法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型コールセンターシステム4選。料金面でおすすめのクラウド型コールセンターシステムはこれだ!

コールセンターシステム(インバウンド)は、通販・EC、保険、メーカーといった顧客対応業務が発生する企業で主に利用されています。

しかし、一方で、なかなかクラウド型コールセンターシステムの強みを生かせず、解約してしまう企業も多々あります。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型コールセンターシステム4選。料金面でおすすめのクラウド型コールセンターシステムはこれだ!』というタイトルで、中小企業や零細企業におすすめのクラウド型コールセンターシステムを4つ紹介します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型コールセンターシステム4選。料金面でおすすめのクラウド型コールセンターシステムはこれだ!

法人(中小企業・零細企業)におすすめのコールセンターシステムを4つ紹介します。

今回紹介する法人(中小企業・零細企業)におすすめのコールセンターシステムは以下の4つになります。

  1. BIZTELコールセンター
  2. TramPBX Cloud
  3. GoodLine(グッドライン)
  4. コネクト2.0

①BIZTELコールセンター

まず、1つ目は、BIZTELコールセンターになります。

BIZTELコールセンターは、顧客仕様のコールセンターを実現する高い拡張性と多彩なオプションサービスがあるコールセンターシステム(インバウンド)の最大手サービスになります、

また、BIZTELコールセンターは、機能の全てはデータセンターのBIZTELサーバからインターネット網を通じて提供され、コールセンター業務に必要な電話機能を搭載したクラウド型のシステムになります。

実際、BIZTELコールセンターは、幅広い規模や業種の企業に導入され、非常に好評を得ており、1,000社以上のの導入実績を誇ります。

以下が、BIZTELコールセンターを導入している企業になります。

  • 株式会社メルカリ
  • 株式会社いい生活
  • フジッコ株式会社
  • フィブロ製薬株式会社
  • 株式会社北の達人コーポレーション
  • 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
  • 株式会社イデア・レコード
  • 株式会社ザイマックスグループ
  • 大正製薬グループ 大正富山医薬品株式会社
  • アルテリア・ネットワークス株式会社
  • アカウンティング・サース・ジャパン株式会社
  • freee株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 中央電力株式会社
  • 株式会社モリタ
  • 株式会社ツムラ
  • 株式会社LIFULL
  • ガリバー・オフショア・アウトソーシング株式会社
  • Hamee株式会社
  • 株式会社メディクルード/聖心美容外科

<BIZTELコールセンターの料金体系>

BIZTELコールセンターの料金体系は以下のようにになります。

BIZTELコールセンター基本料金に関してですが、以下のようになります。

プラン 初期費用 月間利用料
座席課金 50,000円/席 15,000円/席
ライト 200,000円 81,000円
スタンダード30 450,000円 140,000円
スタンダード50 850,000円 350,000円

また、プランごとの機能・仕様は以下の通りです。

プラン 内線番号数 同時通話数 外線番号数
(標準提供)
通話録音時間
(標準提供)
コールセンター数 エージェント数
基本 最大
座席課金 1番号/席
(10番号)
1 10 1番号(上限10番号) 300時間 5 10
ライト 40 3 10 1 300時間 10 40
スタンダード30 80 10 30 1 1,000時間 20 80
スタンダード50 100 30 50 1 1,000時間 30 100

オプション(拡張料金)の料金は以下のようになります。

種類 初期費用 月間利用料 備考
外線番号数の追加 500円/番号 300円/番号 なし
0120番号の追加 3,000円/番号 3,500円/番号 別途、着信先となる
外線番号( 03番号 )が必要。
0570番号の追加 3,000円/番号 10,000円/番号
同時通話数の追加 0円/通話 3,000円/通話 なし
録音容量の追加 300時間 30,000円 5,000円 なし
1,000時間 70,000円 15,000円 なし
10,000時間 350,000円 90,000円 なし

②TramPBX Cloud

2つ目は、TramPBX Cloudになります。

TramPBX Cloudは、創業以来3,000社以上の導入実績とリピート率92%を超えるコールセンターシステム(インバウンド)になります。

TramPBX Cloudは、ビジネス用電話機(PBX/ビジネスホン)をクラウドサービスにした、これからの時代に合ったクラウドPBXで、料金の安さ、機能の充実性に特徴があります。

TramPBX Cloudは、主に以下の業界において、利用されています。

  • 福祉介護・病院:ナースコールで患者の状況を見える化、運用コストの削減
  • 金融:バックオフィスとの迅速な連携、情報共有
  • システム・ゲーム制作:プロジェクトチーム内のコミュニケーション
  • 製造業:取引先、社員間のコミュニケーション
  • 学校:期間での利用、職員間の共有

導入までの流れに関してですが、クラウドPBXの導入までの流れは以下の8つのステップを経る必要があります。

  1. 問い合わせ
  2. ヒアリング
  3. 現地調査(必要に応じて)
  4. 概算お見積もり
  5. 要件確認
  6. 詳細お見積もり
  7. 契約
  8. 導入(最短1日~3ヶ月程度)

