法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型シフト管理システムはこれだ!

多くの中小企業経営者は、クラウド型電子契約システムの導入に関して悩んでいると思います。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型シフト管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの○を つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型シフト管理システムはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システムを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するクラウド型シフト管理システムは、以下の3つです。

  1. ShiftMAX(シフトマックス)
  2. jinjer勤怠
  3. shifcare(シフケア)

①ShiftMAX(シフトマックス)

1つ目は、ShiftMAX(シフトマックス)になります。

「プライベートクラウド型」を採用するShiftMAX(シフトマックス)は、ユーザー企業ごとに専用クラウド環境を構築してくれます。

一般的なクラウド型のように稼働中のプログラムを他企業と共有することがないため、効率の良いリソース管理および、高度なセキュリティ、そして高い独立性を実現します。

実際、リーズナブルな価格帯でプライベートクラウドを提供するのはShiftMAX(シフトマックス)だけです。

<ShiftMAX(シフトマックス)の機能体系>

以下が、ShiftMAX(シフトマックス)の機能体系になります。

⑴Excelインターフェース、アレンジ&オーダーメイド、データセンター、サポート関連

  • Excelインターフェース:Excelなので思いのままに色をつけたり、項目を追加または非表示にすることが可能。完成したシフトは「シフト書き込み」をクリックするだけでクラウドへ同期、自動的に打刻を自動集計。
  • コピー&ペーストの繰り返し項目:Webブラウザのシフト作成サービスと違い、Excelなので当然コピー&ペーストに対応。繰り返しの多い作業に威力を発揮するため、シフト作成担当者の負担を大幅に減らすことが可能。
  • クラウド接続:シフトマックスの最大の特長がExcelがそのままクラウドに接続。Excelファイルを開き、IDとパスワードを入力後、「クラウドに接続」ボタンを押すだけでクラウドから最新データがダウンロードされ、Excelシートが自動的に最新状態に置き変わることが可能。
  • 打刻のリアルタイム反映:クラウド対応打刻機で打刻すると、Excel画面の該当セルに、リアルタイムにチェックマークが表示。
  • Excel画面のアレンジ可能:不必要なセルの非表示やカラー変更など、毎日業務を行うスタッフの作業に合わせ、最適な状態にカスタマイズ可能。簡単なExcelの操作さえ理解していれば御社のみで自由にアレンジ可能。
  • 複雑なアレンジオーダーメイド:複雑なアレンジや、業務に最適化された状態での導入もオーダーメイド可能。
  • 簡単な人事管理機能:簡単な人事管理もでき、社員の登録・部署異動などもスムーズに実行。
  • CSVインポート&エクスポート機能:選択した複数の勤怠実績の生データ集計結果をCSV形式で出力可能。また、他のシステムから取り出したCSV情報をシフトマックスへ取り込み。
  • 帳票への出力機能:Excelベースですのでシート間のデータ受け渡しも自由にアレンジ可能。すでにお使いの各種帳票にそのままデータを流し込むように設定することも可能。
  • データ保護:たとえ地震があっても御社のデータは保護。すべてのデータセンタービルでは堅牢な耐震構造を採用しており、2011年の東日本大震災の際にも、東北エリアの施設に損傷は一切なく、お客さま機器の動作エラーや故障もなし。また、UPSと非常用自家発電装置により無停電電源供給を実現。
  • サポートセンター機能:運用における疑問点や不明点をお問い合わせいただけるサポートセンターを用意。
  • リモートサポート機能:顧客の同意のもと、お客様のパソコンにリモート接続することのできるリモートサポートツールを用意。お手元のパソコン画面をリモートスタッフと共有できるため、意思疎通がスムーズになり、問題解決までのスピードが早めることが可能。
  • 導入サポート機能:スムーズに稼動させるために、インストラクターが顧客先へ伺いし顧客と直接相談しながら進めることが可能。操作方法の説明はもちろん稼動目標スケジュールの策定支援や運用方法の相談など、スムーズな稼動へ向けてのお手伝いを実行。

