動画広告会社のおすすめ5選!制作費用・効果・成功事例を解説!

動画広告が注目されている背景とその未来とは?

動画広告が注目されている背景や、市場のこれからについて解説します。

スマートフォンの普及

動画広告が市場を拡大している背景には、スマートフォンの普及があります。2019年時点のスマートフォン保有率は85%にも達すると言われており、国民のほとんどがスマートフォンを日常的に利用しています。

誰もが手のひらサイズの端末を保有することで、インターネットの利用はもちろん、動画の視聴も、従来より手軽なものとなりました。通信インフラ技術の発展に伴い、定額制で高画質の動画を視聴できるようになったことも、動画広告が注目されている要因の一つとして挙げられます。

動画が身近になったことで、さまざまな動画プラットフォームも誕生しました。ここ数年では、InstagramのIGTVやインスタライブ、LINEのLINE LIVEなど、SNS上においても新たな動画配信のトレンドが見受けられます。TikTokなど、動画投稿に特化したSNSも登場しています。

このような流れから、さまざまな表現方法で動画を制作・公開できるようになっており、動画広告の出稿先の選択肢も多くなってきたのです。

動画広告市場のこれから

株式会社サイバーエージェントの調査によると、2018年の動画広告市場規模は、およそ1,843億円と報告されています。さらに動画広告の市場は、今後ますます成長する見込みであり、同調査では2024年までに4,957億円まで拡大する見込みです。

https://www.cyberagent-adagency.com/news/454/

動画広告のメリット・デメリット

動画広告のメリットとデメリットを解説します。

動画広告のメリット

まずは、動画広告のメリットから見ていきましょう。

注目されやすい

動画広告の最大のメリットは、従来のプロモーション手法に比べて、注目されやすい点にあります。人間は動きのあるものに目を引かれるという特性があるため、文章や画像よりもユーザーの注意を集めることができます。また聴覚を刺激するため、視聴者の印象に残りやすいでしょう。

多くの情報を伝えられる

動画広告では、多くの情報を伝達できます。文章で長々と説明するよりも、数秒程度の動画をしてもらった方が、理解できるということも多々あります。動画は商品やサービスを利用した際の具体的なイメージを喚起できるので、視聴者の購買意欲を高める効果もあるでしょう。

SNSでシェアされやすい

ユニークな動画であれば、SNSでシェアされやすいので、より多くのインプレッションを獲得することができます。なるべく短い尺の中で、魅力的なコンテンツを制作することがポイントです。

PDCAを回せる

動画広告は、解析ツールの導入により、アクセス数やコンバージョン率のデータを集めることができます。収集したデータを分析し、より効果的な施策を考えるなど、PDCAを回すことが可能になるのです。

動画広告のデメリット

動画広告のデメリットも確認しておきましょう。

クオリティに左右される

動画広告は、コンテンツのクオリティに左右されるという面があります。例えば、YouTube上に広告を出す場合、5秒程度でスキップできる仕組みとなっていますので、最初の数秒間で興味を持ってもらわなければ、最後まで視聴してもらうことができません。

一秒でも早い段階で、続きをみたいと思ってもらえるようなコンテンツを作らなければならないのです。

コストや制作時間がかかる

質の高い動画を作るためには、優秀なクリエイターに依頼したり、動画編集を行ったりと、多大なコストが必要となります。さらに企画からシナリオ作成など、一つの動画を作るだけでも長期間かかることもあるでしょう。

どの程度のクオリティの動画を作りたいのか、予算はどれくらいかなどを事前に検討し、本当に費用対効果があるかどうかも確認しておきたいところです。

動画広告に向いている業界、サービス・商品

動画広告に向いているサービスや業界を紹介します。

コスメ

コスメは、動画と非常に相性がよいジャンルであると言えます。動画であればメイクアップの様子を撮影して公開できます。単なるビフォーアフターだけでなく、メイクの手順も合わせて紹介できるので、より有益なコンテンツを制作できるでしょう。

また画像の場合は、加工が施されていることがあり、正確な色合いなどが分からないことがありますが、動画ではあからさまな加工が行われることが少ないため、信ぴょう性も高くなります。

インフルエンサーマーケティングとの相性もよく、YouTubeやInstagramなどさまざまなプラットフォームで展開できる点も魅力です。

旅行

旅行プランや観光スポットのプロモーションでも、動画は高い効果を発揮します。文章や画像に比べ、動画はリアルな臨場感を表現しやすくなります。実際の風景やイベントを撮影し公開することで、より観光地を魅力的に伝えることができるでしょう。

