法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システム4選。機能面でおすすめのプロジェクト管理システムはこれだ!

中小企業・零細企業でも昨今では、プロジェクト管理システムの需要が高まっています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システム4選。機能面でおすすめのプロジェクト管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システムを4つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システム4選。機能面でおすすめのプロジェクト管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システムを4つ詳しく解説します。

今回、紹介するプロジェクト管理システムは、以下の4つです。

  1. TeamHack(チームハック)
  2. Taskworld(タスクワールド)
  3. Smartsheet(スマートシート)
  4. Jooto (ジョートー)

①TeamHack(チームハック)

1つ目は、TeamHack(チームハック)になります。

  • ツールごとに機能がバラバラで管理が大変。
  • 登録や確認のために複数のツール画面を行き来するという余計な労力。
  • タスクなどの登録漏れや、情報確認の漏れを起こすリスク。

こういったことで悩んでいる企業は、TeamHack(チームハック)がおすすめです。

TeamHack(チームハック)を使用すれば、タスク管理や情報共有を1つのツールに集約することで、今まで面倒だった複数ツール間の横断がなくなり、作業者は担当作業に集中できます。

また、TeamHack(チームハック)を使用すれば、管理者も全体の把握が楽になるため、一石二鳥です。

<TeamHack(チームハック)の機能一覧>

以下が、TeamHack(チームハック)の機能一覧になります。

タスク管理関連

  • タスク×チャット機能:タスクごとのチャットで各作業ごとに情報をまとめられ、チャットやメールを遡る手間を省き、作業の振り返りも簡単に実行可能。
  • ドキュメント×チャット機能:プロジェクトごとにドキュメント(仕様書)を簡単に整理でき、ドキュメントにもチャットが付いているため、仕様に関するやりとりも楽に実行可能
  • クリック・レビュー機能:作業が完了したらワンクリックでレビューをお願いでき、確認作業をスムーズにし、確認したら差し戻しで管理。
  • 簡単タスク登録:タスク登録は簡単にし、作業者・完了予定日・担当者・レビュー担当者・予定作業時間を入力したら登録するだけで担当者に通知でお知らせ。

タスク管理の見える化関連

  • タイムトラッキング機能:タスクごとに作業時間の計測を1クリックで開始できるため、担当者が作業にどのくらいかかっているか一目瞭然で確認可能。タイムトラッキングはタスクごとにON・OFF切り替えが可能。
  • 作業工程の達成度表示:登録したタスクが現在どの程度完了しているのか、グラフで表示。
  • 期限切れタスク通知:期限を超過したタスクがあれば、炎上アイコンが付いてお知らせ。

その他

  • 複数プロジェクトの一括管理:TeamHackなら1つのツールで複数プロジェクトをまたいで管理することができ、切り替えはタブをクリックするだけで実行可能。
  • タスクのソート&検索機能:担当者・作業期限でタスクをソートできるので、担当作業や優先作業が一目瞭然で、任意のキーワードでも検索可能。

②Taskworld(タスクワールド)

2つ目は、Taskworld(タスクワールド)になります。

Taskworld(タスクワールド)は、ビジネス現場における使い勝手をとことん追求した、仕事効率化のオールインワンソリューションです。

Taskworld(タスクワールド)は、特に、タイム計測&ログ機能に優れており、各タスクで費やした時間を計測できるだけでなく、詳細なアクティビティログを見ることもできます。

料金面に関してですが、Taskworld(タスクワールド)は、プロフェッショナルプランが10.99ドルから始めることができるので、リーズナブルと言えます。

<Taskworld(タスクワールド)の機能一覧>

以下が、Taskworld(タスクワールド)の機能一覧になります。

  1. プロフェッショナルプラン:10.99ドル
  2. エンタープライズプラン:カスタム価格

以下が、Taskworld(タスクワールド)のプロフェッショナルプラン:10.99ドルの可能利用なプランになります。

  • 一つのワークスペース
  • タスク・プロジェクト・チェックリストの数 無制限
  • 複数のメンバーを担当者としてアサイン可能
  • ゲストのワークスペース参加
  • フレキシブルなタスク属性
  • タスクフォロワー設定機能
  • 高度プライバシー設定
  • ダイレクトメッセージ機能
  • 公開/非公開チャットチャンネル
  • プロジェクト専用チャット
  • プロジェクトをまたいだタイムライン機能(ガントチャート)
  • @メンション機能
  • GIF動画&絵文字 使用可能
  • アドミンアクセス権
  • メールへの返信でコメント投稿
  • ピープルページ(チームメンバーディレクトリ)
  • バーンアップ/ダウンチャート機能
  • 公開API
  • 100GBストレージ

