オフィス家具買取会社のおすすめ5選!持ち込みと出張はどちらがいい?

オフィス家具を処分するにはどんな方法がある?

オフィス家具は日用品の家具とは違って、家具の量が多く、またロッカーやパンテーション等の大きいサイズのものが多く、どのように処分すれば良いのか悩む声が多いです。

では実際には、オフィス家具を処分する方法はどのようなものがあるのでしょうか。

大きく、以下の3つに分けられます。

  • 不用品回収業者にゴミとして処分してもらう
  • 買取業者に買取してもらう
  • フリマに出品する

それぞれ解説していきます。

不用品回収業者にゴミとして処分してもらう

使用期間が長くて汚れが目立つ家具は買取がつかないことが多くあります。

この場合は、不用品回収業者にゴミとして処分してもらうことになります。

多くの不用品回収業者では、出張作業に対応しているところが多く、2トンや4トンといったトラック重量による固定金額で費用がかかってきます。

ゴミとして処分する場合、考えるべき点としては費用をどれだけ抑えられるかです。

業者によって費用は異なってきますし、また出張距離によって運搬費が変わってくる場合があるので、HPを比較したり実際にお問い合わせして確認することが重要でしょう。

買取業者に買取してもらう

人気ブランドの家具や、デザイン性の高い家具は買取してもらえることがあります。

リサイクルショップや、大型家具を専門に取り扱っている買取業者に、処分する予定のオフィス家具を査定してもらうことで、実際に買取可能かが分かります。

オフィス家具を買取してもらう場合、考えるべき点としては買取価格をどれだけ高くできるかです。

買取業者ごとに価格が異なってくることはもちろん、出張距離などによっても買取価格に差が出てくるので、いくつかの業者に査定してもらって比較してみると確実です。

フリマに出品する

メルカリなどのフリマサービスにオフィス家具を出品して売る方法があります。

この場合、買取業者は買取してくれない家具に価格がついたり、一般的な買取価格よりも高い金額で売れたりする可能性があります。

しかし一方で、売れるまでに時間がかかるということも多く、自らオフィス家具を梱包して発送しなければならず、手間もかかってくるため注意が必要です。

時間や労力に余裕がある場合や、できるだけ高い金額でオフィス家具を売却したいという場合はフリマへの出品も検討してみるとよいでしょう。

買取できるオフィス家具と買取できない家具の違い

ここまでオフィス家具の処分方法について解説してきました。

できるだけ処分にかかる費用を抑えるためには、買取業者による処分を積極的に利用していくのがよいでしょう。

ここからは、買取できるオフィス家具と買取できない家具の違いについて解説していきます。

一般的に買取できる家具とは、業者側の費用としてかかってくる場所代や、メンテナンス代、運搬費が、再販価格よりも低くなる家具になるでしょう。

そのため再販価格が低い家具である場合、業者側にとって利益が出なくなることが多いため、価値が付かないケースが多くなります。

買取できるかどうかについて、以下の4つの観点から解説していきます。

  • 家具のブランド
  • 使用期間
  • デザイン性
  • 外観の綺麗さ

家具のブランド

評価の高いブランドの家具の場合、家具の再販価格に差が出てきやすいため、買取できる可能性が高いです。

評価の高いブランドは、機能性に非常に優れている一方で、新品だと数十万円することも多いことから中古市場でも人気があります。

しかしながら日用品家具の中古市場に比べて、オフィス家具の中古市場はあまり人気がなく、名の知られていないブランドであると買い取ってくれないことも多いです。

オフィス家具を処分する際には、ブランド名について調べておいてどれが買取してもらえそうなのか、目処をつけておくと良いでしょう。

使用期間

買取がつく家具の使用期間の目安は、5~7年とされています。

長年使い込まれている家具であると、匂いがついたり、故障したりしやすいということもあってメンテナンス代が高くかかる傾向にあります。

そのため買取業者にとっても負担が大きくなってしまうため、買取がつかないことが多くあります。

