法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型経費精算ツールはこれだ!

昨今では、経費の精算がより複雑になっているため、経費の精算をしてくれるクラウド型の経費精算ツールを導入したいという企業ニーズが非常に多いです。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型経費精算ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツールを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型経費精算ツールはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツールを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するクラウド型経費精算ツールは、以下の3つです。

  1. 楽楽精算
  2. ジョブカン経費精算
  3. 旅費・経費精算システム eKeihi

①楽楽精算

1つ目は、楽楽精算になります。

楽楽精算は、経費精算業務を効率化させる機能を豊富に搭載しているクラウド型経費精算ツールです。

楽楽精算を利用することで、経費精算における「社員が申請⇒上司が承認⇒経理担当者の精算・支払い処理」という一連のワークフロー(承認フロー)を全て電子化でき、また業務効率の改善や、人的ミスの防止を実現できます。

また従来の交通費を1つ1つチェックする作業が軽減され、一般社員の申請も、経理担当者のチェック作業も大幅に効率化することも可能です。

<楽楽精算の機能体系>

以下が、楽楽精算の機能体系になります。

  • 領収書読み取り機能(AI機能搭載);領収書読み取り機能を搭載した専用アプリから、領収書を写真撮影すると、領収書内の金額、取引先や受領日が自動でデータ化され、経費精算業務にかかる手入力の手間を大幅に削減可能。電子帳簿保存法にも対応している為、外出先からの経費精算を更に簡素化しバックオフィス業務の改善を図る事が可能。
  • ワークフロー:「楽楽精算」では、御社の運用に合わせてワークフロー(承認フロー)を自由に設定可能。承認ポイントは10ポイントまで設定でき、部署や等級による各個人ごとのワークフロー設定はもちろん、同一の社員でも申請内容や金額等、条件によって承認ポイントを分岐させるなど、より柔軟な設定が可能。担当者が不在の際など、代理申請・承認も可能。
  • 自動仕訳:申請時に選ぶ項目を勘定科目や税区分に自動で紐づくように設定可能。申請者が項目を選択するだけで自動的に仕訳が完了するため、経理担当者が申請内容をチェックし、仕訳する必要なし。さらに、お使いの会計ソフトに合わせたデータを生成出来るので面倒な仕訳と会計ソフトへの入力作業を省略。
  • FBデータ作成:承認された申請データから、全国銀行協会フォーマットで振込データ(FBデータ)を作成。各銀行のインターネットバンキングでご利用いただけるので、社員や取引先への面倒な振込み作業を省略。また、銀行の支店情報などに変更があった場合でも、「楽楽精算」上で自動で更新されるので、手動での変更は必要なし。また、各種振込代行サービスともデータ連携が可能。
  • カスタムチェック:経費精算規程に沿わない申請がされた際に申請出来ないようにする、警告が出るようにするなどの設定が可能。例えば、交通費精算なら「必要項目の入力が抜けていると警告が出る」、「適正なルートでないとエラーとなる」、といった設定が可能。経費申請のチェックにかかる労力が大幅に減少するのはもちろん、内部統制の強化可能。
  • ファイル添付:領収書や精算書を電子化し、申請データに添付することが可能。地方拠点の領収書も、郵送されるのを待たずにすぐに確認が可能。
  • 通知メール:経費申請がされた際や、差し戻しがあった際に、申請者・承認者に自動でメールが配信。承認漏れや差し戻しの確認漏れなどを防止。
  • バーコード承認機能:「楽楽精算」から印刷された伝票に記載されたバーコードを「ピッ」と読み込むだけで、承認作業が完了します。領収書とのつけ合わせ作業が楽に。
  • 費用按分機能:申請時に部門やプロジェクトなどにより費用を按分することが可能。あらかじめ設定された割合で自動的に按分したり、申請者が任意で入力することも可能。
  • プロジェクトマスタ:案件や商材など任意のプロジェクトの登録が可能。経費申請の際に、該当するプロジェクトを選択すると自動でそのプロジェクトに経費が計上。
  • 締日設定:月次の交通費精算などの締日を設定可能。

②旅費・経費精算システム eKeihi

2つ目は、旅費・経費精算システム eKeihiになります。

旅費・経費精算システム eKeihiは、社内で発生する様々な経費(交通費、出張費、会議費、交際費など)の申請~承認~支払処理の電子化、一元管理を実現するクラウド型経費精算ツールです。

