法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブ3選。機能面でおすすめのメールアーカイブはこれだ!

メールアーカイブを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブ3選。機能面でおすすめのメールアーカイブはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブ3選。機能面でおすすめのメールアーカイブはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのメールアーカイブです。

  1. Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)
  2. GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)
  3. Zenlok(ゼンロック)

①Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)

1つ目は、Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)になります。

Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)は、メールアーカイブ専用アプライアンスです。主要なメールサーバに付いているジャーナリング機能を用い、社内メール/社外メールを1台でアーカイブしてくれます。

Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)の特徴として、以下の4つの点が挙げられます。

  • 日本語化された非常に分かりやすい管理画面
  • 高い外部拡張性
  • 全文検索機能を標準装備
  • ユーザライセンス不要

<Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)の機能一覧>

以下が、Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)の機能一覧になります。

Barracuda Message Archiver(150 / 350 / 450 シリーズ)

モデル 150 350 450
処理能力
最大ユーザ数 150 500 1,000
ストレージ容量 500GB 2TB 4TB
ハードウェア
ラックマウントシャーシ 1U 1U 1U
寸法(cm) 43.7×4.3×50 43.7×4.3×50 43.7×4.3×50
重量(kg) 6.8 9.5 9.5
イーサネット 1×Gigabit 1×Gigabit 1×Gigabit
AC 入力電流(amps) 1.8 1.8 2.4
冗長ディスクアレイ(RAID) RAID-1 RAID-1
ECCメモリ
冗長電源

650 / 850 / 950 / 1050 シリーズ

モデル 650 850 950 1050
処理能力
最大ユーザ数 2,000 4,000 6,000 18,000
ストレージ容量 8TB 18TB 28TB 66TB
ハードウェア
ラックマウントシャーシ 1U 2U 3U 4U
寸法(cm) 43.7×4×50 44.2×8×64 66.5×13×44 72.4×17×44
重量(kg) 11.8 23.6 30.0 49.0
イーサネット 1×Gigabit 2×Gigabit 2×Gigabit 2×Gigabit
AC 入力電流(amps) 4.1 5.1 5.0 7.2
冗長ディスクアレイ(RAID) RAID-6 RAID-6 RAID-6 RAID-60
ECCメモリ
冗長電源

Barracuda Email Security Gatewayシリーズ

機種 モデル200 モデル300 モデル400
筐体サイズ 1Uミニ 1Uミニ 1Uミニ
寸法(in.) 16.8×1.7×9 16.8×1.7×14 16.8×1.7×14
寸法(cm) 42.7×4.3×23 42.7×4.6×40.6 42.7×4.6×40.6
重量(Kg.) 3.6 5 5.5
イーサネット 1×10/100 1×Gigabit 1×Gigabit
AC入力電流 1.0 A 1.2 A 1.4 A
消費電力 120 W 144 W 168 W
熱量 409 BTU/h 491 BTU/h 573 BTU/h
電源仕様 AC入力電圧
100-240V
周波数50/60 Hz
AC入力電圧
100-240V
周波数50/60 Hz
AC入力電圧
100-240V
周波数50/60 Hz
ラックマウント用
レールキット
想定ユーザ数 500 1000 5000
ドメイン数 50 250 500
共有の隔離領域
ユーザ毎の設定と
隔離領域
LDAPによる
宛先の存否確認
Syslogサポート
ドメイン毎の設定
LDAPによる
ユーザログイン
SNMPサポート
RAID
ユーザ毎のスコア設定
フィルタ対象ユーザ
ロゴのカスタマイズ
電源の冗長化
大規模事業者向け
機種 モデル600 モデル800 モデル900
筐体サイズ 1Uフルサイズ 2Uフルサイズ 2Uフルサイズ
寸法(in.) 16×1.7×22 17×3.5×25 17×3.5×25
寸法(cm) 42×4.3×57 44×8.9×64 44×8.9×64
重量(Kg.) 11.8 20.9 23.6
イーサネット 2×Gigabit 2×Gigabit 2×Gigabit
AC入力電流 1.8 A 4.1 A 5.4 A
消費電力 216 W 420 W 648 W
熱量 737 BTU/h 1433 BTU/h 2203 BTU/h
電源仕様
  • AC入力電圧
  • 100-240V
  • 周波数50/60 Hz
  • AC入力電圧
  • 100-240V
  • 周波数50/60 Hz
  • AC入力電圧
  • 100-240V
  • 周波数50/60 Hz
ラックマウント用
レールキット
想定ユーザ数 10,000 22,000 30,000
ドメイン数 5000 5000 5000
共有の隔離領域
ユーザ毎の設定と
隔離領域
LDAPによる
宛先の存否確認
Syslogサポート
ドメイン毎の設定
LDAPによる
ユーザログイン
SNMPサポート
RAID
ユーザ毎のスコア設定
フィルタ対象ユーザ
ロゴのカスタマイズ
電源の冗長化 M○-

②GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)

2つ目は、GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)になります。

GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)は、柔軟性の高いフィルタリング機能と、豊富な配送制御機能で、業務にマッチしたポリシーを設定でき、メール誤送信や情報漏えい事故を未然に防ぐことが可能です。

GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)は、以下の5つが特徴といえます。

  1. 豊富なメール配送処理:指定条件に合致したメールをどう処理するか、豊富な処理パターンから選択可能。
  2. Office 365の環境でもメールセキュリティ強化:Office 365を利用の場合でも、上長承認や標的型攻撃メール対策を含む各種機能が利用できるため、メールセキュリティを強化することが可能。また、リッチテキスト形式の添付ファイルも認識して検査が可能。
  3. 個人情報検査(マイナンバー対応):通常のキーワード検査では発見が難しい個人情報も弊社独自技術で検知しブロック可能。マイナンバーもチェックデジットを検査することで正確な検出が可能。
  4. 標的型攻撃メール対策:標的型攻撃メールを検知し、件名に警告文挿入や、管理者への通知が可能。
  5. 添付ファイル内のテキストも検査:メール本文だけでなく添付ファイルの中身までキーワード検査が可能。

<GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)の機能一覧>

以下がGUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)の機能一覧になります。

  • フィルタリングルール機能:柔軟性の高いフィルタリング機能と、豊富な配送制御機能で、業務にマッチしたポリシーを設定でき、メール誤送信や情報漏えい事故を未然に防ぐことが可能。またルールの編集画面は、プルダウンやチェックボックスで容易な入力が可能なモードと、関数を用いてより高度な定義が可能なモードの2種類を用意。
  • 保留機能のスマートデバイス対応機能:スマートフォンやタブレットなど、スマートデバイス用に最適化した保留メール管理画面から、メールの本文や添付ファイル、ヘッダー情報などを閲覧し、送出/削除/転送、一括送信、一括削除といった操作が可能です。また、保留メールを閲覧や監査した記録を残すことも可能。スマートデバイスからGUARDIANWALL MailFilterへアクセスするためには、別途お客様ネットワーク環境の対応が必要。
  • 遅延配送機能:送信メールを一定時間保留することが可能。一時保留されたメールは、メール送信者自身で削除することが可能。メール誤送信時の多くは送信直後にその送信者自身が気づくケースが多く、送信者自らが誤送信に気づき削除が可能となることで、誤送信を未然に防ぐことも可能。
  • 自己監査可能:送信者が一定時間内に監査を行わないメールを自動で削除することが可能。例えば、重要なメールは送信時に上司承認を行い、一般のメールは送信者自身のチェックのみとするなど、メール承認者に負荷のかからない誤送信対策を実現。
  • 個人情報検査機能:情報漏えいで一番注意すべき個人情報も、通常のキーワード検査では発見が難しい個人情報を弊社独自技術によりスコア付け(0~100)を行い、設定したスコア以上のメールを保留や削除することが可能。氏名、住所、組織名は約7万語の辞書(※)を使用し検出、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号はパターンマッチングで検出、個人情報と思われる言葉をあらかじめ登録する必要なし。
  • マイナンバー検出(チェックデジット検査対応)機能:メール本文や添付ファイル内を検査し、マイナンバー情報を検出したメールを保留や削除できるようになりました。個人番号、法人番号のどちらも検出可能。メールログ閲覧からマイナンバーを含む過去メールの検索も可能。
  • 脅威情報連携機能:脅威となり得るURL情報を、GUARDIANWALL Mailファミリー にてメール本文や添付ファイルから収集、またはトレンドマイクロ社の「Deep DiscoveryTM Inspector(DDI)」にて収集し、GUARDIANWALL WebFilter に「未知の脅威」として自動登録。標的型攻撃の出口対策として、現状のフィルタリングに加え、登録された脅威URLへのアクセスをGUARDIANWALL Webファミリーで遮断することで、「マルウェア感染」や「情報漏えい」を防止。本連携機能は、GUARDIANWALL MailファミリーのMailFilterもしくはMailSuite製品と、GUARDIANWALL WebFilterの併用が必要。
  • 標的型攻撃メール検知機能:近年増加し情報漏えいの脅威となっている標的型攻撃の疑いがあるメールの検知が可能。標的型攻撃と判定された場合、件名に警告文を挿入しユーザーが安易に開封しないよう促すことや、メールの強制削除、管理者への通知などが設定可能。
  • アンチウイルス/アンチスパム機能:標的型攻撃の入口対策として、「既知の脅威」に対し効率的かつ有効なシグネチャベースのアンチウイルス・アンチスパム機能をオプションとしてラインアップ。標的型攻撃メール検知機能との併用可能。メールからの脅威の侵入を防ぐとともに、脅威情報連携機能においてGUARDIANWALL WebFilterへ自動登録することで、より多くの脅威情報の検知・収集を実現。さらに、社内から社外へ送信するメールに対しても本検査を実施し、自らが加害者となることを防止。
  • 添付ファイル検査機能:メール本文だけでなく多くの情報が含まれる添付ファイルに対してもきめ細かな検査が可能。
  • ルールテスト機能:ルールの動作を本番適用前にテストできるようになりました。emlファイルを管理画面からアップロードし、メールの配送に影響を与えることなく、より安全に、より確実にルールの確認が可能。