ファッション

ファッションのジャンルも、動画の活用が顕著になっています。洋服を購入する際には、サイズや色合い、コーディネートなど、さまざまな要素を検討することになるでしょう。この場合も、動画であればよりリアルな情報を得ることができるので、ユーザーの購買率向上につながります。

動画広告はどんな効果があり、どんな目的で行うべきか

動画広告の主な目的について解説します。

認知を広める

動画広告は、商品の認知を広める役割を担います。特に近年は動画の視聴人口が増加していることもあり、より多くの潜在顧客にアプローチが可能になっています。インパクトの強い動画や、ストーリー性のあるコンテンツであれば、SNSなどによる拡散も狙えるでしょう。

購入を促進する

商品の情報や魅力を的確に伝えられる動画は、購入を促進する効果もあります。YouTube広告などインターネットの動画広告は、テレビCMよりも長い時間かけて商品の魅力を伝えることができますし、制作費を抑えた動画でも視聴してもらうことが可能になります。

複数の商品で購入を迷っている人に対しても、比較検討に十分な情報を伝達できるでしょう。

ブランディング

動画を通して企業やサービスの持つストーリーを表現することで、ブランディングにもつながります。長期的な視点で顧客との関係性を築いていくことを目的として、動画を使ったブランディングを実施している企業も増えているようです。

動画広告にはどんな種類があるのか

デジタルマーケティングで主に活用されている動画広告は、以下のような種類があります。

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画コンテンツを再生する前に、流れる動画広告です。YouTubeなどで目にすることも多いでしょう。15秒程度の短いものから、数分程度の長めのものまで、さまざまなパターンが存在します。

5秒でスキップできますが、冒頭のインパクトを強めたり、音声で興味を引いたりすることで、最後まで視聴してもらうことが可能になります。

インバナー広告

Webサイトのバナー枠で流れる動画広告です。従来のディスプレイ広告と同様、ユーザーの行動に合わせたリターゲティングなども可能です。基本的に音声はオフとなっているので、いかに動きのある映像を流すことができるかが鍵となります。

インリード広告

Webページのスクロールに合わせて、再生が開始する形態の動画広告です。コンテンツの合間に挿入されるので、視認性も高く、ユーザーの目を引きつけることができるでしょう。

動画広告の配信先・選び方

動画広告の主な配信先は、以下の通りです。

YouTube

YouTubeでは、動画のコンテンツの冒頭や合間に流れます。料金体系は、ユーザーが動画を視聴した段階で課金されるものや、広告がクリックされると料金がかかるものなど、複数用意されています。視聴者の年齢や興味に合わせて広告を入れるなど、的確なターゲティングができる点が魅力です。

Facebook・Instagram

両SNSへの広告配信は、同一のプラットフォームから実現できます。特に動画広告は、Instagramとの相性が抜群です。

Instagramは、画面全体に画像が大きく表示されるSNSですが、これは広告も同様です。動画の場合は自動的に再生がはじまるため、一般的な投稿と同じように、ユーザーの目を引くことができます。

Facebookの場合は、タイムライン上に自然と広告が流れる仕組みとなっているため、こちらも高い効果が見込めるでしょう。

Instagramは、20〜30代の若年層が多く利用しているサービスです。一方、Facebookは全世代が利用しており、特に高い年齢層のユーザーが多いのが特徴です。商品のターゲット層に合わせて選択しましょう。

Twitter

Twitterのタイムライン上に広告を流すこともできます。Twitterはリツイート機能が搭載されているため、拡散されるという点が魅力的です。リツイートを条件としたプレゼント企画との相性も良いと言えるでしょう。

またTwitterにはユーザーがつぶやいた言葉を解析して、適切な広告を流すキーワードターゲティングという仕組みもあり、より効果的な広告配信が可能になります。

動画広告の制作・出稿にかかる費用

動画広告の費用は、「CPV」「CPM」という指標で表されます。

CPVは動画の1回再生あたりにかかる費用単価を指します。CPVは入札型と予約型に分類されますが、主に再生回数に応じて費用を支払う予約型が採用されます。

CPMは、表示回数が1,000回以上になったタイミングで費用が発生します。ジャンルによって単価は変動します。再生回数ではなく表示された段階でカウントされる点に注意が必要です。

SNSで動画広告を出稿する場合、一般的には、CPVとCPMの両課金システムが用意されています。YouTubeの場合、単価は3〜20円の範囲で変動します。

Instagramの場合は、1日あたりで最低価格を設定したり、期間を指定したりと柔軟な料金体制で広告を出稿することができます。

Twitter広告の場合は、CPVのみの対応となっているので注意が必要です。基本的には3秒再生ごとに費用が発生する仕組みです。予算に合わせて掲載期間を自由に設定可能となっています。

動画広告の成功事例を紹介!

