法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールはこれだ!

エンタープライズサーチを導入する中小企業、零細企業が急速に増えています。

そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールを3つ詳しく解説します。

法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールはこれだ!

今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールを3つ詳しく解説します。

今回、紹介するのは、以下の3つのクラウド型プロジェクト管理ツールです。

  1. Brushup(ブラッシュアップ)
  2. Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)
  3. Smartsheet(スマートシート)

①Brushup(ブラッシュアップ)

1つ目は、Brushup(ブラッシュアップ)になります。

Brushup(ブラッシュアップ)は、普段使用しているコミュニケーションツールに通知したり、新たなクラウド連携をすることで、より一層の作業効率向上へと繋がることができるクラウド型プロジェクト管理ツールになります。

また、Brushup(ブラッシュアップ)では、メールやチャットツールに添付されている重いファイルをダウンロードする必要はなく、デザイナーなどから特殊な形式のファイルで送られても、バッチリ中身をチェックすることができます。

そして、やりとりしたファイルとフィードバックは制作物単位で1つのタイムラインに集約でき、メールやチャットツールのように過去のやりとりを探すといった作業は不要です。

<Brushup(ブラッシュアップ)の機能一覧>

以下が、Brushup(ブラッシュアップ)の機能一覧になります。

  • レビュー:イラスト、動画、Web サイト、ドキュメント、音楽、3Dに手描きで指示できたり、具体的に場所を示してコメントが可能。複数人でレビュー確認も可能。(音楽データへのレビューはスタンダードプラン以上のプランを契約の方のみ。3Dファイルへのレビューは別途オプションで提供。)
  • ファイルプレビュー:アップロードしたファイルはプレビュー用にブラウザで見れる形式に自動で変換され見ることが可能。メンバー間でプレビューが確認できないという心配なし。
  • Web サイト自動スクリーンショット:URL から Web サイトのスクリーンショットを自動生成。PC、スマートフォンなどのデバイスの指定ができ、ベーシック認証にも対応。
  • アイテム:プロジェクトの業務はアイテムとして登録することができ、タイムラインが設けることも可能。手軽に履歴をさかのぼれるので指示漏れや修正漏れ、データ先祖返りの予防など進捗上のリスクの回避も可能。また制作素材や納品データなどのファイルも登録が可能。
  • ファイルダウンロードリンク作成:アイテムに登録したファイルをBrushupを使用していないメンバーにも共有でき、ダウンロードリンクを作ることが可能。
  • カスタム属性:アイテムに独自の属性(テキスト/数値/日付/項目/メンバー)を設定することが可能。
  • ステップ設定:進行状況に合わせて、【未着手】や【作業中】【完了】などのステップ設定が可能。この設定は任意でカスタマイズも可能。(カスタマイズ例:デザイン業界の場合【ラフ】【初校】【クライアントチェック中】【印刷】【納品】など)
  • ガントチャート:プロジェクトの進捗をガントチャート化。各アイテムのステップとスケジュールをまとめて見ることが可能。担当者が複数のプロジェクトをまたいだ場合でも、横串で状況を確認可能。(ガントチャートは、スタンダードプラン以上のプランをご契約の方のみ。)
  • 画像比較:修正前と修正後、タイムラインにある2つの画像を重ね合わせてビフォーアフターを見ることが可能。差分が一目でわかるので変更箇所を素早く見つけるのに便利。(画像比較は、スタンダードプラン以上のプランをご契約の方のみ使用可能。)
  • お知らせ通知:自分宛のコメントが投稿されたり、プロジェクトへのアサインなどがあった際にブラウザからデスクトップ通知。スマホでも通知を受け取ることができるので、外出時に投稿があった場合も安心。
  • ノート機能:プロジェクトのメンバー間で情報共有するための機能。プロジェクトのルールや残しておきたい情報のまとめ、などに利用。
  • レポート機能:利用しているBrushupのストレージ使用量やアイテム数といった使用状況をグラフで可視化可能。(レポート機能は、スタンダードプラン以上のプランを契約の方のみ。)
  • キーワード検索:コメントやアイテム、タグをすべてキーワードで検索することが可能。
  • ピン付け機能:ピックアップしておきたいアイテムにはピン付けができます。ピン付けされたアイテムは一覧で見ることができ、欲しい情報を早く引き出すことが可能。
  • プロジェクトの管理:任意の目的ごとにプロジェクトを作ってメンバーをアサインし制作物を管理可能。制作物はサムネイル表示、リスト表示、スケジュール表示ができるので、目的別に一目見て状況を把握可能。
  • アカウント管理:管理者はアカウントの追加※やアサインしたメンバーへアイテム登録の可否やコメントの可否など権限の変更が可能。(契約プランの範囲内で自由にアカウントを追加することが可能。)
  • 企業間コラボレーション:Brushup を利用している企業(個人)へコラボレーションを申請することが可能。申請が承認されるとプロジェクトに招待でき、一緒にプロジェクトを運用することが可能。
  • Chatwork連携、Slack連携:​Brushup でのコメントのやりとりをChatwork / Slackに流すことがで可能。また、アイテムの担当者にアサインされた際に、Chatwork / Slackに通知が届くため、タスク漏れの防止も可能。
  • OneLogin連携:​OneLoginとの連携によりシングルサインオンで Brushupのログインが可能。(OneLogin 連携は、エンタープライズプランをご契約の方のみ。)

②Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)

2つ目は、Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)になります。

Zoho Projects(ゾーホー・プロジェクト)は、プロジェクトを効率的に作成・管理できる、無料のオンラインプロジェクト管理ツールです。

また、Zoho Projects(ゾーホー・プロジェクト)は、無料のサインアップで、プロジェクトの計画、管理、コラボレーションを実現してくれます。

<Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)の機能一覧>

以下が、Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)の機能一覧になります。

⑴タスク管理機能関連

  • タスク機能:プロジェクトにおける作業の基本単位で、必要なのは名前だけですが、説明、所有者、優先順位、開始/終了日、期間なども追加可能。
  • マイルストーン機能:最も重要なフェーズに基づいてプロジェクトを体系化。マイルストーンの所有者を割り当てて、開始日と終了日を設定可能。
  • カンバン機能:タスクをカードで表現し、列に並べたビューで、ボトルネックを特定し、ドラッグ&ドロップですばやく再編成することが可能。
  • 依存関係機能:実施される順序を明確にした、タスク間の関係で、依存関係は、最後と最初、最初と最初、最初と最後、最後と最後のいずれかを選択可能。

⑵ソーシャルプロジェクト管理機能関連

  • フィード機能:プロジェクト全体での更新がフィードに投稿され、既存のトピックにコメントを追加したり、最新のステータスを投稿したりすることが可能。
  • フォーラム機能:アイデアや疑問点を投稿して、チームとの議論を開始可能。添付ファイルを追加し、議論を深めるように伝得ることが可能。
  • ページ機能:ナレッジベースを用意して、プロジェクトの遂行に必要なすべての情報を保存可能。新規メンバーもこのナレッジベースを参照すれば、短期間でチームに追いつくことが可能。
  • チャット機能:議論のためのパブリックルームや小規模なグループのためのプライベートルームを作成したり、1対1でチャットしたりすることが可能。すべてのチャットは参照用にアーカイブ。
  • ガントチャート:計画と進捗状況のずれを確認可能。ここではシンプルなドラッグ&ドラッグ操作により、計画を修正・編集することが可能。
  • リソース使用率チャート:仕事を割り当てて、空き時間のあるメンバー、スケジュールがきついメンバー、負担の大きいメンバーを一目で見つけることが可能。

③Smartsheet(スマートシート)

3つ目は、Smartsheet(スマートシート)になります。

Smartsheet(スマートシート)は、アイデアをより具体化し、顧客をさらに獲得して、収益アップにつなげることができ、ビジネス価値をすばやく生み出すクラウド型プロジェクト管理ツールです。

また、Smartsheet(スマートシート)は、主要なエンタープライズ ツールやアプリとシームレスに連携するように設計されているため、使い慣れた最高のツール環境でやるべき仕事に集中することが可能です。

