法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツール3選。機能面でおすすめのIT資産管理ツールはこれだ!

昨今の経費削減のあおりを受けて、IT資産管理ツールを利用してインナーネット上の資産の管理や経費の見える化を行う企業が増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツール3選。機能面でおすすめのIT資産管理ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツールを つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツール3選。機能面でおすすめのIT資産管理ツールはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツールを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つです。

  1. MCore(エムコア)
  2. IT資産運用最適化サービス
  3. PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)

①MCore(エムコア)

1つ目はMCore(エムコア)になります。

MCore(エムコア)は、IT資産管理からセキュリティ対策、検疫までをトータルかつシームレスに実現するIT資産管理サービスです。

セキュリティ管理の統合環境によるシナジー効果でユーザの負担軽減やコスト低減に貢献してくれます。

またMCore(エムコア)は、大手の住友グループのサービスのため、安心です。

<MCore(エムコア)機能一覧>

以下が、MCore(エムコア)の機能一覧になります。

IT資産管理

インベントリ管理PC資産管理PC構成(ハードウェア/ソフトウェア情報他)にユーザ固有の管理項目(保有部署、使用者等)を付加し、定期・自動で収集します。すべての管理の基盤となるPC台帳を作成可能。
ウィルス対策ソフト管理ウィルス対策ソフトの状態を管理。TRENDMICRO、Symantec、McAfeeの主にコーポレート版をサポート。
什器管理台帳PC以外の資産情報(オンライン/オフライン)を登録可能。オンライン資産については探索機能により自動登録。
資産契約台帳資産関連の契約情報(リース/レンタル、保守)をPC資産・什器の管理台帳と紐付けて管理します。満了期限管理も可能。
フロア管理フロア内の管理対象の位置や状態を管理することが可能。
誰がどこで使用しているかを可視化してトラブル時のトレーサビリティを向上。
パッチ管理パッチ管理WindowsUpdateの実行状況や適用済Hotfixの管理が可能。
セキュリティパッチ・マネージメントサービス【SPMS】適用されていない未適用パッチの判定から自動適用まで幅広くサポート。Microsoft社が公開する月例パッチの中から緊急度の高いパッチのみを毎月テンプレートにして配信。
また、オプション追加により、Microsoft社以外のセキュリティパッチ適用についても可能。対応製品については営業担当まで要問合せ。
ソフトウェア配布ログイン中のクライアント権限を問わず、ファイル転送、ソフトウェア配布&インストール、アンインストールすることが可能。
メッセージ配信管理者からメール形式のメッセージを各クライアントへ配信可能。実行文やファイルの添付、確認状況のトレースも可能。
ライセンス管理ライセンス管理(ソフトウェア資産管理【SAM】)購入したライセンスの情報を登録してインストール数と使用数の集計・対比を行い、ソフトウェアの不正コピーを監視。
インストールソフトウェア管理クライアントPCにインストールされたソフトウェア情報を収集し、管理単位にソフトウェアカタログを作成することが可能。
ソフトカタログ機能名寄せルール(グループ化条件)を設定することで新しいソフトウェアがインストールされた時に自動で名寄せすることが可能。
ソフトウェア辞書を利用することで有償/無償や同一ソフトウェアの識別を自動化し、効率良くSAM環境を構築可能。
ソフトウェア購入実績1つのソフトカタログに対して複数の購入したライセンス情報を登録。
分割配賦やアップグレードライセンスにも対応し、ライセンス証書イメージを登録して管理することも可能。
ライセンス数集計部署毎にライセンスの保有数、インストール数、残数等を集計。ユーザライセンスをはじめとする多様なライセンス形態に対応。また、現在の紐付け状態も考慮した最も有利に過不足を計算することが可能。
ライセンス割当CALなどインストール情報を持たないソフトウェアでもPC情報と紐付けることにより管理が可能。
管理不要なインストール情報を管理除外とすることでライセンス集計の対象外とすることが可能。
ライセンス部材管理ライセンスの部材(メディア、使用許諾書、マニュアルなど)の保管部門・場所、貸出状況を管理することが可能。
ソフトウェア辞書MCoreのソフトウェアカタログにソフトウェア辞書を反映することで、有償/無償や同一ソフトウェアの識別を自動化し、効率の良いソフトウェア資産管が可能。
MAC管理(クライアント端末管理)MAC端末のIT資産管理に対応。Windows端末とMAC端末の情報が一元的に管理が出来るため、混在する組織内でのセキュリティ強化や、コンプライアンスの遵守に貢献。
MDM(モバイルデバイス管理)スマートフォンやタブレットなどをIT資産として一元管理。そのセキュリティを厳密に監視・制御することで、スマートデバイスの本格的な業務利用を強力に支援。