⑵従業員向けの機能 打刻、申請・タイムカード閲覧

  • ICカード認証機能:各種交通系のICカードである、FeliCaカード(Suica・Pasmo・Edy)や、おサイフケータイに加え、社員証やtaspoなどに使用されるMIFAREなども勤怠管理に使用可能。4.3インチタッチパネル液晶搭載打刻専用端末です。有線LAN、無線LAN、3G通信に対応したネットワーク機能をもち、お客様の環境に応じて利用可能。簡単操作の専用端末なので、操作ミスの心配なし。耐久性が高い設計なので長く使用可能。
  • 暗証番号認証(タブレット)機能:会社にあるタイムカードをタブレットに変えませんか?簡単スムーズに打刻が可能。スタッフ一覧画面から簡単にスタッフを切り替えられ、 スタッフごとに暗証番号を設定できるため、打刻ミスの心配なし。
  • モバイル打刻(スマホ・携帯のウェブブラウザ/1人1台)機能:今では誰もが利用しているスマートフォン・携帯電話。GPS打刻での社員管理で虚偽報告が大幅に低減。位置情報・GPS、給与明細WEB配信機能、伝言板機能、直行直帰の打刻、外出先からも勤怠入力及び残業・休日・休日出勤・出張の申請・承認が可能、出張時の行動記録を入力も可能、本人の携帯でのみ打刻できるので不正打刻を防止可能。
  • クリック認証(PC・タブレットのウェブブラウザ)機能:各自のパソコンの「Webブラウザ」から打刻が行えるため、タイムレコーダーの設置は費用不要。インターネット環境があれば、外出先から打刻・承認が可能。事務所に余っているパソコンやタブレットを出入り口に設置し、タイムレコーダーとして使用することも可能。
  • モバイル申請&閲覧(スマホ・携帯のウェブブラウザ/1人1台)機能:スマートフォンや携帯のWebブラウザから、残業や有休などの申請、および現在の承認一覧の確認などが可能。
  • ウェブブラウザから申請&閲覧(PC・タブレット)機能:専用パソコンや専用タブレットから申請及び閲覧、また個人のパソコンからでも申請や勤務状況の閲覧が可能(対応する申請処理:残業申請・有給休暇・特別休暇・代休申請・振休申請・休日出勤・直行直帰・遅刻早退・私用外出・欠勤申請)。
  • Excelタイムカード画面から申請&閲覧機能:実績と申請内容をひとつのExcel画面で確認可能。承認状況や勤務状況の確認も実行可能。未打刻の箇所が黄色で強調表示され、申請者の打刻漏れ、申請漏れをいち早く把握可能。さらに打刻漏れは自動的に本人へメールで通知することも可能(対応する申請処理:残業申請・有給休暇・特別休暇・代休申請・振休申請・休日出勤・直行直帰・遅刻早退・私用外出・欠勤申請)。

⑶勤務予定(シフト)管理、承認、アラーム通知、Excelタイムカード関連

  • 勤務予定(シフト)管理:予定対実績比較により、スピーディかつ的確な人員配置、シフト作成を支援します。条件が異なる様々なシフトが混在しても、クラウド上で統合できるため、複数の事務所、営業所間のシフトを本部のExcelで一括管理できるのが特長。シフトは日別、週間別、月間別、個人別で確認することが可能。
  • アラーム通知機能(36協定や安全衛生法対策を実現):残業時間の規定時間の超過や、規定回数の超過をメールや画面で自動通知可能。過重労働を未然に防ぎ、36協定や安全衛生法対策を実現。また、未打刻や未申請、承認された残業時間の実績超過や休暇の有効期限まで、様々なステータスを自動通知可能。
  • 勤務実績のあらゆる情報を確認できる勤務表機能:勤務の予定と実績、承認された残業時間と実績の残業時間を比較して確認できます。各種申請書の勤務実績との突き合わせも不要。申請状況も勤務表の一目で把握可能。出張回数や遅刻早退回数、有休日数や欠勤日数、残業時間や休日出勤時間等、勤務の集計情報も確認可能。
  • その他業務アラートを自動通知機能:打刻漏れや過剰残業などのエラー・不適切運用に対しアラーム自動配信。目視確認による漏れや負荷を軽減し、早期発見&早期改善可能。

②jinjer勤怠

2つ目は、jinjer勤怠になります。

jinjer勤怠は多彩な打刻方法、アプリ対応、シフト作成、予実管理などの機能を搭載。管理・作業コストを軽減することで、勤怠管理のオペレーション効率化を実現します。

PC、スマホ、タブレットはもちろん、チャットツールやApple Watch、Google homeでも打刻が可能で、従業員の労働時間をスピーディに集計と管理ができます。

また、jinjer勤怠は、管理者も従業員もいつでもどこでも申請、承認が挙げられるマルチデバイス対応しており、36協定に基づいた異常値検出や労働時間超過、打刻漏れなども自動でお知らせする機能があります。