申請者の場合、様々な入力支援機能により、精算書の作成時間を大幅に削減、本来業務に集中できます。

また、旅費・経費精算システム eKeihiは、入力時のエラーチェック機能により、再提出にかかる後戻り工数を大幅に削減できます。

<旅費・経費精算システム eKeihiの機能体系>

以下が、旅費・経費精算システム eKeihiの機能体系になります。

  • ICカード読込:交通系ICカード(Suica、PASMOなど)をピッとするだけで、「eKeihi」で交通費精算、出張精算が可能。独自開発インターフェースによる全国の駅名、運賃の自動表示、二重取込防止など、精算書作成の手間を大幅に削減できるだけでなく、承認者や経理担当者のチェック作業も大幅に削減可能。さらに「ネットワーク型ICカードリーダー」を使用することにより、データを読み込むために、PCを立ち上げる必要がないほか、すぐに一杯になってしまう利用実績データを漏れなく取り込むことが可能。
  • 駅すぱあと連動:日付、出発地、目的地を入力するだけで、運賃や経路を自動取得、入力可能。また選択したルートに対する正当性(安い、早い、楽)という情報も表示されるため、コスト削減意識を高め、効率化につなげることが可能。
  • 訪問パターン転記:頻繁に訪問する先は、訪問パターンに登録。コードを選択するだけで、かんたんに精算書が作成可能。また、駅すぱあと連動を使用した訪問パターンでは、運賃改定に伴うメンテナンスは不要。「eKeihi」が常に最新の運賃を自動取得。
  • 定期券区間自動控除:「eKeihi」では、定期券区間を自動控除します。ICカード定期券利用時には、ICカードを読み込むだけで、定期券区間を自動で控除。また駅すぱあと連動時にも、社員毎に登録された定期券区間を自動で控除。
    定期券区間が控除されている事が一目でわかるようにアイコンが表示されるため、チェックの手間も省略。自分の定期券区間を考慮し精算書を作成する手間から解放されることはもちろん、無駄な交通費の支払を防止し、コストダウンを推し進めることが可能。
  • ガソリン単価自動計算:車を使用した際に、メモをしておいた移動距離を入力すると、あらかじめ登録された距離単価とかけあわせた金額を自動入力することができます。計算ミスを防ぐことができるだけではなく、精算の手間を大幅に省くことができます。車の排気量に合わせた単価設定や、精算日毎の単価設定などにも対応。
  • タクシー代精算:タクシー代の精算ももちろん可能です。タクシー代の精算時には、領収書の提示を自動的に促すことができますので、提示漏れにともなう後戻り工数などを削減可能。
  • 日当入力:「eKeihi」の交通費精算では、日当の入力にも対応。近距離や日帰りでの外出時にも日当の支給がある場合でも、自分の等級や条件に合わせた日当をボタンを押すだけで入力することが可能。
  • 代理入力:「eKeihi」では、交通費精算でも代理入力に対応。秘書による役員の交通費精算や、業務の都合などでやむを得ず自分で交通費精算ができない場合などに威力を発揮。
  • 承認者チェック:経費精算の入力時に、不正な入力を防ぐチェック機能あり。承認者に提出された時点では、余計なチェックは不要。本来チェックしなければならない内容(使用用途や相手先など)の情報のみをチェックするだけでOK。また、アラートの上がる様な仕組みとは異なり、アラートを確認し差し戻し~申請者にて再修正~再提出~再チェック・承認、といった手間を「eKeihi」では減らすことが可能。
  • 経費申請から支払依頼への連携:経費申請では、事後の処理を経費精算でおこなうか、支払依頼でおこなうか、選択可能。交際費の事前申請に対し、立て替え払いとなるケース、あとから請求書が送られてくるケース、共にかんたんな操作で対応が可能。
  • 事前申請⇒事後精算の連携:出張前の出張申請時に入力したデータは、出張精算書に自動的に反映。精算もすばやく処理可能。
  • 仮払金の申請にも対応:出張申請時に、仮払金の申請もできます。もちろん精算時には仮払金に対する精算金額の自動計算を実行可能。
  • 支払依頼:取引先からの請求書に対する支払処理が可能。電子承認、自動仕訳、FBデータ出力などと合わせて、業務効率化可能。
  • データ連携:自動仕訳をおこなう仕訳データ出力、お振込み処理を自動化できるFBデータ出力、分析や集計など、さまざまな活用ができる伝票データ出力と、「eKeihi」では多くのデータ出力機能を用意。
  • 帳票一覧:チェックリストや集計表、支払一覧表など、経理担当者が欲しい情報にかんたんにアクセスできる、数多くの管理系帳票を用意。
  • 海外出張申請・精算:海外出張も「eKeihi」におまかせください。面倒な円換算や税率管理は一切不要。また出発前の申請入力により、労務管理も実現可能。
  • 振替伝票:振替仕訳の入力~承認~自動仕訳を「eKeihi」ですべて実現できます。高額な会計ソフトの分散入力ライセンス費用の削減、かんたんな入力画面、電子承認、自動仕訳で経理担当者の役立つ事が可能。
  • 帳票レイアウト変更:帳票出力した際のレイアウトの編集が可能。項目の位置を変更したり、文字の大きさを変更したり、文字の色や背景色を変更する事が可能。
  • 英語対応:ログインユーザー毎に、画面やメッセージ表示の切替(日本語/英語)が可能。予め設定された言語で表示されるため、ユーザーはログイン時に言語を選択する必要なし。なお画面上の項目名称等は、日本語/英語共に自由に設定できるため、顧客の運用に合わせた「使いやすい画面」をかんたんに実現可能。

