法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステム3選。料金面でおすすめのオーダーエントリーシステムはこれだ!

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステム3選。料金面でおすすめのオーダーエントリーシステムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステムを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステム3選。料金面でおすすめのオーダーエントリーシステムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するオーダーエントリーシステムは、以下の3つです。

  1. スマレジ
  2. でん票くん
  3. poscube(ポスキューブ)

①スマレジ

1つ目は、スマレジになります。

スマレジは、高機能ながらシンプルでわかりやすいデザイン設計で、「使いやすくて、何でもできる」を実現し、販売の現場のみならず、店舗の運営を強力にサポートします。

実際、スマレジは、2013年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞し、実用性だけでなく、デザイン性の高さや将来性が評価されています。

また、接客しながら、その場で在庫参照が可能です。お客さまを待たせることなく、目の前で商品在庫をお伝えすることができるので、コミュニケーションを途絶えさせることなく、接客が可能になります。

<スマレジの料金体系>

以下が、スマレジの料金体系になります。

  • 基本のレジ機能:アプリを使った基本的なレジ機能。細かな設定で、お店にあった販売スタイルが可能。
  • 充実の周辺機器対応:レシートプリンター、バーコードリーダー、自動釣銭機等のハードウェアと連動。
  • 充実の売上分析:売上データをリアルタイムに集計。年別、日別、時間帯別等、高度な集計方法。
  • プレミアム顧客管理:来店や取引履歴がすぐにわかる顧客管理機能。ポイント機能も付与。
  • 複数店舗管理:複数店舗を一括管理する機能。ユーザーの役割ごとに閲覧権限も設定可能。
  • 電子マネー・QR決済:CAT/CCT端末対応。各種モバイル決済サービスとの連携も利用可能。
  • 予算管理:店舗毎の予算設定。目標設定から達成率を分析でき、店舗運営をサポート。
  • 在庫管理:棚卸や発注、入荷出荷、店舗間移動などの高度な在庫管理。
  • 免税店対応:効率的な免税店運営をスマレジで。パスポート情報の読み取りにも対応。
  • 軽減税率対応:制度の内容が決定次第、すぐにアップデート。
  • 他社システム連携:弥生シリーズ等の会計ソフト、iPadセルフオーダーシステムと連携。
  • スマレジAPI:ERPやCRM等のシステムと連携を可能にする、スマレジ独自のAPI。
  • オーダーエントリー:スマレジ・ウェイターを利用した、飲食店向けの高機能オーダーエントリー機能。
  • フードビジネス専用のオフライン対応:インターネットが繋がらなくなっても、通常通り注文管理を可能にする、店舗内サーバー。別途料金が必要。
  • フードビジネス専用のセルフオーダー:テーブルに端末を設置し、お客さま自身で注文していただける機能。別途料金が必要。
  • 商品別税設定:店舗ごとの内税/外税設定はもちろん、商品ごとに内税/外税の切り替えも可能。
  • データのCSV出力:商品情報や売上分析、会員情報等、各種データをCSVで出力可能。
  • スタッフ管理:細かな権限設定や、ログイン・操作履歴管理もできる、充実のスタッフ管理が可能。
  • クイックコマンド:よく使う値引や割引のショートカットキーを設定し、会計時にワンタッチで適用。
  • トレーニングモード:スタッフを対象に、トレーニングシミュレーションが可能。
  • スマレジ・ストア:レシート紙と値札作成は、管理画面から簡単に注文。
  • イベントカレンダー:簡単操作でスケジュールを登録でき、イベント事を確認しながらの予実管理が可能。
  • PL管理:損益計算も考慮した予算と実績の突き合わせで、もっともっと深く知ることが可能。
  • アラート通知機能:在庫が不足していたり、注意すべき点を自動で通知してくれるアラート機能。

②でん票くん

2つ目は、でん票くんになります。

でん票くんは、飲食店向けのPOS(販売時点情報管理)レジ機能とiPadやAndroidなど市販のタブレットをハンディーターミナルとして使用しオーダーエントリーシステム(OES)機能をクラウド型で提供してくれるサービスです。

