法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システム3選。機能面でおすすめの人事情報システムはこれだ!

人事情報システムを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システム3選。機能面でおすすめの人事情報システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システムを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システム3選。機能面でおすすめの人事情報システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つの人事情報システムです。

  1. 人事奉行10
  2. OBIC7 人事情報システム
  3. ALIVE SOLUTION HR 人事情報システム

①人事奉行10

1つ目は、人事奉行10になります。

人事奉行10は、従来の人事システムにはない、業務への新しい活用方法をご提案する人事情報システムです。

人事情報を効率的に管理することはもちろん、総務人事の日常業務にまで利用でき、人事情報を効率よく管理するためだけでなく、総務・人事部門が行う、人に関わる業務にまで利用できるシステムを提供し、総務・人事部門の生産性を向上します。

人事奉行10は、以下のような方におすすめです。

  1. 労働保険や社会保険の申請書作成の属人化を解消したい:記入が難しい申請書でも給与・人事奉行の情報を利用して自動作成可能。また手続きに関するガイド機能が搭載されているため、、誰でも申請業務が実行可能。
  2. 労働保険や社会保険の申請書を簡単に作成したい:給与奉行データを取込み、社会保険、労働保険等の各種届出書を簡単作成・印刷が可能。 また、e-Gov電子申請にも対応し、届出も簡単に実行可能。
  3. 通勤費の妥当性を簡単にチェックしたい:「駅すぱあと」と「地図ソフト」と連動して、複数の通勤経路情報を一度に比較ができ、適正な(最短/最安)の経路判断を簡単に行う事が可能。

