ステップメールはこう使え!ビジネスごとの活用法を紹介

段階的に情報を提供し、あらゆるビジネスをフォローする「ステップメール」

使い方次第でこれまでできなかったような付加価値をお客様に提供することができるということをこれまでご紹介してきました。

今回はこの理想的なシステムをそれぞれのビジネスでどう活用していくか、業種や提供しているサービスの違いにより異なるこの点についてみていきたいと思います。

ビジネスにどう活用していくか?

ステップメールがビジネスにもたらす成果としては

見込み客を確保できる
イベントに来てもらう
リピーターを増やす
商品やサービスを購入してもらう

があげられます。

顧客を集め商品やサービスを購入してもらうのはビジネスの本質です。ステップメールは成果を実現するためにあらゆるフォローを行うことができるシステムとなっているのは既知のことと思います。

これらの成果を実現するために、それぞれのビジネスに合わせた以下の行動を行うとよいでしょう。

見込み客の確保について

SM10-01

多くのビジネスパーソンがこの問題に直面しそれぞれに試行錯誤を繰り返しています。大半のビジネスについて、

●見込み客に対してメリットがあったり、興味を引くステップメールを作成
●読者募集ページを用意
●検索エンジン対策(SEO)を実行
●メルマガ広告、アフィリエイト広告で募集

を行うことで、実現の可能性が大きく高まります。

商品販売(店舗)
カウンセラー・コーチング、BtoCビジネス系
エステなどのビューティー関連
セミナー主催者
ネットビジネス関連
リフォーム業関連
サイト制作業関連

これらのビジネスを行っているところを中心に多くの業種がこの行動の対象となります。

イベントに来てもらうには

SM10-02

顧客確保のために「講演会」や「セミナー」「お試し会」といったイベントを行うところは多いでしょう。より多くの人に来場してもらうためにステップメールシステムを利用してみましょう。

●ステップメール配信中にイベントの誘いを号外で送信
●来場してくれた人に特典を用意する

多くのステップメールシステムは、スポットメールも適宜送れるようになっています。これを利用してお客様に来場のお誘いを行います。その時に来てくれた人だけに与えられるような「特典」を用意していることをお伝えすると、効果が倍増します。

商品販売(店舗)
カウンセラー・コーチング、BtoCビジネス系
セミナー主催者

これらのところなどは特に多く利用するのではないでしょうか。

商品やサービスを購入してもらうには

SM10-03

紹介している商品やサービスが読者にとって価値あるものであることを強調

大半のビジネスにおいてステップメールがこのように使われています。段階的に送信していき、押しつけ感を感じさせることなくスムーズに読者の「購買意欲」を刺激していきます。

商品販売系ではその商品の購入方法を紹介したり、リフォーム業ではこれまで行われた事例の紹介や相談窓口の案内を載せるなど、それぞれの業種で読者に得になるような情報を加えていきます。

リピーターを増やすには

SM10-04

サービスや商品を購入してもらえたらそれで終わりではありません。そのお客様が再度購入してくれるように、出来うるなら長いお付き合いをしてもらえるよう、また他のお客様をご紹介してもらえるようにするのが、ビジネスの常道です。

見込み客確保と同様に多くのビジネスパーソンがリピーターの確保に悩んでいます。ステップメールはこのビジネスパーソンの悩みに解決の道筋を示します。

●リピーター専用のステップメールを作成し配信する。
●イベントのお知らせをスポットメールで配信

カウンセラー・コーチング、BtoCビジネス系やセミナー主催者などはこのような方法を用います。これに加え商品販売を含め、多くのビジネスでは

ご利用いただいたお礼やフォローのメールを配信する。

を行います。

アフターフォローがしっかりしているビジネスは例外なく大きく発展しています。
これらをアナログ的に行うのは大変な労力がいりますが、ステップメールなら自動的に行ってくれるので省力化することができるということはこれまでご紹介してきたとおりです。

また、SOHOや個人営業などではいただいた仕事のお礼以外にも、現在行っている仕事をアピールし、リピーターになってもらうチャンスを得るという行動をとることができます。

いかがでしたでしょうか。

あらゆる業種で「ステップメール」のシステムは活用でき、ビジネスの発展に大きく役立つことがお分かりいただけたかと思います。これを利用していくことのメリットは、

手間をかけることなく、顧客の確保や維持、拡大を期待できる

ということにつきます。このシステムを活用すればあなたのビジネスがこれまで以上に盛り上がっていくでしょう。導入してみることをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。