<Smartsheet(スマートシート)の機能一覧>

以下が、Smartsheet(スマートシート)の機能一覧になります。

  • ダッシュボード機能:ウィジェットを設定・編集するだけでダッシュボードを簡単に作成またはカスタマイズし、重要なデータをリアルタイム表示。
  • カードビュー機能:ドラッグ アンド ドロップできるカードとしてデータを表示し、作業の見える化、共有化、および行動化を実現。
  • カレンダービュー機能:シートのデータをインタラクティブで簡単にカスタマイズできるカレンダーとして表示したり、iCal や Google カレンダーと同期。
  • ガントビュー機能:インタラクティブでカスタマイズ可能なガント チャートをすばやく作成し、プロジェクトを可視化。
  • 添付ファイル/リンク機能:ローカルやネットワークからファイルを添付したり、オンライン ドキュメント (Google ドライブ、Dropbox、OneDrive などに保存されているファイル) へのリンクを追加。
  • ポータル機能:情報の中央リポジトリとして機能するポータルを作成し、チームの誰もが同じ見解を持って直ちに行動
  • リマインダー機能:シートや行に対して日付リマインダーが自動的に送信されるように設定し、主要なマイルストーンを確実に達成。
  • モバイル機能:写真を撮って添付したり、添付ファイル/リンクを表示したりして、iOS または Android 用の Smartsheet アプリでいつでもどこでも対応。
  • フォーム機能:シートに基づいてフォームをすばやく作成して公開し、フォームを通じて送信されたデータやファイルをシートに直接保存。
  • アラートとアクション機能:あらかじめ設定したルールに基づいてアラート (通知とリマインダー)、更新リクエスト、承認リクエストが送信されるように設定し、作業プロセスを自動化。
  • 更新リクエスト機能:1つまたは複数の行に対する更新をほかの人に依頼して、最新情報を効率的に収集。
  • 行の送信機能:希望の列 (添付ファイル/リンクやコメントを含む) を選択して、行の内容を電子メールで送信。
  • 共有機能:ユーザーごとにアクセス権限を設定して、シートやレポートを共有。
  • 通知センター機能:通知やリクエストをすべて 1 か所で受信して、直ちに対応。
  • アクティビティ ログ機能:シート、レポート、ダッシュボードの閲覧履歴 (閲覧者、閲覧日時) および共有と共有解除を含む変更履歴 (変更内容、変更者、変更日時) をすべて 1 か所で確認。
  • フィルター機能:条件を設定してフィルターを作成し、特定の行やカードだけが表示されるように適用。
  • リソース管理機能:すべてのプロジェクトにわたって各ユーザーのスケジュールをリアルタイムで確認し、チームのリソースを最大限に活用。
  • クリティカル パス機能:プロジェクトの終了日に直接影響を与えるクリティカル パス タスクを赤色でハイライトして、簡単に確認。
  • セルリンク機能:セル リンクを作成して別シートのセルの情報を参照するように設定し、プロジェクト同士を接続。
  • レポート機能:PDF または Excel 形式でエクスポートできるサマリー レポートを 1 つまたは複数のシートから作成し、レポート内で行った変更を元のシートに自動適用。
  • 公開機能:シートやレポートを読み取り専用または編集可能な Web ページとして公開し、ほかの人と共有。
  • エクスポート、添付ファイルとして送信、印刷機能:シートやレポートをエクスポートまたは印刷したり添付ファイルとして送信したりして、Smartsheet ユーザー以外と共有。
  • 管理者用ツール機能:ユーザーの追加、編集、削除や、ユーザー間でのアイテム所有権の移行など、アカウント全体を簡単に管理。
  • API機能:Smartsheet の RESTful API を使用して、お気に入りのアプリと Smartsheet データを接続。
  • 数式機能:シート内または別シートのデータを使用して、ルックアップ (参照) やサマリー計算などを実行。
  • カスタム ブランディング機能:ブランドの色設定とロゴをシートやワークスペースに適用して、差別化。

今回、紹介した以下の3つの は、それぞれ特徴が異なります。

また、導入する際は、比較検討してからにしましょう。

  1. Brushup(ブラッシュアップ)
  2. Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)
  3. Smartsheet(スマートシート)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツール3選。機能面でおすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめのクラウド型プロジェクト管理ツールを3つ(Brushup(ブラッシュアップ)、Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)、Smartsheet(スマートシート))詳しく解説しました。

今回、紹介したように、クラウド型プロジェクト管理ツール(Brushup(ブラッシュアップ)、Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)、Smartsheet(スマートシート))は、それぞれ特徴が異なります。

また、クラウド型プロジェクト管理ツール(Brushup(ブラッシュアップ)、Zoho Projects(ゾーホープロジェクト)、Smartsheet(スマートシート))は、多くの場合、無料でで資料請求ができるため、導入を検討している方は、資料請求することをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。