法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システム5選。料金面でおすすめの在庫管理システムはこれだ!

多くの法人(中小企業・個人事業主など)の経営者が悩んでいる事の1つとして、業務で利用する在庫管理システムのソフトはどのメーカーにすべきかという事が挙げられます。

特に、在庫管理システムは、在庫管理システム毎で料金が異なります。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システム5選。料金面でおすすめの在庫管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システムを5つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システム5選。料金面でおすすめの在庫管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システムを5つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の5つです。

  1. FA-CUBE(エフエーキューブ)
  2. ロジクラ
  3. 助ネコ在庫管理
  4. ユビレジ
  5. GoQSystem(ゴクーシステム)

①FA-CUBE(エフエーキューブ)

1つ目は、FA-CUBE(エフエーキューブ)になります。

FA-CUBE(エフエーキューブ)はバーコードとハンディ端末で製品の入出荷の記録をし、PCで在庫管理するシステムになります。

在庫管理システムとしては、非常に人気が高く、食品会社や物流企業から高い支持を得ています。

以下が、実際の導入例になります。

  • 株式会社谷尾商会
  • 株式会社サーガ
  • 化学品製造会社
  • 酒類卸売会社様
  • 株式会社サルバニーニジャパン
  • 香住食研株式会社
  • ガス発生装置製造販売会社

<FA-CUBE(エフエーキューブ)の料金体系>

以下が、FA-CUBE(エフエーキューブ)の料金体系になります。

製品名製品概要料金
在庫管理システムバーコードとハンディ端末で製品の入出荷の記録をし、PCで在庫管理するシステム。
  • ライセンス価格:30万円
  • 月額使用料:3,800円~
  • 平均導入価格:50万円~150万円
保守部品在庫管理システム設備の保守部品/補修部品の在庫管理に特化し、ハンディ端末とバーコードで簡単に入出庫記録して在庫管理できるシステム。
  • ライセンス価格:40万円~
  • 月額使用料:3,800円~
  • 平均導入価格:60万円~200万円
原料在庫管理システム入荷時にバーコードがない商品にラベルを発行し、ハンディ端末で食品原材料の入出荷を記録し、賞味期限も同時に管理し、先入先出を徹底するシステムです。
  • ライセンス価格:50万円~
  • 月額使用料:5,800円~
  • 平均導入価格:60万円~200万円
医薬品在庫管理システム医薬品専用のバーコードに対応し、ハンディ端末とバーコードで簡単に入出庫記録して在庫管理できるシステム。
  • ライセンス価格:40万円~
  • 月額使用料:3,800円~
  • 平均導入価格:50万円~100万円
検品付在庫管理(基幹連携)入荷ミス/出荷ミスの削減を目的とし、基幹システムと連携してハンディ端末で製品の入出荷検品を行い、PCで在庫管理ができるシステム。
  • ライセンス価格:60万円~
  • 月額使用料:9,800円~
  • 平均導入価格:80万円~200万円
払出検品付部品在庫管理(基幹連携)部品の払出ミスの削減を目的とし、基幹システムと連携してハンディ端末で部品の払出検品を行い、かつ、PCで在庫管理ができるシステム。
  • ライセンス価格:50万円~
  • 月額使用料:5,800円~
  • 平均導入価格:60万円~200万円
受注在庫管理受注登録から出荷検品まで行い、有効在庫の把握もできる在庫管理システム。
  • ライセンス価格:60万円~
  • 月額使用料:5,800円~
  • 平均導入価格:80万円~200万円
HT入出荷記録ハンディ端末で入出荷の記録をし、既存システムで取込める実績データを出力できるシステム。
  • ライセンス価格:20万円~
  • 月額使用料:800円~
  • 平均導入価格:30万円~80万円
返品記録ハンディ端末で簡単に返品物の集計ができるシステム。
  • ライセンス価格:20万円~
  • 月額使用料:800円〜
  • 平均導入価格:20万円~40万円

②ロジクラ

2つ目は、ロジクラになります。

ロジクラは、3,000社に利用され、無料で使える在庫管理ソフトになります。

従来のExcelなどの在庫管理をやめて、ロジクラで業務効率化を考えている経営者は多くいます。

無料で在庫管理システムが使え、iPhone、PCでも使えると言いた点が特徴です。

<ロジクラの料金体系>

以下が、ロジクラの料金体系になります。

  1. 無料プラン:¥0/月
  2. スタンダードプラン:¥9,000/月(税別)
  3. WMSプラン:¥30,000/月(税別)

⑴無料プラン:¥0/月

  • 入荷する(アプリ / Web)
  • 入荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 仕入先管理(アプリ / Web)
  • 在庫管理(アプリ / Web)
  • 出荷する(アプリ / Web)
  • 出荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 出荷先管理(アプリ / Web)
  • 入出荷の在庫表のCSV登録(Webのみ)
  • 入出荷履歴と在庫表のCSVエクスポート(Webのみ)

⑵スタンダードプラン:¥9,000/月(税別)