<人事奉行10の機能一覧>

以下が、人事奉行10の機能一覧になります。

  • 人事・総務担当がかんたんに情報活用:社員の基本情報や経歴、評価といった情報を蓄積し、システムに不慣れな担当者でもかんたんに目的に応じた検索が可能。健康診断の受診状況の確認や異動対象者の抽出など、日常業務に情報を簡単に活用可能。
  • 履歴情報で効果的に人材育成を実現:会社・組織単位でそれぞれ、社員の過去の評価や経歴などの履歴情報を時系列で把握することで、組織単位で効果的な人事育成が実現可能。
  • 多彩な情報抽出で業務スピードを向上:業務上必要とする管理資料を160種類以上あらかじめ用意しているため、資料の加工作業は不要。また面倒な滞留期間の確認資料など、自由に項目を絞り込んで抽出する企業独自の統計資料も、簡単に作成可能。
  • ダイレクトな人事情報の収集を実現:引越による住所変更などの身上異動を、従業員がクラウドを使って簡単に申請可能。総務担当は、承認した情報をダイレクトに人事情報に反映できるため、入力業務が削減可能。
  • 企業独自の管理区分に対応:雇用形態や資格等級などきめ細かい人事情報管理を実現する54項目の管理区分をはじめ、団体保険の加入有無など企業独自に設定できる項目を15項目を用意。
  • 業務にあわせた情報入力:入社時や住所変更時など、目的に応じた情報入力ができることで、必要な情報を漏れなく効率よく入力可能。
  • 人事ファイルの一元管理が可能:社員情報とあわせて、顔写真や履歴書といった画像データやWord・Excelで作成されたファイルの一括管理が可能。
  • 社員情報の事前予約が可能奉行V ERP:未来の情報を気づいたときや手のあいたタイミングで入力できるため、情報更新作業の負荷を分散し、更新忘れを防止。
  • グループ企業の人事管理も実現奉行V ERP:グループ企業で管理基盤を統合し、グループを横断した組織と人材管理が可能。
  • 社員向け対応業務の改善:面倒な滞留年数の確認や研修の受講履歴なども瞬時に確認できるようになるため、社員からの問い合わせ対応スピードが格段に向上。
  • 正確かつ漏れのない労働契約管理:契約入力から労働契約書の出力、契約履歴の管理、契約更新・契約満了にともない必要となる通知書の交付まで、一連の業務がプロセスで行えることで、短時間で漏れなく実行可能。
  • 定年後再雇用者の管理:定年退職前・再雇用後の社員情報をまとめて管理できるため、過去の異動履歴や労働契約などを含めて、いつでも簡単に確認可能。
  • 手間なく正確な組織改編:組織改編に応じた変更処理を簡単な操作で行え、変更内容をすぐ組織構成図に反映して出力できます。 改定年月日とあわせて保持するため、過去と未来の組織体系も容易に作成可能。
  • 短時間でスムーズな人事異動処理を実現:異動対象者のリスト作成から異動案の作成、異動辞令、発令までの一連の業務をシステムで実現します。手作業を削減し、正確性・スピードを向上。
  • 入社時の対応をスムーズに:複数名の入社であっても、入社日など共通項目は初期値として設定でき、一度の情報登録で対応可能。
  • 社外からの調査や報告書への対応を容易に:調査項目に必要な情報を自動集計できるため、厚生労働省などの調査アンケートや提出を求められる報告書に即対応可能。
  • マイナンバーによる業務負荷を削減:セキュアなクラウドに保管したマイナンバーを必要なときだけ参照でき、参照履歴も自動記録。
  • 給与システムと連携で多重入力を排除:給与奉行と連携でき、人事奉行で更新した社員情報が給与奉行にも自動的に反映されます。社員情報の多重管理を排除。
  • 最適な人員配置を実現:雇用形態や等級など、様々な切り口で人員バランスや単価分布を把握できることで、各組織の最適な人員配置を実現可能。
  • 判断材料となる管理資料を容易に作成:マネジメントに必要な様々な人事管理情報を自由に作成することが可能です。複数年の評価情報や複合条件による多彩な条件設定によって、資料作成の時間を大幅に削減可能。
  • 人件費マネジメントを実現:組織・要員・管理職構成など、人件費を正確に把握するための 様々な角度を集計・分析が可能です。単価分布表などを利用することで総額人件費の抑制に向けた効果的なマネジメントを支援。
  • 勤怠集計の自動化と労務リスク回避を両立:平均残業時間の部門比較などの就業分析が行え、人員補充の検討などの対策がすぐに実行可能。
  • 適切な目標管理・人事考課を効率的に実現:個人にあわせた目標設定、達成までの行動計画を策定可能。ワークフロー化により業務負荷を削減し、効率的に進捗管理が実行可能。
  • 最適な昇給案作成、賞与算定に対応:企業の規定にあわせた昇給額の試算・比較検討が可能。また、業績と連動したポイント制賞与にも対応可能。
  • ポイント制退職金管理に対応奉行V ERP:勤続年数や滞留年数などの人事情報を利用した、ポイント制退職金の管理に対応可能。
  • ストレスチェックに対応:法令に準拠したストレスチェックの実施と実施者まで含めたオールインワンのITサービスとしてご提供します。組織分析にも対応しており、企業リスクにしっかり対応可能。
  • 現場での人事マネジメントに活用:店舗や拠点の現場責任者が、その場で部下の社員情報を参照しながら教育や指導を行うことが可能。
  • 最適な人材育成プランの作成:自社の人材を定量的に把握して課題を明確にすることで、効果的な育成プランを策定可能。
  • Office連携機能:画面表示した集計表を直接Excel出力し、すぐに加工可能。ボタン一つでグラフ化して簡単に分析することもでき、手間なく幅広い情報活用が可能
  • 企業内コミュニケーション:企業でセキュアに使えるSNSを用意。メッセージ機能に加え、業務で使うには欠かせないExcel、Word、PDFファイルや画像のやり取りができ、部門を超えた情報共有を円滑に。
  • 業務予定・実行管理(奉行Myスペース):業務担当者が行うべき業務の予定を登録しておくことで、やるべき業務をやるべきタイミングで自動通知。業務の予定・実行をシステムで管理することで、漏れや遅延を解消。
  • 参照専用ライセンス:情報参照のみを行う利用者に最適化された画面設計や機能性により、見たい情報を素早く呼び出して活用可能。

②OBIC7 人事情報システム

OBIC7 人事情報システムは、採用から適正配置、退職まで、一連の人事業務をフルカバーし、人事情報の戦略的活用により、個人と組織全体の活性化、生産性向上を可能にします。

また、人事業務の標準化と人事情報の戦略的活用により、個人と組織の活性化、生産性の向上を支援してくれ、グループシェアードサービスにおけるプラットフォームとしての導入実績も豊富です。

OBIC7 人事情報システムは、その他、以下の4つの特徴があります。

  • 抜群の操作性で使いやすいシステム:コードレス管理を採用し、抜群の操作性と運用性を提供。Web照会機能も充実しており、全社での人材情報の活用を推進。
  • 実務に即した異動・発令管理:候補者抽出、異動シミュレーション、発令登録、辞令発行など、実業務の流れに沿った異動・発令管理を実行可能。
  • グループ全体で人事情報を共有:グループ全体で串刺し検索、異動時のシームレスなデータ連携など、1つのシステムでグループ人事をトータルにサポート。
  • 自在なデータ活用を推進:全ての情報を、データ検索ツールにより自由に活用できます。Excelにも自動連携、グラフや非定型資料の作成も自在。

<OBIC7 人事情報システムの機能一覧>

以下が、OBIC7 人事情報システムの機能一覧になります。

人事基本システム(社員情報/組織情報/発令管理/組織図/給与履歴/考課履歴/汎用検索/グループ管理など):人事情報項目はフリーに利用できる項目も含め、750項目以上を提供。実際の人事業務の流れに即した異動情報の登録や、異動変遷履歴の世代管理など、きめ細かいデータの収集を可能に。