でん票くんは、の規模を問わず、店内に無線LAN環境があればすぐに利用できるため、気軽に導入できます。

<でん票くんの料金体系>

以下が、でん票くんの料金体系になります。

基本機能
注文受付機能
  • 同一テーブルの場合は新規又は追加で設定可能。
  • 任意で設定できる属性(例、新規or常連、法人or個人等)の登録及び表示可能。
  • 0円メニューの登録可能。
  • 配膳タイミング(前、同時、後)指定機能。
  • オプションメニュー(必須or任意)指定機能。
  • トッピングメニュー(任意)複数指定機能。
  • サイズメニュー(任意)指定機能。
  • メモ登録機能。
  • 確認後の変更機能。
  • 注文確定後の変更機能。
配膳機能
  • モバイルからもPCからも確認、チェック可能。
  • 配膳機能のON/OFF可能。
  • 平均配膳時間表示のON/OFF可能。
追加・変更・取消機能
  • 未払の注文に対して、追加・変更・取消が可能。
  • 支払い済みの注文に対して、レジマイナスが可能。(返金額の表示)
会計機能
  • 2019年10月実施予定消費税改定・軽減税率への対応完了。
  • タブレット及びPCからも操作可能。
  • 小計に対する値引・割引機能(%または金額入力)
  • 税込み1円単位を切り捨てるように値引きする「まるめ機能」あり。
  • 現金支払い以外に、任意でクレジットカード、電子マネー等の支払い方法の登録可能。
  • ベーシック版はプリンター接続ができませんので、レシートや領収書の発行は不可能。
  • 1つの伝票を分割して別々での会計に対応する個別会計機能
  • 小計に対して一定の%で付加料金を設定できます。サービス料や深夜料などに対応。
  • レシート発行前にすべての明細を再発行する「計算書」発行機能。
  • 1度のお会計で2つ以上の支払い方法(例えば現金とカード等)が併用できる複数支払機能
消費税設定機能
  • 消費税率の設定機能
  • 内税方式、外税方式に対応(併用可)
  • たばこや商品券販売用に非課税対応
  • 2019年10月実施予定の消費税改定、および軽減税率対応済み
日報機能
  • 単日または複数日指定で集計に対応。(最大31日間)
  • 概要として、売上(税込み・税別)、客数、客単価、割引額、キャンセル数・額レジマイナス回数・額、消費税額等を表示。
  • 売上明細リスト及びグラフ、利益明細リスト及びグラフ、時間別売上・客数グラフの表示、営業時間中の出金、入金の登録及び表示。
  • レジ開け、当日の入出金、現金売上、レジ閉めの登録による明細表示機能。
  • 支払い方法別の売上表示、スタッフのコメント登録。
  • 電子ジャーナルデータ(CSV)のエクスポート機能。
  • 日ごとのジャーナルデータの印刷機能。
カテゴリー・メニュー登録
  • カテゴリー及びメニューの登録数に制限なし。
  • メニューは販売価格及び原価登録も可能。原価を登録すると日報にて利益分析も可能。
  • 売切による販売休止ボタンあり。
  • 大盛りやトッピングなどのオプションメニュー登録可(料金の追加または減額も対応)。
  • 注文受付画面での表示順カスタマイズに対応。
情報共有機能
  • スタッフ間で情報共有ができる投稿機能(当日限り、中長期版の2種)。
PC版ダッシュボード画面
  • 受注状況が一覧でわかる画面。
  • オーダー順、商品別、配膳済みの3種類の画面を用意。
  • iPad、Androidタブレットでもプッシュ通知ができるSlackアプリと連携
ユーザー登録
  • 管理者IDとスタッフIDの2種を用意。登録数無制限
  • レシート、領収書に名前の印字。
  • 日報等へのコメント登録可能。
  • 入出金、レジマイナス等の操作全てをIDで確認可能。
練習モード
  • 練習モードに設定し、登録した新規注文の登録や会計した伝票は当日の日報には集計されません。新任スタッフ様への教育・練習にご利用ください
レジ開け
  • 開店時の金種毎の登録。釣り銭登録。
  • スキップ機能。
レジ締め
  • 閉店時の金種毎の登録。(未払い伝票の確認)
  • 日報画面へ遷移。
  • ジャーナル印刷に対応。
  • レジ締め再登録機能。
レシートプリンターとの接続
  • スター精密プリンター[WEBPRINT対応モデル]に接続。
  • レシート印刷(ロゴ入れ可)、領収書印刷に対応。
  • 会計前の伝票明細(計算書)印刷対応。
  • 1台のプリンターで、レシートも注文明細(テーブル毎または短冊)の両方の印字に対応。
  • 注文伝票はキッチン用、ホール用と2部印字対応。
  • ドロワーと接続し、会計時に自動開に対応。
キッチンプリンターとの接続
  • スター精密様[WEBPRINT対応モデル]に接続。
  • キッチンプリンターは複数台の接続に対応し、メニューのカテゴリー毎に振り分けが可能。
  • スター精密様[FVP10]を利用の場合、注文確定時にブザー音ON/OFF切り替え可能。
レシート
  • 店名、電話番号、メッセージの登録
  • ロゴデータの登録、印字
  • 再印刷機能
領収書の発行
  • 対応
  • 伝票毎の領収書発行履歴の管理
レジマイナス
  • 支払済伝票一覧からレジマイナス可能。
  • 日報にレジマイナス回数とレジマイナス合計金額の表示。
ドロワーとの連動
  • 会計時のドロワー開操作に対応。

③poscube(ポスキューブ)

3つ目は、poscube(ポスキューブ)になります。

poscube(ポスキューブ)は、従来のPOSレジ専用機とオーダーエントリーシステム (OES) が一つになった唯一のオールインワンタブレットPOSシステムです。

