法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システム6選。料金面でおすすめの労務管理システム(勤怠管理システム)はこれだ!

多くの法人経営者が労務管理システム・勤怠管理システムを導入するか、否かで悩んでいると思います。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システム6選。料金面でおすすめの労務管理システム・勤怠管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、料金面でおすすめの労務管理システム・勤怠管理システムを6つ紹介します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システム 選。料金面でおすすめの労務管理システム・勤怠管理システムはこれだ!

料金面で法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システムを つ紹介します。

今回、紹介する料金面で法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システムは、以下の つになります。

  1. Zoho People
  2. AKASHI(アカシ)
  3. Touch On Time(タッチオンタイム)
  4. SmartHR(スマートエイチアール)
  5. 人事労務 freee(フリー)
  6. オフィスステーション

①Zoho People

1つ目は、Zoho Peopleになります。

Zoho Peopleは、従業員の満足度を高めるために開発された労務管理システム・勤怠管理システムになります。

貴社が従業員に対応している間、ZOHOが人事プロセスを管理してくれ、勤怠管理から時間管理、人事評価まですべてを網羅している労務管理システム・勤怠管理システムになります。

また、Zoho Peopleでは、従業員の検索、お気に入りの設定、組織図の表示、離職関連レポートの分析などを1つのダッシュボードからすべてを行うことができます。

<Zoho Peopleの料金体系>

以下が、Zoho Peopleの料金体系になります。

  1. ESSENTIAL HRプラン:¥100/従業員/月(年間契約)、税別(該当する場合)
  2. プロフェッショナルプラン:¥200/従業員/月(年間契約)、税別(該当する場合)
  3. プレミアムプラン:¥300/従業員/月(年間契約)、税別(該当する場合)
  4. エンタープライズプラン:¥500/従業員/月(年間契約)、税別(該当する場合)

⑴ESSENTIAL HRプラン

ESSENTIAL HRプランで使用できる機能は、以下になります。

  • 従業員向けセルフサービスログインを備えた基本的なHRIS
  • 休暇管理

⑵プロフェッショナルプランで使用できる機能は、ESSENTIAL HRプランで使用できる機能に加え、以下になります。

  • 勤怠
  • タイムシート

⑶プレミアムプランで使用できる機能は、プロフェッショナルプランで使用できる機能に加え、以下になります。

  • シフトスケジューリング
  • パフォーマンス(ベーシック)
  • Zoho Reports連携

⑷エンタープライズプランで使用できる機能は、プレミアムプランで使用できる機能に加え、以下になります。

  • 360度フィードバック
  • 複数評価者のフィードバック

②AKASHI(アカシ)

2つ目は、AKASHI(アカシ)になります。

AKASHI(アカシ)は、まず何より、多彩な打刻方法ができる労務管理システム・勤怠管理システムになります。

実際、パソコン、iPad、スマートフォン、FeliCaカード、専用打刻機による打刻ができ、オフィスでも、出先からでも打刻を行えます。

また、スマートフォンのGPS 機能を使うことで、位置情報も記録できます。

9:00~18:00(土・日曜・祝日を除く)であれば、わからないことをすぐに聞けるチャット機能で疑問をスピーディに解決できるので、業務が滞ることはありません。

導入実績として、以下の企業が挙げれらます。

  • 学校法人藍野大学
  • 株式会社Credo Ship
  • 株式会社ジャパンビジネスラボ
  • 株式会社日テレ・テクニカル・リソーシズ
  • 株式会社ユーグレナ
  • 株式会社クリエイティブ・エナジー
  • フォー・フュージョン株式会社

<AKASHI(アカシ)の料金体系>

以下が、AKASHI(アカシ)の料金体系になります。

  1. タイムレコーダープラン:月額200円/人
  2. スタンダードプラン:月額300円/人
  3. プレミアムプラン:月額400円/人

⑴タイムレコーダープラン

以下が、タイムレコーダープランで使用できる機能になります。

  • PC打刻
  • カード打刻
  • 勤怠集計
  • GPS打刻
  • データ保存期限:3年
  • 給与計算用CSVエクスポート

⑵スタンダードプラン

以下が、スタンダードプランで使用できる機能になります。

  • PC打刻
  • カード打刻
  • 勤怠集計
  • GPS打刻
  • データ保存期限
  • 給与計算用CSVエクスポート
  • 勤怠実績修正/申請

⑶プレミアムプラン

以下が、プレミアムプランになります。

  • 月額
  • PC打刻
  • カード打刻
  • 勤怠集計
  • GPS打刻
  • データ保存期限
  • 給与計算用CSVエクスポート
  • 勤怠実績修正/申請
  • オリジナルレイアウト作成
  • ポイント管理
  • シフト作成
  • 工数管理

③Touch On Time(タッチオンタイム)

