法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システム3選。料金面でおすすめのシフト管理システムはこれだ!

現在、アルバイトの労務管理のため、シフト管理システムを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システム3選。機能面でおすすめのシフト管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの を3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システム3選。機能面でおすすめのシフト管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのシフト管理システムです。

  1. スマレジ・タイムカード
  2. Touch On Time(タッチオンタイム)
  3. シプオプ

①スマレジ・タイムカード

1つ目は、スマレジ・タイムカードになります。

スマレジ・タイムカードは、給与計算、休暇管理、シフト管理、日報、プロジェクト管理、勤怠管理の枠を超えた、これからのシフト管理サービスになります。

スマレジ・タイムカードは、iPhoneやiPad、各種PCに対応。テクノロジーの進化にあわせて新しい記録方法に対応しており、いろんな職場で導入することが可能です。

スマレジ・タイムカードの労務アラート機能では、従業員の勤怠状況を自動で監視し、違反する前に警告を送信するので、労務担当者の負担を大幅に軽減します。

<スマレジ・タイムカードの機能一覧>

以下が、スマレジ・タイムカードの機能一覧になります。

タイムカード関連

  • 事業所ごとの出退勤体系設定:営業の開始時刻、終了時刻や休憩時間を自由に設定可能。 また、朝番・夜番などの勤務パターンも作成することが可能。
  • 打刻に必要な作業の設定:事業所毎に打刻時、写真撮影の有無、パスコードの入力を必須にするか、 位置情報の取得を必須にするかどうかをどうかを個別に設定可能。
  • 店内のポジションや役割、権限の設定:店長や経理、一般従業員などの役割を作成し、 それぞれ設定した権限毎にスマレジ・タイムカード内で行う操作に制限を設けることが可能。
  • 事業所の基本情報:給与計算やシフト管理などに使用する、締め日や日付変更時間の詳細情報を事業所毎に 個別で設定可能。一つの事業所の設定をコピーして新規事業所を作成することも可能。
  • 従業員管理としても使える、基本情報設定:入社日や退社日、正社員やアルバイトなどの従業員グループの設定や、 住所や電話番号などの個人情報を入力することで、従業員を個別管理可能。
  • 所属事業所の設定:あらかじめ作成した事業所情報に従業員を関連付け。複数事業所へ同時所属することも 可能で、複雑な交通費や手当の計算も自動で実行。
  • 賃金や手当の設定:毎月の給与計算や人件費の計算に使用する、賃金や交通費やその他付与する手当を細かく 設定出来ます。所属事業所毎に個別で設定することも可能。
  • その他、便利な設定項目:店内ポジションで作成した役割を割り振ったり、全体出退勤画面への表示の有無など、 異なる労働環境でも効率よく管理するための設定項目を用意。

シフト管理

  • たったの3ステップ、かんたんシフト作成:事業所ごとに期間・従業員の希望提出の有無・提出期限を選択し簡単に、シフトを作成可能。
  • 従業員の希望を集計:従業員へメールで送信し、希望日や出勤の可否、備考などの希望を集計。提出期限の設定が可能で、入力した希望日は自動でシフト表に反映。
  • 月別のカレンダー表示と日別表示を切り替え可能:事業所ごとのシフトの予定と実績が管理可能で、適正人数との比較や、人件費の合計などがわかりやすく管理可能。
  • オリジナルの勤務パターンを作成:朝番や昼番、遅番など出退勤時間と休憩時間を設定し、自由に勤務パターンを作成できます。 パターンごとの集計や、適正人数との比較が可能。
  • スマレジとの連携:クラウド型POSレジ「スマレジ」と連携し、売上や客数情報と比較しながらシフトを作成したり、予算と実績のデータを見ながら経営に活用することが可能。
  • シフト表の閲覧とダウンロード:本日のシフトで当日のシフトの閲覧ができ、月別のシフト予定はPDF形式、エクセル形式(.xlsx)でダウンロード可能。

休暇管理

  • たったの3ステップ、かんたんシフト作成:事業所ごとに期間・従業員の希望提出の有無・提出期限を選択し簡単に、シフトを作成可能。
  • 従業員の希望を集計:従業員へメールで送信し、希望日や出勤の可否、備考などの希望を集計。提出期限の設定が可能で、入力した希望日は自動でシフト表に反映。
  • 月別のカレンダー表示と日別表示を切り替え可能:事業所ごとのシフトの予定と実績が管理可能で、適正人数との比較や、人件費の合計などがわかりやすく管理可能。
  • オリジナルの勤務パターンを作成:朝番や昼番、遅番など出退勤時間と休憩時間を設定し、自由に勤務パターンを作成できます。 パターンごとの集計や、適正人数との比較が可能。
  • スマレジとの連携:クラウド型POSレジ「スマレジ」と連携し、売上や客数情報と比較しながらシフトを作成したり、予算と実績のデータを見ながら経営に活用することが可能。
  • シフト表の閲覧とダウンロード:本日のシフトで当日のシフトの閲覧ができ、月別のシフト予定はPDF形式、エクセル形式(.xlsx)でダウンロード可能。