また使用期間が5年以上であっても、人との接地面積が小さい食器棚などの場合は、メンテナンス代があまりかからないケースがあるので、買取可能なこともあります。

その一方で、椅子などについては接地面積も多く、使用期間が長くなるほど買取は難しくなると言えるでしょう。

デザイン性

使用期間やブランド以外にも、デザイン性によって買取できるかどうかが変わってきます。

ブランド品でなくても、アンティーク調の家具でデザイン性の高い物の場合は買取できる可能性があります。

アンティーク調のようなデザイン性の高い家具は、揃えると雰囲気が出るものが多いため、古いものであっても人気があります。

オフィスの応接間などで、このようなデザイン性の高い家具が好まれることもあるため、諦めず一度査定してもらうことをオススメします。

外観の綺麗さ

オフィス家具の外観の綺麗さについても、買取をする上ではとても重要になります。

汚れやシミが目立っていたり、物置部屋の奥に眠っていて埃っぽいといった場合では、買取価格がつかないことが多いです。

買取業者に査定してもらう前に、埃などをしっかりと拭き上げて外観を綺麗にするかしないかで数万円も値付けが変わることもあるようです。

評価の高いブランド品の場合は、この外観の綺麗さが顕著に価格に現れてくるので、可能な限り外観を綺麗にしておくことをオススメします。

買取で人気のオフィス家具の特徴

ここまで買取できるかどうかの判断基準について詳しく解説してきました。

オフィス家具の中古市場は、日用品家具の中古市場に比べてあまり人気はないということもあり、買取が可能なものは、以下の2点に該当してくるものになってくるでしょう。

  • 人気ブランドの家具
  • デザイン性が高い家具

実際にどのオフィス家具が人気なのかについて具体的に説明していきます。

人気ブランドの家具

オフィス家具として人気の高いブランドである場合、高値が付くことが多いでしょう。

人気の高いブランドは、以下になります。

  • イトーキ
  • オカムラ
  • コクヨファニチャー
  • ハーマンミラー
  • エルゴヒューマン
  • HARAチェア

それぞれ解説していきます。

イトーキ

「感性を刺激する上質な空間へ」をコンセプトとして提供しているオフィス家具メーカーであるイトーキのオフィス家具は高く買取されるでしょう。

日本人に合わせて設計された「スピナーチェア」は、その高いデザインと機能性からグッドデザイン賞を受賞しており、新品価格では6~10万円してきます。

このようにオフィス家具ブランドとしても定評があり、価格も高いブランドのため、買取業者に高く査定してもらえる可能性が高いでしょう。

オカムラ

「誰もが心地よい空間づくり」をコンセプトにしており、国内メーカーの中でも高級ブランドとされているオカムラのオフィス家具は高く買取されるでしょう。

新品価格が18~20万円するコンテッサと呼ばれる多機能オフィスチェアが人気な一方で、その高級な価格から中古品の需要も高いとされています。

「よい品は結局おトクです。」というスローガンを掲げていることもあり、どれも高級な一方で高品質となっているため、買取価格が高く付くことが期待できるでしょう。

コクヨファニチャー

文具ブランドとして人気なコクヨですが、オフィス家具にもコクヨファニチャー事業部が進出しています。

毎年、様々なグッドデザイン賞を受賞しており、オフィスに合わせたソリューションを提供できるように豊富な種類のデザインに溢れています。

特に人気の高いのが、インスパインと呼ばれるデスクチェアで、座り続けていても負荷が少ないように設計された、高機能なワークスタイルなデスクチェアです。

イトーキやオカムラに比べて、リーズナブルな価格となっていますが、頑丈で高品質という商品イメージも強く、中古市場でも高く取引がされています。

ハーマンミラー

アメリカの家具ブランドであるハーマンミラーはモダンな家具として定評があり、中古市場でも人気があります。

ハーマンミラーの家具で有名なのが、長い時間座っていても疲れないアーロンチェアです。従来の椅子に比べると独特な外観ですが、これは座った際の身体へのフィット感の追求によるものです。