  • 入荷する(アプリ / Web)
  • 入荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 仕入先管理(アプリ / Web)
  • 在庫管理(アプリ / Web)
  • 出荷する(アプリ / Web)
  • 出荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 出荷先管理(アプリ / Web)
  • 入出荷の在庫表のCSV登録(Webのみ)
  • 入出荷履歴と在庫表のCSVエクスポート(Webのみ)
  • 複数拠点の在庫管理
  • 入荷予定管理
  • ピッキング機能
  • 出荷検品機能
  • 梱包機能
  • 棚卸し機能

⑶WMSプラン:¥30,000/月(税別)

  • 入荷する(アプリ / Web)
  • 入荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 仕入先管理(アプリ / Web)
  • 在庫管理(アプリ / Web)
  • 出荷する(アプリ / Web)
  • 出荷履歴確認(アプリ / Web)
  • 出荷先管理(アプリ / Web)
  • 入出荷の在庫表のCSV登録(Webのみ)
  • 入出荷履歴と在庫表のCSVエクスポート(Webのみ)
  • 複数拠点の在庫管理
  • 入荷予定管理
  • ピッキング機能
  • 出荷検品機能
  • 梱包機能
  • 棚卸し機能
  • フリーロケーション管理機能

③助ネコ在庫管理

3つ目は、助ネコ在庫管理になります。

庫切れの商品に注文が入ってしまうや売り越し、管理画面にログインして、在庫数の調整といった在庫の煩わしい問題を解決してくれるのが、助ネコ在庫管理になります。

パッケージ版としては、非常に安価に提供されている点も特徴です。

ただ、無料版は存在しないため注意が必要です。

<助ネコ在庫管理の料金体系>

以下が、助ネコ在庫管理の料金体系になります。

在庫管理

在庫管理に関する料金は、以下の通りです。

契約形態単体契約オプション契約(受注管理Basicや商品登録と一緒に契約した場合)
初期費用10,000円(通常30,000円)(アンケートに回答した場合)
月額費用月額15,000円(固定)月額5,000円(固定)
登録件数5,000件まで
備考※登録点数を追加する場合には、別途料金が必要となります。

<受注管理>

受注管理に関しては、受注管理Lite(ビギナー店舗向け)と受注管理Basic(自動化・おもてなし機能満載)の2プランがあります。

⑴受注管理Lite(ビギナー店舗向け)

契約形態月契約
初期費用10,000円(通常30,000円)(アンケートに回答した場合)
月額費用基本料金月額2,000円(100件まで)
従量課金月101件以上:1件20円(最大18,000円)
備考
  • 取込件数2,000件までは月額費用最大20,000円で、2,000件を超えた場合、1件につき20円の清算金が発生。
  • データ保有期限:3ヵ月

⑵受注管理Basic(自動化・おもてなし機能満載)

契約形態月契約年契約(途中解約時違約金あり)
初期費用10,000円(通常30,000円)(アンケートに回答した場合)
月額費用基本料金月額10,000円(300件まで)月額40,000円
従量課金月301件以上:1件15円(最大40,000円)
モール取込
オプション

電話注文(店舗受注機能)のみは不要

月額5,000円(1モールのみ)
月額10,000円(複数モール)
備考
  • 取込件数5,000件までは月額費用最大55,000円(複数モールの場合60,000円)です。
    5,000件を超えた場合、1件につき15円の清算金が発生いたします。
    データの取り込みが停止されることはございません。
  • データ保有期限:13ヵ月
  • 取込件数5,000件までは月額費用最大40,000円です。
    5,000件を超えた場合、1件につき15円の清算金が発生いたします。
    データの取り込みが停止されることはございません。
  • データ保有期間:13ヵ月

④ユビレジ

4つ目は、ユビレジになります。

ユビレジは、0円から使える飲食店向け高機能iPad POSレジになります。

ユビレジはどちらかというとPOSレジとしてのイメージが強いかもしれませんが、実際には、在庫管理機能も充実しています。

実際に多くの店舗経営者に好まれています。

以下がユビレジの導入事例になります。

  • Anchor Point(株式会社KICHIRI)
  • ソウルカルビ 本店(株式会社Farmers Kitchen Japan)
  • H.I.S. Hawaii 新宿三丁目
  • 二子玉川 蔦屋家電

<ユビレジの料金体系>

以下が、ユビレジの料金体系は、以下の5つがあります。

⑴無料プラン

  • 月額利用料:¥0
  • 基本的なPOSレジ機能
  • 売上データの表示 (過去72時間分のみ)
  • カード決済サービスと連携
  • メールによるサポート
  • ※ 無料プランには一部機能の制限があります。

⑵プレミアムプラン

  • 月額利用料:¥5,600 / 月
  • 基本的なPOSレジ機能
  • 売上データの表示 (本プラン期間中のデータすべて)
  • カード決済サービスと連携
  • メールによるサポート
  • 標準電話サポート
  • ポイント連携機能
  • 売り上げ共有機能
  • レポート機能