3つ目は、Touch On Time(タッチオンタイム)になります。

Touch On Time(タッチオンタイム)は、クラウド勤怠管理システム市場でシェアNo.を獲得したクラウド専用の勤怠管理システムになります。

Touch On Time(タッチオンタイム)は、非常に使いやすく、また続けやすいクラウド勤怠管理システムであるため、82万人以上のユーザーに利用されている労務管理システム・勤怠管理システムになります。

導入実績として、以下の企業が挙げれらます。

  • あおば社会保険労務士法人
  • 大野記念病院(医療機関)
  • 大佛クリーニング
  • 有限会社大佛(クリーニング)
  • 株式会社渡辺製作所
  • 株式会社渡辺製作所(製造業)
  • 株式会社コメダ(飲食業)
  • 株式会社グランキュイジーヌ
  • 株式会社グランキュイジーヌ(飲食業)
  • 赤崎社会保険労務士事務所
  • PCテクノロジー株式会社(IT業)
  • 株式会社みんみん
  • 株式会社セラヴィリゾート泉郷
  • 医療法人社団 白翔会 赤坂クリニック
  • 株式会社グランマルシェ
  • 株式会社株式会社ロッキー

<Touch On Time(タッチオンタイム)の料金体系>

以下が、Touch On Time(タッチオンタイム)の料金体系になります。

利用料金は、月額300円/1人(税別)のみになります。

これだけで出退勤管理はもちろん、シフト作成など以下の多彩な機能を利用できます(オプションによる追加費用は発生しません)。

  • 打刻
  • 申請
  • 承認
  • 自動勤怠集計
  • リアルタイム管理
  • グループ設定
  • シフト管理
  • 超過アラート機能
  • 予実管理
  • 出勤簿出力
  • 生体認証
  • ICカード認証
  • Webブラウザ打刻
  • モバイル打刻
  • GPS機能
  • 給与ソフト連携
  • 有給管理
  • 海外対応
  • [無料]システムアップデート
  • [無料]サポート

④SmartHR(スマートエイチアール)

4つ目は、SmartHR(スマートエイチアール)になります。

SmartHR(スマートエイチアール)は、面倒なな労務手続きや、情報管理を簡単に行えるクラウド人事労務ソフトサービスになります。

  • 直接、従業員から情報収集し、自動で社保・雇保の書類が作成される点
  • 手続きが全てペーパーレスにし、マイナンバー管理もすべてWeb上で完結できる点
  • 従業員の個人情報を安全に管理し、項目の追加や権限管理もできる点

などの特徴から最近では、導入する企業が非常に増えているサービスです。

現在、利用企業数は、18,000社、サービス利用継続率は99.6%を誇っています。

以下が、SmartHR(スマートエイチアール)を導入している企業の一覧になります。

  • ラクスル株式会社
  • 加和太建設株式会社
  • 株式会社セクションエイト
  • 株式会社サボンジャパン
  • 株式会社バンク
  • 合同会社DMM.com
  • 株式会社和光
  • マテリアルグループ株式会社
  • 株式会社キオラガーデン
  • 弁護士ドットコム株式会社
  • アクトダイニング株式会社
  • ユナイテッド&コレクティブ株式会社
  • 株式会社クラシコム
  • 株式会社クラウドワークス
  • 株式会社モンスター・ラボ
  • READYFOR株式会社
  • 株式会社グッドパッチ
  • ファイナンシャル・ジャパン株式会社
  • 株式会社メルカリ

<SmartHR(スマートエイチアール)の料金体系>

以下が、SmartHR(スマートエイチアール)の料金体系になります。

SmartHR(スマートエイチアール)の料金体系は

小規模企業の場合(従業員が50人以下)と従業員数が51名以上の場合で料金が異なります。

<小規模企業の場合(従業員が50人以下)>

0プラン (1〜10名まで)従業員数 1〜50名まで
初期費用無料無料
更新費用無料無料
サポートなしあり(メール&チャット)
支払い方法クレジットカード払いのみ
支払いプラン年間一括払い月々一括払い
料金無料¥550 / 月税抜・1従業員あたり・月額換算¥600 / 月税抜・1従業員あたり

<従業員数が51名以上の場合>

従業員数が51名以上
初期費用無料
更新費用無料
サポートあり(メール&チャット)
支払い方法請求書払いのみ対応
支払いプラン年間一括払い
料金ご利用の従業員数に応じて変動
料金詳細個別見積もり

<SmartHR(スマートエイチアール)の支払いに関する注意点>

SmartHR(スマートエイチアール)の支払いに関しては、いくつかの注意点があります。

  • クレジットカード登録をしなくてもお試し利用は可能。
  • お試し期間中にクレジットカード登録をしても、その時点では決済されない。お試し期間中は無料で利用が可能で、お試し期間終了時に決済。
  • 不正利用防止の為、 無料プランでもクレジットカードの登録が必要。
  • SmartHRで、利用可能なクレジットカードは、はVISAMasterCardAmerican ExpressJCBが利用可能。
  • 請求書払いは、51名以上の場合、対応可能。
  • 払い戻しには未対応。
  • SmartHRは、個別の NDA(機密保持契約書)や、業務委託契約書等の締結は行っていない