プロジェクト管理

  • わかりやすくプロジェクトの概要を管理:開始日、終了日や概要・完了報告など、プロジェクトの基本情報を簡単に細かく設定できます。 また、終了した過去のプロジェクトも簡単に参照可能。
  • タスク管理サービス「Redmine」と連携:Redmineで扱うチケットの進捗状態を読み込んで、割合表示が可能です。もちろん手動での入力にも対応。
  • 勤怠サービスならではの機能で、適切な予算設定を:プロジェクトメンバーを設定することで、予算を自動で算出できます。 また、外部従業員や物品など、自動集計できない費目も簡単に追加可能。
  • 毎日の日報から算出する確かな実績管理:従業員が日報につける日報タグから、実績を自動で算出します。 個別での入力が必要ないので、簡単で確実な予実管理が可能。
  • プロジェクト管理に必要な申請・承認のワークフロー:新規プロジェクトの作成に必要なワークフローを独自に設定可能。

日報管理

  • 日報の作成:いつでもどこからでも管理画面から日報の作成・編集が可能。スマホやタブレットからでも操作しやすい画面設計。
  • 務内容を区別しやすい日報タグの作成:業務に紐付ける日報タグの設定が可能です。 カラーラベルによる色分けや、タググループ設定、管理者のみの表示制限など、柔軟な設定が可能。
  • 提出された日報の管理:管理者や店長は、提出された日報を事業所毎のカレンダー表示や従業員ラベルによるフィルタリングで効率よく管理可能。
  • 労働時間のデータ集計:勤怠と連動し、労働時間別に様々なデータの集計が自動で実行。期間選択や日報タグ別の集計、従業員別の集計が可能。
  • 集計データをダウンロード:日報タグ別、従業員別に集計データをCSV形式でダウンロード可能。

また、以下が、スマレジ・タイムカードのサポート体制になります。

  • チャットサポート:有料プラン(プレミアムプラン/エンタープライズプラン)では、管理画面から、リアルタイムにチャット形式で使い方をお問い合わせ。アカウント作成後60日間は、無料でチャットサポートを利用可能。チャットサポート対応時間:11:00〜17:00(平日のみ)。
  • メールサポートすべてのプラン:スマレジ・タイムカードをご利用いただいているすべてのお客さまを対象に、無料のメールサポートを実行。18時までの問い合わせは、当日返信。メールサポート受付時間:10:00〜18:00(平日のみ)。
  • ヘルプサイトすべてのプラン:スマレジ・タイムカードの詳しい使い方やナレッジをヘルプサイトで公開。よくある質問から特殊な事例まで、現場の情報を網羅。

②Touch On Time(タッチオンタイム)

2つ目は、Touch On Time(タッチオンタイム)になります。

Touch On Time(タッチオンタイム)は、クラウド勤怠管理システム市場でシェアNo.1獲得しえおり、使いやすく、続けやすいため、82万人以上のユーザーに利用されています。

利用料は月額300円(税別)/1人のみで、これだけで出退勤管理はもちろん、シフト作成など多彩な機能を利用できます。

オプションによる追加費用などは発生しないので安心です。

タッチオンタイムは導入から運用まで、万全の体制でしっかりサポートします。

導入の流れは、以下の通りです。

  • WebサイトやFAXなどの申込みフォームから無料トライアルに申込。申し込み後、無料お試しに必要な書類やご希望のタイムレコーダーを同梱したスターターキットが到着。
  • 就業ルールやタイムレコーダーなど、サポートセンターと一緒に初期設定を実行。自身で初期設定を行うことも可能。
  • 設定が完了したらお試しスタート。
  • お試し期間が終了する際、サポートセンターより継続利用の意思確認あり。もし継続利用されない場合でも、無理な勧誘はなく、貸出タイムレコーダーを返送いただければ無料お試しが終了。

