで様々なのです。

当然、サポート料金に応じてサポート内容の質が変わってくるので

  • サポートが不要な方 → サポートなし、サポート料金低額の会計ソフトを選ぶ
  • 手厚いサポートが必要な方 → サポート有料で質の高い会計ソフトを選ぶ

必要があります。

その3.会計ソフトの最新サービスで選ぶ

会計ソフトでは

  • AI自動取込:クレジットカードや銀行口座と連動して、自動的に仕訳を取り込む機能
  • クラウド共有:オンラインにデータを保存して、税理士や会計士と同じデータを共有する機能
  • 画面共有:パソコンの画面を共有して、操作しながら、サポートしてくれる機能
  • データバックアップサービス:自動的にデータをクラウドにバックアップしてくれる機能

が用意されています。

これらの最新機能がある会計ソフトの方が、会計にかかる作業コストを大幅に削減してくれます。

おすすめ会計ソフトランキング

1位.弥生/弥生会計20 スタンダード

商品・サービス名弥生/弥生会計20 スタンダード
販売価格(税別)39,800円
サポート価格(税別)初年度無料、次年度34,500円
サポート電話サポート、メールサポート、業務相談
無料体験30日無料
サポート特典「あんしん保守サポート」最大15カ月無料、バージョンアップ製品無償提供
特徴的な機能AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有
自動バックアップ

比較ポイント

  • 利用しやすさ:全国10,000以上の会計事務所が、弥生とパートナーシップ(弥生PAP)、2人に1人が弥生会計を利用
  • サポート:業務相談も対応、最大15カ月無料
  • 最新機能:AI自動仕訳、データバックアップサービス、データ共有サービス

会計ソフトの中でおすすめする理由

弥生/弥生会計20 スタンダードは

  • 販売価格:39,800円(税別)
  • サポート(ベーシックプラン):年間34,500円(税別)※15カ月無料

ですから、決して安い会計ソフトではありませんが・・・

  • 税理士や会計士が最も利用している会計ソフトであること
  • AI自動仕訳、データバックアップサービス、データ共有サービスの最新機能を備えていること
  • 業務相談まで対応しているサポートの質

どれをとっても「利便性の高い会計ソフト」と言って過言ではありません。

だからこそ

  • シェア率:57.1%
  • 登録ユーザー200万人
  • 21年連続売上No.1

という圧倒的な実績を誇るのです。

インストール型の会計ソフトで迷ったら、「弥生会計」を選んでおけば、間違えないでしょう。価格自体は安くありませんが、作業時間が大幅に短縮できるため、総合して考えれば低コストで利用できる会計ソフトとして、おすすめです。

2位.ソリマチ/会計王20

商品・サービス名ソリマチ/会計王20
販売価格(税別)40,000円
サポート価格(税別)初年度無料、次年度30,000円
サポート電話サポート、メールサポート、画面共有
無料体験30日無料
サポート特典「バリューサポート」料金3,000円OFF、最大15カ月無料、次期製品無償提供、実務解説本、無料税務相談
特徴的な機能AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有
自動バックアップ

比較ポイント

  • 利用しやすさ:「業務ソフトに関する調査」お客様満足度No.1
  • サポート:実務解説本あり、最大15カ月無料、画面共有サポートあり、無料税務相談(2カ月無料)
  • 最新機能:AI自動仕訳、データバックアップサービス、データ共有サービス

会計ソフトの中でおすすめする理由

弥生会計と双璧な会計ソフトが「ソリマチ/会計王」です。

基本的に弥生会計と同じサービスを用意しています。

  • AI自動仕訳
  • データバックアップサービス
  • データ共有サービス

さらにサポート面では

  • 実務解説本
  • 画面共有サポート
  • 無料税務相談(2カ月無料)

があり、弥生会計よりも優れている点も少なくありません。

また、若干コストが安く設定されています。

  • 販売価格:40,000円(税別)
  • サポート価格:年間30,000円(税別)

大きな違いは、税理士や会計士を抑えているのが弥生会計であり、同様の機能で低コストとサポートの質に力を入れているのが会計王という位置付けになります。

税理士や会計士が問題なく、会計王も対応できるというのであれば、検討する価値のある会計ソフトと言えます。

3位.コラボ/わくわく財務会計5

商品・サービス名コラボ/わくわく財務会計5
販売価格(税別)12,100円
サポート価格(税別)無料
サポートメールサポート、FAXサポート
無料体験30日無料
サポート特典アップデート無料
特徴的な機能-