  1. コードレス管理:社員番号以外の全ての項目はコードレス管理を採用し、抜群の操作性・運用性を提供し、早期のシステム稼働を可能に。
  2. グループ管理:人事情報のグループ検索、社員異動時のシームレスなデータ連携など、一つのシステムでグループ人事に対応。
  3. 汎用検索・ユーザーリンク:全ての項目より自在に検索・抽出・加工が行え、ExcelやWordとも自動連携しグラフやレポート作成も自在に。また、Excelなどの外部データをパッケージ項目と合せて検索や照会も可能に。
  4. セキュリティ機能:処理単位、社員単位にきめ細かいセキュリティーを設定できます。操作や変更履歴のロギング機能も装備。

人事オプションシステム:豊富なオプションシステムから必要に応じて自由に選択できるので、企業や企業グループに最適な人事システムを効率的に可能。

  1. 人事考課オプション:人事考課を設定した内訳ごとに登録し、その配分値により総合点を自動算出。最終評価を履歴として保存可能。
  2. 異動シミュレーションオプション:画面上に人名入りの組織図を表示し、マウス操作でビジュアルかつ簡単に異動登録が可能。
  3. Web社員情報照会オプション:人事部門より公開された人事情報を、社員本人または上長がWeb画面から照会できます。照会画面は任意の項目を自由に組み合わせて作成可能。
  4. 諸届ワークフローオプション(Web):結婚・出生などの家族異動や住所変更など、多岐に渡る人事諸届け処理が簡単かつ正確に実行可能。

③ALIVE SOLUTION HR 人事情報システム

3つ目は、ALIVE SOLUTION HR 人事情報システムになります。

ALIVE SOLUTION HR 人事情報システムは、人事情報管理の効率化と、人材の見える化を支援する人事情報システムです。

簡単な操作で人事定型業務を効率化し、会社独自の管理項目を無制限で登録する事が可能となっているサービスです。

また、データ管理を一元化することができます。キャリア情報のデータベース化で計画的な人材育成をサポートしてくれます。

<ALIVE SOLUTION HR 人事情報システムの機能一覧>

以下が、ALIVE SOLUTION HR 人事情報システムの機能一覧になります。

  • 会社独自の人事管理を実現する「ユーザー定義項目」機能:社員基本情報に加え、会社独自の管理項目「ユーザー定義項目」を無制限で登録することができ、Excelで管理しているデータを一元化可能(活用事例:MBO(目標管理)、健康管理、端末管理(会社支給携帯電話・スマートフォン・パソコン管理)、プロジェクト経験・担当職務、基本給履歴、福利厚生関連(親睦会、クラブ活動、社員旅行情報))。
  • 人事異動における帳票の出力・作成機能:定期人事異動、資格昇格、役職任命など、人事異動における一連の登録を行うので、情報の登録漏れを防止可能。また、人事異動通知などの帳票出力が可能。さらに、給与計算システム「給与指南」と連携することで、組織図に基本給や等級などの給与指南で管理している項目を表示させ、目的に合わせた帳票作成が可能。
  • 計画的な人材育成をサポートするキャリア情報のデータベース化:社員のキャリア情報である、保有資格情報・研修履歴情報・表彰履歴情報をデータベース化することで、人材情報の戦略的な有効活用が可能。また、期限付き資格や免許の漏れのない管理も可能に(保有資格は、保有資格内容、有効期限、取得年月日、認定番号、スコア、報奨金情報、更新情報などに利用可能。研修履歴は研修開始終了年月日、研修内容に利用可能。表彰履歴は、表彰年月日、表彰内容に使用可能。)。
  • 人材の「見える化」実現のための人事Web機能:人事・総務部門内だけで使用するセキュリティーの高いクライアントサーバーシステムと連動し、社内情報共有を目的とした人事Web機能を利用することで、社内コミュニケーションの促進と人材活用を支援。また、人事・総務部門への各種問合せを減らす効果もあり。例えば、権限に応じていつでも社員情報を閲覧できるので、戦略的人事異動を検討する際、誰が求められるスキルを持っているのか、現場でも検索が可能(例えば、人事発令と同時に公開できる「Web人事異動通知」、内線電話情報やメールアドレス・顔写真を閲覧権限に合わせて情報を表示できる「Web社員検索」、所属別、職種別に資格保有人数を表示できる「保有資格状況表」などがあり。)。

今回、紹介した以下の3つの人事情報システムは、それぞれ特徴が異なります。

また、人事情報システムを導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. 人事奉行10
  2. OBIC7 人事情報システム
  3. ALIVE SOLUTION HR 人事情報システム

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システム3選。機能面でおすすめの人事情報システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの人事情報システムを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、人事情報システムは、それぞれ特徴が異なります。

また、人事情報システムは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。