<Touch On Time(タッチオンタイム)の機能一覧>

以下が の機能一覧になります。

  • 勤怠ルール登録:勤怠ルールの登録を実行。ここに登録された時間が所定時間として適用。出退勤時間、休憩時間のほかに、みなし勤務やフレックス勤務の設定などが可能。スケジュールパターンは無限に作成することが可能。
  • スケジュールパターンの設定:設定したスケジュールパターンを描く従業員区分に割り当て。月別、曜日別・時間帯別でスケジュールを割り当て人数の目標値を設定し、それを参考にシフトを組むことも可能。
  • スケジュール登録:シフト表(スケジュール表)を印刷可能。シフト表はExcelファイルで出力されるので、出力後に加工することも可能。
  • フレックス勤務対応:フレックス勤務に対応。コアタイムの設定も可能。
  • 変形労働制度対応:変形労働制度に対応。基準時間は月単位・週単位で設定可能。
  • ヘルプ勤務対応;メインの所属店舗と異なる店舗で業務を行う、いわゆるヘルプ勤務(応援勤務)に対応。ヘルプ勤務で発生した労働時間を加味した「実労働時間」も確認することが可能。
  • 時給の登録:時給の登録が可能。時給は所定、所定外、残業、深夜残業、など細かい区分毎に設定することが可能。時給だけでなく、日給・月給の登録も可能。
  • 概算人件費登録:概算人件費をリアルタイムで計算することが可能。概算人件費は従業員個人単位、従業員のグループ単位ごとに、日別・月別で計算・確認可能。概算人件費は、登録された時給や日給と勤怠実績によって計算。
  • 勤怠の予実管理:あらかじめ従業員のスケジュールを登録していただくことで、予定勤怠と実績勤怠の比較ができ、予実管理が実行。予定と実績の差異がリアルタイムで計算できるので、店舗の負荷状況をいち早く知ることが可能。
  • 所定時間のスケジュール登録:勤怠ルールの登録を実行。ここに登録された時間が所定時間として適用。出退勤時間、休憩時間のほかに、みなし勤務やフレックス勤務の設定などが可能。スケジュールパターンは無限に作成することが可能。
  • スケジュールパターンの設定:設定したスケジュールパターンを描く従業員区分に割り当て。月別、曜日別・時間帯別でスケジュールを割り当て人数の目標値を設定し、それを参考にシフトを組むことも可能。
  • スケジュール登録:(シフト表の印刷)シフト表(スケジュール表)を印刷可能。シフト表はExcelファイルで出力されるので、出力後に加工することも可能。
  • 変形労働制度:メインの所属店舗と異なる店舗で業務を行う、いわゆるヘルプ勤務(応援勤務)に対応。ヘルプ勤務で発生した労働時間を加味した「実労働時間」も確認することが可能。

③シプオプ

3つ目は、シプオプになります。

シフト管理システムの「シフオプ」は、手間や時間のかかるシフト管理業務の効率化はもちろん、 従業員の稼働率向上による人手不足対策・シフトデータ活用による人件費管理強化など、様々なメリットを提供してくれます。

また、リクルート社のサービスであるため、安心して利用できます。

<シプオクの機能一覧>

以下が、シプオクの機能一覧になります。

  • シフト申請:スタッフからの申請シフトが管理者の画面に自動反映され、申請状況が一目で確認可能。
  • モバイル対応:スタッフは、パソコン、スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)からシフト希望を提出可能。
  • 自動締切メール:シフトの締切3日前や当日など、あらかじめ設定したタイミングでリマインドメールを自動送信で可能。
  • シフト作成:日別・週別・月別など、いろいろな切り口の画面でシフト作成が可能。
  • アラート機能:労務規定違反やリスクのあるシフトに警告を表示することが可能。企業独自の設定も可能。
  • モデルシフト表示:必要人数に対しての過不足や、シフト人件費をリアルタイムに表示。
  • 人件費管理:シフト作成時にシフト人件費を自動計算します。事前に人件費予算を設定することも可能。
  • シフト共有:シフトを確定すると、スタッフに自動メールやアプリで通知。
  • 印刷機能:日別・週別など、期間ごとのシフト表や、スタッフ別のシフト表など、いろいろなパターンで印刷可能。
  • モバイル対応:モバイルでもインターネット環境があれば、いつでもどこでもシフトの確認が可能。フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、PCに対応。
  • ヘルプ募集:スタッフ全員にヘルプ募集を一斉送信でき、スタッフはその場でヘルプ募集に対する返事が可能。
  • 複数店舗管理:店舗間でシフト情報を共有することができ、店舗間ヘルプの運用が可能。
  • 権限・組織設定:シフオプ上での管理権限、店舗や所属、グループなど、柔軟な設定で組織に合わせた管理が可能。
  • メッセージ機能:シフトに関するメッセージをやりとりでき、簡単にコミュニケーションをとることが可能。

今回、紹介した以下の3つのシフト管理システムは、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. スマレジ・タイムカード
  2. Touch On Time(タッチオンタイム)
  3. シプオプ

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システム3選。機能面でおすすめの はこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのシフト管理システムを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、シフト管理システム(スマレジ・タイムカード、Touch On Time(タッチオンタイム)、シプオク)は、それぞれ特徴が異なります。

また、シフト管理システムは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。