以下が、実際の導入企業になります。

  • 有限会社ロジスト コンタクトセンター
  • 株式会社ROOX
  • ライフサポート たいよう
  • トラムシステム株式会社 総務部
  • 株式会社スタイルプラス
  • ピットクルー株式会社
  • 東海テレビ事業株式会社
  • santec株式会社

<TramPBX Cloudの料金体系>

TramPBX Cloudの料金体系は以下のようになります。

  1. TramPBX Cloud:ユーザー数1~30user、納期目安1日~4週間
  2. TramPBX Cloud PoweredBy Avaya:ユーザー数30~3000user、納期目安1日~3か月

以下が、TramPBX Cloudの月額利用料金になります。

1ユーザーを1,500円~/月で始めることができます。

1userあたり 電話機をTramPBX Cloudから提供 電話機を貴社にて準備
user名 TELuser UC機能使用者 TELuser UC機能使用者
対応デバイス 電話機
PC
スマホ
タブレット
月額費用 1,500円 2,500円 1,800円 3,000円

※電話機はレンタルと買い取りから選ぶことが可能。

TramCCS Cloudの月額利用料金は、以下の通りです。

1userあたり 電話機を提供してもらう場合 電話機を自社にて準備
OPuserオペレーター 12,000円 14,500円
SVuserスーパーバイザー 18,000円 20,500円

以下が、電話機をレンタルする場合の月額利用料金になります。

提供製品(レンタル) 一般電話機 多機能電話機
PLANET 1,000円/台 1,500円/台
Panasonic 1,200円/台 1,500円/台
Avaya 1,000円/台 1,500円/台

TramPBX Cloudのスマホアプリに関する月額利用料金は、以下の通りです。

スマホアプリ(AGEphone) 無料
スマホアプリ(Avaya One-XMobile) 無料

TramPBX Cloudの設定する際に発生する作業費の費用は、以下の通りです。

システム設定費用 15,000円
内線設定費用 5,000円/user
外線設定費用(TramLINE,Tram0120) 5,000円/ch

TramPBX Cloudを設定する際に発生する現地作業の料金は以下の通りになります。

回線ゲートウェイ設定 30,000円/ゲートウェイ台数
回線収容工事(固定電話番号) 5,000円/ch

TramPBX Cloudの付加作業に関する料金は以下の通りです。

ファイアウォール設定 30,000円/台
Wifi設定 5,000円/台
電話機、スマホ、PC設定 3,000円/台or端末
LAN配線敷設作業 現地調査結果による
Tram光新規開通工事 25,000円/拠点
Tram光電話設定作業 契約内容による

③GoodLine(グッドライン)

3つ目は、GoodLine(グッドライン)になります。

oodLine(グッドライン)は、工事がいらずネット環境さえあれば短期で導入できるクラウド型のコールセンターになります。

世界中どこでもマルチデバイスで内線構築が可能な、新しいクラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)になります。

業者不要で誰でも簡単に会社電話をWEBから設定可能なため、中小企業の方の導入が増えています。

<GoodLine(グッドライン)の料金体系>

GoodLine(グッドライン)の料金体系は以下のようになります。

以下が、GoodLine クラウドPBXの料金表になります。

プラン 初期費用 月額料金
~5内線 10,000円 / 内線 1,000円 / 内線、5,000円 / 契約
20内線プラン 50,000円 / 契約 15,000円 / 契約、5,000円 / 契約
40内線プラン 50,000円 / 契約 30,000円 / 契約、5,000円 / 契約
60内線プラン お見積り 50,000円 / 契約、5,000円 / 契約
80内線プラン お見積り 70,000円 / 契約、5,000円 / 契約

以下が、GoodLine(グッドライン)のIP電話の利用料金になります。

項目 初期費用 月額料金
050番号 500円 /番号 480円 /番号(2回線目以降は 100円 / 番号)
03番号 1,000円 /番号 1,080円 /番号(2回線目以降は 800円 / 番号)
06番号 1,000円 /番号 1,080円 /番号(2回線目以降は 800円 / 番号)
0120番号 1,000円 /番号 1,380円~ /番号(2回線目以降は 1,100円 / 番号)
0800番号 1,000円 /番号 1,080円 /番号(2回線目以降は 800円 / 番号)

以下が、GoodLine(グッドライン)のオプションになります。

項目 月額料金
追加電話番号 100円~ / 追加番号
同時通話数追加 180円 / 追加1チャネル

以下が、GoodLine(グッドライン)の通話料金になります。

課金時間 通話料金
秒課金 0.1円 / 1秒
1通話あたり1円
1分課金 3.8円 / 1分
3分課金 8円 / 3分

④コネクト2.0

4つ目は、コネクト2.0になります。

コネクト2.0は必要な時に、必要な分だけ、最短2週間で構築可能なクラウド型コールセンターシステムになります。

また、、クラウドなので、従来のコールセンターのようなシステム構築やPBX、サーバなどの設備は必要なく簡単操作で必要な機能をすぐに使いこなせる点も好評になっています。

通信会社の楽天コミュニケーションズがサービスを提供しており、導入実績は1000社以上で、各業界に幅広く利用されています。

また、コネクト2.0は機能が豊富な点も特徴で、外線発着信、内線機能に関しては、非常に高い評価を受けています。

機能項目 説明
外線発着信機能 フレキシブルサービス設定 加入者毎の接続規制(国際、市外など)が可能な機能。
ダイヤルプラン 相手の電話番号の先頭に設定した番号を加えることで、相手に表示される電話番号(任意の番号)を使い分ける機能。または特定のグループに任意の番号帯で発信制限をかけることも可能にする機能。
クリックコール 指定URL宛にパラメータ付きのHTTP GETリクエスト送信で、クリックコールを可能とする機能。
ダイヤルイン 外線から内線端末へ直接着信できる機能。
IVR 自動音声応答装置の略。通話に自動音声が応答し通話の処理を行う機能。
スケジュール あらかじめ設定されたスケジュールにしたがい自動的に行うことができ、スケジュール後の代表電話着信を他の内線端末への転送、又はアナウンスに切替えることができる機能。
ACD オペレーターの状況に応じて、着信を自動分配する機能。
内線機能 サービス特番 特定の番号(以下特番)をダイヤルすることにより、コネクトで提供する各種機能(アプリケーション)(例:コールピックアップ、不在転送先の登録/解除等)の利用を可能とする機能。
コールハンティング(外線代表) 複数の内線端末でグループを形成し、あらかじめ決めた外線代表番号に着呼があった場合、グループ内の通話中でない内線端末を選んで着信する機能。
コールウェイティング(割込み) 話中に着呼があった場合、内線端末に対し着呼の通知を行い、内線端末のオフフック等で通話を切換する機能。

以下が、コネクト2.0の導入企業になります。

  • アドレス・サービス株式会社
  • 楽天マート株式会社
  • 弁護士法人ITJ法律事務所

<コネクト2.0の料金体系>

以下が、コネクト2.0の料金体系になります。

コネクト2.0には基本的なビジネスフォン機能(BASIC ライセンス)とコールセンター業務に必要なコールセンター機能(Call Center ライセンス)の2つのライセンスが用意されています。

また、ライセンスの他に電話回線(IP電話サービス)回線費用が必要となります。

コネクト2.0のライセンス料金は、以下の通りになります。

BASICライセンス 2,000円/席/月
Call Centerライセンス 9,500円/席/月

コネクト2.0のオプション料金は、以下の通りです。

機能 料金
通話録音 すべての通話を録音し、検索・再生可能。 1,500円/席/月
専用サーバ 専用サーバ お客様1社にて1サーバを占有して利用可能。 15,000円/サーバ/月
VPN接続 お客様拠点とコネクト2.0間をVPNで接続。 別途ご相談
API提供 セールスフォース連携アダプタ等、API機能の提供。 別途ご相談
リンクサーバ 異なるテナントをリンクし、一括での管理や内線通話可能とする。 5,000円/リンク数/月

コネクト2.0の電話回線費用は以下の通りです。

番号発行手数料 500円/番号
月額基本料 1番号目 380円
2番号目以降 100円
通話料金 3分課金プラン 固定電話 8円/3分
携帯電話 15.9円/1分
他社IP電話 8円/3分
1分課金プラン 固定電話 3.8円/1分
携帯電話 15.9円/1分
他社IP電話 3.8円/1分
1秒課金プラン 固定電話 1.0円/1通話 + 0.1円/1秒
携帯電話 1.0円/1通話 + 0.4円/1秒
他社IP電話 1.0円/1通話 + 0.1円/1秒

以下が、コネクト2.0の通話料着払いサービスの費用になります。

商品名 月額基本料
フリーボイス 2,000円/1番号
フリーボイス シンプル 800円/1番号
フリーボイス ライト 500円/1番号

今回紹介した、以下の4つのクラウド型コールセンターシステムはそれぞれ料金体系が異なります。

そのため、導入を検討される場合は、まず無料版の導入をおすすめします。

  • BIZTELコールセンター
  • TramPBX Cloud
  • GoodLine(グッドライン)
  • コネクト2.0

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型コールセンターシステム4選。料金面でおすすめのコールセンターシステムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのコールセンターシステムを4つ紹介しました。

今回、紹介した4つのクラウド型コールセンターシステム(BIZTELコールセンター、TramPBX Cloud、GoodLine(グッドライン)、コネクト2.0)はそれぞれ、違った特徴を持っているクラウド型コールセンターシステムになります。

また、料金面以外の面でも比較をし、実際に導入されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です