新品価格は約14万円と高級でもあるため、中古であっても高価格な買取が期待できます。

エルゴヒューマン

人間工学に基づいた高い機能性と操作性を追求している会社で、ワークスタイルやライフスタイルに合わせて幅広いラインナップを揃えている家具ブランドです。

2005年に誕生したエルゴヒューマンチェアは、長時間の仕様でも快適なことから世界50ヶ国以上で愛用されています。

価格も10万前後となっており、その機能性からオフィス家具の中古市場でも人気となっています。

デザイン性が高い家具

デザイン性が高い家具は、一部の顧客によってニーズがあるため買取が期待できます。

ではどのような家具が買取してもらえる可能性があるのでしょうか。

ここでは売却できる可能性が高い、アンティーク調な家具について説明していきます。

アンティークと言っても単に古い家具というわけではなく、統一することによって独特な雰囲気を作り出すことができるような家具のことをここでは指します。

アンティーク調な家具の中でも、特に買取が期待できる以下の家具について説明していきます。

  • 唐木家具
  • 飾り金具付きの和ダンス

唐木家具

奈良時代に遣唐使によってもたらされた唐木家具は、落ち着きを与える家具として多くの人に愛されています。

この独特な和の雰囲気を作り出す家具は、日用家具としてだけではなく、応接間など来客向けの部屋の家具としてのニーズがある傾向にあります。

また高級アンティーク家具としても知られており、中古市場でも十分な価格で値付けされることから、買取が期待できます。

飾り金具付きの和ダンス

飾り金具が付いている和ダンスも買取が期待できます。

和のテイストで統一するというニーズがあるということに加えて、飾り金具が付いている和ダンスは高級であるものが多いです。

職人のこだわりによって、良い材質を使っていることも多いため中古市場でも高い価格がつくことがあります。

このタンスに飾り金具が付いているなと思ったら、ぜひ査定してもらうことをオススメします。

買取方法の種類を解説!持ち込みと出張はどちらが良い?