比較ポイント

  • 利用しやすさ:なし
  • サポート:WEBサポート、FAXサポート
  • 最新機能:なし

会計ソフトの中でおすすめする理由

わくわく財務会計は

  • AI自動仕訳
  • データバックアップサービス
  • データ共有サービス

などがなく

  • 基本的にWEBサポート、FAXサポートのみ

というサービス内容ですが

その分、

  • ダウンロード販売:11,000円(税別)
  • サポート:無料
  • アップデート:無料

という低コストな商品設計になっています。

イニシャルコストだけ発生し、サポート費用もかからないため、コストをできるだけ抑えたい小規模企業におすすめできる会計ソフトとなっています。
注意
注意しなければならないのは、バージョンアップのみ有料となります。法令の変更や大幅な機能強化によるプログラムの改変が必要となった場合のみ、有料バージョンアップで対応しています。このタイミングだけ、ランキングコストが発生するので注意が必要です。

4位.MJS/かんたん!法人会計

商品・サービス名MJS/かんたん!法人会計
販売価格(税別)30,000円
サポート価格(税別)20,000円
サポート電話サポート、メールサポート、画面共有
無料体験30日無料
サポート特典「サポート」最大3カ月無料、5年間無料アップデート、無償バージョンアップ
特徴的な機能AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有

比較ポイント

  • 利用しやすさ:なし
  • サポート:電話サポート(専用電話回線対応)、画面共有サポートあり
  • 最新機能:AI自動仕訳、データ共有サービス

会計ソフトの中でおすすめする理由

MJS/かんたん!法人会計も

  • AI自動仕訳
  • データ共有サービス

があり、

  • 電話サポート(専用電話回線対応)
  • 画面共有サポート

というサポートが利用できる会計ソフトです。

さらに

  • 販売価格:30,000円(税別)
  • サポート:20,000円(税別)

弥生会計や会計王よりも、低コストで提供されている特徴のある会計ソフトです。

知名度や税理士や会計士の導入事例は少ないものの、低コストで一定レベルの機能を備えた会計ソフトです。

5位.アイソフト/税理士いらず

商品・サービス名アイソフト/税理士いらず
販売価格(税別)15,000円
サポート価格(税別)無料
サポートメールサポート
無料体験30日無料
サポート特典バージョンアップ手数料5,000円()
特徴的な機能-

比較ポイント

  • 利用しやすさ:なし
  • サポート:WEBサポートのみ
  • 最新機能:なし

会計ソフトの中でおすすめする理由

アイソフト/税理士いらずは

一定レベルの会計の知識がある方向けの会計ソフトです。

注意
基本的な会計ソフトの機能は有していますが、サポート機能がほぼありません。

自力で使いこなすのであれば、製品価格も格安で、サポート料金も無料のため、低コストで使えるという特徴のある会計ソフトです。

  • 製品価格:15,000円(税別)
  • バージョンアップ:5,000円(税別)

ですので

格安で自分の力で会計ソフトを利用したい、小規模企業に向いている会計ソフトです。

会計ソフト比較

商品・サービス名弥生/弥生会計20 スタンダードソリマチ/会計王20コラボ/わくわく財務会計5MJS/かんたん!法人会計アイソフト/税理士いらず
販売価格(税別)39,800円40,000円12,100円30,000円15,000円
サポート価格(税別)初年度無料、次年度34,500円初年度無料、次年度30,000円無料20,000円無料
サポート電話サポート、メールサポート、業務相談電話サポート、メールサポート、画面共有メールサポート、FAXサポート電話サポート、メールサポート、画面共有メールサポート
無料体験30日無料30日無料30日無料30日無料30日無料
サポート特典「あんしん保守サポート」最大15カ月無料、バージョンアップ製品無償提供「バリューサポート」料金3,000円OFF、最大15カ月無料、次期製品無償提供、実務解説本、無料税務相談アップデート無料「サポート」最大3カ月無料、5年間無料アップデート、無償バージョンアップバージョンアップ手数料5,000円()
特徴的な機能AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有
自動バックアップ
AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有
自動バックアップ
-AI自動仕訳
クラウドで取引データ共有
-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA