動画・映像制作会社ランキング!Web、YouTube、SNS広告に強いのはどこ?

映像制作サービスはどんな時に利用されている?ブランディングにもおすすめ?

映像制作サービスを活用すると、視聴者側の購買意欲に働きかける訴求効果の高い動画を制作できます。

企業紹介や商品プロモーションなどに利用されていますが、他にはどんな時に利用されているのでしょうか。

具体的には、以下のような場面に映像制作サービスを活用されています。

  • 採用動画
  • 商品やサービス紹介動画
  • マニュアル動画
  • ブランディング動画

それぞれ詳しく説明していきます。

採用動画

企業の採用活動は、自社サイトや採用パンフレット、求人広告、会社説明会などを通して自社の魅力をアピールする必要がありますが、文章や口頭説明といった言語化された情報がメインとなります。

一般的な雇用条件や待遇等は文章で伝わりますが、社内の雰囲気や働き方は文章では伝わりにくいケースもあります。

採用動画では、言語化しにくい情報を求職者にわかりやすく伝えることができる上にその企業で働く自分を具体的に想像させることにもつながります。

商品やサービス紹介動画

企業にとって、自社の商品やサービスの価値を魅力的かつ的確に伝えることは、営業やマーケティング活動において重要な意味を持ちます。

情報伝達の高い動画なら、商品やサービスの価値を最大限に表現できることが可能です。

例えば、機能や仕組みが複雑な商品であっても、アニメーションや商品の利用シーンを表現できる動画を活用すれば、分かりやすく魅力的に伝えることができます。

マニュアル動画

以前は、企業の業務用マニュアルや研修マニュアルと言えば紙媒体が主流でしたが、現在は、パソコンやインターネットの普及によって徐々にPDF形式のマニュアルなどが浸透してきました。

しかし、近年では効率的で低コストである動画マニュアルが注目されつつあります。

これによって何十ページ以上もある分厚いマニュアルを確認する代わりに、動画によって視覚的に必要なポイントを理解することが可能になります。

ブランディング動画

ブランディング動画とは、企業の商品やサービスに対して、動画を通じて視聴者に信頼感や安心感を持ってもらうことを目的とした動画です。

人気の芸能人を起用したり、キャッチフレーズなどを取り入れることでサービスの認知とイメージを消費者に浸透させていくプロモーション施策となります。

直接的に販売促進を行うものではなく、視聴者にどんな印象を与えたいかによって動画内容や見せ方は異なります。

視覚と聴覚の両方に訴えかけることができるため、画像のほかに音楽や効果音、ナレーションなどを加えることで視聴者を動画へ引き込みやすくなります。

また、SNSとの相性も大変良く、企業独自のユニークな動画でSNSでの拡散を狙い、多くの視聴者に動画を見てもらえることが出来れば、商品の良さやサービスなどの認知度向上にもつながります。

さらに、短時間でメッセージを訴求できるのは、動画ならではの強みです。言葉では具体的に表現しにくい付加価値や全体を通した基本的な主旨についても、直感的に伝えることが可能です。

ブランディング動画制作は、他企業との差別化を意識しながら動画制作することがポイントです。PR活動や集客、販売促進のためにも、ブランディング動画制作はおすすめといえます。

視聴者に共感と感動を与える事が出来れば、ブランディングの成功といえるでしょう。

映像制作会社にはどんな種類がある?