⑤人事労務 freee(フリー)

5つ目は、人事労務 freee(フリー)になります。

人事労務 freee(フリー)は、給与計算から労務管理までを簡単にしてくれる労務管理システムになります。

実際、人事労務 freee(フリー)は10万の事業所に利用されています。

  • 給与事務の自動化(勤怠・従業員データから給与や税金を自動で計算。給与明細作成・配布もワンクリックでOK)
  • 年末調整や算定基礎、労働保険の年度更新などの年1回の業務を自動化し効率化。
  • 勤務時間の集計や残業代の計算も簡単にし、全ての法人に必要な法定三帳簿の作成にも対応。

といった点で人事労務 freee(フリー)は高い評価を受けています。

以下が、人事労務 freee(フリー)の導入している企業になります。

  • 株式会社ファームシップ
  • 結婚相談NPO
  • 株式会社シーオーメディカル
  • Milestone (英会話スクール運営)
  • 株式会社エヌワンシステム
  • 株式会社ユビレジ
  • AmazingLife 株式会社

<人事労務 freee(フリー)の料金体系>

以下が、人事労務 freee(フリー)の料金体系で、プランは以下の3つから選ぶことができます。

  1. 1ヶ月お試しプラン
  2. ライトプラン(給与計算を中心とした基本的な業務向け)
  3. ビジネスプラン(より幅広い人事労務の一元化に)

以下がプランごとの使える機能を表にしたものです。

1ヶ月お試しプランライトプラン(給与計算を中心とした基本的な業務向け)
無料 / 登録後1ヶ月間のみ1,980円 / 月(税抜)
(年額プラン選択の場合)
個別で問い合わせ
従業員4人以上の場合(100名以上は見積り)無料 / 登録後1ヶ月間のみ+300円 / 月1人あたり(税抜)(4人目から1人あたり月額300円で
各従業員に専用アカウント)
個別で問い合わせ
毎月の給与計算登録後1ヶ月間のみ無制限無制限
給与明細の作成/発行登録後1ヶ月間のみ書類を自動作成書類を自動作成
法定三帳簿の作成登録後1ヶ月間のみ書類を自動作成書類を自動作成
マイナンバー管理閲覧は登録後1ヶ月間のみ収集・保管・利用が可能収集・保管・利用が可能
年末調整不可書類を自動作成書類を自動作成
勤怠/有給管理給与計算への反映は
登録後1ヶ月間のみ
簡易的な勤怠管理が可能より便利な勤怠入力機能
労務行政手続き不可算定基礎や月変、年度更新に対応入退社手続きなど
より広い手続きに対応
サポートチャットサポートは
登録後1週間のみ
チャットサポート無制限チャット/電話サポートが無制限

⑥オフィスステーション

6つ目は、オフィスステーションになります。

オフィスステーションは社会保険・労働保険関係手続きを 自動化するクラウド型労務手続きシステムになります。

  • 従業員の情報をメールで収集できる点
  • 誰にでも使いこなせるシンプルな操作性がある点
  • 申請書類を自動で作成してくれる点
  • 電子申請をすぐに始められる点

などが高い評価を得ており、導入者数は3000社を超えています。

<オフィスステーションの料金体系>

オフィスステーションの料金体系は従業員の人数によって異なります。

  1. 従業員数が300人の場合:20,000円(税抜)/月(従業員一人当たり67円/月)
  2. 従業員数が500人の場合:30,000円(税抜)/月(従業員一人当たり60円/月)
  3. 従業員数が1,000人の場合:40,000円(税抜)/月(従業員一人当たり40円/月)

また、詳しい料金モデルは以下の通りになります。

従業員数月額利用料(税抜)サポート
10人まで900円
  • メール(無料)
  • コールセンター(オプションになり、応相談)
20人まで1,800円
30人まで3,000円
50人まで5,000円
100人まで10,000円

今回、紹介した料金面で法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システム

  1. Zoho People
  2. AKASHI(アカシ)
  3. Touch On Time(タッチオンタイム)
  4. SmartHR(スマートエイチアール)
  5. 人事労務 freee(フリー)
  6. オフィスステーション

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システム6選。料金面でおすすめの労務管理システム・勤怠管理システムはこれだ! 』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの労務管理システム・勤怠管理システムを6つ紹介しました。

今回、紹介した6つの労務管理システム・勤怠管理システム(Zoho People、AKASHI(アカシ)、Touch On Time(タッチオンタイム)、SmartHR(スマートエイチアール)、人事労務 freee(フリー)、オフィスステーション)は、上記で説明したように、それぞれ違う特徴を持っており、また料金も異なります。

また、特徴がそれぞれ違うため、自社に合っているかどうかは、実際、無料版を導入しないとわからない点もあるため、今回の記事で、今回紹介した4つの労務管理システム・勤怠管理システムに興味を持った方は、無料版を実際に導入してみることをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。