Stapleカード評判レビュー。7つのメリットと2つのデメリット。ポイント・年会費・機能・手数料・サービスを総合評価

Stapleカードの基本情報

 

Stapleカードは、クラウドキャスト株式会社が発行するVisaブランドの法人プリペイドカードです。

Stapleカードは「与信審査なし」「Visaブランド」「リアルタイムで決済状況把握」「チャージした時に承認フロー適用」「チャージリクエスト機能あり」「レシートの自動認識機能あり」「Stapleアプリ対応」「1枚あたり月額660円」などがあります。

Stapleカードの最大メリットは、使い勝手の良さです。アプリで利用でき、レシートの自動認識やチャージリクエスト機能、交通系ICカード読取機能などがあり、Visaの加盟店で使えて、リアルタイムに利用者の決済状況を把握できるため、経費管理という意味では、非常に高機能なプリペイドカードとなっています。

デメリットは、手数料が1枚あたり月額660円、年間6,600円とはいえ、枚数が増えれば増えるほど、年会費換算ではそれなりの高額のコストになってしまう点です。

高機能で利便性が高い法人プリペイドカードを利用したい方、ある程度のコストは問題ない法人の方におすすめできる法人プリペイドカードです。

メリット
  • 与信審査なし
  • Visaブランド
  • リアルタイムで決済状況把握
  • チャージした時に承認フロー適用
  • チャージリクエスト機能あり
  • レシートの自動認識機能あり
  • Stapleアプリ対応
デメリット
  • 1枚あたり月額660円、枚数が増えるとコスト高になる
  • ポイント付与がない
法人プリペイドカードレビュー評価
コストの安さ
(3.0)
ポイントなどのお得さ
(3.0)
使い勝手・利便性の良さ
(5.0)
管理機能の充実
(5.0)
信頼性の高さ
(3.0)
総合評価
(4.0)

Stapleカード国際ブランド・利用対象者比較

  • 国際ブランド:VISA
  • 申込み対象:法人経営者(法人)
  • カード上限残高:1回あたり200万円

Stapleカードポイント還元率・年会費・手数料比較

  • ポイント還元率/基本:0.00%
  • 初年度年会費(税込):経費精算サービス「Staple」利用費(スタンダード:月660円)
  • 2年目~年会費(税込):経費精算サービス「Staple」利用費(スタンダード:月660円)
  • 発行手数料(税込):165円
  • 発送手数料(税込):1枚目880円、2枚目以降1,650円/届け先(2,000枚まで)
  • チャージ手数料(税込):0円

Stapleカード機能比較

  • チャージ方法:インターネットバンキング
  • 管理上の機能:部門別の予算管理可能 チャージリクエスト カード別のチャージ可能 カード別の減額可能 利用通知メール 利用ロック機能 経費精算サービスや会計ソフトと連携

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。