<jinjer勤怠の機能体系>

以下が、jinjer勤怠の機能体系になります。

  • 打刻機能:PC、ICカードを使用するスタンダードな打刻はもちろんのこと、タブレット・スマホを利用したGPS、チャットアプリでの打刻、またカメラ撮影による笑顔判定という珍しい機能もあります。これらの打刻方法は組み合わせ自由。
  • まるめ機能:日次、月次で集計時間の単位設定をすることが可能。日単位まるめでは、出退勤時刻、休憩時間など、打刻コマンド毎に集計時間の単位を設定でき、それぞれ[切り捨て]・[切り上げ]を設定可能。月単位まるめでは、月の合計に、1時間以下の端数が生じた場合、管理単位にまるめることが可能。
  • 休日・休暇管理機能:有給休暇、代休、振休、リフレッシュ休暇などの企業独自の休暇等、様々な休暇が、制限なく管理可能。また、フレックスなどの多様な勤務形態や、時間単位、半日単位での取得等、様々なルールにも対応。休日休暇の履歴の確認や、休日休暇処理をCSVで一括して行うことも可能。
  • 有給休暇管理機能:有給の自動付与や付与条件の設定が可能。有給消化のルール設定もできます。フレックスなどの多様な勤務形態や、半休、時間休などの様々な会社のルールにも対応。
  • 特別休暇管理:リフレッシュ休暇、慶弔休暇、夏季休暇などの各社仕様の特別休暇の登録・管理が可能。
  • 休日休暇履歴管理:いつ誰がどの休日・休暇を取得したのか、履歴確認が可能。
  • 休日休暇処理:従業員の休日休暇に関わる処理をCSVで一括登録を行うことが可能。

③shifcare(シフケア)

3つ目は、shifcare(シフケア)になります。

shifcare(シフケア)は、シフト希望の提出やシフト表の作成、シフト共有をオンライン上で行うことができる、シンプルで使いやすいクラウド型シフト管理システムです。

月額ひとり30円というリーズナブルな価格設定ながらもシンプルかつ便利な機能を、管理者もスタッフも、難しい設定なしで今すぐ利用できます。

インターネットがあればどこからでも最新のシフトを確認できるため、スタッフがシフトの提出・確認のために店舗へ来る必要も、調整前のシフトを見て間違えることもありません。

<shifcare(シフケア)の機能体系>

以下が、shifcare(シフケア)の機能体系になります。

  • シフト作成 シフト作成:スタッフはスマートフォンやパソコンからシフト希望を提出できるため、店舗に行く必要はなし。また、スタッフが提出したシフト希望は自動で収集されるため、管理者がシフト希望を集める必要なし。スタッフが提出したシフト希望を元に、役割や時間帯ごとに何人スタッフが配置されているか、勤務日数が多すぎないかなど確認可能。また、確定するシフトをメールでスタッフへ通知することが可能。
  • 多彩なシフト表:日、週、月、カレンダーなど様々な形式でシフト表を表示可能。急なシフト調整でヘルプを頼めるスタッフはいるか、店舗やスタッフごとに月の勤務時間が多すぎないかなど、シフト表を目的に合わせて表示することで、より簡単なシフト管理が可能。早番や遅番などをシフトパターンとして登録することが可能。シフトパターンを登録しておくことで、パソコンならクリック、タブレットならタップするだけでシフトを作成可能。

給与計算機能:スタッフごとに時給や交通費を設定しておくことで、店舗やスタッフごとの人件費(給料)を試算することが可能。基本シフトにはスタッフごとにシフトに入れる曜日や時間帯を登録しておくことが可能。あらかじめシフトが決まっている場合は、曜日ごとにシフトパターンを割り当てることで、シフト表を自動作成することも可能。

また、その他のshifcare(シフケア)の機能は、以下の通りです。

機能説明
シフト作成シフトの作成スタッフのシフト希望を見ながらシフト表を作成したり、役割や時間帯ごとの人数を確認しながらシフト表を作成可能。
基本シフトスタッフごとにシフトに入れる曜日や時間帯を登録しておくことが可能。
シフト希望を収集スタッフのシフト希望がシフト表に自動で反映。
自動作成スタッフの基本シフトからシフト表を自動作成することが可能。
シフト管理シフト表のメール通知スタッフにシフト表をメールで通知することが可能。
シフト表のPDF出力月表示やカレンダー表示したシフト表をPDFファイルに出力することが可能。
多彩なシフト表日表示・週表示・月表示・カレンダー表示と表示を切り替え。
出勤予定表カレンダービューのシフト表を出勤予定表に使用可能。
マスタ設定グループ設定グループの登録/編集/削除、グループのスタッフ/役割/シフトパターンを設定することが可能。
シフトパターン設定早番や遅番などをシフトパターンとして登録することが可能。
スタッフ管理スタッフの登録/編集/削除をすることが可能。
環境設定項目名を設定可能。

今回説明した、以下のクラウド型シフト管理システムは、特徴がそれぞれ違うため、導入する際には、注意が必要です。

  1. ShiftMAX(シフトマックス)
  2. jinjer勤怠
  3. shifcare(シフケア)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システム3選。機能面でおすすめのクラウド型シフト管理システムはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型シフト管理システムを3()つ詳しく解説しました。

今回、紹介した以下の3つのクラウド型シフト管理システム(ShiftMAX(シフトマックス)、jinjer勤怠、shifcare(シフケア))は、上記で解説したように、それぞれ違う特徴を持っています。

また、機能面だけでなく、料金面も異なるため、比較検討してから導入しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。