情報漏洩対策

PC操作ログ管理PCの操作を漏れなく収集するログ管理機能は不正に対する強力な抑止効果を発揮し、情報漏洩のリスクを軽減。
もしもの場合にも安心な大規模、長期保存、超高速検索対応。
デバイス管理情報漏洩リスクの高いUSBメモリ、HDD、DVDといった外部記憶媒体の利用を制限。利用申請や所持確認、持ち出しファイル管理など安全安心かつ効率良く運用を支援する機能あり。
BitLocker管理BitLockerの暗号化状態と管理が難しい回復キーを、PCや人の単位で集中管理可能。
禁止ソフト起動制御Winny等のP2P系ソフトやメッセンジャーなど業務上不適切なソフトウェアの起動を禁止・制御。
不正接続検出エージェント未導入PCや許可されていない不正PCの外部からの侵入を検出し、管理者へアラーム通知。

内部統制対策

検疫システムポリシーに違反した不合格PCを業務ネットワークから遮断・隔離。復旧へ向けた誘導を行うことで管理者の手を煩わすことなく内部統制を推進。

管理支援

構成管理資産の構成をフィジカルに管理します。フロア管理も可能。
障害管理ネットワーク障害やPC管理のアラーム事象を網羅的に管理。
性能管理パケット数や応答時間からトラフィックのトレンドを集計管理。
IPアドレス管理IPアドレスの利用状況の把握と割当/回収の管理が可能。
サーバ管理サーバのOSやアプリケーション、プロセスの異常を監視。
リモートデスクトップ遠隔地にあるPCを簡単にリモートコントロールすることが可能。

運用支援

統計レポート収集した情報から全体を直感的に把握する為の推移情報や問題兆候をわかりやすくグラフや表を用いて表示・出力。直感的な表示により素早く状況や傾向の把握が可能。
稼動の確認や、無駄の排除に効果的な起動時間、利用時間、稼働時間を分かりやすく色別に表示。
アプリケーションレポートアプリケーションの起動だけでなく、実際に使われていたかどうかの判断も可能。
PC稼働レポートセキュリティ監視だけでなく、資産の有効利用や勤惰の実績確認にも利用可能。
セキュリティレポートレポート出力する項目はユーザが自由に定義可能。ソート機能による柔軟なベスト/ワースト表示。PC情報や操作ログなどへワンクリックで参照可能。
ソフトライセンスレポートソフトウェア毎のライセンス情報をサマリ表示。
グローバル対応UNICODEデータに対応し、1サーバで全ての海外拠点にあるPCの一元管理が可能。中国語表記は簡体字と繁体字の両方に対応。
その他の運用支援Webコンソール全ての機能で横のつながりを重視。管理者毎にカスタマイズが可能な画面は操作性はもちろん、業務を円滑にサポート。
アラーム通知クライアントの異常や不正を管理者へ通知。事象毎に電子メール、パトライト、警報音等の手段を選択可能。
検索一度に最大10条件までの組み合わせ検索が可能です。使用頻度の高いものはテンプレートとして保存し、再利用可能。
CSV出力すべての画面でCSV出力機能を用意、ボタン一つでファイルを生成します。出力のレイアウトは管理者単位で変えることが可能。
エクスポート/インポート全管理データの一括登録・更新・削除が可能。
元情報のエクスポートによりメンテナンス性は更に向上。

②IT資産運用最適化サービス

2つ目は、IT資産運用最適化サービスになります。

IT資産運用最適化サービスはライフサイクルマネジメントにおけるフェーズをお客様の状況・ご要望に応じてトータルで提供するIT資産管理ツールです。

また、ヤマトHDが提供するサービスなため、安心して使用できます。

<IT資産運用最適化サービスの機能一覧>

以下が、IT資産運用最適化サービスの機能・仕様になります。

1. 企画・設計IT資産管理基準制定社内管理基準の制定、管理プロセス・運用フローの構築を支援。
企画・提案ソフトウェア・ハードウェアの現状把握支援、最適化の提案。また大規模リプレイス時には、プランニング支援。
機器調達マルチベンダーとして、お客様のご要望に合った機種を選定・ご提案。調達計画策定の支援も可能で、コスト削減に向けて 支援。
2. 導入マスタ作成貴社仕様に基づき、マスタイメージ作成を支援。
キッティングお客様のご要望・現状に応じて、最適なキッティング方法を提案。
配送・現地設置端末の開梱・設置作業だけでなく、ドメイン参加や個別設定作業も対応可能。また、一定期間お客様先に常駐して、新旧PCの受渡しを行うなど、リプレイス事務局対応の実績もあり。
3. 運用ヘルプデスクITサービス利用者からの一般的な操作に関する問い合わせを電話・メールにて対応するサービス。貴社独自システムについても、問い合わせ対応可能。
IT資産管理
  • シームレスな情報連携・機能連携
  • 資産管理台帳とインベントリ情報の自動照合
  • 資産のトレーシング(履歴管理)
代替機保守端末故障時など、出荷指示に応じて、端末を希望のユーザーまで、キッティングセンターから配信。
4. 撤去・更新データ消去複数のデータ消去方法から選択可能。また、データ消去証明書の発行も可能。
返却・買取各種リース品・レンタル品返却手続きの代行対応を実行可能。 また、IT機器の「買取」も可能。

運用実績

業種運用対象台数(単位:台)主な運用対象機器採用実績
企画・設計導入運用撤去・更新
飲料製造業20,000デスクトップPC、ノートPC、プリンタ
総合不動産業1,500デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォン
建機レンタル業4,000デスクトップPC、タブレット
環境プラント業700デスクトップPC、ノートPC
人材派遣業1,500デスクトップPC、ノートPC
ゲーム機器製造業1,500デスクトップPC、ノートPC

③PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)

3つ目は、PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)になります。

PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)は、「ユーザビリティ」と「セキュリティ」という相反する双方の要求を満たし、かつ情報システム担当者の負担を大幅に軽減することを実現してくれるサービスです。

多様なビジネスシーンで活用されるPC、スマートデバイスの利便性を維持しつつ、デバイスの状況把握から制御までを一元的に行ってくれます。

<PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)の機能一覧>

以下が、PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)の機能一覧になります。

⑴自動診断/ビジュアル表示:管理対象デバイスのセキュリティ状況を自動的に診断し、セキュリティの状態を5段階でビジュアル表示。診断には、推奨するセキュリティ設定をまとめた「セキュリティ辞書」を使用。セキュリティ辞書は、Microsoftのセキュリティパッチ、アンチウイルスソフトのバージョンなど「理想の状態」が登録されており、毎日更新あり。診断の結果は自動で集約され診断レポートを作成。

⑵導入ソフトの脆弱性への対応:基本ソフトおよびインストールされている各ソフトウェアのバージョンが最新になっていない場合、ユーザーにアップデートを促したり、管理者が強制的にアップデートすることも可能。Android、iOSを採用した各デバイスにおいても、デバイスに適した是正アクションの対応可能。

⑶ウイルス対策ソフトの状況把握:ウイルス対策ソフトのインストール有無や、適用されているパターンファイルのバージョンなどを表示。主要なウイルス対策ソフトに対応しており、国内と海外で異なるウイルス対策ソフトを使用しているような場合でも、一元的に管理、対応が可能。

⑷使用禁止ソフトウェアの検出と起動制御:WEBコンソールにおいて、あらかじめ使用を禁止するソフトウェアを登録することで、クライアントPCにインストールされた禁止ソフトウェアをレポート。また、使用禁止とされているソフトウェアの起動を制御することも可能。

⑸IT資産管理:社内で使用しているハードウェア / ソフトウェア情報のレポートが作成可能。ソフトウェアについては、アプリケーションの種類ごとに、バージョン、インストール、クライアント数などのソフトウェア情報を収集し、一覧で表示。また、インストール数と購入ライセンスを比較し、ライセンス利用状況のレポートを作成。

⑹外部記憶媒体制御:USBメモリのほか、DVDやスマートデバイスなどの外部記憶媒体の利用に際して、ユーザーからの申請→管理者の承認→承認結果の通知→外部メディア接続 / 取出し履歴の取得といった一連の運用が実現可能。

⑺PC稼働ログ収集:インターネット経由でPCの電源ON/ログオン/スタンバイ/復帰/ログオフ/電源OFFといった稼働ログが収集され、管理者は検索が可能。また、業務時間外に利用しているPCが存在した場合に、管理者へアラートメールを送付することも可能。

今回、紹介した以下の3つのIT資産管理ツールは、それぞれ特徴があるため、注意が必要です。

  1. MCore(エムコア)
  2. IT資産運用最適化サービス
  3. PC Check Cloud(ピーシーチェッククラウド)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツール3選。機能面でおすすめのIT資産管理ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのIT資産管理ツールを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介した以下の3つのIT資産管理ツールはそれぞれ特徴、機能、料金が異なります。

そのため、資料や実際の導入事例を見てから導入することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。