以下が、Taskworld(タスクワールド)のエンタープライズプラン:カスタム価格の利用可能な機能になります。

  • 一つのワークスペース
  • タスク・プロジェクト・チェックリストの数 無制限
  • 複数のメンバーを担当者としてアサイン可能
  • ゲストのワークスペース参加
  • フレキシブルなタスク属性
  • タスクフォロワー設定機能
  • 高度プライバシー設定
  • ダイレクトメッセージ機能
  • 公開/非公開チャットチャンネル
  • プロジェクト専用チャット
  • プロジェクトをまたいだタイムライン機能(ガントチャート)
  • @メンション機能
  • GIF動画&絵文字 使用可能
  • アドミンアクセス権
  • メールへの返信でコメント投稿
  • ピープルページ(チームメンバーディレクトリ)
  • バーンアップ/ダウンチャート機能
  • 公開API
  • 100GBストレージ
  • SAML 2.0 シングルサインオン (SSO)
  • 16のデータセンターオプション
  • ワークスペース数 無制限
  • クラウド ストレージ容量 無制限
  • ユーザー監査レポート&全メッセージのコンプライアンスエクスポート
  • 自動データバックアップ機能(毎日)
  • チームメンバーを対象とした、使い方トレーニング電話やメールでの高品質サポート
  • データインポート / 移行のサポートSLA(サービス・レベル契約)
  • 専用サーバー VPC(仮想プライベートクラウド)

③Smartsheet(スマートシート)

3つ目は、Smartsheet(スマートシート)になります。

Smartsheet(スマートシート)は、アイデアをビジネスインパクトにすばやく変換することを可能にするプロジェクト管理システムです。

ビジネス価値をすばやく生み出すパワフルな作業プラットフォーム「Smartsheet(スマートシート)」を組織に導入すれば、アイデアをより具体化し、顧客をさらに獲得して、収益アップにつなげることが期待できます。

また、Smartsheet(スマートシート)は、主要なエンタープライズ ツールやアプリとシームレスに連携するように設計されているため、使い慣れた最高のツール環境でやるべき仕事に集中することが可能です。

<Smartsheet(スマートシート)の機能一覧>

以下が、Smartsheet(スマートシート)の機能一覧になります。

  • ダッシュボード機能:ウィジェットを設定・編集するだけでダッシュボードを簡単に作成またはカスタマイズし、重要なデータをリアルタイム表示。
  • カード ビュー機能:ドラッグ アンド ドロップできるカードとしてデータを表示し、作業の見える化、共有化、および行動化を実現。
  • カレンダー ビュー機能:シートのデータをインタラクティブで簡単にカスタマイズできるカレンダーとして表示したり、iCal や Google カレンダーと同期。
  • ガント ビュー機能:インタラクティブでカスタマイズ可能なガント チャートをすばやく作成し、プロジェクトを可視化。
  • 添付ファイル/リンク機能:ローカルやネットワークからファイルを添付したり、オンライン ドキュメント (Google ドライブ、Dropbox、OneDrive などに保存されているファイル) へのリンクを追加。
  • ポータル機能:情報の中央リポジトリとして機能するポータルを作成し、チームの誰もが同じ見解を持って直ちに行動
  • リマインダー機能:シートや行に対して日付リマインダーが自動的に送信されるように設定し、主要なマイルストーンを確実に達成。
  • モバイル機能:写真を撮って添付したり、添付ファイル/リンクを表示したりして、iOS または Android 用の Smartsheet アプリでいつでもどこでも対応。
  • フォーム機能:シートに基づいてフォームをすばやく作成して公開し、フォームを通じて送信されたデータやファイルをシートに直接保存。
  • アラートとアクション機能:あらかじめ設定したルールに基づいてアラート (通知とリマインダー)、更新リクエスト、承認リクエストが送信されるように設定し、作業プロセスを自動化。
  • 更新リクエスト機能:1つまたは複数の行に対する更新をほかの人に依頼して、最新情報を効率的に収集。
  • 行の送信機能:希望の列 (添付ファイル/リンクやコメントを含む) を選択して、行の内容を電子メールで送信。
  • 共有機能:ユーザーごとにアクセス権限を設定して、シートやレポートを共有。
  • 通知センター機能:通知やリクエストをすべて 1 か所で受信して、直ちに対応。
  • アクティビティ ログ機能:シート、レポート、ダッシュボードの閲覧履歴 (閲覧者、閲覧日時) および共有と共有解除を含む変更履歴 (変更内容、変更者、変更日時) をすべて 1 か所で確認。
  • フィルター機能:条件を設定してフィルターを作成し、特定の行やカードだけが表示されるように適用。
  • リソース管理機能:すべてのプロジェクトにわたって各ユーザーのスケジュールをリアルタイムで確認し、チームのリソースを最大限に活用。
  • クリティカル パス機能:プロジェクトの終了日に直接影響を与えるクリティカル パス タスクを赤色でハイライトして、簡単に確認。
  • セル リンク機能:セル リンクを作成して別シートのセルの情報を参照するように設定し、プロジェクト同士を接続。
  • レポート機能:PDF または Excel 形式でエクスポートできるサマリー レポートを 1 つまたは複数のシートから作成し、レポート内で行った変更を元のシートに自動適用。
  • 公開機能:シートやレポートを読み取り専用または編集可能な Web ページとして公開し、ほかの人と共有。
  • エクスポート、添付ファイルとして送信、印刷機能:シートやレポートをエクスポートまたは印刷したり添付ファイルとして送信したりして、Smartsheet ユーザー以外と共有。
  • 管理者用ツール機能:ユーザーの追加、編集、削除や、ユーザー間でのアイテム所有権の移行など、アカウント全体を簡単に管理。
  • API機能:Smartsheet の RESTful API を使用して、お気に入りのアプリと Smartsheet データを接続。
  • 数式機能:シート内または別シートのデータを使用して、ルックアップ (参照) やサマリー計算などを実行。
  • カスタム ブランディング機能:ブランドの色設定とロゴをシートやワークスペースに適用して、差別化。