⑶飲食店向けプラン

  • 月額利用料:¥9,300 / 月
  • 基本的なPOSレジ機能
  • 売上データの表示 (本プラン期間中のデータすべて)
  • カード決済サービスと連携
  • メールによるサポート
  • 標準電話サポート
  • ポイント連携機能
  • 売り上げ共有機能
  • レポート機能
  • ハンディ(オーダーエントリー)機能

⑷小売店向けプラン

  • 月額利用料:¥9,300 / 月
  • 在庫管理機能
  • 基本的なPOSレジ機能
  • 売上データの表示 (本プラン期間中のデータすべて)
  • カード決済サービスと連携
  • メールによるサポート
  • 標準電話サポート
  • ポイント連携機能
  • 売り上げ共有機能
  • レポート機能

⑸カスタマイズプラン(高度にカスタマイズして使えるプラン

  • 月額利用料は問い合わせ
  • 在庫管理機能
  • 基本的なPOSレジ機能
  • 売上データの表示 (本プラン期間中のデータすべて)
  • カード決済サービスと連携
  • メールによるサポート
  • 標準電話サポート
  • ポイント連携機能
  • 売り上げ共有機能
  • レポート機能
  • ハンディ(オーダーエントリー)機能
  • その他全てのユビレジの機能をご利用いただけます

⑤GoQSystem(ゴクーシステム)

5つ目は、GoQSystem(ゴクーシステム)になります。

GoQSystem(ゴクーシステム)は、通販業務を劇的に進化させる、クラウド型の受注管理システムになります。

実際の店舗運営から生まれた店長の目線でほしい機能を盛り込んだGoQSystem(ゴクーシステム)は複数店舗運営を効率化し、システムが得意なところはシステム化して店長の負担を軽減してくれます。

特に飲食店の経営者からの人気が高いです。

<GoQSystem(ゴクーシステム)の料金体系>

以下が、GoQSystem(ゴクーシステム)の料金体系になります。

  1. 受注管理プラン
  2. 受注・商品・在庫連携管理プラン
  3. 受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン

⑴受注管理プラン

  • 月額料金15,000円、初期費用30,000円
  • 受注管理/売上管理/初期設定・運用サポート
  • 商品数上限なし
  • 商品マスター登録不要
  • 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Wowma!、Amazon
  • 店舗・電話・FAX注文(受注管理のみ)、自動処理機能

⑵受注・商品・在庫連携管理プラン

  • 月額料金44,800円、初期費用50,000円
  • 受注管理/商品管理/在庫連携/売上管理/初期設定・運用サポート
  • 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Wowma!、Amazon
  • 店舗・電話・FAX注文(受注管理のみ)、自動処理機能
  • 商品登録数50,000点まで※それ以上の場合はオプション。

⑶受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン

  • 月額料金64,800円、初期費用100,000円
  • 受注管理/商品管理/在庫連携/売上管理/物流管理/初期設定・運用サポート
  • ハンディーターミナル版
  • FBAマルチチャネルサービス
  • Yahoo!ロジスティクス版対応
  • 佐川トータルサポート版対応
  • ヤマトWeb出荷コントロールサービス(産直)版対応
  • 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Wowma!、Amazon対応
  • 店舗・電話・FAX注文(受注管理のみ)、自動処理機能

また、GoQSystem(ゴクーシステム)の追加オプション料金は以下の通りです。

月額料金(税別)初期費用(税別)
API利用(楽天カードAPI・FBAマルチチャネルサービス・オープンロジ)5,00010,000
商品マスター利用(20,000SKU)
※商品管理以上のプランをご利用の場合は商品マスターを含んでいますので 別途費用はかかりません。
10,00020,000
楽天市場 店舗追加10,00020,000
Yahoo!ショッピング 店舗追加10,00020,000
Wowma!ショッピング 店舗追加10,00020,000
Amazon 店舗追加10,00020,000
ヤフオク 店舗追加(1~3店舗)10,00020,000
ヤフオク 店舗追加(4~6店舗)10,00020,000
対応モール・カート追加5,00010,000
在庫連携 登録数追加(20,000SKU)10,0000
商品管理 登録数追加(50,000点)10,0000
商品ページ自動作成ツール10,000100,000

今回紹介した以下の5つの在庫管理システムは、それぞれ違う料金体系になっています。

そのため、まずは無料版の導入をおすすめします。

  1. FA-CUBE(エフエーキューブ)
  2. ロジクラ
  3. 助ネコ在庫管理
  4. ユビレジ
  5. GoQSystem(ゴクーシステム)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システム5選。料金面でおすすめの在庫管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの在庫管理システムを5つ詳しく解説しました。

今回、紹介した5つの在庫管理システム(FA-CUBE(エフエーキューブ)、ロジクラ、助ネコ、在庫管理ユビレジ、GoQSystem(ゴクーシステム))は上記でも述べたように、料金だけでなく、機能などもそれぞれ異なります。

そのため、在庫管理システムを導入しようと思うのであれば、まずは、無料版を導入してみて、自社に合うかどうかを見定めることから始めることをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。