③Zenlok(ゼンロック)

3つ目は、Zenlok(ゼンロック)になります。

Zenlok(ゼンロック)は、Office365やGSuiteはもちろん。他のメールサービスと連携可能で、顧客のメールサービスに追加して利用するクラウド型アーカイブサービスです。

Zenlok(ゼンロック)はアーカイブサービスをクラウドで提供してくれるため、これによりサーバ保守をすることも発生しません。

また、検索も簡易な画面で提供してくれるため、監査の際も複雑な作業は不要です。

そして、Zenlok(ゼンロック)は、価格が安い点も魅力です。

Zenlok(ゼンロック)なら1ユーザーにつき年額2400円(月額換算200円)で容量無制限で、利用可能で、自社でのサーバメンテナンス等も必要ないため、アーカイブの導入・運用コストの削減にもつながります。

<Zenlok(ゼンロック)の機能一覧>

以下が、Zenlok(ゼンロック)の機能一覧になります。

  • すべてのメールを暗号化保管:あらゆる電子メールに対応し、すべてのデータを暗号化して安全に保管。
  • 条件を入れて、検索実行するだけのコマンド不要システム:特別なコマンドは不要なのでシステム部門以外の方でも簡単に利用可能。
  • プレビュー機能:プレビュー画面。「メールの詳細」をクリックで内容を確認可能。エクスポートしなくてもプレビューで内容が確認可能。
  • エクスポート機能:エクスポート画面をアーカイブ作成の実行前に、目安時間が確認可能。条件に応じてエクスポート可能。メールアドレスや期日指定や添付ファイル有無等、検索実施に複数条件を設定することができるため、退職者などのアーカイブデータが抽出可能。暗号化して保管していたアーカイブデータをエクスポート時に自動的に復号可能。

今回、紹介した以下の3つのメールアーカイブは、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)
  2. GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)
  3. Zenlok(ゼンロック)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブ3選。機能面でおすすめのメールアーカイブはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのメールアーカイブを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、メールアーカイブ(Barracuda Networks(バラクーダネットワークス)、GUARDIANWALL MailFilter(ガーディアンメールフィルター)、Zenlok(ゼンロック))は、それぞれ特徴が異なります。

また、メールアーカイブは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です