動画広告を用いたプロモーションの成功例を紹介します。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツは、40代以下のユーザー層へのアプローチを目的に、動画広告を制作しました。ベンツはハイブランドというイメージから、若年層にとっては購入のハードルが高くなります。そこで2014年、ベンツはスーパーマリオブラザーズとのコラボ動画を作り、公開しました。

具体的には、実写版のマリオがベンツの車を運転するというユニークな内容となっており、SNS上でも話題となりました。マリオという身近に感じられるキャラクターとのコラボレーションということもあり、ターゲット層の来客促進につながったそうです。

VIVIEN

動画広告は、商品のプロモーションだけでなく、ブランディングにも役立ちます。韓国の下着メーカーVIVIENは、Facebookを中心にオリジナルの動画を公開しました。

この動画は、2分程度のショートムービーとなっており、商品を直接宣伝するものではありませんが、映像・物語を通してその中で自社の製品のターゲット層である20〜30代の女性へのリーチを目的としています。

商品に関心のある人へのリターゲティングも可能となり、キャンペーンにより1.7倍のコンバージョン率向上につながったそうです。

そごう・西武

動画マーケティングは、海外へのインバウンド対策としても活用されます。百貨店を経営するそごう・西武は、中国人訪日客をターゲットとした動画マーケティングを行っています。

動画には、中国でも絶大な人気を誇るジャニーズの木村拓哉氏を起用しました。この動画は、中国の主要な動画サイトだけでなく、SNSや空港、街中の大型ビジョンなどさまざまな場所で放映されました。

動画広告会社のおすすめ5選!

動画広告を制作・運用する際におすすめの企業を紹介します。

豊富な実績が魅力、株式会社Next Stage

株式会社Next Stageは、SNS上における広告の企画や運用を行う代理店です。エイベックスマネジメントなどの有名企業の広告運用の実績があります。動画制作においては、自社独自のテンプレートがあるため、費用対効果の高い動画をローコストで作ることができるでしょう。

株式会社Next Stage

ゼロから任せられる、株式会社デジタルアイデンティティ

株式会社デジタルアイデンティティは、リスティング広告やSNS広告の運用をトータルでサポートする会社です。特にYouTube上における広告運用には数々の実績があり、チャンネルアカウントの開設から動画編集に至るまでの工程を任せることができます。

動画広告をはじめてみたいけど、何から手を付けてよいか分からないといった企業におすすめです。

株式会社デジタルアイデンティティ

クリエイターの技術をフル活用、株式会社vivito synC

株式会社vivito synCは、クリエイティブなデジタルマーケティングを実現する企業です。最大の特徴は、アウトソーシングではなく、クリエイターを社内にアサインできる点にあります。実際に社内メンバーとの会議や企画から、制作進行まで一貫して任せることができるのです。

自社内に動画制作ができる人材がいないという企業や、スピーディな広告運用を実現したい企業に最適であると言えるでしょう。毎週コンテンツをアップロードするといったことも可能になります。

同社は、動画制作を強みとしており、実際に、年間3,000本以上の制作実績があります。数々の培ったノウハウ・経験を活かした効果的なマーケティングが期待できるでしょう。

株式会社vivito synC

コストの低さが魅力、株式会社JENCO

株式会社JENCOは、動画コンテンツによるブランディングサポートを強みとする企業です。最大の魅力は、コストの低さにあります。同社ではさまざまなプランを用意しており、5万4,000円のプランでも、動画の撮影や短時間動画の編集などが実現できます。

試しに1本動画を作ってみたいといった企業のニーズに応えます。その他にも、企画やシナリオの構成など初期の段階から依頼できるプランなども用意されています。

最新機器を利用できる、株式会社エム・ワイ・イー

株式会社MYEは、商品のプロモーション動画やCM撮影を得意とする動画制作企業です。同社の強みは、VRやドローンなど最先端テクノロジーも取り入れた撮影が可能な点にあります。インパクトのある映像を撮影することができるでしょう。

また動画素材を提供するタイプのプランであれば、30秒程度のショートムービーを1万円で編集してもらうことも可能です。

株式会社エム・ワイ・イー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です