ここまで買取のニーズがある家具の見分け方について詳しく解説してきました。

では実際にどのような流れで、オフィス家具の買取はされるのでしょうか。

オフィス家具の買取方法は、主に以下の2つになります。

  • 店舗へ持ち込み
  • 出張買取

それぞれ解説していきます。

店舗へ持ち込み

一つはリサイクルショップや大型家具の取扱専門店へオフィス家具を持ち込んで買い取ってもらう方法です。

この買い取り方法のメリットとしては、業者が払う運搬費の負担は少なくなるため、買い取ってもらえる可能性が高くなります。

また持ち込むことによって査定から買取までの流れがスムーズになるため、すぐ家具を現金化することができます。

しかしながら大型家具や大量のオフィス家具を持ち込む際には、人手が必要になることに加えてトラックなどを用意しなければならないので難しいでしょう。

オフィス家具の買取の場合、こちらの方法は現実的でないことが多いです。

出張買取

買取業者はオフィスまできて査定・回収してくれる出張買取にも対応しています。

この場合、大量にあるオフィス家具や大型家具を運ぶ必要がなく、最低限の労力で買取をしてもらうことができます。

また業者の方がオフィスに来訪するため、様々なものを一括で査定してもらうことができます。

現在は買取市場が活発化していることから、顧客獲得のために出張買取にかかる追加費用が無料となっていることが多いです。

オフィス家具を買取してもらう際には、出張買取をオススメします。

オフィス家具を高価買取してもらうためのコツ

オフィス家具を買取してもらう際には、店舗への持ち込みと出張買取の大きく二つの方法があるということについて説明してきました。

ここからはオフィス家具を高価買取してもらうためのコツについて解説していきます。

オフィス家具の買取価格は、中古市場での商品価格から、家具を買い取る際の費用を引いたものになります。

そのため買取価格を高くする方法は、商品価値を高くするか、業者が負担する費用を低くするかになります。

上記を踏まえて、この記事では以下の二つのコツについて解説していきます。

  • 業者選び
  • メンテナンス

業者選び

業者によって買取価格は変わってくるため、業者選びはとても重要です。

これは業者によって販売力や、営業にかかる費用などが異なってくるからです。

HPには知りたい買取価格について乗っていないことが多いため、実際に何社かの業者に査定をしてもらって比較することになります。

高く買い取ってもらえる可能性が高いのは、オフィスから近い距離の業者です。

一般的に買取費用には運搬費が大きくかかってきますので、距離が遠い場合は買取価格が低くなるケースや、買い取ってもらえないケースが多くなります。

商品の知名度や口コミも重要ですが、オフィスとの距離についても考慮に入れて業者選びをすることをオススメします。

メンテナンス

オフィス家具を買い取ってもらう前に家具をメンテナンスしておくと査定される価格が高くなることがあります。

ここでいうメンテナンスとは、家具の外見を綺麗にするということでしっかり拭き上げたり、こびりついている匂いを取り除くといったことが挙がります。

実際にブランドのある高級なオフィス家具の場合、メンテナンスの有無によって数万円の差が出てくることもあります。

家具の量が多い場合、買取合計額に大きな差が出てくることもあるので、オフィス移転の費用を抑えたいといったニーズがあるのであれば、ぜひメンテナンスをしておきましょう。

オフィス家具買取会社のおすすめ5選!

ここまでオフィス家具の買取の際には、家具のメンテナンスだけではなく業者選びも重要であることを説明してきました。

ここからはオフィス家具の買取業者について解説していきます。

各業者の特徴や、どのエリアに対応しているのかについて触れていきます。

家具の大量買取なら、オフィスバスターズ

オフィスバスターズ

オフィスバスターズは、大量買取に対応しているオフィス家具買取業者になります。

そのためオフィス移転に際して、大量の家具を買い取って欲しい場合は、オフィスバスターズを利用すると良いでしょう。

医療機器関連の買取にも対応していることから、医療系の事業会社についても問題なく対応しています。

出張買取については全国対応となっているため、自社オフィスの近くにオフィスバスターの買取支店があるかを確認してみましょう。

不要廃棄物の処分も対応、ビックリユース

ビックリユース

ビックリユースは、法人向けにオフィス家具の買取をしている業者になります。

そのためオフィス家具の買取だけではなく、オフィス移転をする際に問題となる不要廃棄物の処分にも対応してくれます。

ビックリユースはコスト削減を徹底しているため、買取価格や不要廃棄物の処分費用も良心的な価格帯となっています。

サービスについては、全国各地24時間365日対応しています。

法人向けに特化していることもあり、大企業取引の実績があるため安心して利用できます。

即日現金化ができる、オフィス家具買取センター

オフィス家具買取センター

オフィス家具買取センターは、名前の通りオフィス家具に特化している買取業者になります。

この業者は、通常のリサイクルショップなどの買取業者に比べて多くのオフィス家具の買取に対応していることに加えて、出張買取サービスも他とは違った特徴があります。

オフィス家具買取センターの出張買取は、全国対応となっており、その場で査定だけではなく即日現金化にも対応しています。

そのためオフィス移転に際して、現金が必要という場合にはこちらの業者を利用すると良いでしょう。

オフィス家具の買取を検討をしていましたら、一度無料見積もりをしてみることをオススメします。

幅広い商品買取に対応、トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーは、関東エリアを中心に展開している買取業者になります。

オフィス家具の買取に対応していることに加えて、オフィスに多く存在する家電製品にも対応しているなど、幅広い商品の買取に対応しています。

また出張買取にかかる手数料は基本無料となっており、当日の現金化にも対応できるようです。

出張買取エリアは、関東と東北の以下5県になります。

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 福島

オフィス機器の買取なら、ソウユー

ソウユー

ソウユーは、オフィス家具だけではなくコピー機などのオフィス機器の買取にも対応しています。

こちらのサービスもオフィスの移転などを想定しており、不用品の廃棄処分にも対応してくれることから、買取から処分まで一括して任せることができます。

出張買取エリアは、関東の以下4県になります。

  • 東京
  • 千葉
  • 埼玉
  • 神奈川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です