飲食店に必要な厳選された機能の充実はもちろんのこと、顧客管理システムや本部システムなど様々な機能と連携ができ、カスタマイズにも対応できる高い拡張性が特長です。

また、導入企業数に関しては、1000を超えている人気サービスです。

<poscube(ポスキューブ)の料金体系>

以下が、poscube(ポスキューブ)の料金体系になります。

  • セルフオーダーシステム連携機能:メニュー端末からお客様に直接オーダーすることで、スタッフを介さずに注文から会計処理までをスムーズに実行。メニューは多言語に対応。
  • ハンディターミナル:iPod TouchもしくはiPad miniをハンディターミナルとして利用可能。iOSネイティブアプリ[poscube Handy]で操作性やよく専門機並のオーダースピードを実現。
  • オーダーエントリー機能(テーブル選択機能):好きなテーブル名を登録・選択が可能。個室、フロア違いなどを判りやすい名前で管理可能。
  • テーブル管理機能:テーブルの追加・変更の他に相席時のテーブル分割、テーブルの移動、他テーブルとの合算を行なうことが可能。
  • オーダー状況確認機能:テーブルごとにオーダーされた商品の一覧、注文の合計金額をリアルタイムに表示。iPad、ハンディターミナル共に対応。
  • 経過時間表示機能:ファーストオーダーからの経過時間を表示しますので、長時間滞在しているお客様もひと目で確認可能。
  • キッチン伝票ステータス付与機能:キッチンに先出し、後出し、待機等の調理タイミングを併せて送信が可能。
  • オプション付き商品注文機能:商品にトッピングや、焼き方、大盛り等の付与した注文が可能。
  • 顧客属性の付与機能:テーブルごとにお客様の人数や性別・年代等を登録・選択が可能。
  • キッチンプリンタ出力機能:カテゴリーごと、フロアごとにキッチン伝票の振分け、迂回プリンタの設定が可能
  • 簡単再注文機能:一度オーダーした商品を再選択し注文が可能。iPadのみ対応。
  • リー単価(時価)設定:商品単価を事前に登録せずに、オーダー時に自由に価格設定が可能。
  • 商品割引付与機能:注文受付時に商品別に割引料金の適用が可能
  • セレクト機能:セットメニューやコース料理などで、前菜、メイン、デザート別に商品を選択肢として設定することでスムーズな注文が可能。
  • 利用者の登録・変更(権限付与):利用者ごとにIDやパスワード、使用権限の登録が可能。
  • 利用者別言語切替機能(日・英):利用者ごとに表示言語を切替が可能 ※商品・カテゴリー名の切替表示は不可能。
  • トレーニングモード:導入時、新人研修時にトレーニングモードでの練習が可能。
  • 自動釣銭機連携機能:グローリー社の自動つり銭機と連携することで店舗の現金過不足の解消。
  • 複数支払いタイプ併用精算機能:現金とカードを併用してでの支払を行うことが可能。
  • 万券カウント機能:レジ内の1万円札のカウントが可能。レジ締めごとにカウントはリセット。
  • 払い戻し機能:支払済のお会計をキャンセルして払い戻すことが可能。
  • 両替:両替ボタンを押すと、ドロワーが解放。自動つり銭機と連携している場合は単体でも可能。
  • 個別精算機能:1つのテーブルの会計を商品毎に別々に行うことが可能。
  • 未登録商品精算機能:登録されていない商品も自由に価格を設定、精算が可能。
  • 商品バーコード読み込み機能:バーコードの読み込みで商品の呼び出しが可能。
  • 支払割引・割増の自由金額入力:会計時の割引額を自由に設定可能。
  • サービス料対応:%でサービス料をデフォルトで付加することが可能。
  • レジ画面での数量変更機能:注文商品の数量変更をレジ画面で行うことが可能。
  • カスタマーディスプレイ:レジにてお客様向けにiPod Touchなどの端末で会計の合計金額、お釣り金額を対面表示することが可能。
  • レジ締め:ドロワ内の現金有高確認が可能。
  • 割引・割増(商品毎/支払毎)の追加・変更:商品/支払毎の割引・割増の設定をすることが可能。
  • 支払割引・割増のデフォルト設定:割引・割増を常に適用することが可能。
  • 支払方法の登録・変更:各種クレジットカードや電子マネー等の支払方法を登録・変更することが可能。
  • カテゴリー(部門)割引機能:カテゴリー単位での割引・割増が可能。
  • 注文の自動同期:オーダーターミナルからの注文はテーブル単位でレジに自動で同期。
  • 楽天スマートペイなどのクレジットカード決済アプリとの連携機能:クレジットカードでの支払に楽天スマートペイ・ペイメントマイスターが使用可能。
  • レジの登録・変更:レジを複数使用する場合にレジの登録・変更することが可能。

今回、紹介した以下の3つのナレッジマネジメントシステムは、それぞれ違うため、注意が必要です。

  1. スマレジ
  2. でん票くん
  3. poscube(ポスキューブ)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステム 選。料金面でおすすめのオーダーエントリーシステムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのオーダーエントリーシステムを3つ詳しく解説しました。

上記で解説した3つのオーダーエントリーシステム(スマレジ、でん票くん、poscube(ポスキューブ))は、それぞれ違う特徴があります。

また、上記で解説した3つのオーダーエントリーシステム(スマレジ、でん票くん、poscube(ポスキューブ))は、は、機能面だけでなく、料金面も異なるため、しっかり比較検討してから導入しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。