④Jooto (ジョートー)

4つ目は、Jooto (ジョートー)になります。

Jooto (ジョートー)は、楽しくカンタンな運用で、プロジェクトの成功をサポートする、 クラウド型のタスク・プロジェクト管理システムです。

特に以下の悩みを持っている方には、Jooto (ジョートー)がおすすめです。

  • 複数のプロジェクトの 進捗管理がうまくできない
  • チーム全員の仕事の進み 具合や状況を追いきれない
  • 認識ミスが起こりやすく チームが疲弊している

そして、Jooto (ジョートー)は、複数プロジェクトも一元管理できるため、車内で、複数のプロジェクトを進めている企業にもおすすめのプロジェクト管理システムです。

<Jooto (ジョートー)の機能一覧>

以下が、Jooto (ジョートー)の機能一覧になります。

タスク管理機能:タスク管理を効率的に、スムーズにし、チームメンバーの進捗管理や、タスクの全体量が視覚的に分かりやすく、初めての人でも使用可能。

  • 進行中・完了など、タスクのステータスを一目で把握
  • タスクの担当者を複数人選べたり、チェックリストやカテゴリー設定でより細かいタスク管理が可能。
  • コメント機能でタスクの認識齟齬の防止。

進捗管理機能:プロジェクトの進捗を一目で把握でき、「ガントチャート」機能も、 Jootoなら無料で使用可能。大規模プロジェクトや、スケジュールが細かいプロジェクトでも、進捗具合が分かりやすく、プロジェクトをより円滑に進めるサポート。

  • 分単位で、開始日時・締切日の設定が可能
  • タスクの移動やスケジュール調整も直感的に変更可能
  • 自由にカスタマイズできる通知設定で、プロジェクトの進捗をリアルタイムで把握

ユーザー管理機能:社内から取引先、外部パートナーまでコラボレーションを最大化し、Jootoでは社内メンバーだけではなく、取引先や外部パートナーをプロジェクト別に招待することができるので、複数のステークホルダーでもJootoを使ってコラボレーションが可能。

  • メールアドレスの入力だけで簡単招待
  • プロジェクトに応じて、ユーザー別に適切な権限を指定できる
  • 外部のプロジェクトメンバーも、招待・削除が可能

また、には、以下の機能もあります。

  • コミュニケーション機能:作成したタスク内でコミュニケーションをとることが出来るため、会話や業務連絡が埋もれる心配がなく、認識・確認ミスが減るだけでなく、振り返りにも便利。
  • 通知設定機能:担当のタスクにコメントや更新があった場合に通知がきて、リマインド機能は外部ツールと連携しながら、自分好みにカスタマイズ出来るため、業務効率がさらにUP。
  • データ共有機能:作成したタスク内では動画や画像など、大容量のファイルをやりとりも可能で、どのファイルが最新だったか悩む必要なし。

今回、紹介した以下の4つのプロジェクト管理システムはそれぞれ、機能が異なります。

また、料金に関しては、プロジェクト管理システムの場合、会社ごとに異なる場合があるので、購入前に必ずプロジェクト管理システムの運営会社に相談することをおすすめします。

  1. TeamHack(チームハック)
  2. Taskworld(タスクワールド)
  3. Smartsheet(スマートシート)
  4. Jooto (ジョートー)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システム4選。機能面でおすすめのプロジェクト管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのプロジェクト管理システムを4つ詳しく解説しました。

上記で解説したように、プロジェクト管理システムは上記で解説したようにたくさんあります。

また、プロジェクト管理システムは、導入する前から、誰が運用するのかなどを決めてからの方が導入後の運用がスムーズになるので、導入する前からしっかりと準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA