法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型勤怠管理システムはこれだ!

クラウド型勤怠管理システムを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型勤怠管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システムを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型勤怠管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのクラウド型勤怠管理システムです。

  1. KING OF TIME(キングオブタイム)
  2. Zoho People(ゾーホーピーポー)
  3. jinjer勤怠

①KING OF TIME(キングオブタイム)

1つ目は、KING OF TIME(キングオブタイム)になります。

KING OF TIME(キングオブタイム)は、お手持ちのPCとインターネット(VPN不要)だけで、簡単で高度な勤怠管理を行うクラウド型の勤怠管理システムです。

また、KING OF TIME(キングオブタイム)は、打刻データがリアルタイムにブラウザ上で管理出来るので「作業効率」と「コスト削減」の実現が可能となります。

そして、打刻方法は、併用して使用する事も可能なため、便利と言えます。

<KING OF TIME(キングオブタイム)の機能一覧>

以下が、KING OF TIME(キングオブタイム)の機能一覧になります。

残業時間の管理機能

  1. 残業基準の設定:普通残業、休日残業、割増残業など、様々な残業計算の基準を、社員、アルバイトなど、就業ルールの違う従業員ごとに設定できます。 残業の申請・承認後に残業時間を反映することも可能。
  2. 勤怠管理設定:残業の申請・承認を行う場合は、最終承認者が残業承認後、残業時間を表示。 8時間超など、規定値を超えた時間を自動的に残業とする場合は、リアルタイムに打刻データの集計を行うので残業時間も瞬時に表示。その為、月中での労働時間の見直しも可能。 また、アラート設定をすることで、一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することも可能。
  3. 残業時間の確認:各従業員が パソコン、携帯電話から自分のタイムカード画面へログインし、残業の申請を行うことができます。 申請理由の入力、事後申請も可能。
  4. 残業の承認:各従業員からの残業申請に対し、管理者が管理画面から承認・棄却を実行。従業員へコメントを返すことも可能。
  5. 残業管理:リアルタイムに打刻データの集計を行い、残業も瞬時に表示されるため、月中での労働時間の見直しも可能。また、アラート基準を設けることで一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することも出来ます。休日残業、割増残業の管理も可能。

スケジュール・シフト管理機能

  • スケジュールパターンの設定:個別のスケジュールパターンを何通りでも作成できます。作成したパターンを使用できる所属、雇用区分も指定可能。直行・直帰、出張などの打刻無しでも勤務したとするみなし勤務、フレックス勤務、休暇の設定が可能。
  • スケジュール登録:日、週、月、任意の期間(最大3ヶ月)単位で、予め設定したスケジュールパターンを各従業員に割り当てるだけで、簡単にスケジュール登録可能。曜日毎、月毎で固定の勤務パターンという場合は、自動的にスケジュール登録可能。月別、曜日/時間帯別の目標値を設定し、それを参考にしたスケジュール登録も可能。また、従業員からスケジュールを申請することも可能。
  • 予実管理:作成したスケジュール(予定)に対して、実際の勤務実績との差異をリアルタイムに確認可能。日、週、月、任意の期間(最大3ヶ月)単位での比較が可能です。これにより予定に対してどれくらいのギャップが生じているのかが確認でき、適性な労働時間の管理が可能。
  • 単価の設定:雇用区分(職種)や個人に対して、時間給(所定・深夜など別)、日給、月給、交通費を設定することが可能。
  • 予実の管理:シフトを立てた段階で、その店舗の人件費概算を把握することができます。実績と予定との差異は、リアルタイムで更新されるため、月別ではなく、日別・週別での精緻な管理が可能。
  • 人件費概算管理:従業員のマスタに単価を登録する事により、集計結果により人件費概算金額が確認できます。この機能により、日別/週別/月別の集計がリアルタイムで確認でき、人件費管理に使用可能。
  • 拠点ごとの集計結果の確認:各拠点ごとの勤怠データがリアルタイムで確認可能。スケジュールを設定することで、拠点ごとの予実管理も可能なので、どの拠点が予定通りか、そうではないか瞬時に判明。

勤務状況確認機能

  • 日々の打刻確認:毎日の打刻データ、勤怠データがリアルタイムで確認出来ます。所属、雇用区分、従業員グループ単位でのデータ確認が可能。
  • ヘルプ打刻:ヘルプ打刻ができ、他所属で打刻すると、ヘルプ先が表示。また、所属ごとの集計が可能。
  • 拠点ごとの集計結果の確認:各拠点ごとの勤怠データがリアルタイムで確認可能。シフトを設定していただくことで、拠点ごとの予実管理も可能で、どの拠点が予定通りか、そうではないか瞬時に判別。
  • 打刻忘れ・勤怠異常の容易なエラーチェック:勤怠計算が出来ないものが一覧でエラーとして容易にチェック可能。リアルタイムでの情報処理が可能な為、締め日に作業が集中する事はなし。

拠点ごとの勤怠管理の時差(タイムゾーン)設定:所属(各拠点・工場)ごとに時差(タイムゾーン)の設定ができるようになっております。拠点ごとに時差があっても、全て一元管理が可能。

ワークフロー(申請・承認)機能

  • 申請可能な項目が多数あり:申請承認機能には、1.スケジュール申請(休暇申請含む)2.打刻申請3.残業申請4.勤怠確認申請5.従業員登録申請の5種類があり。管理者は、承認/棄却を選択するだけで、承認作業が行うことが可能。
  • 様々な申請・承認ルールに対応:申請時にメッセージ入力(申請理由)を必須にする、承認者から申請者へ申請内容についてメッセージ入力可能。申請・承認・棄却時に申請者、承認者へメール通知する、申請・承認フローは最大5段階まで設けることができる等、運用ルールに合わせて申請・承認時のルールを設定可能。

②Zoho People(ゾーホーピーポー)

2つ目は、Zoho People(ゾーホーピーポー)になります。

Zoho People(ゾーホーピーポー)は、従業員の満足度を高めるために開発されたクラウド型勤怠管理システムです。

御社が従業員に対応している間、Zoho People(ゾーホーピーポー)が人事プロセスを管理してくれ、新入社員研修から勤怠管理、時間管理、人事評価まで、すべてを網羅してくれます。

以下の6つの点が、Zoho People(ゾーホーピーポー)の特徴と言えます。

  1. 従業員データを一元化し、安全に管理:すべての人事管理を一元的に。従業員の検索、お気に入りの設定、組織図の表示、離職関連レポートの分析など、1つのダッシュボードからすべてを行うことが可能。
  2. 従業員からの質問に回答:質問への回答に追われていませんか?Zohoのケース管理ツールを使えば、各タイプの質問に対するカテゴリー作成、担当者の割り当て、ケースの整理とコメントによる議論が可能。
  3. 就業時間、休暇取得、出退勤を瞬時に把握:手入力で発生するエラーの防止、複数デバイスからの勤怠データの統合、休暇タイプのカスタマイズ、ジョブのスケジューリング、タイムシートの作成もかんたんに行うことが可能。
  4. 人事管理タスクの自動化で処理時間を短縮:メール通知の自動化、タスクとチェックリストの作成、項目の自動更新、カスタムアプリケーションの構築。インテリジェントなワークフローを構成して時間を有効に活用。
  5. 従業員パフォーマンスレビューを簡素化:従業員の強みと弱みを特定可能。目標を設定し、360度フィードバックを実行して、パフォーマンスをレビュー。目標と現状のギャップを解消。
  6. カスタマイズしてビジネスニーズの充足:集めたい情報を網羅するように各種カスタムフォームを作成し、すべてのデータを最新状態に保持。

<Zoho People(ゾーホーピーポー)の機能一覧>

以下が、Zoho People(ゾーホーピーポー)の機能一覧になります。

休暇管理:Zoho Peopleを通して、休暇管理プロセスが簡素化可能。休暇やトレーニング、病欠など、組織全体のすべてのタイプの休暇を記録し、モニタリング可能。また欠勤パターンを分析し、効率性を管理し、時間の無駄を減らすことが可能。

勤怠管理:オフィス外にいる従業員でも、勤務時間、勤務状況、欠勤、休暇を管理可能。

タイムトラッカー機能:Zoho Peopleのタイムトラッカーによって、従業員の業務を継続的に追跡可能。チームの効率を定期的にモニタリングし、全体の生産性を向上。