映像制作会社には、それぞれの専門分野に特化した制作会社があります。
ここでは、映像制作会社にはどんな種類があるのか、詳しく解説していきます。

大きく分けると以下のようになります。

  • テレビ映像制作
  • コマーシャル映像制作
  • 個人や企業向け映像制作

それぞれ、詳しく解説していきます。

テレビ映像制作

テレビ番組や映画、ドラマなどを制作するのがこの分野の製作会社になります。

一般的にテレビで放映されている番組は、放送局ではなくテレビ番組制作会社が請け負って番組を作っています。

携わっているジャンルは様々で、スポーツ番組、音楽番組の生中継やドキュメンタリー番組など、またラジオ番組の企画や制作なども行なっています。

コマーシャル映像制作

テレビやインターネットの動画サイトなどで見かけるコマーシャル制作を特化とする制作会社です。

コマーシャルでは、企業の名前やサービスなどを短い時間の間に、視聴者にいかにインパクトを与えて知名度をあげるかが広告効果に影響を与えます。

また、コマーシャル動画を流すことにより、視聴者を自社のHPへ誘導するという広告効果も期待できます。

個人や企業向け映像制作

個人用や企業向けの映像制作は、近年急増しています。

個人向けでは、結婚式のムービー撮影やプロフィールビデオを制作したり、お葬式などの撮影依頼など、冠婚葬祭のスタイルの変化により、近年では幅広い世代から人気を集めておりプロモーション用などを手がける制作会社が急増してきています。

企業向けでは、リクルートや求人サイトに掲載用の撮影や、講演会などの撮影依頼など、会社紹介・会社説明会用に活用したいという企業の需要が増えてきており、それに伴い特化した制作会社も急増してきています。

他には、アニメーション制作やゲーム映像を得意とする映像会社などもあり、また大手映像会社では、全ての事業を手がけているところもあります。

映像制作の費用相場とは?

動画を活用して企業PRする方法は、一般的になってきました。それでは映像制作にかかる費用相場はどのくらいなのでしょうか。

動画制作の種類によってかかる費用は異なります。

ここでは、企業のPR用や商品のサービス・宣伝に用いる場合の動画制作別、費用相場を徹底比較していきます。

主な種類は、以下のようになります。

  • 会社PR用動画やリクルート向け動画
  • Web、SNSなどにおける商品コマーシャルなどの広告動画
  • 展示会などに利用する動画

それでは、解説していきます。

会社PR用動画やリクルート向け動画

会社紹介動画や採用説明会などに使用する動画です。

自社に興味を引かせるためには、多少長めの動画でアピールした方が効果的です。
会社説明会に来訪してくる方は、自社に関心を持って訪れますのである程度詳しい内容が必要となってきます。

動画内容のポイントとしては、インタビューを多めに活用して社内の人や雰囲気を伝えたり、座談会やカンファレンスなどの様子を撮影することでイベントの空気感を伝えることができます。

また、必要に応じてアニメーションやCGなどを活用したりすると自社ブランドをより訴求することが可能です。

上記にあげた表現方法は一例ですが、30秒〜3分程度の動画で約50〜120万円ほどになります。

Web、SNSなどにおける商品コマーシャルなどの広告動画

SNSで配信する動画は、自社のサービスや商品をアピールしたりするのには効果的です。

動画内容のポイントとしては、ユーザーはスマホで閲覧することが多いことから、短い時間内でどれだけ関心を寄せることが重要となってきます。

キャスティングによって視聴者の関心を寄せたり、最後までつい閲覧してしまう魅力的でインパクトのある構成にする事でユーザー同士がシェアすることにより拡散する可能があります。

また、サービスや商品にマッチしたモデルや人気のYouTuberなどを起用することにより多くの拡散効果が期待できます。

動画時間は、15〜30秒程度が効果的です。この動画内容での相場は約20〜50万円ほどになります。

展示会などに利用する動画

展示会などに利用する動画は、ブースの存在を出して、いかに来場者の目に止まるかが重要となってきます。

来場者の関心や興味を引くことで購買意欲を促したり、またはセミナーなどの参加への誘導効果にもつながったりします。

CGやアニメーション動画で商品の関心を引くことや、企業理念や実績などの紹介をしたりすることにより来訪者の共感や興味を得ることができます。

展示会では、資料も配布できるので動画と多用することにより、サービスや商品の知名度拡散に効果的です。

展示会用動画では、一般的に短い動画の方が効果的といわれています。30秒〜1分程度での動画制作の相場は、30〜100万円ほどになります。

上記に挙げた制作にかかる費用相場は、平均的な相場です。動画制作にかかる相場の内訳は、大きく分けると撮影費用、人件費用、編集費用と機材費用などに分かれます。

動画の時間の長さや制作にかかる企画構成など、またモデル起用やナレーションなどの人件費によっても変動しますので必ず問い合わせすることが重要です。

映像制作会社の選び方を解説!

数ある映像制作会社の中から選ぶにはどのようにしたら良いのでしょうか。
ここでは、選ぶ方法を説明していきます。

  • 自社の優先すべき基準を決める
  • 品質を見定める
  • 提案力や企画で決める
  • 得意としているジャンルかを確認する
  • アフターフォーローが万全か
  • 複数の見積もりをとって決める

それでは、詳しく解説していきます。

自社の優先すべき基準を決める

自社の優先順位は何かによって映像制作会社の選び方が決まります。

例えば、できるだけ早く動画をあげたい場合は、どれくらいの制作期間でできるのかを確認することが必要です。費用が安くても長期納品であれば、選ぶことは不可能です。

また、クオリティの良さを追求するあまり、かなりの予算オーバーになる可能性も出てきます。

さらに自社のコンセプトと異なる動画の内容では、納得のいかない動画が出来てしまいます。

費用や納期、品質、動画の内容をしっかりと把握して、相談に乗ってくれる映像制作会社かどうかを判断するのが一番の基準になるのではないでしょうか。

品質を見定める

品質を見定めて決めることが重要です。

動画には、視聴者を惹きつける要素があります。しかしながら強烈なインパクトなどを追求ばかりの動画では、視聴者にとって興味はあってもその内容には関心を持たない可能性もあります。

また、BGMや演出などを組み合わせることで、クオリティの高い動画を制作ができます。

品質の良い動画には、企業全体のイメージと商品やサービスのうち本当に伝えたいことが盛り込まれていて、企業の商品の魅力を視聴者にアピールができます。

提案力や企画で決める

動画を制作する上で必要なのは、制作会社の担当者との丁寧な打ち合わせが重要です。

自社の意向を受け入れすぎてダラダラと長い動画が制作される場合もあります。誰をターゲットするのか、動画を制作する目的は何かなどを伝えることが必要です。

また、動画を制作することによりどのような効果を得るのかなどを示唆してくれる制作会社だと良いでしょう。

自社の動画の目的や趣旨を理解した上で、企画構成などを提案をしてくれる制作会社を選ぶことでマーケーティングの向上にもつながります。

得意としているジャンルかを確認する

映像制作会社ごとに、得意としている動画のジャンルがあります。

撮影技術や撮影方法を得意としていたり、アニメーションやCGであったり、ミュージックプロモーションを専門とする制作会社であったりと分野もそれぞれ異なってきます。

見積もりや打ち合わせなどの際には、過去の制作事例を確認して見極めることは必要不可欠です。

自社のイメージとあまりにもかけ離れている動画内容であれば、別の制作会社を選んだ方が良いでしょう。

アフターフォーローが万全か

動画を制作依頼したものの仕上がりにミスがあったり、修正したい部分や編集をこうして欲しいなどと要望が出てくることもあります。

間違っている箇所の修正は無料で行ってくれるのか、手直しなどの要望に応じてくれるかなどアフターフォローの確認は、動画を制作依頼する時点で確認が必要です。

修正にかかる日数の提示や、また次に制作する場合のアドバイスなどもフォローしてくれる映像制作会社だと良い会社だといえるでしょう。

複数の見積もりをとって決める

映像制作会社に動画を依頼する場合は、必ず複数の会社から見積もりを取ることをおすすめします。

見積もり金額にバラツキがあっても、それぞれの会社の得意ジャンルやサービスの良さなどの比較ができるからです。

自社の動画の目的やある程度の予算を決めて、同じ条件で見積もり依頼をすることで、動画制作によって生まれる利益なども大まかに計算できます。

上記に挙げた6つの映像制作会社の選び方を参考にして、自社の目的にあったそれぞれの制作会社を比較し、ジャンルを見極め、どんな映像制作を得意としているかチェックして決めると良いでしょう。

動画・映像制作会社ランキング!Web、YouTube、SNS広告に強いのはどこ?