③ジョブカン経費精算

3つ目は、ジョブカン経費精算になります。

ジョブカン経費精算は、経費精算の申請〜承認〜経理業務をクラウド管理できるクラウド型経費精算ツールです。

導入実績は8,000社を突破し、従業員1,000名を超える東証1部上場企業から、従業員10名以下の企業まで、幅広く利用されています。

ジョブカン経費精算は、経費精算の申請〜承認〜経理業務をクラウド管理でき、業務負担を軽減する他、組織の意思決定の高速化に貢献します。

<ジョブカン経費精算の機能体系>

以下が、ジョブカン経費精算の機能体系になります。

  • 乗換案内連携:ジョブカン経費精算は、ジョルダン株式会社の「乗換案内Biz」と完全連携。面倒な交通費の計算もクリックひとつで簡単に実行可能。最安値の経路が一目でわかる等、申請者・承認者の負担を軽減する仕掛けも多数用意。定期券控除機能で、管理者は定期券内の交通費の二重支払を防ぐことも可能。
  • ICカード読み取り:SuicaやPASMO等のICカードの履歴情報を取り込み、交通費明細に反映させることが可能。あとは精算したい交通費を選択して申請するだけ。毎月の面倒な交通費精算もラクラク完了。
  • スマホアプリでも申請・承認:ジョブカン経費精算は、スマホブラウザにも最適化。また、スマホアプリもご用意しているため、スマホからも快適に申請・承認が可能。出張中に申請が溜まることはなし。場所に縛られずに申請・承認を行い、会社の意思決定を高速化。
  • 仕訳データ自動作成:ジョブカン経費精算では、申請内容をもとに「仕訳データ」を自動で作成。あとは、仕訳データをダウンロードしお使いの会計ソフトに取り込むだけで、面倒な仕訳作業が完了。
  • FBデータ自動作成:ジョブカン経費精算では、申請内容をもとに「FBデータ(振込データ)」を自動で作成。従業員や取引先への振込業務は、出力されたFBデータをネットバンクに取り込むだけで完了。
  • 承認経路をかんたん作成:承認経路の作成はクリックのみで、わずか数分で完了。会社に合わせた承認経路がかんたんに作成可能。全員の承認が必要な経路や、上長の承認など、数多くのパターンに対応。もちろん、作成可能な経路の数に上限はなし。どんな複雑な経路も、ジョブカン経費精算なら作成可能。
  • 承認経路の分岐:申請時の金額や入力項目により、承認経路を分岐させることができます。例えば、10万円以下だったら部長決裁、10万円以上だったら社長決裁など、条件に応じて細かな設定が可能。承認経路の分岐設定もクリックのみでかんたんに設定可能。
  • 多彩な通知機能:申請や承認がされた時、関係者に自動でメールが送られ、申請にすぐに気づくことが可能。メールだけでなく、チャット(Slack・ChatWork)やスマホに通知させることも可能。また、承認期限が迫っている申請や承認放置されている申請があれば、アラート通知させることもできるため、承認漏れを減らすことが可能。
  • 英語対応:ジョブカン経費精算は、英語対応もしています。ワンクリックで画面内の文言を英語に切り替え。通知メールの内容もすべて英語に切り替わるため、社内の英語ユーザもノンストレスでジョブカン経費精算を利用することが可能。
  • 電子帳簿保存法へ対応:写真に撮った領収書等のデータをアップロードした際、自動的にタイムスタンプを付与することが可能。タイムスタンプの付与により、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件に対応した形式で、データの保存が可能になります。この機能により領収書等原本の保管が不要に。

今回、紹介した以下の3つのクラウド型経費精算ツールは、それぞれ特徴が事なうため、注意が必要です。

  1. 楽楽精算
  2. ジョブカン経費精算
  3. 旅費・経費精算システム eKeihi

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型経費精算ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型経費精算ツールを3つ(楽楽精算、ジョブカン経費精算、旅費・経費精算システム eKeihi)詳しく解説しました。

今回、紹介した以下の3つのクラウド型経費精算ツール(楽楽精算、ジョブカン経費精算、旅費・経費精算システム eKeihi)は、上記で解説したように、それぞれ違う特徴を持っています。

また、クラウド型経費精算ツール(楽楽精算、ジョブカン経費精算、旅費・経費精算システム eKeihi)は、機能面だけでなく、料金面も異なるため、比較検討してから導入しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。