フォームのカスタマイズ機能:お客様のニーズに合わせてZoho Peopleをカスタマイズし、お客様のブランドを反映させることが可能。

パフォーマンス評価機能:Zoho Peopleは、従業員の能力やパフォーマンスを分析するうえで役立ち。パフォーマンス評価サイクルを実行し、体系的な方法でレビューを実行。

従業員セルフサービス機能:Zoho Peopleのセルフサービス機能により、従業員は確立されたルールに基づき、自身の記録にアクセスして更新することが可能。人事スタッフをマニュアル更新から解放し、より効率的な作業が可能。

Zoho People向けモバイルアプリ機能:全機能を網羅したモバイル従業員ディレクトリーを使用し、外出先でも同僚とつながり、コラボレーション可能。従業員は、iOSやAndroidモバイルデバイスを通して、チェックイン、チェックアウトもかんたんに可能。管理者は、IP制限を設定し、従業員がいつどこで出勤時間を記録できるかを管理可能。

外出先関連機能

③jinjer勤怠

3つ目は、jinjer勤怠になります。

injer勤怠は、多彩な打刻方法、アプリ対応、シフト作成、予実管理などの機能を搭載。管理・作業コストを軽減することで、勤怠管理のオペレーション効率化を実現してくれます。

jinjer勤怠は、PC、スマホ、タブレットはもちろん、チャットツールやApple Watch、Google homeでも打刻が可能!従業員の労働時間をスピーディに集計と管理ができ、また管理者も従業員もいつでもどこでも申請、承認が挙げられるマルチデバイス対応です。

36協定に基づいた異常値検出や労働時間超過、打刻漏れなども自動でお知らせする機能もあるため、非常に便利です。

<jinjer勤怠の機能一覧>

以下が、jinjer勤怠の機能一覧になります。

  • 打刻手段:パソコン、スマートフォン(専用アプリ)、タブレット(専用アプリ)、ICカード、chat work、slack
  • 勤務形態:通常勤務、シフト勤務、変形労働時間制(月)、フレックスタイム制(コアあり)、フレックスタイム制(コアなし)、みなし労働時間制
  • 休暇管理:年次有給休暇設定、振休/代休設定、特別休暇設定、半休/時間休設定、振休・代休設定、自動付与/一括付与/一括処理、履歴管理
  • スケジュール管理:基本スケジュール、スケジュール申請/承認、スライダースケジュール、スケジュールCSV登録、ポジション/能力管理、人数枠設定/過不足人員管理、ヘルプ管理
  • 各種申請承認:残業申請、休日出勤申請、休暇申請、スケジュール申請、打刻修正申請、ワークフロー管理(5段階)
  • 集計機能:出力項目カスタマイズ、出力形式(時刻・10進数・60進数)、まるめ設定、自動休憩設定、就業規則設定(残業・深夜・所定)、締め機能(月単位・日単位)、各種労働時間の出力
  • 予実管理:予算/実績管理、着地予測分析、概算人件費管理、概算売上管理、概算人件費比率、予実データ出力
  • アラート機能:異常値検索(36協定抽出)、週の労働時間超過、月の労働時間超過、月の残業時間超過、出勤/退勤打刻漏れ、連続勤務、休日勤務
  • アプリケーション対応:打刻、GPS打刻、各種申請/承認、従業員管理、グループ管理、スケジュール管理
  • 統計機能・その他:エンゲージメントランキング、打刻率ランキング、平均残業時間ランキング、出勤簿/実打刻データ出力、管理タグ機能、打刻時コメント機能、登録予約機能

今回、紹介した以下の3つの は、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. KING OF TIME(キングオブタイム)
  2. Zoho People(ゾーホーピーポー)
  3. jinjer勤怠

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型勤怠管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型勤怠管理システムを3つ詳しく解説しました。

今回、紹介したように、クラウド型勤怠管理システム(KING OF TIME(キングオブタイム)、Zoho People(ゾーホーピーポー)、jinjer勤怠)は、それぞれ特徴が異なります。

また、クラウド型勤怠管理システムは、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。