動画・映像制作会社には、それぞれ得意のジャンルがあるのがわかりました。

ここでは、動画・映像制作会社ランキングとWeb、YouTube、SNS広告に強い映像制作会社を徹底比較してきます。

  • モバーシャル
  • Wonder Graphics
  • グラッドキューブ
  • LOCUS
  • Global Japan Corporation
  • ドングリ

No.1 YouTube動画制作なら モバーシャル

モバーシャル

モバーシャルは、デジタルファーストなクリエイティブスタッフを内製しています。

企画、撮影、編集までパッケージ化により低価格の提供が売りで、マーケティングサポートも充実しています。モバーシャルは首都圏の企業を中心にweb動画の高パフォーマンスを提供してくれます。

18,000本の動画制作実績もあり、youtubeチャンネルの運用、管理の全サポート、Web戦略を成功へと導いてくれる動画制作に特化した映像制作会社です。

トータルでかかる費用は、問い合わせが必要です。

No.2 Web動画、CM制作がメイン Wonder Graphics

Wonder Graphics

Wonder Graphicsは、マーケティングに繋げるシナリオ設計をモットーとしている映像制作会社です。
アニメーション制作や実写、YouTubeなどでのCM制作や企業向けムービーの企画から制作、Webサイトでの映像の配信を行っています。

制作費用は、問い合わせとなります。

No.3 SNS広告運用に特化している グラッドキューブ

 

グラッドキューブ

グラッドキューブは、FacebookやInstagramのSNSの広告運用に特化した映像制作会社です。

Facebook運用では、低価格で提供しており、ぺージ運用と広告運用のセット価格が22万4,000円〜と他にはないリーズナブルな価格となっています。

実績事例では、Facebookでの「いいね」の数を10倍以上改善しました。また国内で数々の賞を受賞している実績もあります。

SNS広告に強いグラッドキューブは、戦略の立案からレポーティングまでサービスに含まれているのも魅力です。

本社は大阪府、東京に支社があります。詳しい制作費用は問い合わせが必要です。

No. 4 企業のニーズに幅広く対応  LOCUS

LOCUS

LOCUSの映像制作では、あらゆる動画サービスを提供しています。

商品・サービス紹介、会社紹介や施設案内、教育研修、マニュアル動画、ブランディングにも対応しています。

さらには、アプリ動画、在日外国人向けの動画実績があります。LOCUSは、最新テクノロジーを用いたVR、ドローン撮影など幅広く対応しているのが特徴です。

大手企業を中心に多数の実績があり、動画制作の費用は、問い合わせが必要となります。

Global Japan Corporation

Global Japan Corporationは、業界相場の半額で動画制作を提供しています。

あらゆるジャンルの動画制作を行っており、低価格の上ハイクオリティのサービスを提供をしているので、お客様満足度90%以上の評価を得ています。

商品・サービス映像、店舗・会社紹介、リクルート映像、 テレビCM広告、スチール撮影などです。制作費用は、3〜10万円のプランと10〜30万円のプランがあり非常にリーズナブルな価格となっています。

詳しい価格は問い合わせが必要です。

主に東京、大阪ですが、全国対応も可能です。

No.6 Web集客を狙うならアニメーションに特化した ドングリ

ドングリ

ドングリは、プレゼンなどやWeb集客などの豊富な実績を持つ映像制作会社です。

アニメーション映像だけではなく、音楽制作やWebサイトの制作も可能で、事業の多角化などの経営課題解決のための依頼など、様々な映像制作にしっかりと対応できることを強みとしています。

本社は、東京都ですが、地方創生のビジョンを掲げ九州や地方などの「自立する地域社会をデザインする」という啓蒙活動も行っています。

制作費用は問い合わせが必要です。

まとめ

動画・映像制作会社を利用することによって、視聴者側の購買意欲に働きかける訴求効果の高い動画を制作できることがわかりました。

この記事の要点をまとめると以下のようになります。

  • 自社の動画制作の趣旨や目的をはっきり認識した上で制作会社を選択する
  • 映像制作会社の実績、特化しているジャンルを見極める
  • 見積もりは必ず同じ条件で複数会社からとる

動画・映像制作会社には、プロモーションが得意であったり、アニメーション映像やCM広告などそれぞれのジャンルに特化した会社があります。

本記事で紹介した動画・映像制作会社の選び方を参考にしながら、自社の目的に合わせた動画・映像制作会社を活用することで、費用対効果の改善やブランディングの成功に繋げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA